スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



2014グランプリファイナル感想、他(追記あり)





本郷選手、頑張りましたね^^。結果は6人中の6位でしたが、立派な演技内容だったと思います。得意のジャンプだけではなく、演技全体でも音楽を良く捉えた振り付けをモノにしていると思います。やや猫背っぽかった姿勢も良くなっている。ショートプログラムで自己記録を更新し、当面の目標であった60点台に乗せたのも見事だと思います。

前にも触れましたが、彼女には実力+αがあります。一流選手に必要な。当初の予定には無かったロシア大会を招待選手として参戦になり、そこで優勝したこと、ゴールド選手の欠場によりファイナルの切符を掴んだこと、初参戦のファイナルで持てる力を十分に発揮したこと…もちろん、それだけの実力があるからだけど…素晴らしい資質+αと思います。インタビューでの受け答えも素直で好感が持てます。これからの成長が楽しみなスケーターの一人です。

それはそれとして…ショートプログラムで浮き彫りになった本郷選手の演技構成点の低さに注目します。他の選手達が揃って7点~8点前半の評価を受けた中にあって本郷選手だけが6点台後半の評価であり、ジャッジの評価は明快でした。彼女には本当に失礼ながら、これはファンにとって、フィギュアスケートにおける演技構成点の理解を深める格好のサンプルになっていると思います。

ショートプログラムをノーミスで終えた本郷選手よりも、ジャンプでミスが連発したパゴリラヤ選手の方が得点を上回ったことは、ちょうど、2010世界選手権フリーで、ミスを連発したヨナ選手の方が、「見た目」のミスの無かった(DGがあったが)浅田選手よりも得点(特に演技構成点)が高かった「事件?」を思い出させます。←(浅田ファンの一部は未だにこのことを根に持ち、八百長だと叫んでいる。これが「浅田ファン」と「マオタ」を区分けするモノサシの一つかもしれない。)

今回の本郷選手の例が騒がれないのは、彼女がまだそれほど人気の高い選手では無いこと、憎き?ライバルと成り得る選手が韓国に居ないからであろう。それと、ファンも徐々に採点・評価に対する理解が深まったことで、以前のようにやたらと「疑惑の高得点だ」「八百長だ」と短絡的に捉えることが減って来たからであろう。

何故、本郷選手の演技構成点が他の5人と比べて低いのか?以下はあくまで他の5人と比べての話です。
1.ジャンプの構えが大きく、助走も長い。
2.ジャンプ前後の繋ぎがやや薄い。
3.スピン、ステップシークエンスの質が少し低い。全選手中、一番加点が少ない(演技構成点にも影響があろう)。※
4、全体的に演技や滑りが重く、軽快さに少し欠ける。彼女とほぼ同身長のパゴリラヤ選手やコストナー選手、そして、プロスケーターの荒川静香さんの演技に「重さ」は感じません)

1~4は、男子の無良選手にも感じます。私の好きなスケーターの一人ですけどね。

くらいでしょうか。もちろん、これは私の主観であり、間違いがあるかもしれません。ただ、様々のスケーターの演技をたくさん見てきたファンであれば、ある程度は感覚的に分かるのではないでしょうか。

逆に、ジュニアではありますが、「ただ跳んで滑っているだけ」に見えるような樋口新葉選手の演技構成点が、ロシア娘達と比べてもさほど遜色の無い程の評価を受けていることを忘れまい。春にはまだ早いけど、彼女こそ春疾風です。鈴木明子さんが樋口選手の演技についてコメントしていましたが、「爽快。スピード。エネルギー。」のキーワードは樋口選手の高い演技構成点の急所でもありましょう。ステップシークエンスにおける未熟さがあるにもかかわらず。

※ブライアン・オーサー氏の著書「チーム・ブライアン」の中でオーサー氏は「GOE(技の出来映え)のプラスとPCS(演技構成点)はつながっている傾向があり、技術の質が高いことから、PCS全般も上がる」と語っています。オーサー氏はこのことをヨナ選手との4年間の研究から分かったそうだ。まさしく、オーサー氏の「GOEとPCSを重視する」指導方針の正しさはヨナ選手と羽生選手の演技が証明している。この点、浅田選手とタラソワスタッフ陣はどうだったのでしょう?(^_^;)

「チーム・ブアイアン」は好著(彼の自画自賛は差し引くとして)ですので、まだ読んでいない方は一度手にして欲しいです。例えば、「必要なのは、ジャッジが好む、玄人受けする滑りです。ジャッジが感動するのはジャンプの成功ではありません。信じられないくらい素晴らしいストローク(滑り)や美しいエッジワークを見ると感動し、そういう選手はちょっとくらいジャンプで転んでも点数は下がらないのです」などは、フィギュアスケートの急所を言い当てた言葉かもしれません。

で、羽生選手はやはり強かったですね。2種類の4回転ジャンプを鮮やかに決めたシーンやコレオの盛り上がり方に鳥肌が立ちました。フェルナンデス選手も強いし、演技も素敵で楽しいのですが、やはり、羽生選手の方が一枚上手(技も表現性も)と思います。他のトップスケーターの演技よりも一つ突き抜けた何かがあります。これと同じことを感じさせる最近のスケーターは…チャン選手、高橋大輔さん、プルシェンコ選手…他に誰がいたかしら?ランビエールさんか。町田選手が好調を取り戻せばこの列に加わるかもしれないが。。。(追記。大事な選手を一人、忘れていた。アボット選手です^^;)

強い強い羽生選手に「泣き所」があるとすれば、ステップシークエンスではないでしょうか?滑りは柔らかくスムースで良いとは思いますが、何かが足りないような気がします。これは素人感覚であり、失礼な言い方になるかもしれませんが、ステップシークエンスでの羽生選手は…少し「骨休み」をしているように見えることがあります。高橋大輔さんのようにステップシークエンスにクライマックスがありません。しかし、これは時間が解決することでしょう。今、彼に真っ向勝負して勝てる選手はチャン選手くらいでしょう。

羽生選手のフリープログラム「オペラ座」を振りつけたのはデヴィッド・ウィルソンだとばかり思い込んでいましたが、シェイ・リン・ボーンだったのですね。コレオでのイナバウアーの使い方等、ウィルソン流に見えましたので。まあ、初めて見る振り付けを見て、振付師が誰かを当てるなど、プロでないと分からないのでしょう。私なんか、振付師を知った上でああでもない、こうでもない、と言っているだけなんだな(^-^;。

リプニツカヤ選手…新ルールに苦しんでいるのも不調の原因の一つか。彼女にはルッツのエッジに問題があり、その矯正をしてるのでしょう。その為か、問題の無かったフリップまでが怪しくなってきた。今シーズンのリプニツカヤ選手は「我慢の時期」かもしれません。それにしましても、彼女は年々綺麗になりますね。小柄だけどきっとロシア娘中、一番の知性派美人になりますよ。少し前にポリーナ・シェルペンという若手美人選手がいましたが、残念ながら引退してしまいました。

解説の織田さん。
不満があります。本郷選手についてちょっと褒め過ぎでしょう。やたら褒めてばかりいますが、これではショートプログラムで彼女がノーミスでも5位だった理由が視聴者には全く分かりません。それを説明するのも織田さんの仕事ではありませんか?褒めるだけというのは気楽でしょうが、解説者としての資質を疑いたくなります。ボランティアで解説しているのであればともかく、プロとしてお金を稼ぐお仕事でしょう?あるいは、スケート連盟やらテレビ局から何らかのプレッシャーでもかかっているのか?と勘ぐりたくもなります。

2度の世界女王という素晴らしい実績のある安藤美姫さんが、今季、実況解説者としてテレビ局から全く「招待」されない理由と合わせて、考えさせられます。安藤さんがテレビ解説を「断る」ワケは無いですよね。あるいは、彼女の私生活での「お騒がせ」が禍いしてるのかな?※

高橋大輔さんはどうしてテレビ解説に出ないのかしら?こちらは本人の方から辞退している可能性があります。

※記事をご覧になったと思いますが、安藤さんは海外のアイスショーから招待されることはあれど、国内のアイスショーには全く招待されない、お声が掛からないそうです。安藤さん本人が自分で言っているのですから本当なのでしょう。

安藤さんが国内のアイスショーに招待されない理由…私が「邪推」するに、やはり、彼女の私生活のあり方が微妙な影を落としているのではないか。

華やかなアイスショーは観客、特に子供達に夢を売る仕事でもある。競技会でも観客に子供が多い。つまり、フィギュアスケーターは、風紀係の教師が好むキャッチフレーズじゃないけど、「清く、明るく、爽やかで、健全、健康的」でなければならぬ…ということかな?で、安藤さんはどうもこれらの保守的な基準からはみ出ているようです。ってことはないか(^-^;

安藤さんが自分でアイスショーを企画すれば良いと思うけどな。ダメなのかな?東日本大震災の後に横浜で1日だけのチャリティーショーを開いたことがありましたね。あっという間にチケットは完売だったよ。

私もそうだけど安藤さんには根強いファンが多くいるのですから。海外にも顔が広いから彼女が声を掛ければレジェンド達も喜んで来てくれると思います。問題はスポンサーか(ーー;)。

浅田真央選手…私は彼女の本音は95%引退と思っているけど、最近、微妙な発言をしているそうですね。現役復帰に含みを持たせるような。浅田選手といえども2年間も競技から離れたら復帰は困難でしょうね。来年の4月くらいまでがギリギリの線でしょう。復帰か引退か、決断や如何に?

もちろん、私は前者を望んでいます。とりあえず1シーズン復帰してみて、その後はまたその時に考えると(^_^)ノ。


関連記事
スポンサーサイト

2014.12.23 | | コメント(18) | トラックバック(0) | 未分類



コメント

跳び分け

グランプリファイナルでは、結果的にはルッツとフリップを跳び分け出来るスケーターが表彰台に上がった。

このように今後も跳び分け出来るスケーターが表彰台に上がることになることであろう。

そこで注目したい選手が樋口新葉選手である。
樋口新葉選手のスコアをもってすれば全日本選手権優勝もあるのではないだろうか。
樋口新葉選手の全日本選手権での奮闘に大いに期待したい。

2014/12/23 (火) 03:13:04 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

減点3

現在転倒の減点は1である。

織田氏は現在のルールでは回転数が少なくなり着氷することよりも転倒しても回り切っていることが評価されると解説した。
例えば、仮に転倒の減点が3点であった場合は、今回、本郷選手とパゴリラヤ選手のSPでの順位は入れ替わっていたのである。

転倒の減点1は明らかに少ない。

従って転倒の減点を3にすることを提案したい。

転倒の減点を3にすることにより、誰が見ても極めて解りやすい競技となることであろう。

2014/12/23 (火) 09:16:15 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

転倒と回転不足

〉現在のルールでは回転数が少なくなり着氷することよりも転倒しても回り切っていることが評価されると解説した。〈

技術としての優先順位が、降りかたを見た目に上手に降りることよりも、きちんと回転しきって降りることが高いという方向を打ち出している。
物理的に極めて当然な選択である。滞空時間が短くても回りきれないし、回転速度が遅くても回りきれない。
競っているのは、回転の技術であり、降りかたの技術は二次的にすぎない。

〉例えば、仮に転倒の減点が3点であった場合は、今回、本郷選手とパゴリラヤ選手のSPでの順位は入れ替わっていたのである。

転倒の減点1は明らかに少ない。

従って転倒の減点を3にすることを提案したい。〈

自国選手のある一面にだけ、着目してルールを提案してはならない。

2014/12/23 (火) 13:28:36 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

ファントムさんへ

〉例えば、仮に転倒の減点が3点であった場合は、今回、本郷選手とパゴリラヤ選手のSPでの順位は入れ替わっていたのである。〈

例えば、転倒の減点がー3だったとして、

〉例えば、仮に転倒の減点がー1点であった場合は、今回、本郷選手とパゴリラヤ選手のSPでの順位は入れ替わっていたのである。〈

という逆の展開だってあり得る。
その場合、これまでのあなたの投稿から

「転倒の減点ー3は大きすぎる。減点をー1にすることを提案する。」

と、主張をするのは容易に予想される。

採点ルールは、その思想の原点が、第三者にも公平な論理で組み立てられているかが重要。

回転不足の上に転倒する場合もある。

その場合は、ほとんど点数がなくなる。

そういうケースに日本の選手がならない保証はない。

そういうケースに遭遇したときに、きちんと受け止められるのかどうか?

自国選手の一つの試合の例だけで考えると、かえって首を絞めることになる。

2014/12/23 (火) 15:48:33 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

モチベーション

バルタン様

了解である。
明確な回答であり評価したい。

ところで男子では羽生選手が4Sを鮮やかに決めた。
衝突事故を乗り越え練習へのモチベーションが上がり、以前より良くなったのである。
片割月さんの言うように羽生選手は頭ひとつ抜け出だようである。
全日本選手権での羽生選手の300点越えの大活躍を期待したい。

2014/12/23 (火) 15:49:02 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

ステップからのトリプルループ

織田君の今回の女子解説は良かったと思う。
本郷選手に対しても必ずしも褒めてばかりではない。
例えば本郷選手のトリプルフリップに対してステップからただちに跳ばなければ加点がもらえないと指摘している。

一方ポゴリラヤ選手の演技に対してはトリプルループをステップから入ったことに対して評価している。
さらにポゴリラヤ選手のドーナツスピンのチェンジエッジに対して言及し評価している。
加えて多彩で美しいスピンのポジションに対しても評価している。
またステップシークエンスにおいては長い手足を大きく使えていると評価している。

以上のことから視聴者には十分にポゴリラヤ選手の素晴らしさが伝わっているのではないだろうか。

2014/12/23 (火) 23:11:06 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

ファミリースポーツ

メリークリスマス!(*)

>「清く、明るく、爽やかで、健全、健康的」でなければならぬ…

これは米国のフィギュアの連盟の方針でもあるようで、ゲイの選手が名乗り出ないのも連盟(スポンサーも?)からのプレッシャーがあるとか。あのジョニ子さんですら現役中は所謂カミングアウトをしなかった。
同性の結婚が認められる時代になって米国は、特に中部のバイブルベルトと呼ばれる州は保守的な人が多いのが現状です。

安藤さん。う~ん、ああいう「危なっかしい」キャラクターは面白いけど使いにくいのでは。

* 「メリークリスマス」という挨拶も多民族=多宗教のカナダやアメリカでは、最近は避けられるようになり、クリスマスツリーとは言わず「ホリデーツリー」、公共の電波のメッセージも「ハッピーホリデイズ」が使われることが多いです。そこまでポリティカリーコレクトネスを気にする必要があるのかと思います。


2014/12/25 (木) 05:00:34 | URL | kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

安藤さんのアイスショー出演について

片割月様へ

>※記事をご覧になったと思いますが、安藤さんは海外のアイスショーから招待されることはあれど、国内のアイスショーには全く招待されない、お声が掛からないそうです。安藤さん本人が自分で言っているのですから本当なのでしょう。

この記事の出所はどこでしょうか?
安藤さん、今年はプリンスアイスワールドもファンタジーオンアイスもカーニバルオンアイスも出演していたと思うのですが。来年は名古屋フェスティバルの出演も決まっていますし、メダル・ウイナーズにも出ますよ?
これだけショーに呼ばれておきながら、「招待されない」と言っているなら、そちらの方が問題だと思うのですが。

2014/12/25 (木) 11:55:24 | URL | 神無月 #QygVoc82 [ 編集 ]

 安藤美姫さんがフィギュア解説に呼ばれないのは、彼女が都合の悪い真実(LzのエッジエラーとかジャンプのUR)を言ってしまうからではないかと思っています。彼女はそれを適当にごまかして話すことが出来ないから。連盟やマスコミのイチオシの選手の演技は全て礼賛し、悪い所に触れてはダメというのがフィギュアスケートの隠然たる風潮ですから。
 また、子供に夢を与える(?)スポーツというよりも清浄な乙女が舞を舞って奉納する儀式と心得る人が多いのでしょうね。
 男子選手はデキ婚もOKなのに、出産して父親を明かさないからと言って、お騒がせだの、嫌われていると断罪する事に私は怒りを覚えます。また、いちいち、それを真に受けて反応する美姫ちゃんも相変わらず不器用です。
 色々な仕事をしていますし、様々なショーに呼ばれて充実した日々を送っている筈。別にメディアに絶賛されなくてもいいじゃない? と思いますよ。

2014/12/25 (木) 15:37:38 | URL | shige #X91rLkcY [ 編集 ]

不器用過ぎて

美姫ちゃんネタには食いついちゃうワタシです。

片割月さん、ご無沙汰してます。

私も「アイスショーに呼ばれない」発言って何?と思って調べたら、テレビ番組で言ったみたいですね。

その番組は見ていないので、なんとも言えないけど。発言の前後が切り取られたら、全くニュアンスが変わっちゃうかな、と感じました〜

美姫ちゃんは、12月にヨーロッパのアイスショーに招かれたことを、「凄い」と持ち上げられるように言われた事に対して、謙遜の意味で「(12月は)国内のアイスショーに招かれていなかったから」と、言ったのではなかったのかしら。と、想像します。カッコの部分、言ってなかったかもしれないけど、文脈からはそう読み取れます。
クリスマス・オン・アイスとか、注目の集まるアイスショーがあったので、そちらの方が上、と言う気持ちがあったのでは、と。
いつもの言葉足らずで、拗ねて言ってるわけじゃないと思うのですが、マスコミがそれを面白おかしく取り上げたんじゃないかな。

そう解釈したほうが、神無月さんのご指摘についての、答えとなると思う。

解説に呼ばれないのは、まあ、キャラクターのせいでしょう。織田くん、鈴木さんと、無難なキャラクターの人材が出回ってるので。
解説となれば、別人のようにプロ意識を持ってこなせる方なのだけど。
shigeさんのおっしゃる「不都合な真実」と言うより、フィギュアスケートとバラエティでのキャラの使い分けが浸透しないまま、シーズンに突入しちゃったからではないでしょうか。
まあ、万人に愛されるタイプじゃないから、しょうがないかな。
せめて、ケーブルテレビでは、安藤さんを起用してもらいたいワン。

2014/12/25 (木) 19:03:23 | URL | クロママ #zbXJIH6I [ 編集 ]

板チョコ

安藤美姫と言えば、チョコレートのCMを思い出す。

食べた~い時・・・(^^)

板チョコはおいしい。
本当においしい。

やはり、チョコレートは板チョコに限る。

2014/12/26 (金) 00:23:21 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

心和みました

「不都合な真実」というのは少し自分でも言い過ぎたかもしれないと思います。美姫ちゃんの事になるといつもながら、物凄くヒートアップしてしまいます。お許し下さいませ。

 クロママさまのおっしゃっていた事はまさにこちらの意図していた内容をきちんと的確に、しかも優しさを込めて伝えて下さいました。ありがとうございます。
 また、ファントムさまの「チョコレートCM」のお話、なごみました。
 懐かしい! おいしそうにチョコをかじっていた姿を思い出しました。

2014/12/26 (金) 11:21:42 | URL | shige #X91rLkcY [ 編集 ]

SP予想

shigeさん 喜んでいただき嬉しいです(^_^)v

片割月さん いよいよ全日本男子SPですね♪

そこでSP予想です。

1位 羽生選手
2位 村上選手
3位 宇野選手

2014/12/26 (金) 12:42:19 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

ヒートアップもまた楽し

shigeさん〜

安藤さんのファンでいることは、そりゃ、イロイロありますよね〜
私も旦那に向かってしょっちゅうヒートアップしてます。
その度、マスコミやネットで悪口を言うような程度の低い人を気にするな!
2度の世界女王である人に対して、
敬意というものがない方が間違っているんだから、と諭されてます〜

中々、発言の意図を理解していただけない安藤さん。いっそ、英語で話したら良いのかもね!私が日本語の通訳になってあげたいわ〜

ヒートアップもまた、楽し!で、これからも美姫ちゃんを一緒に応援しましょう。

さて、私の男子台乗り予想
1位 羽生
2位 ダイス希望(キャロルコーチが来日してれば)
3位 町田

ダイスが世界選手権に出るには、2位が必要!
頑張れ、ダイス!!!
あと、少しで始まりますね。ライブ放送じゃないのが、残念!

2014/12/26 (金) 15:59:24 | URL | クロママ #zbXJIH6I [ 編集 ]

枠が六つ欲しいです

 クロママさま、本当にありがとうございます。
 「世界女王への敬意」のなさと「悪意に満ち満ちた曲解」に私は怒っているのですね。(笑) 本当によく判りました。
 家でも同じ光景が…。連れ合いには「相手になる価値もないんだから、ほっておけ」と言われてます。
 これからも一緒に応援させて頂ければうれしいです。

 さて、皆さんは男子の予想をなさっていますが、
 私は全く判らない。

 希望
 
  一位  まっちー
  二位  無良クンかダイス
  三位  ゆづ (彼は三位でもワールドに行けると思うので)

 ダイスはずっと苦労してきたから、是非行って貰いたい。けど、実は無良クンもずっと応援してる。
 小塚君にも本当は復活して欲しい。次いでに若手の二人(山本草太くん、宇野昌磨くん)にも期待している。男子だけ六枠(正確には七つか)という訳にもいきません。
 皆に勝って欲しいし、けど、誰が表彰台に上がってもため息が出そう。
 実際には
  一位  羽生
  二位  町田
  三位  無良(村上大介)

 という感じではないかと想像しています。
 でもサプライズもありかもしれない。
 今年の男子は何でもあり、と思わせるような勢いがありますから。

 長々と失礼しました。

2014/12/26 (金) 17:21:49 | URL | shige #X91rLkcY [ 編集 ]

男子フリー・総合予想

結果は羽生、町田、宇野であった。

当方の予想は2位は外れたが1位と3位が当たった v(^^)v


そこで男子フリー・総合予想


フリーも総合も、ショートのまま進むと予想。

1位 羽生選手
2位 町田選手
3位 宇野選手


そして女子ショートの予想。

1位 樋口選手
2位 宮原選手
3位 本郷選手


2014/12/27 (土) 01:28:05 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

予想

バルタンさんと片割月さんの予想も聞きたいな~(^^)

よかったらご参加くださいね~♪

2014/12/27 (土) 01:42:39 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

女子フリー&総合の予想

結果は、女子SPは本郷、宮原、樋口となった。
そして男子総合は、羽生、宇野、小塚であった。

男子総合は結果的には自力のある3人が表彰台に乗った。
男子の世界選手権の選考はこの全日本の順位どおりにして頂きたいものである。
小塚選手の素晴らしい演技を再び世界選手権で見たいと思う。

ところで、当方の予想は、女子SPは2位が当たった(^^)v

表彰代3人の顔ぶれは3人とも一致した。

男子総合は1位が当たった(^^)v

表彰代3人の顔ぶれは、うち2人が一致した。

そこで女子フリー&総合の予想。

ショートの当方の予想と同様に女子はフリーも総合も、

1位 樋口選手

2位 宮原選手

3位 本郷選手

2014/12/28 (日) 00:07:05 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。