自分の身は自分で守る


放射線のひみつ放射線のひみつ
(2011/05/27)
中川 恵一

商品詳細を見る

放射線医が語る被ばくと発がんの真実 (ベスト新書)放射線医が語る被ばくと発がんの真実 (ベスト新書)
(2012/01/07)
中川 恵一

商品詳細を見る




福島の原発事故が発生してから、いったい、何刷の原発関連の本や雑誌の特集記事を読んできただろう。原子力発電の専門の学者によるもの、放射線医療の医師によるもの、ジャーナリストの取材によるもの等。そこには原発推進派もあれば、反原発派もある。「大したことはない」と安心を主張するものもあれば、「危機が迫っている」と不安を主張するのもある。

読めば少しは理解が進むと思いきや、読めば読む程、分からなくなる。私の文系脳は混乱し、やがては「臨界」に達し、もろくも「炉心溶融」してしまった。シーベルト、グレイ、ベクレル…区別が分からん。1ミリシーベルト、20ミリシーベルト、100ミリシーベルトがナンチャラとか、喧々諤々やっているが、何が100ミリなのか?閾値?益々もって分からん。

私の周囲にいる女性連中、原発本の一刷すらも読むでもなく、ひたすら「わかんな~い!」と言っている方が気楽で長生き出来るのかもしれないと思い始める。自分で勉強するより、そのうち「国や自治体」が何とかしてくれるだろう、何とかしないのは彼等の怠慢だ!! と、他人まかせにして文句言っている方が利口かもしれない、などと思い始める。

それはちょうど、家計をやり繰りし、辛抱強く努力して貯蓄するか、仕事に精を出して昇進を目指すよりも、無駄に散財した後に「チェッ、チェッ、損した」とブツブツ言い、会社や上司を無能と批判し、国が福祉の促進や減税に努めないのは怠慢と批判するのに似ている。ウン、こちらは私のことだったりして。

そのような中、これは!と思った良書にようやく出会った。それが放射線の専門医である中川恵一准教授の本であった。特に「放射線のひみつ」は実にわかり易い。私のような平凡で理系に弱い女性でもスンナリと頭に入ってくるのだ。

その例として。
放射線、放射性物質、放射能の違いを中川氏はロウソクに喩えて次のように説明する。
「ロウソクが『放射性物質』で、火がついている状態が『放射能あり』。そして、ロウソクから出てくる明かり(光)が『放射線』です」

シーベルト、ベクレル、グレイの違いは雨に喩えて説明する。
「雨雲(放射性物質に相当)から何粒の雨(放射線に相当)が降るか、それが『ベクレル』です。雨粒がどれくらい地上に落ちたか(降水量)を示すのが『グレイ』です。雨粒によってどれくらい濡れたかを表すのが『シーベルト』です」

ウン、わかり易い。また、これはもっと大事なことですが「記憶に残る」ということであろう。記憶に残らないのは学習したとは言わないから。


それと、「100ミリシーベルト」と表現する時、絶対に欠かせないのは「毎時」か「月当たり」か「年間」か「生涯累積」か、単位をしっかり明記することだ。この点、メディアは曖昧にしているか、不明記にしているが、とんでもない怠慢だ。読者や視聴者を誤らせ、無用の不安や風評被害を招く誘引になる。速さを示すのに100キロとは言わない。時速か秒速か分速かの明記が必ずある。

中川恵一氏の主旨は「正しく怖がれ」
放射線と健康への影響は過大評価してもいけないし、過小評価してもいけないと。
言われてみれば、当たり前のことである。
当たり前のことが新鮮に聞こえるとは、どうなっているのだろう。
やはり、私の頭は「ちょっとだけ」炉心溶融を起こしていたのだろう。

この本に出会ったお蔭で、私の頭はようやく「再稼働」し始めたようだ。
なお、ストレステストはまだしてない。


※群馬の某大学教授が「放射能をあびるとがんになります。がんになったひとは半分くらいが死んでしまいます」と文書で主張しているのには驚いた。あびるのは「放射能」ではなく「放射線」のはずだ。この時点で学者として失格と思うが。その後の主張も何の科学的データはない。広島でも長崎でも放射線をあびた人は沢山いたが、その全員ががんになったという話しは無いし、ましてやその半分くらいが死んだという話しも無い。しかもこの学者は冒頭で「いま、おとなを信じてはいけません」と言っている。
おかしいなあ。この学者さんも「おとな」だけどなあ。


関連記事
スポンサーサイト

2012.01.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治・社会



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR