2015四大陸選手権関連:キムオタと真央オタの対称性





「ソチ五輪のキム・ヨナ判定に抗議、持ち込み禁止のプラカード掲げる―ソウル・フィギュア4大陸選手権」
FOCUS-ASIA.COM 2月14日(土)

(引用開始)…鳳凰網は14日、ソウルで開催されたフィギュアスケート4大陸選手権で一部観客が「ソチ五輪で韓国のキム・ヨナが不公平を受けた」として抗議するプラカードを掲げたとする韓国・聯合ニュースの13日付報道を伝えた。

同選手権で一部観客が掲げていたプラカードには「2017年までにスポーツ仲裁裁判所(CSA)に抗議するぞ」、「われわれは絶対に忘れない」、「ソチはまだ終わっていない」、「国際スケート連盟は改革が必要だ」などの標語が書かれていた。

韓国メディア・OSENによると、同選手権では観客のプラカード持ち込みが禁止されているという。大会組織委員会関係者は「発見した場合は強制回収する」としている。

同国のスケートファンからは、これらの行為に対して「キム・ヨナを心配するファンによる抗議だが、こんなことをしても仕方がない。韓国のスケート協会は動かないから、ファンたちはプラカードで意志を示すことしかできないのだ」といった声が聞かれている。

同国メディアは「ソチ五輪から1年が経つが、女子フィギュアの不公平はいまだに忘れることができない」と指摘。また、同五輪で金メダルを獲得したソトニコワのマネジャーによる「キム・ヨナは韓国で一定の人気があるに過ぎない」との発言が「再び韓国人を激怒させた」とした。

この発言に対して同国ネットユーザーは「まだガマンしなければいけないのか。世界で認められているヨナに対して、ソトニコワのマネージャーは目を閉じて耳をふさいでいるのか」と反発している。

同国メディアはまた、ソトニコワがソチ五輪以降目立った成績を残しておらず、先日の欧州選手権でもロシア代表から漏れたとも伝えている…(引用終わり)。



この記事を読んで、「だから韓国人は執念深い」「やっぱり、恨の国だから」「キムオタはみっともない」と冷笑するのは簡単です。しかし、果たして日本人の方はどうなんでしょうね?

ここで、私が思い出したことがあります。一昨年、某大会のスケートリンク会場で日本のフィギュアファン(大抵は真央オタでしょ)の一部が、某審判を名指しで、「○○帰れ~!」と叫んだり、「fair judgment for all」なるバナーを掲げたり、チラシを配ったりしていたとの記事です。

また、熱烈真央ファンの中には、今も、2009年のいわゆる「キム・ヨナさんの妨害発言」や、2010年のバンクーバー五輪や世界選手権におけるキム・ヨナさんの得点や判定を「恨み」に思っている人が少なくないです。「執念深さ」や「恨」という点では、キムオタも真央オタも、五分と五分。どっちもどっちじゃないですか。

ここに民族的特性の違いなどありはしません。
むしろ、両者に共通してあるのは、勝った負けたばかりに拘る「往生際の悪さ」と「負け惜しみ根性」。そして、ライバル選手やそのファンを罵る「破廉恥さ」と、反論や異論に一切耳を貸さぬ「視野狭窄」です。さらには、それらの「負の感情」を覆い隠し、糊塗する為に「正義の仮面」を被っていることにあります。

キムオタと真央オタは、物質と反物質の関係に似ています。己の姿と鏡に映った己の姿の関係です。従いまして、両者が衝突すれば大爆発(大量の光を発する)するワケです。

自分が大好きで熱心に応援している選手の得点が思ったほど伸びず、ライバル選手の得点が思った以上に高ければ、面白くないのは分かります。憤慨したくなることもあるでしょう。採点批判も結構。採点競技で採点批判やルール批判をするファンはたくさんいますし、私とてあります。

が、それも度を越せば野暮になるし、終いには醜悪になります。

ISUに抗議をするのは自由です。しかし、確かな証拠も無く、素人の生兵法に基づく危なっかしい採点批判を根拠にいくら抗議をしても、どうなんでしょうか。全く無駄・無意味とまでは思いませんけども。建設的な意見が多数寄せられればそれなりに影響力を持つかもしれません。ただし、自分達が望んだ方向では無い「改善」がされる可能性もあります。

で、今回の記事は、韓国人非難の材料にするよりは、他山の石、反面教師とした方が賢明に思います。



関連記事
スポンサーサイト

2015.02.15 | | コメント(12) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・ネタ関連



コメント

ホットケ

もうそろそろ、XXオタのこき下ろしは止めたら如何でしょう?
あなたの記事を楽しみにしてます、技術的な記述は本当に勉強させて頂いています。ですから、程度の低い事柄から超越していて下さい。

2015/02/15 (日) 02:15:44 | URL | デーオタ #- [ 編集 ]

ショパンとリスト

浅田真央選手とユナ・キム選手の二人については、ショパンとリストを思い出す。

美しい旋律を持ち、多くの聴き手はもとより専門家をも魅了するショパン。一方で多くの聴き手は魅了しなくとも、玄人(審判)好みのリスト。

そして、バンクーバーオリンピックのショートやそのシーズンの世界選手権の審査については、第5回ショパン国際ピアノコンクールのアシュケナージとアダム・ハラシェヴィチの審査結果を思い出す。

これはその後のアシュケナージの活躍により結果的に最も優れたピアニストが誰でであったかということは歴史が証明することになったのである。

従ってこの件については歴史の証明を待ちたいものである。

2015/02/15 (日) 08:59:11 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

デーオタさんに全く同感。

2015/02/15 (日) 10:59:22 | URL | #- [ 編集 ]

デーオタ&Co様へ

自分のブログに何を書くか決めるのはブログ主本人の特権です。そのためにブログやってるんですから。片割月様はまだまだオタに対して言い足りないと感じているからこそ書かれているんでしょう。『あなた』がどう思っているかなんか考慮する必要がどこにあるというのか理解に苦しみます。
読みたくないエントリはスルーするのが読み手に与えられた特権です。不愉快な思いになるとわかってるのに何でわざわざ読んでるんですか?私も片割月様のスケート以外のお話には同意出来ないものもあるのでそういうエントリはスルーさせて頂き、スケートに関する記事のみ楽しませて頂いています。
読者もいろいろですから今もオタに辟易していて片割月様のお話を読んで溜飲を下げている人だっているに違いありません。自分に必要ないからやめろなんて一読者が言うセリフではない!ぐらいいい加減悟ってください。大人気ないにも程があります。

2015/02/15 (日) 17:48:33 | URL | としちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]

アシュケナージ!

 ファントムさま。
 アシュケナージをお好きなのですね。私も彼のショパンのバラードやラフマニノフが好きでした。今は、もうピアニストではなく、指揮者ですけど。日本の音大で教えておられたり、確か、NHK交響楽団とも関わりがあった方でしたね。とても日本を愛している方だと思います。

 彼が何故、亡命したのかという事に興味を抱き、評伝なども読んだ事がありました。豊かな美しい音色を奏でるまさに歌うピアニストと思います。好みは分かれる所でしょうが・・・。片割月さまはアシュケナージはどう評価されるのでしょうか。
 多分、クラシックはお好きだと思うので興味があります。

 ハラシェビッチは、優勝した事は本人の責任ではないし、比較されて気の毒な気もしますよね。
 

2015/02/15 (日) 21:29:59 | URL | shige #X91rLkcY [ 編集 ]

アシュケナージ&バックハウス

shigeさん

はい、アシュケナージ大好きです。
アシュケナージは指がよく回るので大好きです。
まさにピアノ演奏のお手本ですね。

他にはバックハウスもピアノ演奏のお手本ですので大好きです。

2015/02/15 (日) 22:44:58 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

こんにちは

そういう考え方もあるのかもしれませんが、ヨナ選手の「妨害発言」だけは違う気がします。

4大陸選手権が開催されてから2週間もあとになって、
「他の選手に妨害された」とメデイアに対して発言したヨナ選手。

結果として浅田選手やロシェット選手などが韓国メデイアに執拗に追い掛け回されました。

この発言に、他選手を牽制するという「ねらい」があったのか。
あったとしたら、スポーツ選手としてどうなのでしょう。
やり方が卑怯ではありませんか。

仮に「ねらい」がなかったとしたら。
この発言は軽率で、他選手に対して配慮を全く欠いていたと言わざるをえません。

私は浅田選手が好きですし(女子選手のひいきは中野選手でしたが)、別にマオタのくくりに入れられるのは構わないのですが、「妨害発言」まで同次元で語られるは少し違うんじゃないかなあと思ってコメントいたしました。

それとも「妨害発言」は選手の若気の至りだとして忘れるべきだというのでしょうか。
それもちょっとどうなのかな、と、あくまでも個人的にはですが、考えます。

2015/02/16 (月) 08:44:45 | URL | ゆきめ #.lmTVR2o [ 編集 ]

ゆきめ様へ

妨害発言について。ヨナさんが「6分間練習で他の選手とぶつかりそうになるので何か対処してほしい」と言ったら韓国メディアが勝手に歪曲して「日本人に妨害された」と報道したわけです。後でTV局側が捏造だったと謝罪しましたよ。スケオタの方なら一連の流れは知っている筈です。一部のアンチヨナが、その事実を知っていながら未だに吹聴しているだけですよ。

2015/02/16 (月) 16:18:51 | URL | ikumi #- [ 編集 ]

Re: デーオタ&Co様へ

>自分のブログに何を書くか決めるのはブログ主本人の特権

挨拶もなしで、いきなりブログ主を批判するコメントをするケースや、
「捨てハン」でコメントをするケースについては、

削除したり、アク禁にするのも、
あえてレスをしてお相手するのも、
無視するのも、

ブログ主本人の特権でありんす(^_^)ノ

クダラナイ内容と思われる記事や、受け付け難い主張については、
題名を読めば、ほぼ見当がつくでしょうから、スルーされれば良いかと存じます。

2015/02/16 (月) 20:19:07 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ショパンとリスト

ファントム様、こんばんは。

面白い比喩ですね^^

私なら、浅田真央をドビュッシーに、キム・ヨナをラヴェルに当てはめます。

ドビュッシーは時には底知れぬ霊感のヒラメキを感じさせる天才ですが、曲によってはムラがあります。

ラヴェルは良い意味で職人的な作風で、どの曲も高質でムラもなく、駄作も無い。

2015/02/16 (月) 20:37:08 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: アシュケナージ!

shige様、こんばんは。

アシュケナージさんですね^^

私はピアニストの生演奏を聴いたことがほとんど無いので、CDでの印象に過ぎませんが。。。

彼のCDは…たまたまですが…ベートーヴェンのピアノソナタばかり持っています。
ショパンはそれほど聴きたい音楽ではないので、CDすらありません。
昔買った、カセットテープによるルビンシュタインのショパン名曲集を持っているだけで^^;

比較的初期のピアノソナタ15番(田園)、16番、18番を聴いて、
割と癖の無い、アクの少ないタイプで安心して聴きやすいのかなあと思いました。
その後、後期6大ピアノソナタ集を聴いています。
綺麗なタッチの音色で、私好みですね。

ドイツの巨匠タイプの演奏だと、こちらも構えて聴かなきゃいけない感じで重いから(^_^;)。
ただし、バックハウスの28番イ長調は素晴らしいと思いましたが。

2015/02/16 (月) 20:55:36 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ゆきめ様、ikumi様

ゆきめ様、お久しぶりです^^

私もikumi様がコメントされた通りがほぼ真相じゃないかと思っています。

韓国メディアによって、面白おかしく脚色・捏造・誇大報道されたのでしょう。
それをまた、日本のメディアの一部が(裏も取らず)面白いと取り上げたのでしょう。

揚げ足を取られるような不注意な発言であったと批判されれば、それまでかもしれませんね。

ただ、私は「別に、大した問題じゃないよね」ってところです。

若いアスリートが不用意、又は「何?それ?」と思われるような発言をし、批判を浴びる例はいくつもあったとは思いますが、海外の場合は、和訳の段階で正確性に疑問もありますし、前後の流れをぶった切って、片言隻語を取り上げられるケースもあるようですから、慎重にみたいです。

2015/02/16 (月) 21:34:52 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR