映画「俺たちフィギュアスケーター」でワロタ(^O^)





映画「俺たちフィギュアスケーター」→ウィキはここです

img8990c675zik5zj.jpg


「ニュー・シネマ・パラダイス」が貸し出し中だったので、こちらを見ました。とっくに見た人は見たであろうし、まだ見てない人は見てない。

典型的なB級映画です。B級と侮るなかれ。言葉の矛盾を承知で言えば、「優れたB級映画」の肝は、どこまでおバカに徹しているかどうかだ。

その点、この映画ではスケーター役で主演しているウィル・フェレルのモロ中年体型の暑苦しさとアクの強さが縦横無尽に発揮されていて、笑えます。

街の往来をスケートしながら追っかけっこしたり、どこかの倉庫でウルトラ演技を特訓するシーンなど、愉快愉快。

男子二人によるペア競技というアイデアも良い。実際、ISUは検討したらどうだろうか?豪快でパワフルな演技が期待出来るかもしれません。サイド・バイ・サイドのジャンプで二人が揃って3Aを跳ぶなど、男女のペアではまず不可能。エッ?気色悪い?では、女子二人によるペア競技は如何?

ウィキを見ればわかるように、実在のフィギュアスケーター達がそれぞれチョイ役で出演し、彩を添えています。懐かしい人も。佐藤有香さんまで出ているとは驚き。スコット・ハミルトンはテレビ実況の解説者役で出演していますが、これはワカル。

一番笑ったのは、ナンシー・ケリガンがイヤな女、つまりはヒールな役で登場していたこと。例の殴打事件で金メダリスト以上のヒロインになったのが、帰国してからのパレードか何かで、「こんなん、やってられネエ」とか言ったのがマイクで拾われてしまい、あっという間にヒロインの座から転落。

そのケリガンをヒール役で使う方も使う方だが、出る方も出る方だ。こうしたシャレというかブラックなユーモアを解するのもアメリカの良いところかもしれません。要するに、人間がさばけている。これが日本だったら考えられないな。

この映画、アメリカでは結構ヒットしたみたいですが、日本ではあまり聞いた記憶がありません。黒澤明の「姿三四郎」じゃないけど、昔も今も日本人は「汗と涙の根性スポーツ物語」か、「ピュアで正義のアスリートが根性の曲がった不良アスリートに勝つ」ストーリーが好きなんだよね。映画「姿三四郎」では正義の柔道家が悪の空手家を打ち負かす設定だったと記憶している。(ケンカだったら空手の方が柔道より強そうだけどね)

浅田真央を清きヒロインに設定し、〇〇を意地悪なヒール役に。陰謀渦巻くフィギュアスケートのドロドロした世界を、「花も嵐も乗り越える浅田真央」。さらには時代を反映させて「愛国心」を刺激する映画を制作したらヒットするかも(*^◯^*)



関連記事
スポンサーサイト

2013.11.20 | | コメント(11) | トラックバック(0) | 戯けたライフ



コメント

ナンシー・ケリガン

片割月様

ニューシネマパラダイスの代替がこれとは、映画の守備範囲が広いですね。

そういえば、オリンピックの閉会式をすっぽかして、スポンサーであるディズニーワールドの
パレードに参加したケリガンが車の上から手を振りながら「ばかばかしい、嫌になるわ。こんな陳腐でダサいことするの生まれて初めてよ」と
ミッキーマウスに言ったのがマイクに入ってしまった、、、

これは日本では話題になりましたか。

これをユーモアに代えてしまうところがアメリカ的!

2013/11/20 (水) 03:46:56 | URL | Kan-kan #VsrQCt3A [ 編集 ]

俺たちフィギュアスケ-ター

片割月様 はじめまして、skipperと申します。
フィギュアスケートファン歴は、小学生のころからで、伊藤みどり選手が初めて大好きになった選手です。・・・といったら、だいたい年齢がばれると思いますが。

こちらのブログは、かなり前からロム専でした。
フィギュアは大好きなのですが、こちらのような詳しい話がなかなかできず、読んで勉強させていただいたり、同感です!!と心の中で思ったりして、楽しませていただいています。

しかし、「俺たちフィギュアスケーター」の話が出てきたので、これは!とコメントさせていただきました。
実は、私、日本公開時に、渋谷まで足を運び、鑑賞したのです。
ちょこっと出演に、サーシャもいましたよね。
小さい劇場でしたが、8割くらい埋まっていて、上映中、観客が爆笑する場面多数で、本当に楽しかったです。上映中に、あんなに観客が爆笑する映画は、初めてでした。
上映劇場がかなり限られていたし、内容も内容なので、ヒットしてはいないと思いますが、私の中では、B級映画のトップです。


2013/11/20 (水) 08:45:09 | URL | skipper #BfKgqMd2 [ 編集 ]

この映画大好きですよ!
ウィル・フェレル主演のこれ以外の「俺たち~」シリーズ(?)もみんな大好きです。
ただ片割月さんが未見とは意外でしたわ。

余談ですが、出演を依頼したけれども断わったスケーターも何人かいるとかで(まあそりゃあそうだろうW)、フェレルが自分のタトゥーを自慢して「これは誰々と~」とか言ってる時に出てくるスケーターの名前はみんなそうなんだとか(笑)。つまりクワンは断ったんですね(苦笑)。

2013/11/20 (水) 10:38:46 | URL | バンビーナ #7RorUgFk [ 編集 ]

フィギュア映画

この映画、見たいと思いつつ見そびれていたものでした。やっぱり面白そうですので探して見てみようと思います。
私の印象に残っているフィギュア映画は「The cutting edge」です。クライマックスに禁断の大技、デススパイラルからのツイストリフト(?)があったのを覚えています。

それにしてもラスト4行、怖過ぎることを仰らないで下さいませ…。

それを仰るなら今の状況が既に映画「ロッキー4」に似ていると思われませんか?国家の威信をかけて全面バックアップを受けた完全無欠の絶対王者に、地を這うようなトレーニングをくぐり抜けた主人公が挑むのです。これもかなり日本人受けするストーリー展開ですし、マスコミが絶えず両選手の対立関係を煽ろうとするのもその辺りに目を付けたのかもしれません…?
とはいえ実際にはフィギュア競技は「相手を倒す」ものではなく自分との戦いですから、登場人物達の心情は映画とは大きく異なることと思われますが。

他の記事で話題になっておりましたが、私は今季の浅田選手は以前ほどキム選手を意識していないのではという意見です。3A2回発言も「調子いいから、やれるとこまでやっちゃえ!」という気持ちの弾みが言わせたもののように感じています。

2013/11/20 (水) 14:53:37 | URL | ののんた #- [ 編集 ]

Re: ナンシー・ケリガン

Kan-kan様、こんばんは。

ケリガンさんの件。
よくまあ、トリビアな情報を細かくご存知というか、お調べになりましたか(*^◯^*)

私も何で知ったか忘れちゃいましたが、自分の記憶力も大したものじゃ(^_^)ノ

アメリカは、クリントン大統領が辞任直後、

自分を茶化した(誰からも相手にされなくなった惨めな姿を)ミニドラマに自ら出演するお国柄ですものね。

2013/11/20 (水) 23:09:19 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: Re: ナンシー・ケリガン

片割月様

>ケリガンさんの件。
よくまあ、トリビアな情報を細かくご存知というか、お調べになりましたか(*^◯^*)

これは調べるまでもなく、当時朝のワイドショーのような番組でよく取り上げられたエピソードです。 だから corny (陳腐 、古臭い)という言葉を使ったことまで覚えています(笑) 
映画は見ていませんが、このエピソードを知っていたらもっと笑えるシーンだと思います。
北米では大うけだったことでしょう。

2013/11/20 (水) 23:21:15 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: 俺たちフィギュアスケ-ター

skipper様、こちらこそ初めまして(#^.^#)

私も伊藤みどりさんの演技が大好きでしたよ~。同世代かしら^^

>日本公開時に、渋谷まで足を運び、鑑賞したのです。

フィギュア好きなら見たくなるでしょうね。私、気がつかなかったわ^^;

この映画をご覧になられたんですか、それはそれは(´∀`*)

そうそう、サーシャ、何か叫んでいましたね。

そうなんだ。観客にウケまくっていましたか(^<^)

また、いつでもお越し下さいね(^_^)ノ

2013/11/20 (水) 23:29:20 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

バンビーナ様、お久しぶりです^^

>ただ片割月さんが未見とは意外でしたわ。

そ、そうでありんすか?(^_^;)

TSUTAYAでたまたま目にとまったもので、こういう映画があるとは露知らず。

むしろ、バンビーナ様がこのような映画がお好きとは意外でしたわ(^O^)

>つまりクワンは断ったんですね

あ、なるほど!

トーニャ・ハーディングも断ったのかな。ナンシー・ケリガンが出るならイヤよと(^Д^)

2013/11/20 (水) 23:42:51 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: フィギュア映画

>「The cutting edge」

へ~、探してみよ。無いかな。

「ロッキー4」…ガッハッハ。ここまでご覧になるとは、好きですね~~(^Д^)

私は「ロッキー」はテレビで見たことあります。ボクシングはどうも(^_^;)

>ラスト4行、怖過ぎることを仰らないで下さいませ…。

そう?テレビドラマにしたら、視聴率取れそうだけどなあ。

フジあたりが「汚名返上?」と頑張って企画したらどうかしらね。ダメか。

>今季の浅田選手は以前ほどキム選手を意識していないのでは

いやいや、意識下において、阿頼耶識において、

相当なものがあるかと。本人も気がつかぬほどに←妄想(^Д^)

2013/11/20 (水) 23:54:25 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

スケートドラマ・映画あれこれ

今までスルーしていた映画ですが、ケリガンが出ているなら見てみようかしら。

>そのケリガンをヒール役で使う方も使う方だが、出る方も出る方だ。

例の「ミッキーマウス事件」によって、ケリガンはヒロインの座から転落。
興醒めしたアメリカ国民は、バイウルに鞍替えして、プリンセスと持ち上げたとか。
そういう背景があったので、アメリカ国民にとってはケリガンは別に国民的ヒロインではないのでしょうね。
※ソースは「氷上の光と影」。お持ちでしたらもう一度読み返してみることをお勧め致します。

田村明子さん曰く、ケリガンは面倒くさい性格だったそうで。よくもまあ、こんなお笑い映画に出演する気になったものです。年月が経過して角が取れたのか?

以下、余談。

見たことはないですが、バイウル物語のDVDがあるそうです。
http://www.amazon.co.jp/dp/B004ASY2GG

日本のフィギュアスケートドラマと言えば、テレビで石野陽子主演の「伊藤みどり物語」がありましたね。
http://www.youtube.com/watch?v=ZSH6BRbdhww

近年だと映画「COACH」ですかね。私は見たことありませんが。
http://www.amazon.co.jp/dp/B004DNXIG8

そして、12月25日にはテレビ東京系列でこんなテレビドラマがありますよ。
「スケート靴の約束」
http://www.tv-aichi.co.jp/figure/
しかし、本田望結ちゃんはいつまで2足のわらじをはきつづけるのじゃ~?

2013/11/22 (金) 21:29:52 | URL | 神無月 #QygVoc82 [ 編集 ]

Re: スケートドラマ・映画あれこれ

神無月様。

>お持ちでしたらもう一度読み返してみることをお勧め致します。

残念ながら、とっくに古本屋に売りました。

>日本のフィギュアスケートドラマと言えば、テレビで石野陽子主演の「伊藤みどり物語」がありましたね。

見た見た!懐かしいわ(*´∀`*)。ストーリーはすっかり忘れたけど。

>「スケート靴の約束」

テレビドラマか。。気が向いたら見てみっか。

本田望結ちゃんは、どうなるかしらね。兄や姉を越えるフィギュアの才能があるのか、まだワカラン。

2013/11/22 (金) 23:39:16 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR