スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



2015全米フィギュアスケート選手権女子SP:感想&男子SPを追加





2015全米フィギュア・リザルト
サイトはここです

女子SP結果
1 AshleyWagner, 72.04
2 GracieGold, 67.02
3 PolinaEdmunds, 66.04
4 MiraiNagasu, 65.28
5 CourtneyHicks, 65.01
6 KarenChen, 64.66
7 AmberGlenn, 63.04
8 LeahKeiser, 60.89
9 TylerPierce, 60.28
10 HannahMiller, 59.81
11 SamanthaCesario, 59.21
12 MariahBell, 57.35
13 CarolineZhang, 55.40
14 AshleyCain, 54.35
15 AshleyShin, 53.67
………………………

22人の選手に対し、回転不足判定の数はわずか9個。
全日本基準に慣らされた目には、全米基準は砂糖とサッカリンとチクロを混ぜたような甘さに見えました。
解説をしていたテクニカルコントローラーの岡部由起子さんの「見立て判定」がかなり外れていたような(^_^;)。
特に、人気の高い選手に甘いという印象でした。ワグナーさん、未来さん、エドマンズさん、ザンさんとか。

ロシア選手権ほどガラガラではないけど、全米も空席が目立ちます。満員御礼の全日本で演技が出来る日本の選手達は幸せですよね?などと思ってしまいます。

SPでは歌入りを採用したのはたったの2人。意外でした。

ともあれ、普段はなかなかテレビでは見られない選手の演技が楽しみですし、その中から魅力的な選手を発見、又は再発見するのも、国内選手権の楽しみですよね。


ワグナーさん。
冒頭の3-3は岡部さんもカン違いしたように、私も3Fー3Tを跳んだと思いました。ところが、実は3Lzー3Tに挑戦したんですね。ルッツには見えませんでしたが。だからステップからの単独ジャンプは、これまでの3Loと同じ軌道とステップから3Fを跳んだ。ナイスチャレンジと思います。こういうガッツもまたワグナー選手の魅力と思います。

ただし、岡部さんが指摘していたように、セカンドの3Tは全日本基準ならまず回転不足を取られる着氷でしたよね。

前にも書きましたが、このショートプログラムはワグナー比では中の下のプログラムと思います。彼女の見せ方が抜群に上手いのは分かっていても、全体的には物足りない振り付けに見えてしまう。

一つ、判らないことがあります。
仮に、冒頭の3Lzー3Tで、「しまった!3Lzをロングエッジで跳んでしまったわ!」とワグナー選手が判断し、後の単独ジャンプを3Fから3Loに替えたとしよう。この場合、3Lzの「e」は解消され、3Fー3Tを跳んだとみなされるの?もしかすると、ワグナー選手はそれも想定したジャンプ構成にしているのかなあ。そうだとすれば、賢い作戦と思います。

ゴールドさん。
冒頭の3lzはゴールド比ではやや高さが無かったように見えました。やはり、怪我の影響でしょうか。全体的には上手くまとめましたが、ゴールド選手らしい躍動感が炸裂してはいなかった。フリーがやや心配だ。
何度見ても衣装が素敵だ。

エドマンズさん。
冒頭の3F-3T。これも岡部さんが「チェック」していたように、セカンドの3Tは怪しかったが不問とされました。イエ、別に私はいやらしく粗探しをして楽しんでいるわけではないのですが、どうしても気になってしまいます。解説の岡部さんも気になるくらいだしね(^-^;。
彼女のビールマンスピンは現役選手の中でも指折りの美しさ、大きさ、そして回転の速さと思います。

未来さん。
イマイチ、精彩に欠ける印象。しかし、大人の女性らしい演技とはこういうものでしょうか?
こちらの3F-3Tは回転不足を取られました。ウ~ン。それならワグナー選手やエドマンズ選手のも回転不足でしょう。もう、私にはサッパリ判んねェ(T_T)/~~。ところが、単独の3Loは岡部さんのチェックを待つまでもなく、素人目にもしっかりグリンコ降りしていたけど、不問とされました。もう、勝手にしやがれ。

ヒックスさん。
生き生きとした演技!元気ですね!!
古い言い方ですが、わたし的には彼女の演技に興奮したなあ。ようやく凡ミス地獄のSPのトラウマから脱却したか!ルッツもフリップもキチンと跳び分けが出来るだけでも希少価値がありますが、それに加えてジャンプが豪快です。ステップでも、これは何度見ても「オオォォォ-!」と唸る高速キャッチフットツイズル!!。フリーが楽しみです。ひょっとすると。。。
演技構成点、ちょっと低くねェか?

チェンさん。
アメリカ女子は概してデカイのが多いが、彼女のように小柄な選手を見ると、ホッとするわ。
この子、ジャンプは高いし、スピンは回転が速くて軸もしっかりしているし、ステップシークエンスでは音を拾うのが上手く表現力もあるし、全体の動きはどこもエネルギッシュ。これは逸材と睨んだぞ。まだ15才か。

紅蓮の如き、グレンさん。
こちらの15才も逸材だな。ステップを踏みながらの2A。直後にバレエジャンプ~ツイズルターンは、割合とよく見られるパターンだけど鮮やか。日本の女子選手も取り入れたらいいと思うのですが、何故か、あまりやりませんね。

カエサル、こと、カイザーさん。
お名前も立派ですが、172センチの体格も、17才とはとうてい見えぬ年齢離れした大人っぷりもお見事。ジャンプは見事ですが、立派な体格と大人っぷりがステップシークエンスでもっともっと生かされるとグッと魅力が増します。

ピアスさん。
こちらは16才。随所で見せる背中そらしポーズが素敵です。これをやる選手って、以外と少ないですよね。ワグナー選手のはお見事ですが。ハハァ。。キスクラでお隣におりますのはジェイソン・ブラウンも指導している、(日本のマスコミの好きな言い方をすれば)、「美人過ぎるコーチ」ですね(*^。^*)。

たまにしかフィギュアスケートを見ない大叔父が、「イスクラ(大叔父は英語を知らず、耳が遠いのでキスクラがイスクラと聞こえた)は、選手がイスに座って、点数を聞いてショックで頭がクラクラッとするからイスクラか?」と尋ねたので、私は説明が面倒なので、そのまま「うん。そうなのよ」と答えておいた。あながち間違いでもないし。
わちきは人でなしでありんす( ̄▽ ̄;)。

サマンサ・シーザリオさんとキャロライン・ザンさんの3Loー3Lo。
シーザリオさんはセカンドでダウングレードを取られ大減点。ザンさんはオールセーフ。岡部さんは「ザンさんのは両方とも回転が少し足りないかもしれません」、と「見立て判定」をしましたが、大ハズレでした。ワロタ(-^〇^-)。

→男子リザルトの詳細はこちら

男子SP結果
1 Jason Brown, 93.36
2 Joshua Farris, 90.40
3 Jeremy Abbott, 89.93
4 Max Aaron, 85.78
5 Adam Rippon, 84.71
6 Ross Miner, 82.25
7 Richard Dornbush, 79.24
8 Nathan Chen, 76.20
9 Grant Hochstein, 75.70
10 Douglas Razzano, 74.01
11 Sean Rabbitt, 71.39
12 Alexander Johnson, 68.46
………………………

4回転ジャンプを試みたのがわずか3人で、クリーンに決めたのがゼロとは寂し過ぎます。男子はやはり4回転を跳ばないと物足りない。ジェイソン・ブラウン選手のような例外もありますが。

ロシアの男子は4回転や3Aを高いジャンプでがっちり決めますが、ロシア風味の滑りはやや泥臭い印象。アメリア男子はジャンプ力ではロシアに遅れをとっていますが、北米風味の滑りは洗練されている印象です。

名前を忘れましたが、昨シーズン、個性的な滑りで楽しませてくれたアラスカ州出身のスケーターがおらず残念です。体型はずんぐり系ですが、荒削りで小気味よい滑りと、思い切りの良いジャンプは魅力的でしたけどね。

男子の場合は回転不足の判定基準は気になりませんが、GOEの盛り付けぶりは半端ではありません。

シャイな好青年のマイナー君。
最初のステップを踏み始めた瞬間、ワオッ!と興奮しました。彼らしい伸びやかで美しい滑りが戻っている!この2シーズンは怪我の影響もあったのか、鳴かず飛ばず状態でしたので、彼の復活は嬉しいですね。フリーも、ガンバ!

悩めるリッポンポン君。
曲を変更。ややスカスカっぽいプログラムかと思いますが、ジャンプ優先の振り付けなのでしょう。SPから出遅れる傾向がありましたので、作戦的には一理あります。元々滑りは美しいものがありますから、そんなにPCSも下がらないでしょうし、ジャンプのミスによるPCSへの悪影響を思えば、トレードオフが成立します。

そう!リッポン君は得意のルッツを生かした構成にするのが正解です。どうせ4Tも成功率が悪いのですから4Lzにすべし。4Lzは基礎点が13.60点もありますから、回転不足でも9.5点で歩留まりが良い。今回はジャンプ前のステップは(あえて)省略+着氷で大きく乱れた為、結果的には回転不足+転倒に等しい大減点となりましたが、それでも6.5点も残るのですから凄いです。もう、4Tは止めて、4Lzに精進しましょう。

制限速度無視のアーロン君。
マックス・アーロン君とコートニー・ヒックスさんは似たタイプのスケーターですね。滑りはスピーディーで豪快なジャンプを持ち、演技全体はやや荒削りというか雑というか、あくまでスポーツとしてのフィギュアを追求しているというか、ともかくケレン味の無さが爽やかでして、むしろこれが個性になっているとさえ思います。

4回転ジャンプはお休み中のアボット君。
お父上を亡くされたとか、ご冥福を祈ります。それがどう影響しているのか心配でしたが、演技はお見事。いつものアボットの世界でウットリいたしました(*´∀`*)。ジャンプ前に踏むチョクトーやロッカーターンも美しいですよね。こうしたステップの一つひとつに、えも言えぬ味わいがあるのもアボット君の特長です。

貴公子系好青年のファリス君。
私めが好む貴公子ですから、滑りが端正です。表現に麗しさがあります。ジャンプやスピンにも気品があります。3つ目のフライングキャメルスピンではロシア女子選手がやりそうな独創的なポジションと、3Lzでプログラムを終わる意外性で魅力しました。これは誰もやっていないオリジナリティがあります。ルッツが得意なリッポン君もやれそうですが。

ライバル?のブラウン君に遅れをとっていましたが、盛り返して来ました。GOEが「てんこ盛り」、イエ、失礼しました。質に見合った高い評価でございました。
あとは、やはり、4Tを是非ともマスターして頂きたいものです。表現の多様性ではブラウン君にはちょっとネ。

五百両役者のブラウン君。(千両役者の名はプルシェンコ殿に進呈していますゆえ)
彼の演技・表現性の魅力は筆舌に尽くしがたい。アーロン君の対極に位置するスケーターですね。4回転ジャンプを練習中とのことですが、彼が4回転をマスターしたら世界王者も夢では無い。
キスクラではお隣に男性の振付師がいて遠慮したのか、いつも程の甘えっぷりは見せませんでした(^O^)


関連記事
スポンサーサイト

2015.01.23 | | コメント(13) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・大会



コメント

バックの両足滑走からの入り

流石は片割月さん

確かにワグナー選手のバックの両足滑走からのルッツの入りは少し独創的であり評価に値する。

そしてスライドシャッセ&ダブル・スリー&モホークをエントランスに使ったフリップについては、ルッツの出来により大事をとって急遽ループ・ジャンプのエントランスに転用出来るので確かに便利である。

バックの両足滑走からのルッツと言えば織田信成さんを思い出すが、これについての織田さんの解説を期待したい。

2015/01/24 (土) 08:15:27 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

放送席判定

:追伸

岡部由起子さんが解説ということであるが、これは良いことだ。

以前にここの徒然草子で当方が解説席に有資格者が座り、即座に放送席判定を行うことを希望したがそれが実現した訳である。

本当にここの徒然草子はウォッチされているようだ(^^)

岡部さんの放送席判定による解説を今後も多くの大会で希望したい。

2015/01/24 (土) 09:46:50 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

全米選手権の楽しみ

うーん、せっかくの全米選手権、ジャンプの
回転の判定ばかりに気になっては、楽しめないですね。

全米はコンペであると同時に、広大な米全土からいろんな地域のスケートクラブ出身の選手や指導者が集う、祭典でもある。
プログラムも衣装もパフォーマンスも、個性豊か。観客もおおらか。

米国のナショナルに全日本の基準を当てはめてもあまり意味がないと思う。
今回は、アメリカでは、疑わしきは選手の利益に、という運用でいくと決め、GOEでマイナスをすることで調整するっていう方針がプロトコルからみてとれます。

全米のおおらさ、牧歌的な雰囲気を味わい難くしてるものに、岡部、杉爺の解説があると思います。
勉強したくて聴くというのはありでしょうが、私たちは所詮素人。もっと演技を楽しみたいですよね。

Icenetworkcom は全米については串無しで日本からでも観れるので、そっちを試すのもありかも。

2015/01/24 (土) 11:50:34 | URL | びっぐあぷる #s7zQWtIk [ 編集 ]

全米選手権の楽しみ

人それぞれ。
ワールドで争うライバル国選手の力の分析が目的なら、ジャッジ目線の解説は何の妨げにもならない。

右脳と左脳どちらもフルに使って見る。

演技の情感と、採点は切り離して見たくても、順位と云う結果が付きまとうのが競技。

けれど、全日本と同じ基準で採点する必要はない。

だからこそ、ナショナルの採点はISUの公認記録にはならないのだから。

陸上競技で言うなら、追い風参考記録と同じ。

国によって、強い追い風であったり、強い向かい風であったりする。

その風向きを確認しながら見るのも楽しみ方の1つ。

2015/01/24 (土) 13:46:34 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

全米は楽し!

Jスポのおかげで、ライブで全選手観られるので、全米選手権はイロイロな楽しみがあります。
初めて見る選手、馴染みの選手。アメリカはタレントが豊富ですね〜
私は、やっとジャンプが見分けられるようになったばかり。
地上波では中々得られない技術的な情報を得られるので、岡部さんや杉爺の解説がとても楽しみです。ケーブルテレビは、必ず副音声で会場音のみが選べるので、録画しておいて、演技だけを楽しんだり、自分の見立てを解説で確認したりして、何度も楽しんでいます〜
それにしても全米男子、SPでは4回転より確実性を重視なんですね〜
全日本の放送も、有料でも良いから、このように選べると良いのにな〜

杉爺の解説、今日はフリーレッグの話、なるほど〜と勉強になりました!
トップ選手以外では、女子選手では、カレン・チェン。男子選手ではジョシュア・ファリスが目を惹きました。

フリーではジェレミーの巻き返しに期待したい!

2015/01/24 (土) 18:17:44 | URL | クロママ #zbXJIH6I [ 編集 ]

ジョシュア

ジョシュアのSP、ジェフの振付だそうです。
好みとしてど真ん中に来ました。最後、手をだらっと伸ばし風味で終わるのでびっくりしましたが、まさに脱力感、
ジェフのよくいう、 引き算の美学がよく表れていると思いました。

2015/01/24 (土) 23:09:39 | URL | びっぐあぷる #s7zQWtIk [ 編集 ]

ジェフ!

びっくあっぷるさん!
ジョシュアの振り付け師情報、ありがとうございます。
今回の全米男子ショート、ほぼライブで観てたのですが、
終わってから、目を閉じた時に、パッと思い出したのがジョシュアでしたよ。
なんか、若いのに陰影のある演技で、心に残りました〜
振り付け、ジェフだったのね。
ノリノリ、盛り盛りのジェイソンとは対照的だけど、この二人、あ、それとアーロンが次のアメリカを引っ張ってくのかしら。

アメリカは本当にタレントが溢れてますね。

2015/01/25 (日) 21:15:38 | URL | クロママ #zbXJIH6I [ 編集 ]

Re: バックの両足滑走からの入り

イエイエ、ちっとも流石ではありません^^;

>バックの両足滑走からのルッツの入りは少し独創的であり評価に値する。

流石はファントム様です^^

2015/01/27 (火) 00:37:13 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 放送席判定

> 本当にここの徒然草子はウォッチされているようだ(^^)

左様でござる。各界からウォッチされている徒然草子でござりんすよ(^_^)ノ。

> 岡部さんの放送席判定による解説を今後も多くの大会で希望したい。

Jスポだけではなく、地上波でもやってくれるともっとありがたいですね。

2015/01/27 (火) 00:48:24 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 全米選手権の楽しみ

びっぐあぷる様、こんばんは。

>ジャンプの 回転の判定ばかりに気になっては、楽しめないですね。

フフフ。それが、わちきにとっては、必ずしもそうでもないのでありんすよ^^
判定や採点についてアレコレ思うのも、フィギュアスケートの楽しみ方の一つと思うのでありんす。

アイスショーを「鑑賞する」のとは異なり、競技を「観戦する」からには、
素人なりに、「自分がテクニカルスペシャリストやジャッジになったつもり」で見るのも、
なかなかオツで楽しいのですよ(*´∀`*)。

2015/01/27 (火) 00:54:52 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 全米選手権の楽しみ

バルタン様、

まあ、そういうことになりますね^^

2015/01/27 (火) 00:56:44 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 全米は楽し!

クロママ様、こんばんは。

>録画しておいて、演技だけを楽しんだり、自分の見立てを解説で確認したりして、何度も楽しんでいます〜

お、しっかりハマっていますね~ヽ(*´з`*)ノ

>女子選手では、カレン・チェン。男子選手ではジョシュア・ファリスが目を惹きました。

やはり、クロママ様もそうですか^^

フリーレッグの使い方はジャンプだけではなく、ステップ・ターンを踏む場合にも言えますね。
アイスダンスのスケーターはフリーレッグの使い方が実に美しいですよね。

2015/01/27 (火) 01:17:01 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ジョシュア

びっぐあぷる様、

振り付け、バトルさんでしたか!情報ありがとうございます。

引き算の美学ですか、なるほどネ。。。



2015/01/27 (火) 01:24:17 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。