ソチ五輪男子SP・お詫び・その他





まことに勝手ながら諸般の事情により、ソチ五輪期間中は投稿に対するレスが出来ぬ場合が多々あるかもしれませんが、よろしくご寛容のほどお願いいたしますm(_ _)m

初めて投稿を頂きましたmomo様、ゆかり様、ものをき様、おじゃふぅ様、こちらこそ初めまして(*^。^*)。拙ブログでよろしければ、今後もよろしくお願いします。

風邪薬様、monardya様、お久しぶりにコメント頂き、ありがとうございます(o^^o)。

たびたびコメントを頂く皆様にもレスしなくてはいけないのですが、私の我が儘をお許し下さい(^_^;)。

……………………………………………………………………

【高橋大輔選手は4回転無しでSPを戦う方が良い】
本田コーチがコラムの中で、バンクーバー五輪で4回転ジャンプ無しで優勝した例を挙げて、「フィギュアはスポーツじゃないのかな?」くらいの感想を抱いたとありました。これに私はいささか疑問を抱きます。

当時、プルシェンコ選手の「4回転を跳ぶ選手が優勝しないのは変だ」くらいの発言は物議を醸し出したが、私は否定的な意見でした。しかも、a bad loser的にも受け取れました。

本田コーチが指導する高橋大輔選手の魅力、持ち味は4回転ジャンプでしょうか?アボット選手、ベルネル選手についても同様です。私はアメリカのジェイソン・ブラウン選手の演技を頭に思い浮かべています。

報道によると高橋選手の4回転ジャンプの調子は非常に悪いようです。膝の怪我も完治はしていないらしい。それでもSPから4回転を跳ぶのでしょうか。ここで転倒・両足着氷+回転不足のジャンプになれば、彼のプログラムの完成度はグっと下がり、魅力も落ちます。

高橋選手はSPにおいて、4回転無しでも90点以上の得点を叩き出す力があることは一昨年のNHK杯が証明しています。これで十分にメダル争いに加われます。4回転の肉体的負担・精神的負担が減る分だけプログラム全体の完成度に力を注ぐことが出来ます。しかし、無理に4回転を跳んでミスすれば厳しくなります。バンクーバーの時よりも強豪スケーター達が揃っているからです。

どうか、「プルシェンコ発言の呪縛」から解放され、「4回転を跳ばなきゃ男じゃない」のような精神論に拘らず、SPでは高橋選手にしか出来ぬ「プログラム全体の完成度」と「情熱」で演じて欲しい、というのが私の希望です。

高橋選手の「集大成」にはSPから4回転を跳ぶことが必須なのでしょうか?

いったい、何の為にモロゾフと再び組んだのでしょうか?

なお、フリーで4回転を1回(2回は止めた方が良い)跳ぶかどうかは、SPの後に考えれば良いと思います。


町田選手にはこのまま「自分の世界に入り込み」、外野の騒ぎをものともせず、最良の演技を見せて欲しいです。

羽生選手は好調が伝えられていますが、くれぐれも気負い過ぎ無ぬよう、平常心でお願いします。

チャン選手には「悲願の金メダル」という強い思いと、勝って当然と見られる「絶対王者」としての重圧があり、平常心を保つのが大変だとは思いますが、上手くコントロールして欲しいです。彼がSPからノーミスすれば競技全体がレベルアップし、競技そのものが緊まる!!


【テレビ放映でのフィギュア解説の低レベルさが際立つ】
モーグル、スノーボードハーフパイプ、スロープスタイル等、普段は見ないスポーツを観る私はまさにど素人感覚です。ルールも技術もほとんど分からぬまま観ます。

しかし、これらの採点競技のテレビ解説者もアナウンサーもルールや採点システム、ターンやジャンプ技術等を一生懸命に説明してくれます。もちろん十分とまでは行きませんが、採点競技を楽しむ手掛かりをある程度得られます。

ハーフパイプの実況アナはルールや技をかなり詳しく知っているようで、解説者そこのけで説明していました(^O^)。

で、我らがフィギュアスケートの解説はどうか?

「…トリプルルッツ」「…ダブルアクセル」「…よく伸びてます」……ヽ(;▽;)ノ

これだったら、私にだって解説出来ますよ。

日本人選手にミスがあっても、それを具体的に説明しない。いや、目立つジャンプミス以外には触れようともしない。「良かったと思います」「音楽を良く表現していたと思います。」…ハテ?それなら日本人選手達は皆もの凄い得点が出るハズですが?どうなってるの?

解説者が優しいのか、無能なのか、何かに遠慮しているのか、言えないのか、言いたくないのか、言うなと脅かされいるのか、ハナから説明する気も無いのか?

特に女性解説者はダメだ。

実況アナもダメだ。

他の(フィギュア以上にマイナーな)採点競技の実況アナ程の知識も無く、下らぬポエムや大げさで空虚な形容的修辞で誤魔化しているだけだ。いったい、何年フィギュアの実況をして来たのだろうか?

せめて、副音声では樋口氏、杉山氏、五輪に直接関与していないジャッジの方による詳しい解説をしてくれたらと思う。五輪の時くらい、それくらいの工夫したらどうかと思う。

さらに、モーグル女子では上村愛子選手よりも「ターンミスが目立ったアメリカの選手」の方が高い得点が出たことに批判や疑問が出ていました。しかし、里谷多英さん他による説明記事等で、「謎」がある程度解けました。フィギュアスケートであればこうは行かないでしょう。

こんな調子だから、陰謀論者・八百長論者がいつまでも跳梁闊歩するんだよ。


関連記事
スポンサーサイト

2014.02.13 | | コメント(19) | トラックバック(0) | ソチ五輪関連



コメント

お身体ご自愛くださいませ

片割月さま、こんばんは。

インフルはよくなられましたか。
東京はまた雪が降るそうで、くれぐれもお身体ご自愛くださいね。

オリンピックもいよいよフィギュアスケート男子が始まります。

私がこれまでの競技でいちばん印象的だったのは、スノボーハープで金メダル取ったスイス選手でした。
一か八かで決めた四回転は、今まであんまり成功したことなかったとか。

こんなふうに金メダルを取る場合もあるのですね。


かたや上村愛子選手は、戦略的にずいぶん遠回りしたということっしょうか。
里谷多英さんがどんなふうに説明されたか教えていただけたら嬉しいですm(_ _)m

2014/02/13 (木) 21:48:53 | URL | はぴらき #- [ 編集 ]

実況解説について

片割月様

フィギュアの実況解説は他のスポーツに比べ本当に低レベルですよね。
実況は技の名前すら一向に覚えようとしないし、解説はただ感想を言っているだけ。
度々ニュースやワイドショーで、フィギュアのジャンプの見分け方〜なんて特集やってますけど、実況アナにはあのレベルの認識すら無い始末。しかも、いつまでたってもです。だったらもう喋るのをやめてしまえと。

ただフィギュアについては、そもそも演技中には喋らないで欲しいという意見もありますよね。
他の競技と違い、音楽との同調性もありますから、実況は(レベルに関係なく)邪魔だという向きもあります。うーん。
たとえばハーフパイプなどは、実況のある種「煽り」のようなものが見る側の気分を高揚させますし、相乗効果を生んでいるので気になりません。
あとは好みの問題ですが、「普通のこと」として定着しているように思います。

そう考えるとフィギュアの実況って難しいなとは思います。
ただ僕が思うのはそれ以前の、フィギュアという競技に対する認識や意識が「いつまでも」低い姿勢に腹が立ちます。
現状のままなら、演技中は喋らずに、実況解説を必要とする視聴者のみが有識者の解説を副音声で聞くという方法をとった方がよっぽど建設的ですよね。

2014/02/13 (木) 22:03:25 | URL | ぴーすけ #- [ 編集 ]

アナウンサーの理解度と愛情

実況解説について、同じことを思っていました。
ただ、マイナー競技だからこそアナウンサーも詳しいのではと思いました。
取材人口も少ないでしょうから選手との距離も近く思い入れもあるだろうし、
競技内容や面白さを知ってもらってこの競技をもっと広めたい、
という気概が実況や解説にこもっている気がします。(選手にも)

フィギュアはメジャーになってしまい、メディアのプレッシャーなどもあるのでしょうか。
ファン層も違うから、競技ではない部分に気を使ってしまっているのかも。
とはいえもっと技術的な解説も欲しい。佐藤有香さんの解説が聞きたいなぁ。

実況に関しては、今はアナも毎試合かぶりつきではないから理解度も低いのでしょう。
某F1放送局の実況はフィギュアも同じアナの時がありますが、
F1の時と内容もテンションも全く一緒ですよ。やれやれ。
(私、F1ファンだったので。F1実況も劣化していくし、ポエムも聞き飽きた)

女子モーグルの採点疑惑はフィギュアに被るものがありましたね。
理由がちゃんとあるだろうから知りたいと思っていたところです。
里谷さんの記事、探してみます。

さて、では男子ショートに備えます~。
みんな良い演技が出来ますように!(アボット頑張れ)
今夜も寝不足ですねー。

2014/02/13 (木) 23:37:59 | URL | nico #/c2.ISBc [ 編集 ]

フィギュアの解説

フィギュアの解説は低レベルって言うけど、荒川さんが解説し始めの頃、技術的問題を指摘したら何で自国の選手に厳しいこと言うのかとお茶の間ファンにクレームつけられてたように記憶しています。ことフィギュアの解説の質の問題は鶏と卵の関係のような気がします。
荒川さんの新書を読みましたが、TVでのコメントとはだいぶトーンが違いますね。

2014/02/13 (木) 23:50:00 | URL | pen #YlEHWAnc [ 編集 ]

はぴらきさんへ

モーグルの点数配分は
スピード点 25%
エアー点  25%
ターン点  50%

スピード点は秒数に応じた換算表
エアー点は体操のように難度点方式
ターン点もカービングターンとスライドターン(このほかのターンもあるのかは知らないのでぴーすけさんに解説お願い) 

このターン点の計算をどうやっているのかが不明なのですが、推測するにコブの数1個に対して何点と言う計算だと思われます。

ターンの基礎点がスライドターンの方が高いため、カービングターンで速度を優先する上村選手の滑りは、スピード点では有利になっても、ターン点で不利になるとの事。

エアーの難度に関しては、はっきりと差があるのは解ります。
3位の選手はグラブタッチや身体のひねりなどのなどの複雑な動きを入れています。

長野の頃に比べるとスピード点の換算が低くなっているような気はします。
詳しくは調べていないけどね。

2014/02/14 (金) 12:25:30 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Video Review

モーグルの採点にVideo Reviewは使わないそうですね。ちょっと驚きました。もめないのかな~。

2014/02/14 (金) 12:49:03 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

男子滑走順

高橋、羽生、チャン選手の順。
羽生選手はチャン選手の演技に(心理的に)影響されることなく自分の演技に集中すればいいのでいい位置。高橋選手は前の選手の結果を見てその日の調子で4回転回避という手もある。
フェルナンデス、高橋、町田が有力。4回転が不発だとブラウンが伏兵になりそう。

高橋選手の音楽に関して作曲家の言及は予想通りCBCもNBCも全くなし。

プル様の棄権は予想通り。
団体戦の高得点はカートによると"Lifetime Achievement"に対するご祝儀で団体戦では町田選手やレイノルズ選手が上だったと言っていました。 彼の順位に関係なくロシアの優位は変わらなかったのでISU内でも暗黙の了解があったのでは。 ロシア選手がいなくなって静かになったと思ったら、今度は「ダイスケ~」ファンの声援が、、、。

2014/02/14 (金) 13:59:45 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

始まりましたね

男子SPは三席目をめぐって熾烈な争いになりそうですね。わくわく!

羽生選手、とうとう出ちゃいましたね。100点超え。
素晴らしい。そのメンタル。
演技開始前から金メダルとれ!!(命令)と思っていたけど、実現なるか?ハハ…『日本に金メダルありがとう~』と言いたい! 

チャン選手、少しミスがあったけど、キスクラでは得点に 「やった!」 という表情で、残念感を出さないところに好感がもてました。「失敗しちゃった~」としょんぼりするよりいいと思えるから。ホントは「思ったより出た」ってところだと思うけど。
まさかのステップでのミスには驚いた。(スコアはレベル4だったけど。足を滑らせたように見えたのは錯覚?それとも、そんなもん大勢に影響なしなのか?)世界王者といわれているチャン選手もやはり人の子。追い込まれているんだろうな。緊張からか、演技も重かった。でも、某解説者にいわせれば「丁寧な演技です」ってトコ? 

まっちー!! フリーではノーミス演技を心から願います!! まっちーの言っていた通りに、メダルは後からついてくるよ!
逆バレンタイン待ってる!

高橋選手、私も片割月様と同じく4回転回避に同意でしたが、やはり彼はそれをヨシとしないのでしょうね。浅田選手の3Aと同じなんでしょう。でも、銅メダルは射程圏内。どうなる?どうする?

ブラウン選手、perfect演技 bravo!! 全選手の中で一番惹き込まれました! 曲との同調が素晴らしく、しなやかでのびのびとした演技でした!キスクラもキュート!!

アボット選手、うう…。ケガがフリーに影響しないことを祈ります。うう…。

ベルネル選手、やっぱりあなたの演技、好きです。

ジュベール選手、大きなミスなく滑り切ったのを見たのは久しぶりな気がします。おかえり!

プルシェンコ選手、もう、何も言うまい…。


モーグル上村選手
頭の上下動が少ないスライドターンが今の主流らしい。上村選手はそれも承知で自分の滑りで勝負したとか。技術的にはカービングターンの方が難しいよう。(と解説者の弁) 結果、メダルには届かなかったけれど、彼女のもてる力を出し切ったということで、あのすがすがしさだったのでしょう。なぜスライドターンにしなかった!と外野の私は思ってみたけれど、やはりアスリートはそれぞれ思い入れがあると、独りごちてみる。

2014/02/14 (金) 14:16:33 | URL | ものをき #- [ 編集 ]

楽しませていただいております!

片割月さま、

ご多忙のところにお言葉いただき恐縮でございます。
初コメント以降、こちらで存分に楽しませていただいております。(このコメントへの返信についてはお気遣いなく!です)

片割月さんの記事、また、それに対するみなさんの深い中にも「くすっ」とくるコメントをふむふむ、と身にしみこませているところです。

超超超ライト級のフィギュアファンから少しずつ進歩しているような・・。ありがたいことです。

浅田選手に心奪われた15歳の頃(ジャンプは「しゅーん!」って飛べばいいんだよ」の頃ですかね(笑)クロママさんが何度書かれていて、つぼでした。Numberの記事でも笑ってしまいましたが)からファンとしての「忍耐力」だけは、重量級(笑)。
パーフェクトな演技が見られる日まで、忍の一字で私も頑張って見守り続けています。

あ、超超超ライトなフィギュアファンが・・失礼いたしました~

2014/02/14 (金) 15:54:06 | URL | おじゃふぅ #Vfvl2Xd6 [ 編集 ]

モーグルについて

バルタン様からご指名がありましたので、(今回の)モーグルの採点について、役に立たないかもしれませんが補足させていただきます。
今回の上村選手の採点に対する「疑惑」は、すでに新聞などでも報じられているのでそれを踏まえてみたんですが、

まず、ターン採点基準の要素は複数あるのですが、ジャッジは事前にクリニックがあり、そこで最近の選手の映像を使用して採点基準の認識をすり合わせします。

そこで、それまで良いとされていた上村選手の、カービングターンによって生じる後傾を指摘し、これについては減点すべきとの認識になったようです。

ここで、上村選手に対するターンの「基礎点」が決定されたのですが、その基礎点が何点なのか、またその基準は何だったのかは分かりません。
つまり、カービングターンよりスライドターンを良しとする根拠が何だったのかは分かりません。

で、この選手ごとの「基礎点」から、ジャッジは基本的にミスがあった場合に減点方式で採点します。

基礎点が選手によって異なるわけですから、少々乱暴ですがフィギュアでいうならば、実施しているジャンプの種類が違うと考えていただければいいと思います。

たとえば、

基礎点6.0の3Lzを跳んだ選手がGOE-0.3の評価をされて
5.7点になっても

基礎点5.3の3Fを跳んだ選手が
GOE+-0で
5.3点となるように、

マイナス評価を受けた3Lzの方が得点が高くなるようなイメージです。

シーズン前のクリニックでこのような採点基準の変更があったことを僕は知らなかったのですが、ターンの採点基準には、「カービングターン」という要素が存在しています。
事実、男子選手ではカービング技術が評価されていますし、上村選手がカービングターンを修得したのも、それがコブを滑るうえで技術的に高度であるとされている(されていた?)からです。

上村選手がターンに課題があったのは、カービング技術を修得する以前の話です。
修得後は、その頃の女子選手でカービングターンをする選手が他にいなかったので、上村選手が圧倒的に優位でした。上村選手の「基礎点」が高かったということですね。
その後、他の選手もカービングターンを修得してきたので、バンクーバーの時点ではすでに上村選手のアドバンテージは無くなっていましたが…。

今回の問題は、どうしてカービングターンより、スライドターンの方が評価されるようになったのか、明確な基準が分からないということなのかなと思います。
コブを滑る上での技術の優劣は、モーグルだけでなくスキーの理論的なことも関係するので、専門家やジャッジでないと分からないですが。

上村選手はすでにシーズン中に、自身の基礎点が低いことを知っていたそうです。

それでも、自分の理想とする滑りを追求し、決勝でそれが実現したということなんでしょう。

ちなみにエアは、先に高さや着地などを2.5点満点で採点し、そこへ実施した技の難度点をかけて算出します。
トリノの前に女子でも3Dエアが解禁になり、その時も上村選手はいち早く対応する努力と起用さを持った素晴らしい選手です。
世界のターンと呼ばれた里谷選手は、エアの対応ができず苦しんでいました。
しかし、トリノではターンとスピードが課題となり、メダルを逃してしまいます。
そして向上したターンはバンクーバーでは優位性がなくなり、
ソチでは減点対象になってしまったという…なんともやり切れない(;_;)

2014/02/14 (金) 18:00:49 | URL | ぴーすけ #H8Em3lUo [ 編集 ]

モーグルのターンの難易度

ヤフー知恵袋でかなり詳しい回答があります。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14120862189

jijiski63さんとbianchifeltgiantさんの回答が非常に専門的です。

トリノ前後のモーグルのブログやHPでは、カービングターンが高度な技術となっています。

http://moguls.jp/judge.html
トリノ当時の採点方法

http://howtosnow.com/howtoride/LV2ride/LV2yogo/LV2yogo.html

このHPで書かれているドリフトターンとの違いも解りませんが、技術の評価に関しては常にこういう形での論争が耐えないのは、採点競技には良くあることです。

そして、その多くは自分の国が有利となるようなルールを取り入れさせようと言う目的から来ており、その時々でトップ選手のいる国の意向が強くなる事もまたよくある事です。

「これが絶対的に優れている」という物は物理数量ではかれるもの以外は、常に論争の種になります。

スノーボードでも同じ名称があるので参考までに。

http://dmksnowboard.com/%e3%80%90%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%83%84%e3%83%bc%e3%80%91%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%83%84%e3%83%bc%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%89/

2014/02/14 (金) 20:22:28 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

ありがとうございます!

バルタンさま、ぴーすけさま、詳しい解説ありがとうございますm(_ _)mわかりやすかったですわ~

そしてこの場を貸して下さっている片割月さま、ありがとうございますm(_ _)m
交流が盛んで、サロンのように居心地がのいいですわ(*^o^*)

バルタンさまとぴーすけさまの解説読めば読むほど、上村愛子選手がメダルに運がなかったのか、自分の滑りにこだわって頑固だったのか、でも納得できた滑りができてすがすがしい気持ちになれたのか、わからない気もするし全部含んでいるようにも思える。

しかもこれはそのままフィギュアスケートに当てはまりそうですね。

深くて面白いですね。
スポーツの醍醐味というか本質的なものに触れているように思います。

2014/02/14 (金) 21:13:48 | URL | はぴらき #- [ 編集 ]

今日は魔物が、、

男子はノーミスが一人もいなかったですね。
オリンピックはやはり怖い、あの多少のミスがあっても190点は硬いと思われたチャン選手が、、、考えられないことが起こる。
気丈にインタビューに(嗚咽を抑えていたのがわかった)答えていましたが、人のいないところでは泣いていたと思います。
GPSパリでの完璧の演技に、ピークが早すぎるのではと懸念はしていましたが、むつかしいものですね。 チャン選手、金だったらやめたと思いますが去就はどうするのだろう。

フェルナンデス選手も後半の3Sが「織田くん」になってしまってここが0点になる痛恨のミス。カートも思わず叫んでいましがキスクラでの様子では本人は気がついていなかったようですね。1Tでも付けておけば銅だったのに、、、悔やんでも悔やめない。

なんともスッキリしないファイナルでしたが、運も実力のうち、ミスがあっても勝てる羽生選手、やっぱり強い。このもやもやをモーチべーションにして次のオリンピックで完璧を目指して欲しいものです。 ここで完璧に滑るよりよかったかもしれない。

2014/02/15 (土) 06:47:52 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

久々にコメントを送らせて頂きます。
羽生選手、金メダルおめでとうございます。
羽生ファンですが、実はあまり素直に喜べずにいたのです。Kan-Kanさまのコメントに癒されました。ありがとうございます。
そうですよね、4年後のオリンピックのモチベーションにして頑張って欲しいです。
金メダルを獲ったら早々と引退してしまうのではと不安もありましたし。

感謝です。
また応援頑張ります。

2014/02/15 (土) 11:13:01 | URL | テラ #- [ 編集 ]

魔物!

羽生選手は結果的にチャン選手の自滅に救われた形になりましたが、実際には冒頭の転倒やミスに気持ちで負けることなく、最後まで攻める気持ちで演技し切ったことが勝利を呼んだと感じます。
羽生選手のジャンプに着氷後までしっかりと気迫がこもっているのに対して、チャン選手は着氷時に身体が開き気味になってしまったり、やや散漫に次の動きに移行してしまったりという点が目立ちました。

ショートでのアボット選手のように「魔物」に頭からガブッ!とかじられてしまうと、その後吹っ切れて魔物を振り払うこともできますが、チャン選手は少ーしずつ少ーしずつ指先からかじられて、却って気持ちを切り替えるタイミングが掴めなかったのかもしれないですね。その点羽生選手は冒頭の4Sではかじられ慣れているというか…、真の危機は3FのSOだったと思うのですが、そこで魔物を振り切れた強いメンタルが勝因だったと思います。

今回ミスありの金銀争いで、五輪としてはどうなのよ?という声もあるようですが、「自分自身との戦い」をまざまざと見せてもらい、それはそれで心に迫るものがありました。何よりGPSから続いてきたチャン選手と羽生選手の勝負にひとつのピリオドが打たれたなぁ…と(涙)

羽生選手、金メダルおめでとうございます!
チャン選手、銀メダルおめでとうございます!

コメント等から察するに、羽生選手は自分の演技に納得がいかず、喜びの反面とても自分に腹を立てていると思います。そういうストイックさや気の強さが、羽生選手をますます上に引き上げていくことでしょう。今後が楽しみです。
チャン選手の去就は明らかにされていないようですが、とりあえず世選はどうするのでしょうか?

2014/02/15 (土) 12:21:34 | URL | ののんた #- [ 編集 ]

終わってしまった…

片割月さま、体調はいかがですか?冷えますからしっかり体温めてくださいね。自分の経験でいうと、白湯+ハラマキがとてもいいですよ。

Kan-kan様
アボットだけがノーミスでした!4T回避でしたがキレイなプロトコルですよ。

なんです君はルッツに2Tを付けなければ、最後のジャンプが少なくともキックアウトにはならなかったのに。でもそんなふうに冷静に計算するのは、あの舞台では難しいですね。仕方がない。

最終グループで神演技が見られなかったのは残念でしたけど、男子らしい根性降りもたくさん見られて気迫を感じました。どの選手も魔物に襲われながらも、力を振り絞って戦う姿にムネアツです。

パトリックは集中力が切れてしまったでしょうか。でもスケーティングはやはり一人だけ異次元でしたね。このプログラムが好きだったので、大舞台での神演技が見られなくてとても残念。

パトリックが完璧なら誰も彼を越えられないだろうとこの前のGPFまでずっと思っていましたが、それを上回る構成で二人の生徒をオリンピックシーズンに導いたオーサー、改めてすごい手腕だなぁと思います。

なんでパトリックは自国の軍師オーサーに付かなかったんだろう?とか、クラールさんから離れなければよかったのに、とか色んなタラレバが頭をよぎってしまいました。特別パトファンでもないし、ゆづが金メダルで嬉しいのに、判官贔屓でしょうか。どうしてパトリックのことばかり気になるのか自分でもよくわかりませんが(笑)

2014/02/15 (土) 14:32:55 | URL | りんこ #- [ 編集 ]

判官贔屓 too

羽生選手の金メダル、嬉しいんです。
でも、りんこさんの気落ちもワカル。

再放送、結果を知っていても、頑張れ〜って、どの選手も応援しちゃって。
大好きなアボットのスケーティング、町田くんのジャンプ、大ちゃんのステップに涙して。

そしてパトリック。
ちょっとダメダメのらしくないパトリックだけど、なんか、金メダル獲られせてあげたい、って、出だしの完璧な4-3と力強く伸びやかなスケーティングを見ながら思いました。

パトリックがいたから、この4年間で男子フィギュアがココまで進化したのじゃないかなって。

彼はダンサブルでも、直接的な感情表現するタイプでもないけど、スケーティングで表現するという境地を開いて。これぞ、フィギュアスケートというものを観せてくれた気がします。
滑りだけで切ない気持ちにさせてくれたフランス杯がピークだったのか?
予想外の羽生の追い上げに、メンタルで負けちゃったのかな〜

2014/02/15 (土) 15:54:09 | URL | クロママ #zbXJIH6I [ 編集 ]

4回転の精神的負担

りんこ様

>アボットだけがノーミスでした!4T回避でしたがキレイなプロトコルですよ。

アボット選手はメダル圏外でしたから、安全策の4T回避でノーミスで160点。圏内でメダルを狙う選手は170点以上が必要とみて4回転を入れてきています。
アボット選手だけがノーミス、というのは確かのそうですが4回転の精神的負担も考えると同じように比較するのはどうでしょうか。

私はむしろ高橋選手がSP(2.0,FP(2.10)とも4Tを回避すれば銅メダルのチャンスがあったと思いますが、集大成としては避けたくなかったのではないかと思います。

2014/02/15 (土) 16:01:36 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

判官贔屓 

強い横綱が負けちゃったら、今回はカナダでもチャン選手に同情票が集まっているようです。

そんな折に、ロシェットねえさんが、
"He had the gold on a silver platter. He took the platter."

金(メダル)が銀のお盆にのって出てきたのに、彼はお盆のほうをを取った。

とTweet したとかで槍玉に上がっています。
ゴールド選手然り、Tweetは災いのもと。

2014/02/15 (土) 16:22:26 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR