スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



大会の協賛企業がフィギュアスケート界を「私物化」?





赤旗新聞:2014年8月10日(日)

アイフルがフィギュアスケート界「私物化」
選手・関係者パーティーにファン招待
協賛社の資質に疑問

(引用開始)…フィギュアスケートの観戦券贈呈キャンペーンで、5万円以上の借金を条件にして批判を浴びたサラ金大手のアイフルが、またもやファンの怒りを買っています。選手・関係者しか入れないパーティーに、ファンを招待するというものです。一協賛企業による私物化ともいえる実態が、明らかになっています。(勝又秀人)

--------------------------------------------------------------------------------

アイフルは、グランプリシリーズ中国大会(11月)の協賛企業として、観戦券贈呈キャンペーンをしています。

このほど、アイフルは5万円以上の借り入れと新規契約という応募条件を撤回したばかり。新たに問題になっているのは、チケット応募者のうち2人を「バンケット」と呼ばれる選手・関係者のパーティーに招待するという特典です。

トリノ五輪アイスダンスに出場した木戸章之さんは、バンケットについて「大会を終えた後に開く、主催者と選手、コーチ、審判の慰労会ととらえている。選手同士が交流し、他国の審判からアドバイスももらえる貴重な場」と説明します。

そこにファンを招くのはきわめて異例です。同社にはファンから「非常識」という意見が寄せられています。

本紙の取材に対し、アイフルは「そのような意見があるということについても、真摯(しんし)に受け止めている」と説明。しかし、いまだに改めていません。

木戸さんは「フィギュアスケートの人気を利用しようとしているだけなのではないか」と、協賛企業としての資質に疑問を投げかけます…(引用終わり)。


まさか赤旗新聞がフィギュアスケート関連の問題を記事にしていたとは意外です。いや、内容からすれば意外でもないか。

私もビジネスの世界の人間ですし、仕事柄、消費者金融企業の新入社員や女子社員の研修を担当したこともありますので、多少は同情したい気持ちもあります。少なくとも、消費者金融だからと言って、色眼鏡で見るようなことはしません。世間からの冷たい視線を受けながらも、生き残りをかけて懸命に努力しているのを私は知っています。

しかし、5万円の借金を条件にというのは、感覚的に非常に抵抗感を覚えるものです。しかも、金利が付きますから実際は5万円では済まないのです。チケットの当選発表までの期間は借金を返せませんからね。

中国大会には超人気のスケーター、ソチ金メダリストの羽生選手が参加します。そこで、アイフルは、「これだ!新規客を増やす絶好のチャンスだ!」と考えたのではないでしょうか。その気持ちは分からなくもありません。

しかし、世間は今も消費者金融に対しては良いイメージを持っていないこと、ストレートにお金が関わるやり方、お金を条件とするようなキャンペーンには抵抗が強いこと。アイフルはこうした認識に欠け、甘く見ていたのではないでしょうか。また、フィギュアファンをも甘く見ていたのではないでしょうか。

次に、「バンケットに招待」も、フィギュアスケート界の慣習について、フィギュアファンのレベルについて、認識が欠けているとしか言いようがありません。私達ファンが二人だけ、場違いなバンケットに加わりたいと思いますか?選手達が困惑するようなことをファンはしませんよ。もちろん、好きな選手とは直接会って話をしてみたいという希望はありますが、それは難しい相談であることをファンは良く知っています。

アイフルは日本スケート連盟に相談するとかしなかったのかな。日本スケート連盟はこの件についてはノータッチなようです。まあ、中国大会ですから関係無いと言えばその通りでしょうけども。

分からないことが一つあります。いくら大会の協賛企業とは言え、「バンケットにファンを招待」の企画をするからには、あらかじめ主催側であるISUの了解が取れていたということなのでしょうか?あるいは、中国スケート連盟が了解したのでしょうか?アイフルが独断でやるというのも少し考えにくいことだからです。

もしもそうであれば、まず批判されるべきは、アイフルではなく、ISUか中国スケート連盟ではないでしょうか?「あまり好ましくは無いが、(この不景気に)お金を出してくれる協賛企業からの要望は断り難い。それに、ファン2名だけなら、まあ目をつぶろうか」、とか。あるいは、「中国大会はあまり観客の入りが良く無いので、少しでも増えるのなら歓迎」とか。もちろん、これは私の想像に過ぎませんが…全く有り得ない話でもないと思います。

「最後は、金目でしょ」ってか(-^〇^-)。

競馬界やパチンコ業界はイメージアップに勤しんで来ました。消費者金融業界も同様でしょう。フィギュアスケートのような優雅なスポーツの協賛をするのもイメージアップの一つかと。テレビにも映ります。それというのも、消費者金融にとって…変な言い方ですが…比較的生活レベルが高い層が多いフィギュアファンは良い客筋とは思えないからです。

アイフルは今回のようなことで、イメージダウンにならぬよう、頑張って下さい。



関連記事
スポンサーサイト

2014.08.12 | | コメント(1) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・ネタ関連



コメント

新規参入

今後も新規参入企業は十分にスケート界の慣習を踏まえた上で企画・立案を行うことが必要であるのではないだろうか。

2014/08/12 (火) 06:44:02 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。