スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



都をどりは~!舞妓はん





都をどり公式サイト→ここです
サイト内で昨年の都をどりの動画を見ることができます。

私が見た今年の都をどりの一部→ここです

鴨川をどり公式サイト→ここです
鴨川をどりについては私は以前にこちらで触れたことがあります→ここです

実は今年の4月23日に一泊だけですがわたくしは一人で京都に行ってまいりました。目的は都をどりを見ること、久し振りに春の大原三千院と大覚寺にお参りすることでした。「女ひとり」の歌詞にあるように、「京都~、大原三千院、恋に疲れた女がひとり~♪」そのままに。苔むした日本庭園に着物姿のわたくしが一人佇む姿はまさに風情のあるものでしたわ。ナンチャってね。実際はジーパンにブラウス姿で、風情なんてちっともネエよ(-^〇^-)。

日付がしっかり頭に入っているのは、この日にオバマ大統領が来日したからですわ。ホテルのテレビで見たよ。

早朝の大原三千院は人影も無く、静かで心休まるようでした。低い山並みと田畑は爽やかで、散り落ちた枝垂れ桜にシャクナゲの薄桃色が朝露にしっとりと濡れていました。平安時代、墨染の衣を纏った出家貴族や女院がひっそりと暮らし、朝な夕なにロウソクに火を灯し、ひたすらお経を唱えるには良い場所だったろうなあと、想像が膨らみます。

都をどりですが…昨年に見た鴨川をどりと比べ、舞妓はんの数(30人くらい登場したかな)が多く華やかです。そして、紅葉、雪、桜と、四季折々の舞台セットの中で、次々と舞が繰り広げられて飽きることがありませんでした。昨年は安い席で失敗したので、今回は正面の良い席を確保したのでより楽しめました。

舞台を前に左手は鐘や太鼓の「囃子方」(舞妓が演奏する)が、右手はベテランの唄方・三味線方が配置されています。最初に唄方の一人が「み~や~こ~を~どり~は~」と発声すると、続いて舞台裏から舞妓達が「よ~いや~さ~!」と応じ、客席の両側の花道からそれぞれ10人づつ舞妓が登場して井上流の京舞を舞います。こうして都をどりは始まります。

しかし、踊りの味わいという点では、鴨川をどりの方がベテランが舞う時間が多く、見応えがあります。最初に見るなら都をどり、次に見るなら鴨川をどり、の方が良いかもしれません。そして、外国人観光客にも都をどりの方が「オオッ!ジャパニーズゲイシャね!」と喜べるんだろうね(^O^)

素人なりに思ったことは…京舞の急所は腰(お尻)を落とすことにあるそうですが…この腰が据わっていて、安定し、腰を中心軸に前後に脚がそろりと動き、手や腕が優雅に動き、顔・頭が微妙に向きを変える。これらが調和してピタ~ッっと決まるのがベテランや名取りクラスの舞なのかなあと。腰が決まるという意味ではスポーツと共通する点もあるのかも。

舞妓が10人も並んで同じ動きをするのはコントロールが難しいと思うのですが、京都通によると、この10人の中に実は名取りクラスの名手が一人いて、その方がリーダーシップをとっているのだとか。

舞妓姿の典型。裾引きにだらりの帯。足下の高下駄はおこぼ。髪には花簪と銀のピラピラ。お座敷用の丈の長い着物を地面に引きずらぬよう、左手で褄取りをしている→ここです
この写真を見て、「あ、この場所は祇園の白川だ!」と分かる人はかなりの京都好きです。なお、この舞妓はんは本物ではなく、モデルさんか素人のコスプレと考えられます。真昼間に舞妓はんが正装で歩いている可能性は低いからです。彼女達が姿を現すのは夕方以降です。

本物の舞妓はんは高下駄のおこぼをポコポコ鳴らしながら早足で器用に歩いていますので、モタモタした歩き方をしているのは素人と分かります。私のように京都に20回も30回も行ったベテランになると、これくらいの知識はあるの<(`^´)>。

京都五花街の芸妓と舞妓の数。
祇園甲部が芸妓86人、舞妓28人。←都をどりはここの芸妓・舞妓が舞う。
宮川町が芸妓40人、舞妓27人。
先斗町が芸妓41人、舞妓10人。←鴨川をどりはここの芸妓・舞妓が舞う。
上七軒が芸妓18人、舞妓7人。
祇園東が芸妓11人、舞妓5人。
(出典:西尾 久美子 2007 『京都花街の経営学』,東洋経済新報社.)

1970年代には舞妓の数が底を打っていたそうです。しかし、メディアによって売れっ子になった舞妓がテレビに何度も登場する等の影響もあってか、再び数が増えだしたとか。中学校卒で舞妓になる決意をするのは大変なことでしょうね。いくら京の舞妓とは言っても、水商売は水商売。娘から「舞妓になりたい」と聞かされ、二つ返事でオッケーする親はまずおりますまい。職業に貴賎の区別は無いとは言え、芸者というのは色々と偏見の目で見られがちなのは事実であろう。

テレビで放映していたけど、京都五花街で最も多くの芸妓・舞妓を擁する祇園甲部には、一人前の芸妓に育てる教育システムが確立さていて、実に興味深い。京都の歴史、書道、舞踊、茶道、和歌、三味線等等、芸妓に必要な「たしなみ」を一通り習得出来る専門学校が祇園にあるそうです。でも、高校生くらいの女の子が親元から遠く離れ厳しい修業に耐えるのは大変でしょうね。中途で脱落する舞妓も少なくないとか。。。

ところで、「舞妓」は京だけの専売特許?ではないらしい。各地に舞妓はんはいるようです。

岐阜市にも舞妓はんが。二十歳になってから舞妓を始めるのはハンデがあって大変でしょうね→ここです

こちらは奈良市の舞妓はん。エッ?小学校5年生だと?→ここです
ウーム。とても小学5年には見えない。恐るべき化粧の威力。それにしても…これって、労働法上、問題は無いのかしら?まさか、お客様にお酌などしませんよね?(^◇^;)

京都市内の花街はなかなか元気ですが、東の東京はというと…新橋芸者や赤坂芸者は頑張っているようですし、都をどりに対抗して、東をどりも開催しているらしい。しかし、伝統ある深川芸者は居なくなってしまいました。他に柳橋芸者とか居ましたが今はどうなっているのかしら?

まあ、いずれにせよ、彼女達の贔屓客は政治家、企業経営者、高級官僚等で、一般庶民はお呼びではないですね。

都をどりの客席には横に舞妓を同伴させた男性が何組かいました。この舞妓は他の花街の女性でしょうね。まあ、いつの時代も金持ちの男性は煌びやかで艶やかな女性を侍らせて、人前で見せびらかしたいという欲望があるようです。金持ちが自分のお金で舞妓・芸妓を同伴させようとも本人の自由だわね。ん?私を横に侍らせる?高いわよ!(^O^)

少しだけスナックでお手伝いした経験からですが、、、祇園も風俗営業法の届け出をしているのかしら?と余計なことを考えてしまう。つまり、風俗営業の届け出をしないと、女性従業員を客の横に侍らせて接待させるのは違法なハズ。しかし、届け出をすると夜中の12時には店を閉めなければならない。舞妓や芸妓が12時で終わり、なんて聞いたことがないけどなあ。どういう規定になっているんだろう。ま、大きなお世話だろうけど。

とてもビックリしたのですが、今回京都に行ったら外国人観光客の多いこと、多いこと!都をどりのお客の4人に1人は外国人でした。夕方、先斗町を歩いていた時ですが、私の前を行く人達はほとんど外国人ばかり。後ろを振り向くとこれまた外国人ばかり。ン?ここはどこの国かしら?

彼らの話す言葉から推測するに、中国人を筆頭に、韓国人、英国圏、ドイツ人、オランダ人?そして東南アジア諸国系も多かったです。ホテルの人にこの辺の事情を尋ねてみたら、中国人の観光客が昨比+70%も増えているとか!エッ?日本が嫌いな中国人が日本に沢山来るとは!まあ、それとこれとは別ってことなようです(・∀・)。

4月下旬とは言え、気温が25度以上はある暑い日でした。外国人はこの湿気のある暑さが苦手なようです。私は長袖のブラウスだというのに、彼等や彼女等はタンクトップに短パン姿で水をガブガブ飲んでいたわ。嵐山の天龍寺では、日陰を求め、皆が軒下や縁側に集合していました。炎天下をものともせずに庭園をじっくりと眺めているのはほとんど日本人だ。



関連記事
スポンサーサイト

2014.07.12 | | コメント(19) | トラックバック(2) | 戯けたライフ



コメント

お饅頭&小皿

都おどりは、よく行く料亭の女将さんからチケットを頂き2回ほど観に行ったことがあります。
お饅頭が出るのですが、小皿が付いていて、小皿の持ち帰りOKですので少し嬉しかったです。

「ほんまにおいしかったどす」

2014/07/12 (土) 22:10:10 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: お饅頭&小皿

ファントム様、こんばんは。

おや、そうどすか?

よろしおすか?
「都おどり」は「都をどり」が正しいどずなあ。どうえ?

ほな、おきばりやす(^_^)ノ

2014/07/13 (日) 20:05:50 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

空色の綺麗な衣装

都をどりは、空色の地に桜の柄の印象があります。

小学校に上がるまで、数年、日舞を習ってたのですが、浴衣さらえで、お揃いの浴衣を毎年作っていたので、都をどりも、同じに見えるけど、きっと、毎年新調するのでしょうね。

都をどり、群舞には、圧倒されますね。
私自身は幼な過ぎて、日舞のなんたるかは理解しないままでしたが、丹田にしっかりと力を入れて舞う姿は、片割月さんのおっしゃる通り、スポーツに通じますね。

都をどり、一度は実際に観てみたいですね〜

ソチオリンピックの真っ只中に、友人に誘われ、国立劇場に日本舞踊協会公演を観に参りました。今回は「まつり」がテーマ。
日舞を観たのは数十年ぶりで、寝ちゃったらどうしよう〜って緊張しましたが、思った以上に楽しめました。
楽日の公演で、最後の演目は流派を超えた男性舞踊家48人の群舞。迫力があってカッコ良かったです。

子どもの頃は衣装が綺麗な女性の踊りに惹かれましたが、男性の日舞、意外にも一番印象に残りました。

舞踊家の友人がお弟子さんをとって教えていますが、最近は子どもの手習いではなくって、シニア層が多いのだとか。

日舞の動きは、足腰が鍛えられて、とても身体に良いのよ。幾つからでも始められるわよ〜と言ってくれたので、老後には習いに行こうかしら。

2014/07/13 (日) 21:49:27 | URL | クロママ #zbXJIH6I [ 編集 ]

Re: 空色の綺麗な衣装

クロママ様、こんばんは。

>都をどりも、同じに見えるけど、きっと、毎年新調するのでしょうね。

たぶん、そうでしょうね。

NHKで祇園の舞妓はん特集を放映した時、その中で衣装は命の次に大切、くらいのとの説明がありましたし。

丹田か、ここが基本みたいですね。呼吸法でもそうみたいですし。

京都に旅行される機会がありましたなら、都をどりを一度はご覧になる価値はあると思います。
チケットは電話一本で簡単に予約出来ます。

私は東京の人間なので、新橋演舞場で毎春開催される「東をどり」を見て済ますことも可能ですけど、

やはり、京都が良いわ!(*´∀`*)

男性の日舞は迫力ありそうね。

舞踊歌舞伎の「奴道成寺」を見たことがありますが、こちらも迫力ありました。

ナルホド、日舞も中高年女性のアンチエイジングの一つになっているかもよ^^

2014/07/13 (日) 23:03:15 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

お抹茶

片割月様

コメント有難うございます。
「おおきに」
確かに都をどりどす。
都をどりでは、お抹茶も出ました。
「ほんまにおいしかったどす」

2014/07/13 (日) 23:29:20 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

「どす」を使うのは

やくざドス。

2014/07/14 (月) 00:20:00 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

ちなみに「ダス」を使うのは

ドイツ人と名古屋人ダス。
das
(注:厳密にはドイツ以外にも使っているところがある。)

安藤さんは過去にTVでダスを使って大受けしました。

2014/07/14 (月) 01:10:49 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

天才少女

 バルタンさま。
 これって2009年国別対抗戦の宣伝番組のお話ですか? 美姫ちゃんがお料理してるシーンがあったりで、今でも大事に録画を見てます。(違ってたら申し訳ありません)
 「Das Genie」
 競走馬の名前ですが、何だか美姫ちゃんを連想します。

2014/07/14 (月) 19:13:41 | URL | shige #gZ9nukOE [ 編集 ]

RE:天才少女

ハーイ(^O^")/

その通りです。

当時の記事にした物がここです。
と、また自ブログの宣伝(笑)

当然録画してまーす。

http://blogs.yahoo.co.jp/barutantomozou/29687557.html#34892457

2014/07/14 (月) 19:53:16 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

結局は「センス」なのかな?

こちらにもコメントさせて頂きます。

都をどりの衣装ですが、毎年新調されます。
なんと前年の8月末頃から衣装づくりは始まるそうです。図案から考案されるそうですので。
歴代の総をどりの衣装が年にもよりますが展示されている事があります。それらを見ますと、一見同じように見えるけれども、こんなに違うのか・・と驚かされます。

総をどりに出演するのは半分位は芸妓さんです。あの装いだと確かに舞妓さんだと思われてしまいそうですね。
キャリアの浅い舞妓さんでも舞の上手な方はいらっしゃいますし、舞妓さんより先輩の筈の芸妓さんでもう~ん・・と思ってしまう方もいますので、上手い下手、味わいのあるなしも、キャリアではなく結局は「センス」なのかな?と思う事もありますね。

2014/07/15 (火) 06:20:36 | URL | 新緑の里 #I0MP68Ho [ 編集 ]

流派の違い

何度もすみません。

都をどりと鴨川をどりでは舞(踊り)の流派が異なりますので、比較することがそもそも難しいです。
キャリア云々、センス云々ではなく、その流派が自分の好みかどうか、という事も大きいかと思います。
井上流(祇園甲部)と尾上流(先斗町)とでは全く違いますものね。

2014/07/15 (火) 06:32:26 | URL | 新緑の里 #I0MP68Ho [ 編集 ]

都をどりの衣装〜

新緑の里さま

都をどりの衣装は、やはり毎年新調されるのですね〜 まあ、そうやって着物、帯(帯も新調するのかしら)、小物類などを扱う仕事も支えてるのでしょうね。
情報ありがとうございます。

叔母が小さな着物屋をしておりました。
実家が商売をしていて姉妹が多かった私は、小学校に上がるまではその家に預けられることが多かったので、自分の着物だけでなく、お客さんの着物選びも、脇でよく見てました。
まっすぐな反物に柄ゆきを決めて、染めて、仕立てて、魔法のように綺麗な着物になる、本当にワクワクする経験でした。
小さな子どもにも、地紋はどっちが好き?地色は?柄は?と意見させて貰え、着物は作る途中が楽しいと感じました。次姉と自分の振袖は、私が色柄を決めさせてもらったのは、良い思い出です。

歴代の着物が見られるなんて、壮観でしょうね!都をどり、絶対観に行かなきゃ〜

2014/07/15 (火) 08:13:24 | URL | クロママ #zbXJIH6I [ 編集 ]

本当に助かりました。

とつぜんごめんなさい。
最愛のものがなくなって辛い日々が続いていました。
そんなとき、ある場所を知ったんです。
おそるおそる連絡をしただけで、本当にお金が振り込まれたんです!
すぐにお金持ちになれる方法あります。
本当に助かりたい人だけ、連絡してください。
知りたい人はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
すごい秘密を連絡してくれた人だけに教えます。

2014/07/16 (水) 17:03:38 | URL | 白鳥 #27Yb112I [ 編集 ]

花街の父様

お久しぶりです。

何故か、投稿がブログ上に反映されなかったので、ここに貼り付けておきますね^^

名前:花街の父(7月16日付)
タイトル:おおきに ありがとさんです
********************
片割月さん、お久しぶりです
そうですか、他の踊りもみてくれはりましたか。
おおきに、ありがとさんです。


新緑の里さん
お気持ちはよう分かります。
でも流派の違いはあれど、同じ花街の踊り。
ある程度比較して見られるのは仕方の無い事。
流派が違うから比較するのは意味がないではなく、それぞれの流派の違いをお知らせする。
その知識を持って頂いて、また見て頂く方がよろしいのではありませんか。
私はそう思います。

(片割月談)
もちろん、二つの流派の優劣どころか、その違いなど私には分かりませんし、それだけの知識もありません。

私が申し上げたかったのは、鴨川をどりのプログラムの方がベテランが活躍する時間が長いので、
(先斗町は舞妓の数が少ない、という事情もあるかもしれません)

その分だけ見応えがあったと思ったのです。ただ、それだけのことです。

2014/07/18 (金) 21:23:19 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

お茶席も楽しみの一つです。

片割月さま

申し訳ありません。またしても余計な事を言い過ぎてしまいました。お詫び致します。

クロママさま

歴代の衣装の展示と言いましても、6、7枚程度の本当に小規模な展示に過ぎないんです。「壮観」とまではいかないような・・誤解を与える書き方をして申し訳ありませんでした。

都をどり、機会がございましたら是非!あ、その際には是非ともお茶券付きの特等観覧券でご覧になって下さいませ。お茶券付き特等席で入場しないと衣装の展示等は恐らくですが、見られないと思いますので。
お茶席では、黒紋付正装の芸妓さんのお点前を間近に見ることが出来、本当に眼福です。控えの舞妓さんの衣装も素晴らしいもの(鴨川をどりでは控えの舞妓さんも黒紋付正装です)。着物好きの方にはきっと喜んで頂けると思います。


2014/07/19 (土) 00:28:12 | URL | 新緑の里 #I0MP68Ho [ 編集 ]

Re: お茶席も楽しみの一つです。

新緑の里様、どうかお気になさらぬよう^^

思ったことを率直に語って頂いた方が私にとっては有意義です。
多少、意見がぶつかることがあったとしましても、その方が手応えがあります。

新緑の里様は大人だなあ、と感じています。
御ブログで痛烈な批判コメントがありましても、新緑の里様は決して感情的になったり、売り言葉に買い言葉になることもなく、優しく、丁寧に一つひとつ回答なさっておられる。

元来、「妹気質、次女気質」のある私にはとても真似ができません。

私は実生活でも相手に皮肉を言ったり、適当にからかってみたり、ズケズケと相手の欠点を指摘したり、反対意見をストレートに言ったり、わざと相手を怒らせてみたり等、
そういう危険なやり取りも嫌いではない方なので、
友人を失ったり、逆に、むしろ、新しい友人を得たりと、忙しくやっています(^◇^;)

都をどりですが、1時間というのはちょっと短いですね。
エッ、なーんだ、もう終わり?ってね。
鴨川をどりはもっと長くて、途中に休憩タイムも入りますが、その分だけお得かな?
その代わり、都をどりは演技場に端正なお庭があって、ちょっとした散策も楽しめますね。

2014/07/19 (土) 00:51:45 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

お茶席ですね、メモメモ!

新緑さん、アドバイスありがとう〜

着物好きって言っても、大過去のことです。
子どもの頃はお正月は着物で過ごすほど(髪も桃割れに結って!)慣れ親しんでいたのですが、中学生以降は縁がなくなりました。
背が高すぎて、19歳の厄年は中振袖しか作れなかったしね。

20代に数年だけ、着物に関わる仕事をしてましたが、当時は着物よりモード系の洋服にハマっちゃってましたから、自分で買ったのは結城紬1枚だけっだったな〜
歳を重ねてからは、喪服で着たのが最後です。

ここ数年、日本舞踊や歌舞伎を観に行く機会ができて、着物っていいな〜と再発見しているところです。
都をどりは、ぜひ、計画します。その時は、必ずお茶席にしますね。

2014/07/19 (土) 10:07:35 | URL | クロママ #zbXJIH6I [ 編集 ]

偽舞妓はん

はじめまして。失礼します~。

≫本物の舞妓はんは高下駄のおこぼをポコポコ鳴らしながら早足で器用に歩いていますので、モタモタした歩き方をしているのは素人と分かります。

とりあえず連れの方(おじさんやおばさんが多いです)が一緒にいてはったら偽舞妓はんです~。
観光舞妓さんは、ひとりで外を歩いてはいけないので…。
あと地髪ではないのもわかりやすいですよ!

趣深い甲部歌舞練場ですが、来年から都をどりの会場が変更になるとのことで大変残念です。。。
今年、十年ぶりくらいに観覧することができなかったのに。。。

ちょっと調べものをしていて寄らせていただきました~失礼いたしました。。

またどうぞ京都に遊びにいらしてくださいね。

2016/10/29 (土) 05:51:29 | URL | 通りすがりの京都人 #- [ 編集 ]

Re: 偽舞妓はん

通りすがりの京都人様、初めまして^^

>観光舞妓さんは、ひとりで外を歩いてはいけないので…。

あ、なるほど。。。言われてみれば分かるような。ありがとうございます!

>来年から都をどりの会場が変更になるとのこと

そうなんですか。後でネットで調べてみよう。

外国人観光客がどっと増えた為でしょうか。
都をどりのチケットがゲットしにくくなり、不便ですわ。
以前は、どたん場でもゲット出来たのに、今はだいぶ前から旅の予定を組んでおかないと難しくなりました。
私は思い立ったら即、というタイプなので(^_^;)

私にとって京都(洛中)は汲めども尽きぬ魅力に溢れた場所です。

しかし、あまりの混みようにシーズン中は諦めた。あまり観光客のいない静かな時期に行くことにしよう。
真夏の暑さにフーフー、真冬の寒さにブルブル震えてもネ(^o^)

また、いつでもお越しくださいね(^_^)/

2016/10/29 (土) 23:22:19 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://poppy445.blog.fc2.com/tb.php/617-0c23e8ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/07/13 08:46)

岐阜市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

2014/07/13 08:46 | ケノーベル エージェント

ケノーベルからリンクのご案内(2014/07/13 08:48)

奈良市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

2014/07/13 08:48 | ケノーベル エージェント

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。