魅力的なアイスダンサー達:ステパノワ・ブキン、ギルス・ポワリエ、、、





ステパノワ・ブキン組(ロシア)のSD
動画はここです

欧州選手権で3位に入った進境著しい注目のアイスダンサーです。世界選手権代表にも選ばれるのでしょう。

深々としたシットポジションによるツイズルは珍しいし、観客受けしますね。スケート界で指折りの美脚の持ち主であるステパノワさんなればこそ、いっそうリンクに映えます。解説のISUテクニカルスペシャリスト・東野章子さんが彼女の美脚を絶賛していました。確かに、太ももから膝、そして脛にかけてのラインは真っ直ぐに伸びて美しいですね。羨ましい限り。

しかし、日本人男性はこの手の美脚にはさほど色気を感じないらしい。それよりも、安藤美姫さんのようなシシャモ脚に興奮する男性が少なく無いらしい。シシャモ脚、つまり、太ももがムッチリとし、ふくらはぎがムキっとした脚だ。概して、脚長系ではなく脚短系に見られる。この脚を好む男性はどちらかと言えばむっつりスケベやオタク系だな(-^〇^-)。

東野さんの詳しいルール解説には目が回り、頭がクラクラっとしますが、それでもアイスダンスのルールを少しずつ覚えるようになり、アイスダンスのISU規定もかなり目を通すようになりました。

やはり、同じ見るならルールや技のアレコレを知っている方がずっと楽しくなるのは事実です。

いわゆる「セット・オブ・ツイズル」では、ツイズルとツイズルの間を繋ぐステップの数はショートでは1回のみとされ、フリーの場合は3回までなんですね。こういうことを知った上で見ると、また楽しみが増します。

ギルス・ポワリエ組(カナダ)のFD
動画はここです

私はギルス・ポワリエ組のファンです(*´∀`*)。
プログラムはユニークだし、ポワリエ君は知的で、しかも、可愛いわ。ギルスさんの笑顔は、どんなに気難しい人や不機嫌な人でもスーっと心が解れるような癒し効果があります。

昨シーズンはライバル?のポール・イスラム組にわずかに届かず4位となり、ソチ五輪を逃したギルス・ポワリエ組。今シーズンは絶好調なようで、今年のカナダ選手権ではライバルを大きく引き離し2位となりました。

ショートのギルスさんの「コウモリ衣装」にもビックリしたけど、フリーの鮮やかなブルー衣装にはもっとビックリした。しかし、実によく似合うのです。一方のポワリエ君は少し体重が増し、ふっくらした感じです。

冒頭、二人が背中合わせに踊る振り付けから魅了されます。動画の2分10秒からのステップシークエンス(スタイルA)と、3分50秒からのステップシークエンス(スタイルB)では、膝の柔らかい使い方と伸びやかなターン、フリーレッグの美しさ等、これぞアイスダンサー!と感嘆せずにはいられません。惚れ惚れとしますね。

また、それでだけではなく、下記に引用するISUルールにあるように、最初はステップシークエンスのスタイルA→シングル競技のステップシークエンス、次はスタイルB→シングル競技のコレオシークエンスに相当し、スタイルBでは比較的自由な演技が出来る(例えば音楽の2小節以内までの逆行)の良いサンプルにもなっています。

ISUルールからの引用。

6. 必須要素の要件
ステップ・シークェンスとパーシャル・ステップ・シークェンスにおける許されない要素:
ストップ、パターンの逆走(「スタイルB」では2小節以内で1回だけ許される)、ループは、ステップ・シークェンスとパーシャル・ステップ・シークェンスに含まれてはならないか、制限される。

A.「ステップ・シークェンス・スタイル B」で,逆行は許される.しかしながら,ストップやループは許されない要素であり,ステップ・シークェンスのパターンは選んだ種類に即したものでなければならない.

B.許される逆行の形は何がありえるか.

許される逆行の形の例は以下の通り.
①直線(ストレート・ライン・ステップ・シークェンスにおいて),または曲線(カーブド・ステップ・シークェンスにおいて)で,滑走方向を反転するためだけのわずかなストップがあり,逆行が前進と同じライン上である.
②小幅のループ.(片割月:小幅のループって??)
③“Z”や“S”の形で,逆行がちょうど同じライン上ではなくて戻りつ行きつするもの.

C.許されない形の例,採点基準に従い GOE の引き下げが妥当.

①カップルが逆行の入りや出のために氷上に静止して留まっている完全なストップ.
②円形のループ:これは許されない要素とみなされる.
③ステップ・シークェンスの各種類のパターンを大きくゆがめる逆行:これは不正なパターンとみなされる.


何度も読まないと頭になかなか入って来ませんが、演技とすり合わせて行くと少しずつ理解出来るようです。

ここで不思議なのは、アイスダンスのステップシークエンスで、「何故、ループターンは禁止なのか?」です。
何か歴史的意味があるの?、アイスダンスの概念からループは外れている?分からないわ^^;

とにかく、アイスダンスの「難しい4つのステップのワンフットセクション」では順不同で、ロッカー、カウンター、ブラケット、ツイズル、の4つの組合わせになります。シングル競技のようにループは含まれません。

もう一つの、「ストップは禁止」、というのは何となく感覚的に分かるような気がします。

次はアイスダンサーではありませんが。
マリア・アルテミエワ選手(ロシア)のFS「ショパンメドレー」
動画はここです

美脚と言えば、アルテミエワさんもかなりのもの。短パンに白ワイシャツ衣装(男性用か)を無造作に纏う、というユニークさにはビックリしましたが、下は短パンではなくてレオタードですね。
しかし、このコスチュームを着こなせる人は日本人選手には見当たりませんね。強いて一人候補をあげれば、浅田真央選手くらいか。いや、真央さんが氷上で白ワイシャツを無造作に纏って舞う姿は想像出来ません。

冒頭のポーズのアップを見ると、両手首にブレスレットが(o^^o)。ちゃんと、オシャレしていますね。

アルテミエワさんは21才だそうです。つまり、恐ロシア娘とベテランの中間的存在。実力も中間的か。ジャンプに安定を欠くので国内選手権で5位以内に入るのは厳しい。しかし、彼女の演技には何とも言えない魅力を感じます。ちょっとした手や腕の繊細な使い方、一瞬だけ垣間見える物憂げな表情等、捨てがたい魅力です。

動画の3分50秒あたりで、2Aからレイバックスピンとなります。スピンの前には繋ぎとして難しいターン(おそらく、左足のロッカー~ブラケット)を入れています。地味だけどこういう繋ぎこそフィギュアの醍醐味かも。
(※ステップ・ターンの識別について私はまだまだ未熟。誤りがありましたらご指摘下さいm(_ _)m。)

「ロシア語自習室」様の情報によると、アルテミエワさんとメンショフ君は相思相愛の仲だとか。フム。メンショフ君が30才過ぎてから4回転サルコウをものにし、張り切っている理由の一つはこれかな?(*´▽`*)。

前にも書いたことがありますが、これだけの美女&美脚が、中高年になると、「ドスコイ体型」に大きく変貌するのがロシアというかスラブというか、その民族的特性なのでしょうか。もちろん、人にもよるでしょうけども。
口悪く言えば、中高年になると若き頃の限りなき美しさの面影はほとんど消失し、その落差に唖然とします。
何と申しましょうか、ruin、って感じです。ちょっと言い過ぎだな( ̄▽ ̄;)。



関連記事
スポンサーサイト

2015.02.11 | | コメント(3) | トラックバック(0) | 海外選手達



コメント

「スイングしなけりゃ意味がない」♪

アイスダンスにループがないのは、解りやすい理由がある。

アイスダンスの魅力は、やはりフリーレッグのスイングにある。

スイング・チョクトー&スイング・ロッカー&スイング・カウンターの数々はアイスダンスの魅力である。

ブラケットもスイングまではいかないが、ある程度振ることはできる。

ところが、ループだけは、スイングしたくても全くスイングできないのである。

このような理由からアイスダンスにはループがないのではないだろうか(^^)


ですので、エラの「スイングしなけりゃ意味がない」をお聴きください♪

https://www.youtube.com/watch?v=hyf1rPqibjY

2015/02/11 (水) 15:11:42 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

ターンのことではないと思うが?

描く全体としてのラインが、ループする形はダメと言う意味の気がするが?

2015/02/11 (水) 15:49:05 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

ファントム様、バルタン様

> 描く全体としてのラインが、ループする形はダメと言う意味の気がするが

アイスダンスはスウィングか、描く全体としてのラインからか、

この辺にヒントがあるのかもしれませんね^^

2015/02/11 (水) 22:48:46 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR