「八紘一宇」の復権?





三原じゅん子議員、「八紘一宇」発言を釈明 「侵略正当化したいとは思っていない」:J-CASTニュース3月18日(水)

以下は、記事の引用と片割月の感想です。

(引用開始)…自民党の三原じゅん子参院議員が参院予算委員会の質問で「八紘一宇」という言葉を「日本が建国以来大切にしてきた価値観」として紹介し、「侵略のスローガンを礼賛した」などと批判されている問題で、三原氏は2015年3月18日朝、ブログで「侵略を正当化したいなどとも思っていません」などと釈明した。

片割月の感想。
三原議員は、「アジア・太平洋戦争」が日本による侵略だっと認識しているんだ!!
「侵略の定義は定まっていない」などとご都合主義の小理屈を振りかざし、日本を正当化しようとしている極右歴史修正主義者の安倍首相とは違うスタンスなのね?


ブログでは、

「この言葉が、戦前の日本で、他国への侵略を正当化する原理やスローガンとして使われたという歴史は理解しています。侵略を正当化したいなどとも思っていません。私は、この言葉が、そのような使い方をされたことをふまえ、この言葉の本当の意味を広く皆さんにお伝えしたいと考えました」

などと説明。

片割月の感想。
三原議員は「八紘一宇」がどのような歴史的文脈で使われたのかについて、認識が甘いようです。※


国会質問では、「八紘一宇」について、

「戦前・戦中よりも、ずっとずっと昔から、日本書紀に書かれているような『世界のすみずみまでも、一つの家族として、人類は皆兄弟としておたがいに手をたずさえていこう』という理念、簡単に言えば『みんなで仲良くし、ともに発展していく』和の精神」を伝えたかったとした…(引用終わり)。

片割月の感想。
ここは、突っ込み所がたくさんあります。

そもそも、「八紘一宇」という言葉を「日本が建国以来大切にしてきた価値観」からしてアウトでしょう。
いい加減なことを言ってはいけません。
昔も今も、「八紘一宇」の価値観を持った日本人は全人口のわずかひと握りに過ぎません。
人口の9割を占める昔の「民百姓」や「商人」は日本書紀の原文など知る由も無かったし、そんなの関係ねえ!で終わり。しかも、「八紘一宇」なる四文字熟語からして昔からありましたか?

「神武天皇の即位」をもって日本の建国とするような非科学的なお話は、国会の場で政治家が真面目な顔して曰うことではありません。プライベートの場で、右翼や信者さん同志の信仰として、好きなように語り合って下さい。

>『世界のすみずみまでも、一つの家族として、人類は皆兄弟としておたがいに手をたずさえていこう』

これって、右翼の首領だった方の、「世界は一家、人類は皆兄弟」なる標語そのままですね。

私はこういう言葉は感性としても生理的にも受け付けません。背中に蕁麻疹が出そうになります。

それにしても、戦争を知らない世代の三原議員がわざわざ死語に近い「八紘一宇」なる言葉を取ってつけたように持ってくる意図が分かりません。非常に不自然ですし、違和感を覚えます。もっと、普通に言えばいいでしょう。右翼の首領さんの標語の方が分かり易くてよろしい。どうして三原議員は「八紘一宇」に惚れこんでしまったのでしょう?

それでも、せっかく「八紘一宇の精神」を語るのであれば、いわゆる「イスラム国」のテロ組織も、ネトウヨの大嫌いな韓国も中国も、「一つの家族として、皆兄弟です!」と三原議員は強調すべきでしたね。

自己顕示欲の強いタレント議員が、付け焼刃のにわか知識を国会で披露したくなったのでしょうか?
右翼評論家かタカ派議員の誰かから吹き込まれましたか?
それとも、極右安倍晋三首相や安倍信者、ネトウヨへのおべんちゃらでしょうか?
それとも、「釣り」か。ワザと論議を招くであろう文言を使ってみせて、注目を浴びようとの計算か?

上の4つの推測を合わせればほぼ100%当たりでしょう(-^〇^-)。



早川タダノリ氏の著書によると…いわゆる、「支那事変」勃発後に第一次近衛内閣が開始した「国民精神総動員」運動(昭和12年9月~)において、「八紘一宇」は大日本帝国のイデオロギーとなった。文部省が発行した小冊子、「八紘一宇の精神」には、

「…従って、八紘一宇とは、皇化にまつろわぬ一切の禍を払ひ…各国家、各民族は自立自存しつつも、相寄り相扶けて、全体としてあいぜんたる一家をなし…起て!国力総動員のために!翻せ!八紘一宇の御旗!…」とある。

「皇化」という言葉があるように、「一家」というからには「家長」の存在が前提となるのですが、それは初めから「天皇」と決まっていたわけです。何故かって?何故か知らぬが、天皇はエライんだ凄いんだ、と決まっていて、アジア諸国は天皇の良き臣民でなくてはならぬと決まっていたようです。超絶的論理だ。早川氏が言うように、「チラシの裏にでも書いておけ!」のレベルだ。かくして、日本の「皇軍」は中国やアジア諸国にドッと押し寄せた…。

これが「八紘一宇」なる四文字熟語の歴史的文脈です。三原じゅん子様。

なお、右翼論者やネトウヨは「八紘一宇」なる四文字熟語の語源を語らって、「何も問題無い!」と三原氏を擁護、又は賞賛しているようです。これが連中の常套手段です。騙されてはいけません。

例えば、「百姓」や「非人」という言葉も、当初は「何も問題無い」用語でした。専門家によると、「非人」とは、人間に非ず、つまりは、超人間、神的な意味合いがあったそうだ。つまり、差別どころか人を持ち上げる言葉だった。

「人非人」という言葉とは無関係です。が、歴史的文脈の中で差別的意味合いに変わり、手垢にまみれてしまった。だから、現代では不用意に使う言葉ではないのです。日本が中国名を「シナ」と呼ばない理由も同じく歴史的文脈から判断しているからです。


関連記事
スポンサーサイト

2015.03.19 | | コメント(3) | トラックバック(0) | 政治・社会



コメント

アジア諸国の独立

先の大戦後数多くのアジア諸国が独立した。
これは、八紘一宇が結果的にもたらしたものではないだろうか。

2015/03/19 (木) 12:45:12 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

初心わするるべからず

ネタの投下もいいが、コメ返しをおろそかにしてはいけない。

片割月さんが、自分で目標にしていたブログのあり方を変えたのなら別だけど。

2015/03/22 (日) 00:31:33 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: アジア諸国の独立

ファントム様。

> 先の大戦後数多くのアジア諸国が独立した。
> これは、八紘一宇が結果的にもたらしたものではないだろうか。

ううん、どうかな?

これは大日本帝国がアジア諸国の幸せを願ってのことだとは思えませえん。

日本軍の侵攻が、結果論として、触媒の働きをして、独立に繋がっただけのことかと私は考えます。

2015/03/26 (木) 00:23:03 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR