スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



GPS2014NHK杯:感想など





これは信じて貰えないかもしれませんが…村上大介選手がフリーをラフマニノフのピアコン第2番の第三楽章で演じ始めた瞬間、私は「彼はノーミスで演じきるだろう」と直感しましたよ!!

実は、数日前、録画しておいた「NHK杯の浅田選手特集」を見ました。そのうちに私はソファでコックリコックリとうたた寝をしてしまった。そこで夢を見ました。浅田選手がソチ五輪のフリーで、曲目をラフマニノフのピアコン第2番の第一楽章から第三楽章に急遽変更し、ノーミスで逆転優勝した夢でした。やった~ッと思った瞬間に目が覚めました。フィギュアスケートの夢など滅多に見ることがないのに、たまたま浅田選手の録画を見ていたのと、潜在的願望がリンクして夢となったのでしょう。

つまり、村上選手のノーミス演技による逆転優勝は、「正夢」の変形みたいなものだったのかもしれません。もちろん偶然に過ぎないと分かりつつも、人生には時々こうした現象が起こるものです。誰でも一度や二度は経験しているでしょう。

村上選手の4回転サルコウはちょっとユニークで省エネ系のジャンプに見えます。ジャンプ前の構えが小さい。コフトゥン選手やブレジナ選手のサルコウのように跳ぶ前に深く身を沈めたり、大きな構えはしませんね。無良選手や羽生選手のジャンプのような大きさはありませんが、レイノルズ選手のような低空飛行でも無い。一度身に付けると安定期が持続するジャンプではなかろうかと。

それと、村上選手のスケーティングは実に柔らかくて氷に優しい滑りをすると思いました。他のスケーティングの名手達程には際立った特徴は無いかもしれませんが、どこか日本人の丁寧さを感じさせるスケートと思いました。コレオの終盤で少し危なかった箇所がありましたけど、本人も苦笑いしていましたね。

誰も村上選手の優勝は予想しなかったでしょうけど、これだからスポーツ競技は楽しい。初優勝、おめでとう!!次の全日本での活躍が楽しみです。世界選手権の出場も夢ではありません。

グレイシーゴールド選手と仲が良さそうだったけど、名伯楽フランク・キャロルコーチのチームメイトだったんですね。ゴールド選手もGPS初優勝でファイナル進出も決め、とても嬉しそうでしたね。キャロルコーチも今年のNHK杯はさぞかし幸せだったことでしょう。

町田選手の4Tがそうであるように、村上選手もSPとFSで4Sが3本が決まる(しかも3Aも確実に決める)と演技全体のステージがそれまでとは大きく違ってしまい、凄いアドバンテージになりますね。逆にアボット選手や小塚選手のようなスケーティングの名手が苦戦するのもそこら辺りにあるのでしょう。

アボット選手は滑り始めた瞬間から独特の空気を醸し出せるスケーターです。高橋大輔やランビエールがそうであるように。高橋大輔が色気であれば、アボット選手は清涼感でしょうか。Jスポで2014世界選手権の男子の解説をした樋口豊氏のセリフですが、「もう少し演技構成点をあげてもいいのに」と思う選手です。

カナダのバルデ選手のフリー演技も印象に残りました。踊れるスケーターですし、何とも言えぬ雰囲気があります。

2位になりファイナル進出を決めたロシアのボロノフ選手は2014欧州選手権からの好調を維持していますね。乗っている感じです。27歳ですか!31歳のメンショフ選手同様、ロシア男子はオジサマ方がガンバッテいます!素晴らしいわ。

女子で印象に残ったのは、レオノワ選手のSPチャップリンメドレーと、加藤選手がジャンプの才能を遺憾なく発揮したFS、この2つでしょうか。日本の若手女子選手で3Aや4回転を練習しているとの情報はいくつか耳にしますが、もしかすると、加藤選手が一番早く本番で3Aを成功させるかもしれませんね。加藤選手が本番で跳べるようになれば、他の選手達にも強烈波及効果をもたらすでしょう。浅田真央選手の引退が濃厚となった今、偉大な伊藤みどりから続く日本女子の伝統を維持して欲しいです。誰でもいい、誰か一人、出て来い!!

「オペラ座の怪人祭」…色々な選手による違いが見られて楽しいと思えるフィギュアファンもいるでしょうけど、私はいささか食傷気味です。これは一ファンとしての我がままに過ぎませんが。過去に数多の名スケーターによって使い尽くされ、食べ尽くされ、骨までしゃぶられて来た曲目で演じる…良くも悪くも保守的なんですね。ま、それを言うのであれば「カルメン」「ボレロ」「シェヘラザード」「ラフマニノフのピアコン」「火の鳥」等も同じじゃないか、となりますが。

ペアでは川口&スミルノフの演技に魅了されました!技術的には優勝したカナダペアや3位の中国ペアの方が上だったと思いますが、ペアならではの表現性では特に川口さんの方が遥かに上だったと思います。EXを見ると川口&スミルノフの「引き出し」の豊かさに圧倒されます。むしろ、ファンとしてはEXの方が楽しめて良かったくらいです。

アイスダンスでは、カナダのウィバポジェ組がカンロクとカッコ良さという点で圧倒的な魅力!!最初から最後まで間然する所が全く無い、流れるような演技に惚れ惚れと。しかし、ユニークでアクロバティックなリフト技で魅了させるイギリスのペニコラ組も印象的です。フリーダンスもとても良かったのに、後半のステップでミスしたのは惜しかったです。

イリカツ、変じてシニカツとなれり、おかしからずや。ってところでしょうか。今4月に組んだばかりだからチグハグな面があるのは仕方ないですが、直ぐにトップクラスに進化するでしょうね。

キャシー・リードのフリーダンスの衣装が素敵でした!黒衣装に黄のスカーフというシンプルな組み合わせですが、とてもおしゃれです。バイアス折り式でバックで結ぶのがポイントですね。
(私はスカーフには少々ウルサイ方なのだ。無理してエルメスのスカーフを買ってアレコレと研究したのヨ。最近はマドモアゼルピエロのプリーツ折りで決めているのダ)

名前を忘れましたが、3位のアメリカ組の女の子と日本の平井さん、人懐こそうな可愛い顔立ちしていますね。

解説の宮本賢二さんが言っていたように、上手い選手ほどスピード感がありますね。滑りそのものやステップ毎の伸びやかさとか。ある意味、シングル競技よりもアイスダンスの方が素人目にも見分け易いです。その代わり、正しいステップを踏んでいるか否かとか、エッジが深いとかフラットだとかの識別はとてもとても難しいけど。

GPSを見る限り、技への判定や評価が一段と厳格になっている印象ですね。
ステップからのジャンプやジャンプのエッジエラーだけではなく、回転不足もこれまでより厳しく判定しているように見えます。村上佳菜子選手や宮原知子選手、ワグナー選手の回転不足は、素人の私が「あ、ランディングがちょっと」と思った例の8割以上は回転不足判定を受けています。
浅田選手が仮に戻って来たとしても、かなり厳しい戦いを強いられると思います。

どの世界でも一般的にルールというものは、徐々に甘く緩くなるか、徐々に厳しくなるか、いずれかの道を辿るものですが、フィギュアスケートの世界では厳しい方向へと進行しているようです。その「功罪」は一概に言えませんが、おそらく、「功」の方が大きいのでしょう。技術役員もジャッジも目が肥えて行けば、ファンの目も肥えて行きますしね。価値観も変わる。

旧採点方時代の方が個性的な演技が多かったとの意見もありますが、私から見ると旧採点方時代のスピンやステップシークエンスなどは、今の選手たちのそれと比べると、まるで「中学生と大人」くらいの違いがあります。偉そうな言い方ですが、旧採点方時代のゆるゆるなステップシークエンスで「表現性が豊かだ」とか言われても私にはピンと来ません。

織田さんの解説、快調ですね。舌好調です。良く語るし、感情表出も豊かなので分かり易い。良い意味でテレビ向きだ。織田さんのもう一つの才能と言える。良かったですよね。

久しぶりに八木沼さんの解説が。さすが、滑らかでソツの無い解説。本田さんは印象は良いのですが、解説がジャンプに偏りすぎ。アボット選手の時だけスケーティングに触れていたけど。

加藤選手のフリープログラムが「ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番」とテロップに出た直後に、「プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番」が流れ出したので、一瞬、仰け反りました。いい加減だなあ。。。

偉そうに辛口な感想を言いますと、村上選手のラフマニノフも加藤選手のプロコフィエフもほとんどBGMになっていました。各エレメンツが置かれた場所と音楽とが不調和です。しかし、これはこれでいいのでしょう。あくまでジャンプの跳び易さに主眼を置いた作戦と考えれば、これも一つの選択肢だ。

この点、ジュニアの樋口新葉選手の「ガーシュインのピアコン」は、BGMっぽいようでいて、少し違うと思いました。彼女のエネルギッシュでスピード感溢れるスケートの特長が良く生かされた選曲と思うからです。



関連記事
スポンサーサイト

2014.12.01 | | コメント(14) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・大会



コメント

史上最強の4トップ

ついにもう一人の来るべき選手が来た!
ダイス(村上大介選手)である。
これで羽生+3M(町田・無良・村上)の4トップとなった。
しかし日本代表は3枠である。
4トップが3枠を争う訳だ。
これはまさに史上最強の4トップと言っても過言ではない。
全日本選手権の世界選手権出場3枠争いが本当に楽しみである。



2014/12/01 (月) 05:46:25 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

4Sの入り方は、

子布団選手やブレジナ選手の方がユニークといえます。
基本は3Sの延長。
無駄な力が入らない、という点で前者のフォームはGOEで不利だと思います。
フェルナンデスや、でニス・テンや安藤らはあまり深くは沈みこみません。
この自然な感じが、GOEの高評価に繋がると思います。

2014/12/01 (月) 08:16:48 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

3楽章

今回のダイスの演技でラフマニノフのピアコン2番は音楽の好きな人には3楽章が良いことが、わかった。
是非浅田選手にも3楽章を演技していただきたい。

2014/12/01 (月) 12:43:51 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

年の功

片割月さんのNHK杯レビューが読めて嬉しかったです。(^^)

川口&スミルノフ組はいい具合に「枯れてきた」という印象がありますね。二人とも30代に入ってしまい、技術的には若い組に見劣りするようになっても、ペアとしての熟成が出来てきたことで、持ち前のエキゾチックな雰囲気が香気さえも感じさせるようになっている。いつまで続けられるかは分かりませんが、出来るだけ長く見ていたい二人です。

アイスダンスのジガガジ組の演技、特にSDのタンクトップはどう解釈したらいいのか、ちょっと妄想をかき立てられる、相変わらずの「我が道を往く」でしたね~

2014/12/01 (月) 22:39:21 | URL | TAO #R6DZAwZw [ 編集 ]

オペラ座の怪人祭

お久しぶりです。
私も少々食傷気味です。顔見知りなんだからちょっとは調整して欲しいものです。
今期はいまのところ、レオノアのSPがお気に入りです。彼女も随分と年によって波がありますね。

2014/12/02 (火) 00:19:20 | URL | pen #YlEHWAnc [ 編集 ]

サルキュ

バルタンさんの言うとおりである。
サルコウ前は沈み込まないほうが良い。
跳ぶ直前に両脚が「ハの字」の形になるのが特徴のジャンプである。



2014/12/02 (火) 12:45:05 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

引退


>浅田真央選手の引退が濃厚となった今、

これは皆さんが薄々と感じていることじゃないでしょうか。仮に戻って来たとしても、今さら何が出来るのだろうかという先細り感が否めなくなってしまうと思うのです。

もしそれでも復帰するのなら、周囲の大人たちの事情では決してなく、浅田真央本人の意志で残りの時間を貫いて頂きたいと願います。

2014/12/02 (火) 22:37:18 | URL | TAO #R6DZAwZw [ 編集 ]

 十四季ぶりに女子がファイナルに行けなかったから真央待望論と一部のマスコミが騒いでいる様です。それが何故浅田選手の去就と関係あるのかな? と思います。例えば、若手が伸びていないのであれば、若手の強化方法を考えなおせばいい。浅田さんを引っ張り出した所で、根本的な所の解決にはならないと思います。
 

2014/12/03 (水) 08:55:42 | URL | shige #X91rLkcY [ 編集 ]

浅田選手

片割月様、こんばんは。
〈引退が濃厚となった今〉という言葉に胸をつかれました。以前、片割月様は、シーズン途中で戻ってくるかもしれない旨書かれていたので。
髙橋選手の引退を受け、また、ロシアの若手の台頭を見るにつけ、確かにその可能性は高まってきたとは思っていました。
でも私はもう一度試合での浅田選手が見たいです。
たとえジャンプが10代のように跳べなくても、喜びを持って滑る浅田選手を見ることができたらどんなに幸せでしょう。
ただし、周囲の思惑で動かされることだけには絶対になってほしくありません。皆様と同じです。自分のために滑ってほしいです。
・・・ファンって勝手ですね。浅田選手が引退したら、たとえどんなに彼女が幸せに見えても、祝福するより力が抜けてしまう自分が目に浮かびます。

2014/12/03 (水) 22:18:38 | URL | spring #- [ 編集 ]

浅田選手の今後の役割とは

浅田選手が戻ってきたとしても、再び国際試合の表彰台に立てるかどうかは未知数。全てはジャンプの回転不足対策にかかってくると思います。

浅田真央ファンとして語るならば、引退にしろ、現役続行にしろ、真央さんの思う通りにすればいいと思います。

ただ、日本女子を応援する女子オタとして語るならば、来シーズン又は再来シーズンに全日本選手権に戻ってきて、未来の日本女子シングルを担う若手選手たちに、戦う姿を間近で見せて欲しいと思います。間違いなく、刺激になる。

小林強化部長は、「(女子は)牽引してくれる強い力がなかった」と言っていました。恐らく、シーズン初めは村上佳菜子選手に牽引役を任せるつもりだったのでしょうが、彼女にその役目は重すぎたのだろうと思います。

国際試合はともかく、全日本選手権に浅田選手が戻ることには意味がある。けれども、本人のモチベーションが上がらないままに牽引役を引き受けてもらいたくないとも思うし、複雑な気持ちです。

2014/12/03 (水) 23:00:02 | URL | 神無月 #QygVoc82 [ 編集 ]

完成形

むしろ浅田選手には、牽引役とか責任感にとらわれずに自由にやってほしいな、と思ったりもします。まあそれが出来るくらいなら、現役続行かどうかの答えを出すのに1年も必要ないってところなんでしょうけどね。

個人的には最後に、3Aはもちろん、適正エッジのルッツ、回転不足のない3ルッツ+3ループも入った完成形が見たいなという、、(自由にやってほしいといいながら矛盾してますが)今年の世界選手権のSPと五輪FSの完成版がそろえば、結果関係なくもう満足ですね。まあ、それができれば、今ならまだ世界でも戦えると思えますが、そもそも4年間修正のために頑張ってきても到達しきれなかったわけでして、うーん。過去1年以上休養して復帰した選手で、さらに技術が向上した選手ってあまり記憶にないですよね。伊藤みどり、プルシェンコ、キムヨナ、、やっぱり難しいでしょうね…

2014/12/04 (木) 22:02:08 | URL | ちゃらら #- [ 編集 ]

訂正します。3フリップ+3ループです。

や、ルッツ+ループに挑戦してくれてもいいんですけどね……

2014/12/04 (木) 22:07:40 | URL | ちゃらら #- [ 編集 ]

真央さんが復帰するなら

浅田選手の競技復帰については、ジャンプ以外の目標やモチベーションが持てるかどうかが気になっています。
年齢的に3Aの維持は難しくなってくるだろうし、ジャンプ構成という点では彼女自身、ソチのフリーをやり遂げた時に勝る満足は得られないと思います。今季のルールだと点数的にも浅田選手には不利になりましたしね。
そういう中で復帰するとしたら、表現やプログラムの面でやりたいことが見つかった時ではないかしら…と、予想というか期待をしています。
競技プロで、3Aにとらわれず、表現に注力する真央ちゃんを見てみたいです。今の彼女だからこそ出来る演技があると思うので、どうしても欲が出てしまいます。
もちろん、復帰にしろ引退にしろ、本人の望むようにしてもらうのが一番ですけどね。

話は変わりますが、オペラ座は続けて聴くと飽きますね。私ももうお腹いっぱいですw
カルメンは毎年たくさん使われてますし、今年のダンスSDでも何度も聴きましたが意外と飽きなくて、やはりオペラやクラシックは長年生き残るだけのパワーがあるんだな~、と納得しています。イリジガのカルメン楽しい!
シニカツは初戦のロステレコムより2戦目のNHK杯の方が更にチグハクになってて、ちょっと心配です。焦らず、うまくいってほしいです。

2014/12/05 (金) 03:01:06 | URL | うめきゅー #kpjYxc8I [ 編集 ]

真央チャイルドブランド

2~3年位内には新葉ちゃんを筆頭とするジュニアの真央チャイルドブランドの選手達が世界を席巻することであろう。
真央チャイルドブランドの選手達は、リアルルッツ・トウの3+3ジャンパーでフリップをスリーターンから入るグローバル対応の選手達である。

もちろん本家の真央ちゃんにも大いに期待したい。

舞ちゃんが真央ちゃんのために合コンを何度も行っているようだが、婚活の成果にも期待したいものである。

2014/12/05 (金) 05:01:25 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。