スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



山田洋次監督の言葉が心の琴線に触れる





私はこの記事を読んで大変感銘を受けましたので、某ツイッターサイトから下記の画像をお借りします。

tt.jpg


山田洋次監督の語りから、私は二つの有名な言葉を思い出しました。

ナチス党ゲーリング
「もちろん普通の人間は戦争を望まない。しかし、国民を戦争に参加させるのは簡単なことだ。国民には攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国を危険にさらしていると主張する以外には何もする必要がない。この方法はどんな国でも有効だ」

トーマス・ジェファーソン:アメリカ第三代大統領
「権力に関わる事柄で、もはや人間への信頼を語るのはやめよう。悪さなどしないよう、権力者を憲法という鎖で縛るのだ」


私はこう思う。権力が濫用されても自分たちには影響が無い、又は自分たちは安心だと考え黙認するか無関心でいる人々や、権力側の熱烈な支持者によって、権力が本来の適用範囲をはるかに超えて広がる土壌が生まれ、しまいにはその濫用をコントロールすることも異議を唱えることも不可能になる。それはもう必然的なものなのだ。明治~昭和史を学べば学ぶほど、このことを教訓として現代~未来を考えざるを得ません。

安倍政権は閣僚及び党役員にネオナチ的右翼女性を並べました。危ない危ない。

そこで一首、狂歌をひねり出す。

            勇ましや安倍の愛国婦人会
                        生活下げて日の丸上げよと  月女(ToT)


「国のための尊い犠牲」は、「国に強いられた悲惨な犠牲」とする方が正しいと私は思います。いったい、誰が自分から死にたい、死のうなどと思うでしょうか?「強いられた死」を美化する言動こそ、無念の死(半数以上は餓死なのだ)を遂げた兵士や軍属(日本人だけではなく、朝鮮人、台湾人、中国人もいた)に対する冒涜と思います。

「アジア・太平洋戦争で日本が得た唯一の収穫は新憲法だ」、と言った人がいたとか。

※歴史学者の間では「アジア・太平洋戦争」という表記が一般化しているそうです。戦時中に日本が使った「大東亜戦争」こそが正しい表記との意見もありますが、私は分かり易い前者を使います。



関連記事
スポンサーサイト

2014.09.13 | | コメント(9) | トラックバック(0) | 政治・社会



コメント

途方に暮れながら

それでも、黙っていられませんね。

何が自分に出来るのか、と、ジリジリとする毎日ですが、夫、子ども、友人、同僚と、話をする、話題に出す、一緒に考える。

まず、自分一人から出来ることを積み重ねるしかないですね。

2014/09/13 (土) 09:27:59 | URL | クロママ #zbXJIH6I [ 編集 ]

EEZ

日本のように広大なEEZにおける資源の可能性を持つ場合は永世中立の選択は難しく、アメリカに
頼らざるを得ない状況となっている。

紛争地域の安定と平和を願わずにはいられない。

2014/09/13 (土) 12:31:25 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

右翼=悪、なのか?

片割月さま

片割月さまは、ご自身の見解とは異なる歴史認識を持つ方に、大変な「偏見」をお持ちであるようにお見受けします。
そしてそのような人物に対しては名誉棄損と言ってもよい位の、酷い「レッテル貼り」をなさっておられます。幾らなんでも「ネオナチ」とは余りに言葉が過ぎるのではないでしょうか?

例えば仮に、片割月さまの事を、「左翼」「極左」であると決めつけ、レッテル貼りをしてくる連中がいれば、片割月さまはご不快でしょう。しかし片割月さまは相手が右翼的考えの持主(勿論片割月さまから見てそうなのであり、本当に彼らが右翼であるか、ということではありません)であると判断されるや、いとも容易に「右翼」のレッテルを貼り非難するという行動に出ておられます。これは彼らに対する甚だしい「人権侵害」ではありませんか?

「人権」の観点からすれば、例え左翼であろうと右翼であろうと等しく考えは尊重されねばなりません。左翼の考えは尊重されねばならないけれど、右翼の考えは尊重してはならない、これは右翼に対する「差別」であり、思想、信条の自由を謳った憲法の精神と照らし合わせても問題であると私は思います。

また「右翼」=戦争待望論者、という片割月さまの認識も右翼への「偏見」そのものであり、「差別」であると私は考えます。

片割月さまから見れば私なども「右翼」となってしまうのかも知れませんが、勿論戦争など絶対に起こって欲しくありませんし、起こしてはならないと思っています。

2014/09/14 (日) 01:05:51 | URL | 新緑の里 #I0MP68Ho [ 編集 ]

水と安全はタダじゃない

片割月さま

新緑の里様に同意ですね~。

米大統領選挙の度にタカ派の共和党ではなく民主党になってほしいと思うので、自分は左寄りだと思っていましたが、片割月さまスケールで測ると私なんかは右か極右になってしまいまいそうです。
山田監督のおっしゃるように、永世中立国で東洋のスイスを目指すということは日本も徴兵制にして、兵役後も小銃を保持して有事に備えて国を守る、ということになります。
スイスは銃の保有率が高いということを、アメリカのガンコントロールのニュースで最近知りました。

水と安全はタダではない

追記 :片割月さまがファンのクリントイーストウッドは、共和党支持者で前回の大統領選の時には応援演説(酔っぱらっていたのか支離滅裂で評判が悪かった)に登場してちょっと驚きました。

2014/09/14 (日) 16:21:34 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

kanーkanさんへ

水と安全はただではない。

この言葉を、防衛の錦の御旗に使うことが、右よりの考え方だということです。

自己防衛のために他者の命を奪うことの正当性を主張するのは、弱肉強食の論理につながります。

自己防衛を建前に、他者の攻撃力を上回る攻撃力を保持する事に対して規制がなくてもいいのか?

ガンコントロールは、それができないから問題があるのです。

銃が日常的に身近にある世界と無い世界のどちらを望むか。

私は前者を許容する人は、力による解決策をよしと考えるとして、右寄りと判断します。

人間の理性を信じないからこそ、規制が必要と考えます。

2014/09/14 (日) 20:23:39 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

教えてください

片割月さま、

具体的にどの女性閣僚、党役員を、ネオナチ的右翼女性と片割月さまは仰っているのですか。あと、理由とか教えてください。自分も納得できるか調べたいので。

2014/09/14 (日) 23:45:18 | URL | びっぐあぷる #s7zQWtIk [ 編集 ]

安全と女性閣僚。



水と安全はタダじゃない…けど、どこまて金を出したらいいのでしょうか。最近の防衛予算はよく伸び、防衛産業はさぞや潤っていることでしょう。
危険というのは、本当なんでしょうか。

女性閣僚についてふれられたブログがありましたよ。
なんでやねん五郎さん、のブログです。

では。



2014/09/17 (水) 19:47:56 | URL | KURAMA #DrTX19Tw [ 編集 ]

閣僚メンバー

私は新聞は購読していませんし、テレビも殆ど見ていませんので、今回の閣僚のメンバーの名前、顔もあまり分かりませんが、ちょっと調べてみました。


ウォール・ストリート・ジャーナル日本版に寄ると、今回発表された閣僚19人(総理を含む)のうち15人が「日本会議」のメンバーとの事。「日本会議」で検索すると、何やら胡散臭い組織。

また、高市早苗総務大臣はネオナチ代表とのツーショット写真で国内外に波紋を呼んでいるらしいが、過去にナチス礼賛本に推薦文を寄せていたこともあったらしい。この本は「 ヒトラー選挙戦略」(小粥義雄/永田書房)。この本の広告に、高市氏が次のような推薦文を寄せていたようです。

>「著者の指摘通り勝利への道は『強い意志』だ。国家と故郷への愛と夢を胸に、青年よ、挑戦しようよ!」 なお、この本は自民党の候補者に向けた選挙戦略啓発本だったとの事。

このヒトラー礼賛本の著者・小粥義雄氏は自民党東京都支部連合の事務局広報部長(当時)。つまり、この本は自民党の候補者に向けた選挙戦略啓発本。表紙も内容も凄いらしいです。

興味のある方はご自分で調べてください。

2014/09/19 (金) 11:35:34 | URL | hiyorigeta #/Gbb2fdw [ 編集 ]

Re: 閣僚メンバー

hiyorigeta様、情報、ありがとうございます^^

一番の問題は、こうした政治家達を閣僚に指名した安倍首相(と彼のブレーン)の存在ですね。

片山さつき議員も、何と申しましょうか、いわゆるネットウヨ型の政治家とでも言うべきでしょうか。

「だから、女性は政治には不適格なんだよ」と、男性のあざ笑う声が聞こえてくるようです(^-^;。

2014/10/26 (日) 01:11:57 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。