羽生選手は「手抜き」をしたのか?





羽生 連覇逃した背景…ジャッジにも見透かされていた“手抜き”:スポニチアネックス 3月29日(日)

(引用開始)…【岡崎真の目】シーズン最後になって昨季までの羽生の悪い面が出てしまったように感じた。厳しい言い方をすれば、問題は演技の要素と要素の間の“手抜き”だ。

これを物語ったのが5項目の演技点。ジャンプの失敗があっても五輪王者として演技点ではトップを守ってきたが、この日はフェルナンデスに劣った。羽生自身の得点もGPファイナルに比べ3点以上下がっており、これが同等なら連覇は達成できただろう。演技点は、いわばスケーターの基本的な評価。ジャッジにも見透かされていた気がしてならない。

ケガなどで難しい状況だったとしても、メーンコーチであるオーサー氏のいるカナダではなく、国内で最終調整したことには疑問符がつく。フィギュアは、やはりスポーツ。ストイックに追い込むべき時期に適切な指導を欠けば、甘くなることもある。これが4分30秒の長いフリーで露呈してしまうのが常だ。

男子は世界選手権出場枠「3」を確保することに失敗し、来季は雪辱のシーズンとなる。世界ジュニアを制した宇野昌磨ら若く生きのいい選手も加え、国内の厳しい代表争いでレベルアップし、巻き返してほしい。(ISUテクニカルスペシャリスト、プロコーチ)…(引用終わり)。


興味深いコラムですね。

概して、不評らしい。その主な理由は、
1.「手抜き」という言い方は酷い。炎上商法的。
2.「手抜き」をしなかったであろう岡崎真氏の現役時代は素晴らしい成績だったのか?
3.病気や怪我で十分な練習が出来なかった中での2位をどうして誉めてあげないのか?
4.世界選手権出場枠「3」が「2」減った責任がまるで羽生選手にあるような言い方だ。

私は岡崎真氏の新聞コラムやフィギュアスケート誌のコーナーで、氏の技術やルールの解説を読んで勉強になっていますし、あまりメディアに登場しない審判の中では貴重な存在と思っています。従いまして、今回のコラムは「辛口」ではあっても、「悪意」なり「悪印象」を覚えませんでした。むしろ、五輪金メダリスト羽生選手への期待があるからこそ、あえて「手抜き」と喝を入れたのではないかと、好意的に捉えています。

以上の前提に立っての意見ですが、それでも、やはり、「手抜き」という表現は少し言い過ぎと私は思います。「手抜き」という意味は、「サボる」「怠慢」と同じ意味合いがあります。つまり、「それが出来る状態にありながら、楽をしようとして面倒な事や難しい事を省略するか質を下げる」ことを指します。

世界選手権における羽生選手は、「それが出来る状態にありながら…」だったのでしょうか?複数の人が指摘しているように、フリーでは後半にややスピードが落ちていたようです。つまり、体力的にギリギリだった。もしも、「手抜き」をしなかったら、後半はもっとヨレヨレになったかもしれないのです。あるいは、ジャンプでミスる危険があったかもしれません。

この場合、「手抜き」と言うであろうか?「手抜き」ではなく、「それが出来なかった」可能性も高いのです。

それとも、もしかすると、要素と要素の間の繋ぎを少し省略してもジャッジの目を誤魔化せるかもしれない、と、羽生選手が「タカをくくった」のではないか?そうだとしたら、それは「甘いぞ」と、岡崎氏は言いたかったのかな?しかし、「ジャッジの目は誤魔化せない」ことくらいは、羽生選手だって分かっていることでしょう?

それと、岡崎氏は「手抜き」の具体的な箇所を一つだけでも挙げて欲しかったですね。自分で調べる手もありますが、とてもとても時間がありませんし、誤判断する危険も高いです。



話は変わります。

①「羽生自身の得点(演技構成点)もGPファイナルに比べ3点以上下がっており、これが同等なら…」の箇所。

同一選手の、異なる大会の演技構成点を比べて演技の質を断じることはどうなのでしょうか?大会毎にジャッジが変われば評価も変わることは普通にあることです。つまり、A大会よりもB大会の方の得点が3点低いからと言って、それが必ずしもそのまま演技の質も落ちているとは一概には言えないのでは?ある程度は参考になりますが。

しかし、岡崎氏は演技構成点を「完全なる絶対評価」のようにみなしています。どうなんでしょうね?


②「ジャッジにも見透かされていた気がしてならない。」の箇所。

ちょっと意味が不明で、誤解されやすいようです。
素直に読みますと、ジャッジが羽生選手の以前の演技と今回の演技を比べて、「手抜きしているな」と見透かしたように受け取れます。しかし、ジャッジがイチイチ羽生選手の以前の演技内容を完全に記憶している、とは考え難いです。あくまで、今回の演技自体を見た上で評価を下したのではないでしょうか?

③「メーンコーチであるオーサー氏のいるカナダではなく、国内で最終調整したことには疑問符がつく」の箇所。

これは、内々の事情ですから、読み手は判断のしようがありません。一般論としてはオーサーコーチの元に行った方がベターに決まっていますが、羽生選手がそうしなかった「よくよくの事情」が分かりませんから。


そもそも、新聞のコラムは字数の制約があって誤解を招きやすいものです。コラムの文章が岡崎氏の手によるものなのか、記者が「まとめた」ものかどうかも不明です。仮に岡崎氏の文章そのままだとしても、文筆業者ではないフィギュアの専門家の文章ですから、そこは差っ引いて見た方が良いかもしれません。

こうした限界のある中で書かれた文章を「悪く」捉えるか、「良く」捉えるかは読み手により様々でしょう。が、物事には両面があるのですから、もう少し、一歩引いて、「ああ、こういう見方もあるかもしれない」くらいでいいのでしょう。五輪金メダリストとなり、世間の耳目を集める存在になった羽生選手だからこそ、「厳しい視線」も出て来るでしょう。浅田選手など、もっと酷いことを書かれていましたからね。


関連記事
スポンサーサイト

2015.04.01 | | コメント(6) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・ネタ関連



コメント

ティンパニ&シャッセのタイミング

羽生選手は、いつも最初の4Sの入りの手前でシャッセを入れる。
先ずこのシャッセのタイミングが1カウント違う。
(ユヅ自身も織田さんのインタビューで最初のドンで入れると言っている。)
従っていつもは、最初のショットのティンパニを捉えるのだが、今回は捉えきれてなくなって、2カウント目となった。
従って踏み切りのタイミングも1カウント遅れ、5カウント目になったのである(^^)



ファイナルと比較して、ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=WvjUZOZsJyk

https://www.youtube.com/watch?v=bPH9YqDZimA

2015/04/01 (水) 06:55:49 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

プロトコルを見る限り

岡崎氏のコラムは書き方の表現の面で云々はとりあえず置いておいて
(羽生選手の体調等に対する配慮がなさすぎではないか?とか誤解を招くような表現満載なので
一般人が読んだら羽生選手が面倒くさくて手抜きをして金メダルをのがしたようにしか思えないなど、
このあたりの「悪意」があるように感じる文章は浅田選手の時代から変わらないなと思います)
一番の問題点は「繋ぎを減らしたからGPFから3点下がった」というのが事実と異なっている点です。  

合計点 TES   PCS  SS TR PE CH IN
194.08 103.30 91.78 9.29 8.82 9.39 9.18 9.21  GPFバルセロナ
175.88 88.24 88.64 8.93 8.71 8.68 9.04 8.96  上海ワールド 
-18.20 -14.76 -3.14 -0.36 -0.11 -0.71 -0.14 -0.25

プロトコルを見る限り実はPCSの項目で一番下げ幅が少ないのはTR(-0.11)です。
逆に一番大きいのはPE(-0.71)であり、このあたりは演技後半のスピードが影響してそうです。
このプロトコルから感じられるのは、体力温存のためにGPFより抑え気味で演技したものの
足元のつなぎ等はなるべく省略しないように入れていたということではないでしょうか?
CHの項目の落ち幅が少ないことからも繋ぎや振り付けが「手抜き」という印象は受けません。

さて、では岡崎氏は具体的に何をもってジャッジが見透かした「手抜き」と判断したのか?
ひょっとしてプロトコル絶対主義の彼が感情的な理由であのコラムを書いたのか?
Yahoo!のスポーツアクセス1位を稼ぐぐらい反響のあったコラムですので
是非とも続報が欲しいところですね。

2015/04/01 (水) 09:24:54 | URL | emi #LbYl9WXI [ 編集 ]

イン・イナの省略

そしていつもは4Tチェックアウト後に前へ出てクロスをはさみ、インサイド・イナバウァーを入れる。

今回4Tは転倒した。
しかし音には間に合うタイミングであったが、インサイド・イナバウァーを省略した。
省略せざるおえない状況となったのは、転倒後少し悔しくて不要なループを入れてしまったのである。
これにより音に間に合わないと判断し、イン・イナを省略したのである(^^)

2015/04/02 (木) 00:59:13 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

:追伸

イン・イナ(オープン・モホーク・タイプ)(*^^*)

2015/04/02 (木) 12:16:45 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: プロトコルを見る限り

emi様、初めまして、ですよね^^;

詳細な数字に基づくご意見、ありがとうございます!

なるほど。繋ぎの評価からは「手抜き」の痕跡は掴めないようですね。

私は異なる大会のPCSを比べることには慎重ですが、
ある程度は参考になりますよね。

>ひょっとしてプロトコル絶対主義の彼が感情的な理由であのコラムを書いたのか?

いくらなんでも、それは無いだろうと推測しますが(^_^;)

残念ながら、続報は無いようです。

2015/04/19 (日) 17:52:54 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: イン・イナの省略

ファントム様、ありがとうございます。

しかし、その程度の省略で、岡崎氏から「手抜き」と言われるのは、ちょっと酷いわ^^;

2015/04/19 (日) 17:59:51 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR