ロシアフィギュアスケート界の重鎮はかく語った

ブログ主のeco様のご了解を得て、eco様が訳出された下記の記事を掲載いたします。
eco様、ありがとうございましたm(_ _)m


2012年1月13日
オリガ・エルモリナ
ロシアのフィギュアスケーターたちは何を持ってヨーロッパ選手権に臨むのか、アレクセイ・ミーシンコーチが「モスクワ・ニュース」に語った。

<プルシェンコのストーリーは明快(下)>ミーシン

― あなたはジャンプのシステムを作り上げたわけですが、現在の男子シングルは、難しいジャンプが無くても勝てるのではありませんか。

 今日の男子フィギュアスケートは、大海の波間に揺れるボートを思わせる。その上、この嵐はかなり長期間、少なくともバンクーバーオリンピック以来つづいている。チャン選手は比較的最近の発言の中で、トランジションでライバルを打ち負かすことができると話していた。それが今では彼自身が4回転ジャンプを跳んでいる。これはどう理解するべきなのか。どちらへ進んで行くべきなのか。

 物事にはすべてルールが必要だ。ルールが無いと大混乱を招いてしまう。社会は法無しには発展しえないからだ。しかし、今の男子フィギュアにどのような道標があるのか、私には掴めない。スペインのフェルナンデスはひとつのプログラムに4回転を2種類、トリプルアクセルを2本入れている。きれいに跳ぶし、プログラムも音楽的だ。美的側面から見てパトリック・チャンにまったく引けを取らないものだ。チャンには和音、素早い動き、流れるような滑りがある。フェルナンデスの方はミニシアターであり、一幕のバレエだ。にも関わらず、彼はチャンにきれいさっぱり負けている。つまり、優先順位がより高いのはジャンプなのか、それともエレメンツからエレメンツへの移行なのか?(どちらなのか分からない)

 ISUの新たなルールに沿って、5つのコンポーネンツという基準がわざわざ導入された。これはスケーターの技術の様々な側面に反撃を加えるものだ。例えば、チャンは良いスケーティングをするし、美しくダイナミックなトランジションを持っているが、振付はごくありふれている。これまでの彼のプログラムを見てみると、どの年のものも同じに見える。振付師のローリー・ニコル特有の癖が感じられる。来る年も、来る年も繰り返される、彼女の上質な仕事だ。しかし、このようにありふれた振付を持ってしても、やはりチャンには途方もない得点が与えられるのだ。

 先日のグランプリ・ファイナルでのこと、ISUのペア及びシングルの技術委員長であるアレクサンドル・ラケルニクの元へアメリカ人たちがやって来て、世界選手権を廃止するよう提案したそうだ。ラケルニク自身がそのことを話してくれたのだが、こんなふうに言っていたらしい。「金メダルはチャン宛てに郵送しましょう。そうすれば選手権の膨大な運営費用を無駄遣いせずに済みますよ」とね。

 1999年、アメリカのティモシー・ゲーブルが1つのプログラムで4回転トゥループを2本と4回転サルコウ、3回転サルコウを2本と3回転トゥループを跳んだ。それから長い年月を経て我々は、4回転無しの選手が五輪チャンピオンになるところへ行き着いたというのだろうか。それならば、「より速く、より高く、より強く」というオリンピックのモットーはどこにあるのだろうか。

 ― でもバンクーバー五輪の後、多くの選手が4回転ジャンプを跳ぶようになったではありませんか。

 それは、狂人が少し正気を取り戻しているようなものだ。今はジュニアの選手も4回転ジャンプを跳ぶようになったが、これはジャッジに要求されているからではなく、選手自身が跳ぼうとしているからだ。ソチオリンピックまでの2年間で、この種目のシステムをなんとか構築しなくてはならないと感じている。男子シングル競技がどのような方向へ進むべきかについて審議する、国際組織をつくるべきだ。4回転の無い男子フィギュアなど、斧のスープ(※ロシア・東欧の民話より。肉や魚の入っていないスープを指すようです)のようではないか。煮込んで、煮込んで、フェンネル(※香辛料の一種)を入れ、セロリを入れ、胡椒を放り込んでも、やはり肉が入っていなければそれ以上美味しい料理にはならない。

 ― そして、その先は?(?)

 どうすればよいか?鉄を煮ればよいのだ。とはいえ、今は実際のところ、どのような武器でライバルたちと勝負すればいいのかよく分からない。ひょっとすると、フィギュアスケートに新しい種目を導入する価値もありそうだ。男子シングルダンスという種目を。4回転無しでトリプルアクセルを1つだけ認めて、それで採点するとしよう。私がこんなことを言うのは、フィギュアスケートの規定を執筆している「議会」そのものが、何か認識不足という印象を受けることがあるからだ。何がより肝心で重要なのか、人生から学ぶためのある種の歴史的通過点を経験しなくてはならないようだ。しかし、今日の世界のトップスケーターたちがソチ五輪でこの立場にとどまるとは思えない。4回転ジャンプを跳ばない選手が五輪で勝つとは思わない。もしそのようなことが起これば、フィギュアスケート競技最大のパラドックスとなるだろう…。
(終)


このミーシンさんにしても、タラソワさんにしても、モスクビナさんにしても、ロシアのコーチの皆さんは人間味があり懐が深いです。しかも、話す表現も多彩にして豊富。さすがはチェーホフ、ゴーゴリ、ドストエフスキーといった数多の文豪を生み出したお国柄と言うべきでしょうか。

それにしてもミーシンコーチはもうすぐ72才になろうとしているのですが矍鑠とされ、ますます意気軒昂!あたるを幸い、全てをなぎ倒して行くようなバイタリティー!頼もしいですね。
まさに、ロシアフィギュア界の重鎮、ミーシンここにあり!
四方にビンビンと響く声で獅子吼しているお姿が目に浮かぶようです(#^.^#)


折しも、欧州選手権は佳境。男子シングルSPではミーシンコーチの教え子が首位と2位発進。ますます元気百倍でしょうね。ドヤ顔が(-^〇^-)

発言は変に気取ることなく、意見は大胆にして率直。旧ソ連時代を生き抜いて来た逞しさ、したたかさも持ち合わせているようです。従いまして、ミーシンコーチの発言は言葉通りに受け取って良いのかどうか…ある程度は引き算、足し算、掛け算、割り算して受け止めた方が良いのかもしれません(゜_゜>)

ローリー・ニコルさんの振り付を褒めているようでいて、ケチョンケチョンに言っているみたいですね(^。^;)
ロシアの名伯楽の手に掛かれば、名振付師のニコルさんも、哀れ、かくのごとく形無しでございます。
さらには「口撃?」の矛先はさりげなくチャン選手の採点(つまりはジャッジに)に向けられます。それでも、ライバル選手達の長所、強さはちゃあ~んと認めていますよね。これはタラソワさんも同じです。この辺がロシアのコーチ達の懐の深さなのであり、そして、反骨精神も旺盛なのでしょうね。

>それは、狂人が少し正気を取り戻しているようなものだ

こ、これは日本人コーチから聞かれることはまず有り得ない、まさに文学的?な「直球」を投げています(@_@;)
いやあ、こういうの、私は大好きだなあ、タハハハ^^;

>フィギュアスケートに新しい種目を導入する価値もありそうだ。男子シングルダンスという種目を

男子シングルダンスだって!!
大賛成です。だって、高橋大輔選手の独擅場でしょうから(^^♪

しかし、この辺もミーシンコーチ一流の、ISUや北米フィギュア界へ「牽制球」を投げていると思われるフシもございますが(-_-;)
四回転ジャンプの話しは、正直、何を言わんとしているか、ミーシンコーチの言い回しからはイマイチ、不明瞭に思えます。ただとにかく、今の採点法にかなりご不満な様子は伝わって来ますが。

「…金メダルはチャン宛てに郵送しましょう…」
これは、アメリカ人らしいユーモア、ジョークですね。半分はマジかもしれませんが^^
案外、これはミーシンコーチの「本音」をアメリカ人に言わせたような感じすらします。
年季が入っていますので、なかなか一筋縄では行かないざんすね。

それにしても、このような発言は日本フィギュア界には望むべくもないでしょうね…。
控えめ、謙虚に、当たり障りなく、周囲を気遣って、が日本の風土ですから。
良くも悪くも。


関連記事
スポンサーサイト

2012.01.27 | | コメント(11) | トラックバック(0) | ロシア人選手達・ロシアネタ



コメント

片割月様 こんにちは
あちらでのご活躍たのもしいです。

そういえば、あちらでの議論で気になったことがあります。

PCSの捉え方です。
わりと不正論反対の方や、チャン選手を認めている方はPCSを理解しようと努力している方が多いです。

反対に不正を信じている方やチャン選手の得点を認めないといっている方やおかしいことはおかしいといわなければ…の人やチャン選手の演技スタイルばかりが評価されるのはおかしい…と言っている方は、すべりの技術の点数化に疎い方って感じがしました。
部分技術点と演技力・ダンス力だけでみているようではいつまでも議論は平行線ですね。

あと中にはPCSの理解には努めてはいるけど、完遂度とかスケーティング技術の中でもどこが重要視されているかの観点が違うだけって方もいるので、その方のコメントみるのはわりと好きです。

自分の基準では理解できないからそれは万人もダメだと思っているはず…と主張されるとひきますね。
そして理解を深めることに努力しないで自分たちの意見が一番正しい、理解を深めようとしている人を「何もわかってない」的なコメントを大ちゃん部屋で見てしまいました。
は~あれだけPCSについて語っている方もいるのに気づかないとは…何を言っても無駄なのでしょうか。

以前は私もPCSにいらつきを感じていましたが、だからといって不正と結論付けることは早すぎると思って、いろいろ調べているわけですが。
普段仕事していても似たようなことってありますし。
理解できないような言動をする人に対して決めつけることはしないようにしています。
何か事情があるのだろう、と思っていろいろ会話していくと謎が解けていくパターンが多いからです。そういう状況だからそういう行動してたのか~と理解できます。
じゃあこうしていきましょう。そうすればお互いにとって良い方向に進めそうですね。って展開になることも多いです。

関係ない話ばかりですみません。
ではまたおじゃまします。

2012/01/29 (日) 15:14:48 | URL | 藍色 #- [ 編集 ]

片割月様 早速のレスありがとうございます。

>あまり極端には意見の違わない人と議論するのがコツかもしれません。

私もそういうこと最近感じていました。
真逆の人とはずっと平行線です。
信じていることがあるから、こちらの意見を受け入れる体制ができていない。自分自身もそのへん頭においてレスするように心がけているのですが、時々ヒートアップすることもあります。恥ずかしい。

片割月様のおっしゃるように以前はアンチコメばかりが目立ちましたが、冷静な方かなり増えてますね。
わぉ、似たような感じ方をしている方が結構いてうれしい、と正直思ってしまいました。

今もうみ様の意見に過剰反応されているコメントを目にしました。
おせっかいだとは承知の上私もコメント残してしまいました。
本人がレスすることが一番なのですが、受け取り方が違う人もいるってことを言っておきたくて。

転倒ジャンプの件ですが、少し前にまも様が0点にしてしまったら、4回転に挑戦しないんじゃないかって言っていたのも、考えさせられますね。挑戦する心とミスのプログラムへの影響。バランスが難しいですね。
やっぱりこのルールシステムはマニアックですね。でも、だからこそ惹かれる部分もあるような…。私はあいかわらずノーテンキです。

2012/01/29 (日) 21:18:54 | URL | 藍色 #- [ 編集 ]

Re: Re: タイトルなし

前のコメント、下記と差し替えます。

藍色様、今晩は。

> 自分の基準では理解できないからそれは万人もダメだと思っているはず…と主張されるとひきますね。
> そして理解を深めることに努力しないで自分たちの意見が一番正しい、理解を深めようとしている人を「何もわかってない」的なコメントを大ちゃん部屋で見てしまいました。
> は~あれだけPCSについて語っている方もいるのに気づかないとは…何を言っても無駄なのでしょうか。

私はこう思います。

あまり極端には意見の違わない人と議論するのがコツかもしれません。

真反対の側との議論は、たいてい時間の無駄、不毛なやり取りに終わります。

そもそも、相手の意見に耳を傾けようとする姿勢はゼロなんですよ。

ただ自分の言いたいことだけをひたすら言う、だけなんですね^^;

それと、チャン選手のスレはキムヨナさんと同様に、アンチの不満の捌け口になっていましたが、最近は、さすがにそうしたコメントにウンザリしている方々がいて、チャン選手のスレがアンチの叩き場一辺倒にならなくなり、良い傾向と思っています。

気になったのは、うみ様とるるりら様とのやり取りにあった「転倒ジャンプ」はゼロ点にすることの是非。。

これは私も記事にアップしてみたいテーマです^^

2012/01/29 (日) 21:53:05 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

藍色様。失礼しました。

藍色様。
失礼しました。こちら用の名前を間違えましたm(_ _)m

あ、それと、いきなり新しい名前で来て、明らかに「相手のコメントの粗を突いてやろう」とするタイプの人が出没しているようですから、ご注意下さい。私にも質問している漢字二文字の名前の人です^^;

2012/01/29 (日) 21:57:50 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

承知しました~。

他の方も大変な目にあってましたね。

言葉尻に過剰反応し過ぎで、びっくりしました。

それではまた。おやすみなさい。

2012/01/30 (月) 00:28:05 | URL | 藍色 #- [ 編集 ]

熱論が続いてますね

藍色様。

転倒は大減点、あるいは、0点にするべきか、旧採点法ではどうだったか等、
面白いやり取りが続き、興味が尽きないですね。

いくらなんでも0点は無いでしょうね^^;

私もちょと考えてみようかな。

2012/01/30 (月) 21:20:54 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

〇〇様。

ご丁寧なコメント、こちらこそ恐縮いたします。

愉快な内容、楽しく拝見しました^^

こちらこそ、感謝しております。
また、お願いすることもあるかと思いますが、よろしくお願いします<m(_ _)m>

お身体をくれぐれもご自愛下さいませ。

2012/02/05 (日) 00:00:18 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

すみません!間違えてSecretコメントにしてしまいました…頭も風邪ひきのようで(^^;

2012/02/05 (日) 00:26:56 | URL | eco #5zymrDnI [ 編集 ]

Re: こんにちは

>…頭も風邪ひきのようで(^^;

eco様。
ノープロブレムですよ(-^〇^-)

私はしばしば脳みそが「消化不良」「胸焼け」を起こすので、
脳みそに効く「太田胃散」があると助かります^^;

2012/02/05 (日) 15:17:34 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

早速見に来ました

ミーシンコーチの発言に対する冷静な受け止め方。

私と同じ見方をされますね~~(笑)

これは、タラソワさんにもいえますが旧ソ連時代を生き抜いてきた人たちは本音と建前の使い方が巧妙で、とても日本人の比ではないですね。

日本のような地理的に隔離されたところと違い、隣のどんな人がいるかわからない、大陸の人とは所詮そういう点での危機管理能力に差が厳然としてあるといえるでしょうね。

なかなか興味深い記事が多いですね。

またよりに来ます。ついでに、リンクもしておきます。

2012/02/12 (日) 10:02:01 | URL | バルタントモゾウ #dnikPe9E [ 編集 ]

Re: ありがとうございます

バルタン様、早々のお越し、恐縮します。


> またよりに来ます。ついでに、リンクもしておきます。

ありがとうございます<m(_ _)m>

なお、私はバルタン様のような科学的な理論家ではないので、その辺はどうぞお手柔らかに^^;

もちろん、建設的な批評や認識の誤り等のご指摘があれば、喜んで受け止めます。
色々と教えて下さいね。

2012/02/12 (日) 16:52:29 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR