民主主義、人を傷つける、エスプリ等、思いつくままに






反〈絆〉論 (ちくま新書)反〈絆〉論 (ちくま新書)
(2014/12/08)
中島 義道

商品詳細を見る


哲学者の中島義道氏はユニークだ。ひねくれ者、天邪鬼、狷介な性格…こういった表現が出来ようか。「うるさい日本の私」「私の嫌いな10の言葉」等、私は面白く読みました。共感出来る箇所もあれば、ちょっと違うなあ、と思える箇所もあります。しかし、日本人が好む美しい言葉や社会正義や道徳観の裏に潜む、欺瞞性や独善性を鋭くしつこく追求する姿勢には非常に共感出来ますし、自分を振り返る良き時間ともなります。まだ中島氏の著書を読んだことの無い方には一読を勧めます。

いわゆる世に多い「日本人論」には非科学的、非学問的な怪しさが付まとうものですが、あえて、主観的に語ってみるのは思考の場としては面白いものです。

日本人は「絆」「団結」「一体感」「心は一つ」「全員一丸となて」「和の精神」「助け合い」とかの言葉や、果ては「一人はみんなの為に、みんなは一人の為に」のような美しい言葉が好きだ。団体スポーツ競技や東日本大震災等の例ではこれらの言葉が連呼されます。メディアも識者も政治家も、一般国民も。※1

こうして、日本人は「平和を愛し、仲間を愛し、家族を愛し、争い事を厭う心優しい民族」であるかのような演出がされます。事実、そう思っている日本人も少ないでしょう。

ところが、その日本人が「イスラム国組織」の人質になった日本人には、「自業自得だ」と冷酷な言葉を投げます。また、御岳山噴火により、ほうほうのてい(這う這うの体)で帰ってきた人達に対し、同じ職場の仲間からは無事を喜ぶ言葉は無く、逆に「(噴火するような危険な)山に登るからそうなるんだ」と、エラく冷たい挨拶をされたとの記事もありました。

これが「絆…他」の美しい言葉を好み、そう信じている同じ日本人の言動なのです。矛盾しているのでしょうか?いいえ、矛盾はありません。つまり、美しい言葉の概念や正義・道徳の価値観から逸脱した人間や違う考え方をする人間、あるいは、反対する人間は、少数派は排除すべき、との心理が強く働くのです。早い話が「村八分」にされるわけです。

世の中には、危険を承知で、命懸けで、死に物狂いで何かに取り組む人達がいます。「普通」とは違う、変わった言動をする人間がいます。「普通」とは違う価値観や道徳観に生きる人間がいます。しかし、彼等は仲間はずれにされ、排除され、ダメな奴だと非難されます。

曰く、「冒険とか、冬山や岩登り等の道楽で遭難するような奴は人に迷惑をかけている」「誘っても飲みに行かない、一緒に遊ばない、一人でいることを好む変人だ」「次から次へと恋人を変えるような女はふしだらだ」とか、「あそこの家族は揉め事が多いようだ、ダメだね」とみなされ、圏外扱いとされます。

つまり、多数の人間と同じような価値観と行動習慣のある者だけが、「絆、一体感、和の精神」に値するのであり、そうでない者は対象外に置かれてしまうのです。これが農耕民族特有の村社会であり、日本人の民族的特性です。

それゆえ、民主主義=多数決、と思っている日本人が多い。実は、それは民主主義ではなく、デモクラシーと言う方が正しいのです。デモクラシーという英語は、「デモス+クラティア」の合成語。「デモス=多数、大勢」くらいの意であり、「クラティア=統治、行政する」くらいの意。

しかし、民主主義とは「民」が社会の主人であって、多数が必ずしも絶対ではなく、少数の民の意見や権利も尊重され、疎かには扱われない…というシステムです。

これがごちゃごちゃになるから、一部の識者や左巻き系論者は「沖縄県民の多数の民意を尊重せよ!」と主張する一方で、多数決原理によって、つまり、民主主義の手続きによって選ばれた政治家が気に入らないと、「民主主義は必ずしも正しくない、いい加減な選挙だ」と批判し、「民意」を尊重しなくなる矛盾を平気で言うのでしょう。

私が言いたいのは、少数意見、少数弱者、変人や奇人?が尊重されず、冷たく扱われ、仲間はずれにされ、排除される日本人の体質は、真の民主主義とはまだ遠いのではないか?という疑問であり、反論なのです。危険な所にノコノコと行って人質にされるような人間は少数であり、変人だから排除されるのです。

命懸けで本気で何かをしている少数の人間が、仮に本人達に落ち度があったにせよ、安全で暖房の効いた部屋でぬくぬくとしている大勢の人間に、よってたかって非難され罵倒される図式に、私はとてもイヤ~な気持ちになります。

果たして、日本人は本当に平和を愛し、争いを嫌う民族なのか、どうも怪しい。むしろ、イザ事が起きると、途端に好戦的で偏狭な精神が炎のごとく燃え上がる民族…ラテン民族にも近い…なのかと思います。

話は少し違いますが、こんな例があります。フランスのイスラム教祖を揶揄した風刺漫画とテロの件に関連して、イギリス首相のコメントが、朝日新聞デジタルのサイトに訳出されていました。

(引用開始)…キャメロン英首相が米テレビで「自由社会には信教を巡り(他者の)感情を害する権利が存在する」(時事)。「私はキリスト教徒だが、イエスについて不快なことを言われても復讐の権利はない。法の範囲内なら一部の人々を不快にする刊行物も出せる」と。信仰(イスラム教)への侮辱を戒めたローマ法王への反論です…(引用終わり)。

キャメロン英首相のコメントに共感する日本人よりも、どこか違和感を覚えたり、行き過ぎに思えたり、反発を覚える日本人の方が多いのではないでしょうか?西洋の白人特有の傲慢さだ。白人の価値観をアジアや他の世界に押し付けている。私もちょっと違和感を覚えた口です。

日本人の道徳観では、人を傷つける言動は良く無いこと、という価値観が強いと思います。言っている内容の是非や論理性のある無しよりも、表現や言い方が悪いと、そちらの方が問題にされ、悪人扱いをされてしまうのです。

教師が生徒に、上司が部下に、厳しい言葉で注意をしたり、叱ったりすると、「それでは生徒や部下の感情を害し、心を傷つけてしまうではないか。もっと優しく言うべきだ」との反論が湧き起り、こちらの方がしばしば説得力を持つのです。同じミスを繰り返す部下に対し、上司が「バカモン!」と一喝することは部下を傷つけるからダメなのだ。

しかし、人の誰かが傷つくことを恐れ、配慮して、果たして、言論や表現の自由と権利は守られるのでしょうか?という反論も一理あると思います。相手が誰であれ、教祖であれ、読者であれ、他国の社会習慣や文化であれ、風刺やエスプリ※3の精神は尊重されるべきだ…こうした英首相の発言の背景には、世界でいち早く民主主義を確立させ、自由を勝ち取って来たイギリス、又はフランスの歴史があるのかもしれません。

人を傷つける言い方をする人間は「絆」「和の精神」の世界(村社会)から排除されるのが日本です。もちろん、故意に人を傷つける言い方で溜飲を下げる意地の悪さは非難されても仕方ありますまい。が、物事はケースバイケースなのです。何の為に、何の目的や狙いがあるかによって分別したい。

多数派や強者の世界に安住する人間の欺瞞性や傲慢さを突いて嘲笑い、腐敗した権力や偽善的な権威を強烈に風刺する精神は…たとえそれにより傷つく人間がいるとしても…守るべき自由と私は思います。

※1
私も嫌いではありません。「和の精神」は聖徳太子の言葉だしね。ただ、私は団体行動や人と群れるのが苦手というか嫌いな方です。スポーツもバレーボールのような団体競技は嫌いだ。観戦するのは良いけど。自分のミスではないのに、連帯責任だ、とか言われるのが嫌だ。団体ツアー旅行などまっぴら。団体で添乗員の旗に付いてゾロゾロと歩いている旅行者を見ると、アホみたいに見える。私の旅行は3人が上限だ。※2
労働組合も苦手だ。私だったら自分で上司に訴えて交渉するわ。もちろん、組合とかストだとかは働く者の権利と分かってはいますが。だから、列記した美しい言葉には少々アレルギーもあります。

※2
4人で旅行をすると、2対2で対立し、喧嘩になるケースがあります。行きたい名所や買い物を巡って。3人ですと、2人が対立しても残りの1人が仲裁に入れる。私の理想は1人か2人での旅行です。

※3
イギリスの「ユーモア」とフランスの「エスプリ」の違いを、フランス文学の研究者であった河盛好蔵は次のように説明しています。「ユーモアは自分を笑うこと。エスプリは他人を笑うこと」と。

フランスの風刺漫画は、まさしく「エスプリ」ですね。他人を笑うことですから、自分を他人よりも高みに置くわけです。日本人の感覚からすると、エスプリとは、まさしく「上から目線」なワケだ。何を偉そうに、と(-^〇^-)。

もっとも、日本にも江戸時代の狂歌や川柳があったように、エスプリの精神は日本なりにある。ただし、フランス流のエグさやスカトロな感覚とは少し違うようだ。なんせ、フランスはマルキ・ド・サド侯爵を生んだ国だからね。

私の場合は、人を傷つけるというよりも、人を怒らせる言い方をして、友人を失った経験があります(^-^;。
以前に勤めていた会社で、私と親しくしていた経理課の女性がいました。その女性はしょっちゅう、「資金繰りが苦しい、会社は潰れるかも」「売上が落ちている。もうダメだわ」とか、そんな暗い愚痴をこぼしてばかりいるので、私は皮肉で「あなたはウチの会社の死神みたいネ」と言ったら、エライ怒ってしまい、二度と私とは口をきかなくなりました。


関連記事
スポンサーサイト

2015.01.24 | | コメント(17) | トラックバック(0) | 政治・社会



コメント

大阪と東京

かなり逸脱しますが(^^)

人はなぜ山に登るのだろうか。
山がそこにあるから登るということである。

大阪にはスカイ・ツリーや東京タワーのような高いタワーが無い。
これは都心部での航空法による高さ制限もあるが、それよりも、近くに生駒山があるからである。
大阪ではTV等の送信設備は生駒山にある。

さて、その生駒山、高さは641.98 mである、たかやスカイツリーは634mだ。
なんと、大阪の生駒山が東京のスカイツリーに勝っているではないか。
これはおそらくスカイツリーの建設時に大阪の生駒山に高さで勝つことまで考えていなかったからであろう。

大阪では建造物を作る際には、常に東京や横浜のものよりも高いものを作ろうとする、アベノハルカスがまさにそれである。

くしくも、生駒山は、全国的には、さほど知られていないことにより、その面目を保つことが出来たのではないだろうか。


2015/01/24 (土) 08:53:29 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

登山をする最低条件

 片割月さま。

 私は正直な所、政治に関しては全く知識がありません。通常のメディアで知る情報しかないのでイスラム国関連の記事には関連書籍などを読み、状況をもっと把握出来ればコメントしたいと思います。

 登山に関して。私はハイキング程度の山の技術や体験しかないと思っています。一番高い山でも、駒ケ岳ですね。富士山は自分が余り体力がないのを知っているので断念しました。三国峠とか八ヶ岳とか、筑波山、蔵王のお釜とか、ね。
まあ、小学生でも行ける所です。(笑)

 会社にヒマラヤの経験もある、今でいう「山ガール」尊敬する大先輩の女性がおりました。(仕事や人格面でも尊敬してました)
 その方に次の様な心得の訓戒をされました。

 どんな低い山に登る時でも必ず、事前にトレーニングをする必要性がある。階段の上り下り、坂のダッシュとか石垣でロッククライミングの練習をするのもよし。とにかく心肺機能が上げて遭難や体調不良のリスクを減らす事。
 登山に行く場合、普通の旅行でも多少のトレッキングや山の縦走の予定が組み込まれている時は事前に職場の人に話しておく必要がある。(今なら、登山予定を誰かにメールするとか、ですね)

 山で遭難した場合、職場に事前の相談がなかったら本当に行方不明という事になる。また、無事であってもただでさえ長い休暇を取っているのに、それ以上に長く休む事になります。また、多大な心配と迷惑(この言葉を変な意味に使う人がありますが)を周囲の人に掛ける事になります。警察に事件として通報していたり、親族まで巻き込んでの大騒ぎにもなりかねない。
 昨年は御嶽山の噴火では尊い命が沢山失われました。心からご冥福をお祈りします。
 しかし、地元の救助に当たる方、山岳救助隊、自衛隊からすれば、とにかく山を見くびらずに、登山届をきちんと出し、家族や親しい人には登山計画書を渡していて欲しいと考えておられると思います。ある程度のピンポイントで辺りを付けて捜索をする事が出来るから。山に行ったのか行ってないのかさえ判らないというのは山登りの基本に反すると思いますよ。
 自己責任という言葉を簡単に使いたくはありませんが登ったからには自力で下山はしなければいけない。その為には自分で自分を守る最大限の努力をするという事ではないか、と私は考えます。

 場合にもよりますが、御嶽山から無事に職場に戻ったのにそういう冷たい応対をされたとしたら、

 事前の相談、報告なしに危険な登山をした。
 とりあえず、携帯などの通じる場所に行った時に、職場に報告してなかった。
 迷惑を掛けた事を皆に謝罪しなかった。

 こうした言動があったなら、私も冷たい応対したかもしれないですよ。少なくとも叱られたとしたら、皆とても心配したという裏返しですから。

 

2015/01/24 (土) 13:51:16 | URL | shige #X91rLkcY [ 編集 ]

「自己責任」ってなに?

片割月さま

>命懸けで本気で何かをしている少数の人間が、仮に本人達に落ち度があったにせよ、安全で暖房の効いた部屋でぬくぬくとしている大勢の人間に、よってたかって非難され罵倒される図式に、私はとてもイヤ~な気持ちになります。

私も同じ気持ちになってます。
家でコタツにあたってネットしながら
「こいつら自己責任じゃね?」
って言ってる輩が目に浮かびます^^;

2015/01/25 (日) 11:40:11 | URL | 千香子 #/.OuxNPQ [ 編集 ]

自己責任

どこの国の政府も、海外渡航に関して治安、病疫衛生面での危険地域を指定してます。日本の外務省の案内も「イスラム国」が拠点としているイラク、シリアは
「退避を勧告します。旅行は延期してください」になっています。 そういう地域にあえて入るということは無謀で、自己責任を問われる余地はあると思います。
バルタンさんご指摘のようにテロは弱腰を見せたら付け込まれる。先日のフランスでの大デモは市民による「私たちはテロの脅しにひるまない!」の意思表示だったはずです。ここは、バイト ザ ブレット(歯を食いしばって我慢する)しかない。

2015/01/25 (日) 14:00:34 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

個人の自由

 自己責任、いいじゃないですか?
 私は自分の信念に基づき、自分のやりたいことをやる。責任は自分でとる。人さまには迷惑はかけないつもり。

 これはアホだな、という人もいれば、いいことやってるな、それならオレはさらに進めてこうやってやろう、という人もいるでしょう。かくして、ときに犠牲をはらいながらも、世の中が進歩していく。

 絆とか、あまりに強調されると、私的にはいい感じがしない。おかしなマネをするな。迷惑じゃやないか。お前なんかにかかわりたくない。
・・・とういう非難はここから出ているように思うのですが。

 問題は、自己責任でなく、奇怪な全体主義(?)であります。 こんな調子では日本は衰退するばかりと憂えます。

2015/01/25 (日) 18:38:58 | URL | ミヤーン #- [ 編集 ]

ミヤーンさんへ

〉問題は、自己責任でなく、奇怪な全体主義(?)であります。 こんな調子では日本は衰退するばかりと憂えます。〈

安っぽい論理は止めてもらえませんか。
「イスラム国」とは名ばかりの誘拐集団です。
日本だけの問題でもありません。

第二次大戦中のパルチザンやレジスタンスとは、根底から違います。

あなたが考えているような人道主義は、彼らには通用しません。

奴隷制度や人身売買を肯定した宗教団体です。

日本で言えば、オウム真理教と同じです。

絶対に悪い前例を作ってはいけないのです。

2015/01/25 (日) 19:28:09 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

まあ、そうですね

これはバルタン様 お久しぶりで。

イスラム国に潜入する人がいてもいいし、カルトに潜入する人がいてもいい。 やりたいなら、やってみたらいい。 非難はしません。 ただし自己責任で。 私だったらやりませんが、そこに使命感を見いだす人がいるのは認めます。

とはいえ、日本国としてほっておけないことになるのだから、そういうところにノコノコとでかけられて、日本が取り引きをさせられるハメになるのは困る、といわれれば、自己責任だとはいってられませんね。

どうしてもやりたい場合は、国に勘当してもらってから行動することにしますかね。

2015/01/25 (日) 20:47:33 | URL | ミヤーン #- [ 編集 ]

ミヤーンさんへ

論点をすり替えてはいけません。

今回の要求は日本とは関係のないヨルダンやトルコも巻き込んでいます。

個人で責任がとれる範囲は限られています。
命の危険を認識しながら潜入するのであれば、交渉の材料とならないように自害する気持ちが無いのなら行うなと言うことです。

自害なら親族以外には誰にも迷惑をかけません。

「必ず生きて帰ってくる。」と云うのは根拠なき自信です。

誤った英雄意識以外の何者でもありません。
「自分だけは特別」と云う傲慢さの裏返しです。

2015/01/25 (日) 21:04:56 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

認識の違い

今でこそ「イスラム国」と云う名称であたかもイスラム教徒の総意を代弁しているかのような印象を与えていますが、元々はアルカイダとも反発をしていた集団と云う事がテレビでかなり説明されています。

ここから先は私の推測妄想話。

OPECが原油の減産をしないのは、アメリカのオイルシェールの原価割れに追い込むためと言われていますが、イスラム国も原油の密売が大きな収入源であり、原油価格の下落は彼らの収入も減らすことに繋がります。


サウジアラビアの石油相は1バレル25ドルでも採算が取れると豪語しています。

このOPECの姿勢がイスラム国を苦境に立たせたと考えています。

アメリカもイスラム国もOPECにはお邪魔虫なのです。

2015/01/25 (日) 21:26:00 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: 大阪と東京

>山がそこにあるから登るということである。

イギリスの登山家でエベレストで遭難したマロリーが残した言葉ですね^^

ご存知かもしれませんが、メディア等から何度も何度も「何故山に登るのか?」と質問され、いい加減ウンザリしたマロリーが、口から出まかせで答えただけとの説もありますね。
しかし、言葉というものは一人歩きをする。図らずも名言となりました。

生駒山は知りませんが、信貴山はごく若い頃に行ったことがあります。
確か、そこにお寺があり、座禅の真似事をしたことがありますわ。

2015/01/27 (火) 00:44:59 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 登山をする最低条件

shige様、こんばんは。

「駒ケ岳」という名前の山は、日本全国にたくさんありますが、どの駒ケ岳でしょう?
ひょっとして、木曽駒ヶ岳のことかしら?
木曽駒は登ったことはありませんが、お隣に宝剣岳という山があり、ここは「登りました」。
つまり、ロープウェイでほとんど登れるから(^-^;。

オッ!八ヶ岳!
私も登ったことがあるんですよ^^
赤岳鉱泉という名前の山小屋に泊まって、そこから登りました。バテバテで死にそうでした(><)

山の遭難で一番非難されても仕方無いのは、山小屋の主人が「危ないから止めた方がいい」と忠告しても、
悪天候を突いて登り、吹雪や雪崩で遭難するケースと思います。
これは、「自己責任」と言われても仕方無いでしょうね。

しかし、御岳山噴火は専門家でも予想できなかったのですから、
登山者にとっては、不可抗力であり、不幸な事故だったと思うのですが、どうなんでしょうね(^-^;。

2015/01/27 (火) 01:08:10 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 「自己責任」ってなに?

千香子様、お久しぶりです^^

私が強く訴えていたところに共感して頂き、嬉しいです(*´∀`*)。

2015/01/27 (火) 01:31:16 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 自己責任

kan kan様、こんばんは。

おっしゃる意味は分かりますよ^^

ただ、私達が誰かを「自己責任認定」するのはともかく、

国や地方自治体の要人がそれを言っちゃあオシメエヨ(^ー^;)。

「国民の生命と財産を守る!」と高らかに宣言した以上はネ。

2015/01/27 (火) 01:35:31 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

片割月さんへ

〉国や地方自治体の要人がそれを言っちゃあオシメエヨ(^ー^;)。〈


具体的に誰か言ったの?
今回の件では私の記憶にはないのだけど。

2015/01/27 (火) 01:44:41 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: 片割月さんへ

> 具体的に誰か言ったの?
> 今回の件では私の記憶にはないのだけど。

言葉足らずでしたね^^;

小泉政権の時とは違い、今回の件では具体的には口にはしていないようですね。

しかし、安倍政権も心は小泉政権と同じと確信していますので、
あのような書き方をツイしてしまいました。

2015/01/27 (火) 01:54:33 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

会津駒ケ岳です

  片割月さま、私の登ったのは会津駒ケ岳です。一番早く登れるコース(滝沢口だったか?)から登りました。木曽駒ケ岳は千畳敷カールにロープウェイで行った事があります。言葉足らずですみません。

 御嶽山の噴火に関しては仰る通り、まさに「不可抗力」です。
 それを非難なんかできません。
 こうした遭難では地元の方、山岳救助隊、自衛隊が動員されて危険な捜索をしなければいけません。彼らが危険にさらされず、なおかつ、迅速に遭難された方の命を救う為にも、きちんとルールを守り、周囲の人達にも情報を与えた上で行って欲しいという心からの思いなのです。
 職場で冷たくされた云々に関して。きちんとルールを守り、なおかつ、その様な言動をされたのなら職場の方に問題がありますね。「無事に帰ってきたのに、ちっとも同情して貰えなかった、ヒーロー(ヒロイン)扱いして貰えると思ったのにブツブツ・・・」。少なくともメディアの前で職場の愚痴をこぼすのはどうか、と思った印象があったかなあ。

    
 

2015/01/27 (火) 13:28:50 | URL | shige #X91rLkcY [ 編集 ]

Re: 会津駒ケ岳です

shige様、こんにちは。

会津駒ケ岳でしたか!山登りはお嫌いでは無いようですね^^。ウン、健康にも良いです。

私は幕末の「会津ファン」ですので、会津若松や五色沼には行きましたが、駒ケ岳まではちょっと^^;

>少なくともメディアの前で職場の愚痴をこぼすのはどうか、と思った印象があったかなあ。

あ、なるほど。それは気が付きませんでした。一理ありますね。

2015/01/30 (金) 14:19:34 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR