高橋大輔選手・賛 





予感めいたものはありましたが、それでも、やはり、高橋選手の引退発表はショックでした。
私は必ずしも高橋選手の熱烈ファンではないけど、彼の演技に一喜一憂し、エキサイトしていました。
毎シーズン、どんな競技用プログラムが用意されるのか待ち遠しく思ったスケーターの一人でした。
直近の2年間は、会場のファンの「騒音」がうるさくて、じっくりと彼の演技を楽しめなくなることがありましたが、超熱狂するファンの気持ちも分からなくもなかったです。
今、フィギュアを見る楽しみに、ポッカリと大きな穴が生じた思いです。喪失感の大きさがひしひしと。

大怪我から復帰したバンクーバー五輪シーズン以降で言えば、どのプログラムの、どの演技が特に心に残ったでしょう?
バンクーバー五輪での感動的な「道」、
以前に記事にアップしたNHK杯での完璧な「In The Garden of Souls」、
国別対抗戦で代々木体育館が崩壊せんばかりにファンが大熱狂した「ブルース」、
全日本での神演技「道化師」、
昨年のNHK杯で私が生演技を見た「ソナチネ」、

等、いくらでもあります。そうした中で、私がアレコレと迷いながら、無理やり、一つだけ選ぶとすれば、怪我から復帰した2009年でのフィンランディア杯のSP「eye」です。粗い小さな動画でも、この演技を見る度に興奮したものです。
動画はここです

ta.jpgta2.jpg

とにかく、カッコイイ。一つひとつの動きやポーズが絵になっている。エンディングでコケていますが、「テへへへ。。。」と苦笑いしている姿すら絵になっている!

この頃のSPはステップシークエンスが二つあり、その点では今よりも見ごたえがありました。この「eye」では、何といっても二つのステップシークエンスの魅力には勝てません。自在に滑り、ダイナミックに踊り、細やかにしてエネルギッシュ!

私が高橋選手の魅力に気がついたのはこの演技だったと思います。音を拾う、とか、音楽と演技が一体となっているとか、スケーティング・ステップワークの醍醐味(パトリックのお陰でもあるけど)、真髄に多少は触れた思いがしました。

演技の完成度という点では、その後のGPSアメリカ大会や世界選手権の方が上かもしれませんが、見た時の衝撃と新鮮さと発見という点ではフィンランディア杯の感動の方が上でした。

ステップの途中で上半身を仰け反らせながら前にタッタと動く箇所は特にツボです。

こんな日本男子スケーターは、もう二度と現れないかもしれません。

ひたすら感謝m(_ _)m


関連記事
スポンサーサイト

2014.11.05 | | コメント(8) | トラックバック(0) | 日本人選手達



コメント

スケート界のバドパウエル

片割月さんと同見解である。
これほど踊れるスケーターはいない。
音楽のもつ情熱とエモーションをアッパーボディムーブメントとステップで最大限に表現出来る選手が高橋大輔さんなのである。
バドパウエルがその後の全てのジャズピアニストに影響を与えたように、大輔さんのスケーティング・スタイルは今後の全てのスケーターに影響を与えることであろう。

2014/11/05 (水) 12:44:47 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

D1SKバナー・タオル

D1SKバナー・タオルは単に掲げて応援する為にあるだけではない。

「大ちゃんの演技に感動し、その流れる涙を拭くためにあるのである。」

私たちスケート・ファンを泣かせるスケーター。それが高橋大輔である。

2014/11/06 (木) 01:28:23 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

ファントムさんへ

「D1SKバナー・タオル」?

細かい突っ込みでわるいけど、「1」は「I」の打ち間違い?
それとも、商品自体が「1」になってるのかな?
私は、演技にしか興味がないから、選手のキャラクターアイテムは知らないので。

2014/11/06 (木) 14:11:39 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

「大ちゃんが一番好き」

バルタントモゾウ様

はい、商品自体が1になっています。
意味するところは大輔ファンの方々の解釈では「大ちゃんが一番好き」です。

ですので1はIの意味も同時に含んでいるのでしょうね。

観客席に広く陣取った多数の大輔ファンの方々が一斉に掲げるD1SKバナータオルは会場が大きくなればなるほど壮観です。

2014/11/06 (木) 19:21:15 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

eye

片割月さま。お邪魔します。

高橋選手。私もeyeが一番好きです。
両手を前に出して、たったと歩き始めただけでぞくっ。

片割月さまと同じ所かなと思いますが、2分9秒あたり、ちょっとためがあったあとのステップ、膝から弾むような跳ねるような大きなステップ。何度見てもそのたびに心が弾みます。

上半身と下半身が分離せず、全身がしなやかな一個の肉体表現になっている。稀有なスケーターですね。

パフォーマーは不思議なくらいその人の人間が出てくるものですが、その点でもほんとに愛すべき選手でした。



2014/11/08 (土) 00:29:42 | URL | テヒ #- [ 編集 ]

片割月様、こんにちは。
(HNをいちファン→ロゼに改めました)

高橋選手の記事、嬉しいです。

片割月様の記事に全文同意です!!

「eye」は私の一番好きなプログラムですが、片割月様が選ばれたフィンランディア杯のSP「eye」、私はバンクーバーOPからのファンなので、残念ながらリアルタイムで観ていませんでしたが、今改めて観ても新鮮ですね!
「eye」は宮本賢二先生の振り付けも秀逸なんだと思いますが、シーズン初戦の未完成な状態でも、ステップワークに十分引き込まれますね。

仰る通り、高橋選手の最大の魅力は、何といっても音楽と演技の一体感、卓越した音楽表現ですよね。
「eye」のステップシークエンスは、とにかくカッコいい!の一言に尽きます。

「道」も大好きなプログラムですが、コミカルでおどけた道化師と、裏腹に漂う哀愁を、高橋選手ならではの音楽表現で演じ分けていると思います。
いつ観ても胸がいっぱいになります。

今シーズン、カナダの若いナム・ニューエン選手のフリー曲が「道」なのですが、この曲が流れると、どうしても高橋選手の演技が脳内再生されてしまうんですよね。高橋選手のパフォーマンスは音ハメが半端なかったな~と改めて思うのですが、まだ16歳のナム君と比べるのは酷ですよね。
(ナム君はジャンパーとしてはすでに実力を発揮していて、将来が楽しみな選手だと思います。)

高橋選手の場合、氷上とは別人格?の彼の人柄も、多くのファンから愛される所以なのかもしれませんが、彼が一番輝くのはやはりリンクの上だと思うので、どんな形にせよ、これからもずっとフィギュアスケートに係わっていてほしいと思います。



2014/11/09 (日) 14:34:27 | URL | ロゼ #- [ 編集 ]

Re: eye

テヒ様、こんばんは。

そうですか。テヒ様も!(*^。^*)。

>2分9秒あたり、ちょっとためがあったあとのステップ

これ、高橋選手だからこそ絵になるんですよね^^

2014/11/23 (日) 23:56:28 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ロゼ様、お久しぶりです^^

オオッ、ロゼ様もそうでしたか(*^。^*)。

ウム。思うことは大体皆さんも同じなんですね。

高橋選手の名演技は何回見ても飽きませんね。

31才のメンショフ選手の活躍を見ると、高橋選手はまだまだ現役でやれるのに勿体ないです。


2014/11/24 (月) 00:12:02 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR