スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



2015国別対抗戦:雑感





貧乏暇なしで、今回はチケット代を払って生観戦する余裕がありませんでした(T ^ T)。過去2大会は生観戦したので、今回はそれほど心が動かなかったこともありますが。

【羽生結弦:浅田真央、高橋大輔に並ぶスーパースター&国民的アイドルの誕生】
高橋大輔が引退し、浅田真央は休養中で現役復帰も不明という中にあって、羽生結弦の存在を、(おそらく)日本スケート連盟もテレビ局も大いに喜んでいることでしょう。羽生選手のお陰でフィギュア人気は当分安泰で、会場の(べらぼうに高い)チケットの売れ行きも好調を維持するでしょうし、テレビの視聴率も下がることは無いでしょう。

会場を埋め尽くした観客はあたかもオール羽生ファンと化したかのような様相を呈しており、昨季まで会場を埋め尽くしていた浅田ファンや大輔ファン(羽生嫌いが少なくない?)はどこに行ったの?って感じすらいたします(^O^)。

「選手をアイドル扱いするのは如何なものか?」と懸念する人もいるようですが、それは贅沢かつ野暮な愚痴というものだ。五輪や世界選手権で優勝する実力にプラスして人を惹きつける魅力(キャラクターや容姿)を備えたアスリートがいれば、テレビが多く取り上げるのは当然だし、人気が爆発するのも時間の問題だ。その点で、羽生選手はアイドル化の為の要素を全て備えているスケーターです。

バドミントンの世界では「オグシオ」なる女子ダブルスがアイドル化していましたが、そのお陰でバドミントン界はどれだけ助かったか計り知れないと思います。「アイドル化はケシカラン!」などと文句を言うバドミントン関係者はいましたでしょうか?卓球の愛ちゃんにしても然りです。愛ちゃんのお陰で「卓球はネクラのスポーツ」というマイナスイメージはかなり払拭されたのではないでしょうか?

世間の注目を浴びることで選手も強くなり、そのスポーツに取り組もうとする子供や、それまで無関心だった人達が関心を持つようになります。これらも該当スポーツ競技の力を底上げするパワーとなることは間違い無いでしょう。

これらのメリットを考えれば、アイドル化によるデメリットは大した問題では無いと思います。もちろん、熱烈なファンの中には応援マナーに問題があったり、選手達に余計なストレスを与える不届きな人もいるでしょうけど。


【羽生選手の演技はひとことで言えば綺麗だ!】
私は男子シングル選手の演技を見て、「綺麗だなあ!」と感じる事はほとんどありません。女子であれば荒川静香さんや浅田選手の演技こそ、「綺麗だなあ!」と酔いしれていましたが。

もちろん、チャン選手の4T-3Tを「美しいジャンプ!」と思うし、高橋大輔さんのステップを「カッコイイ!」と思うし、アボット選手の透明感ある演技に「シビレた~!」と思う。しかし、「綺麗だなあ!」とはちょっと違うのよね。

私は羽生選手のショートプログラム、ショパンの「バラード1番」の演技を思い浮かべながら書いています。旋律の流れやリズム、音の強弱に沿って一つひとつのエレメンツやステップが測ったように構成されているプログラムと、それを完璧に着こなした羽生選手の演技。もちろん、これらはトップスケーターなら誰でもやっていることだ。

しかし、羽生選手の一つひとつの所作には男子には珍しい優美さ柔らかさがあります。その源となっているのは彼の綺麗なスケーティングと細身で柔軟な体型・容姿(フィギュア向きだ!)でしょう。さらには美青年と言える風貌も。

喩えて言えば、「冬ソナ」のヨン様がスケートをしているようなものだ。女性の間で人気が爆発するのも当然でしょう。私は羽生選手の熱烈ファンでは無いけれども、比類の無い魅力を感じています。魅力の70%は「綺麗だなあ!」で、20%は「カッコイイなあ!」で、残りの10%が「可愛いなあ!」です。


【トゥクタミシェワ選手の脚力:トリプルアクセルの系譜】
女子のパイオニア、伊藤みどりさんから続くトリプルアクセルはトゥクタミシェワ選手に継承されました。浅田選手不在の中、女子のジャンプ構成はドングリ状態・膠着状態にありましたが、彼女が打ち破りました。素晴らしいですよね。

女子では、基礎点の高い高難度ジャンプへの挑戦が影を潜め、3回転ジャンプの質の向上が主流となっていました。もちろん、ジャンプそのものの質の向上と、ジャンプ前後の繋ぎに工夫を凝らし、より多くの加点を取るスケートもフィギュアの醍醐味です。いや、むしろ、こちらの方にこそフィギュアスケートの本質があるのでしょう。ジャンプだけではなく、スピンでも、スピン自体の質の向上と、スピンの入り方に如何に工夫を凝らしているかを見るのもフィギュアの醍醐味です。レベル4を取ることよりも、加点が多く貰えるスピンにこそフィギュアの本質があるのでしょう。

しかしながら…女子は脚力という点での難しさがあるのでしょうが…高難度ジャンプへの挑戦もスポーツとしては重要な柱でしょう。伊藤みどりさんのトリプルアクセルや安藤美姫さんの4回転サルコウを見た時の興奮は忘れられません。安藤さんは「女子には4回転は無理」という固定概念を打破したと思うのですが、一人だけでは弱いです。こちらも誰かが「継承」して欲しいですよね。

トゥクタミシェワ選手は「女子も進歩しなければ」と言ったそうですが、注意が必要でしょう。「進歩」は誤解を招く言葉です。高難度だけが「進歩」では無く、高質な技を磨くこともまた「進歩」と思うからです。ただし、ダブルアクセルを跳ぶ前にどれだけ難しいステップやムーブメンツを入れても、1本のトリプルアクセルの魅力には勝てない、というのが多くのフィギュアファンや観客の「本音」ではないでしょうか?

トリプルアクセルを練習している女子選手は、ゴールド選手、宮原選手、樋口選手他、かなり居るようですね。その中から試合で決められるようになる選手、継続して跳べる選手は…たぶん…一人か二人でしょうね。私は樋口選手に大いに期待していますし、彼女の脚力から見ても実現の可能性は低くは無いと見ています。

女子のトリプルアクセルのパイオニアとしての伊藤みどりさんは偉大でした。何事も最初にやった人は偉大です。次に偉大なのは浅田選手です。10年近く、継続してトリプルアクセルを跳び続けて来たことが凄いです。トゥクタミシェワ選手は二人に続く偉大なトリプルアクセルジャンパーになるのでしょうか。

トゥクタミシェワ選手の「ゴム毬が跳ねるような」ジャンプは伊藤みどりさんに次ぐ。絶頂期の安藤美姫さんに匹敵する脚力の持ち主ではないでしょうか?国別対抗戦でのトリプルアクセルを見て驚いたのですが、あんなにゆっくりとした助走スピードから高いトリプルアクセルをよくも決められるものだと!彼女の場合、スピードを跳躍力に活かす、というよりも、持ち前の脚力で「ビヨ~ン!」と跳んでしまうのでしょうか?


【ブラウン選手:「4回転無し」スケーターが成し得る究極の演技】
もしも、バンクーバー五輪で4回転無しで優勝したスケーターがライサチェク選手ではなく、ブラウン選手であったとしら、プルシェンコ選手をはじめとして、あれほど周囲から「ガヤガヤ」言われることも無かったのではないでしょうか?

【無良選手:男の根性】
無良選手がフリーの後半に3A-3Tを決めた時、3Sー1Loー2Sの予定が2Sー1Loになり、最後の3番目に3Sを跳んだ時、私は涙ぐんでしまいました。無良選手が後半に3A-3Tを跳ぶのは極めて稀では?感激したわ。

【ウィーバー・ポジェ:気魄の演技】
世界選手権から国別対抗戦までの期間が短かったので、選手達にはキツイ大会だったと思います。参加選手の中には、明らかに世界選手権の時よりもパフォーマンスが落ちている例や、「賞味期限切れ」的な演技もありました。そうした中で、ウィーバー・ポジェのアイスダンスはショートの時から「本気度120%」という気魄が伝わる演技でした。ああッ、これくらいの演技がどうして世界選手権でやれなかったの?と思うくらい。

【イリ・ジガのツイズル:ツイズルにも色々あって】
セット・オブ・ツイズルで、一番目の左回転のツイズルを終えてから、一端、ステップを踏むことも足を踏み替えることも無く、チェンジエッジして同じ右足のまま二番目の右回転のツイズルを行う。如何にも難しそうね。事実、ショートでは成功したけど、フリーでは失敗しちゃいました。

シングル競技の選手もツイズルは入れますが、アイスダンスのようにツイズルの途中でバランスを崩したり、トラベリングが足りずスピンみたいになる例をあまり見ません。何故?
1.シングル選手は一人でやるので、相手とのシンクロをする負担が無い。
2.難度の低いツイズルをやっているから。
3.セット・オブ・ツイズルをやらないから。

ステップシークエンスやコレオで、シングル選手がアイスダンスのようなセット・オブ・ツイズルを取り入れたら面白いと思うけどなあ。レベル取りには無関係でも、GOEの加点になるのでは?観客にもウケると思うが。

【国別対抗戦をやる意味あるのか?】
多くのファンは国別の順位なんか無関心でしょう?
五輪もそうでしたが、やはり競技としては違和感があります。無理やりっぽさがあります。それに、選手達は世界選手権で疲れていて、不本意な演技に終わる例も多いですしね。しかし、ファンとしては世界のトップスケーター達の演技を見る機会が増えるので、本音としては喜んでいるフシもある。私もそうです(^_^;)。選手達はどう思っているのかな?

【番外編】
廊下で村上佳菜子選手と李子君選手がハグしながら何か語っているシーンが映り、胸が熱くなりました。選手同志はこうなんですよね。日本と中国の関係は最悪の状態にあります。主に両国のアホ右翼政治家の罪だ。



関連記事
スポンサーサイト

2015.04.19 | | コメント(33) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・大会



コメント

ユヅの4Sの進化

ユヅは今回から4S手前のシャッセをシャッセからクロスビハインド・シャッセ(バリエーション)に変えた。

この一連のシャッセは、オンカウントを捉えている。(ティンパニのショットの倍テン)

タイミングを図るための緻密な工夫が窺える。

一方ジャンプのカウントはイントウー(エンカウント)の4カウントで綺麗に踏み切っている。

これが、芸術的で美しい4Sの大成功に繋がっている。

本当に素晴らしい☆☆☆


女子フリーは生観戦した。
リーザの3Aには、大きな歓声が上がった。
今日はスタンディングオベーションの連続で手と肩が痛い(^^)

いつもの試合風景と異なるのは、外国人の観客が多いことだ。
私の前列には欧米人らしき観客が5~6人連れで観戦に来ていた。
表彰式の最後まで観戦していた。
これは国別ならではであろう。

生観戦は選手の描くトレースが思う存分はっきり観れるのが良い点だ。

ダンスの靴&エッジはシングルのものとは異なる。
テールが短いのである。
従って、扱いがさらに難しくなる。
これでツイズルが見事に出来るのだからアイス・ダンサーは素晴らしい(^^)V


2015/04/19 (日) 02:53:15 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

やれやれ、どこを見てんだか。

>次に偉大なのは浅田選手です。10年近く、継続してトリプルアクセルを跳び続けて来たことが凄いです。<
正確には挑戦し続けただけであり、試合での認定率、成功率は低い。
身びいき評価はいかん。

既に浅田は越えている。悔しくても素直に認めることができなければ、フィギュアスケートの技術の差を見分けるようにはなれない。

>国別対抗戦でのトリプルアクセルを見て驚いたのですが、あんなにゆっくりとした助走スピードから高いトリプルアクセルをよくも決められるものだと!<

はい、ここは単純にカメラワークと動作にごまかされています。
侵入速度は浅田とほぼ同じ。違いは前傾姿勢を取らないので離氷までの速度落ちがない。

>彼女の場合、スピードを跳躍力に活かす、というよりも、持ち前の脚力で「ビヨ~ン!」と跳んでしまうのでしょうか? <


すべての動きが合理的に連動しているからであり、脚力のみに頼っているわけではない。
ジャンプの本質は物理だと、何度説明すればわかるのかねー?

滞空時間は浅田が1/60秒長い。

それなのに、着氷時の回転は浅田の方が少ない。

空中での回転速度がトクタミシュワの方が早い。

これがよくわかるのがタノジャンプ。
見比べたらはっきりと理解できるはず。

侵入速度が遅いのに、着氷後の流れが出ることはない。

入りの速度に比例した出の速度になる。

2015/04/19 (日) 04:50:07 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

エッジ幅&ロック

追伸:


ダンス・エッジは※エッジ幅も※ロックも異なる(^^)(※これも重要)

2015/04/19 (日) 05:12:03 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

はじめまして

初めてコメントさせていただきます。
羽生選手を熱烈応援してます。(笑)
うんうん、と頷きながら読ませていただきましたが…ヨン様で吹きました。ヨン様ファンでいらっしゃるならごめんなさい。
海外男子スケーターさんは時に、アドニスか?と思われる方も現れますが、羽生選手はちょっと違う感じ。
氷上外でも、手の振り方とか、首の角度とか、おしとやかな女子というシーンが目につきます。
自然とそうなるような…。
花は咲くやタイムトラベラーでも、本当に指先にまで思いがあふれるような…女子選手もかなわない優美さと清楚さ(男子に使うのも? )
人はもともと両性具有だったというお話 もありますし、羽生選手にはそれが色濃くあらわれたのでしょうか?
真央ちゃんにも感じたのですが、浮き世離れというか、天上から迷い降りた人のような…
玉三郎さんがいくつになられても、優美で、気品にあふれおられるように、羽生選手も、氷上でこの魅力を保ってほしいと思っています。
楽しい記事ありがとうございます。
ヨン様にひきよせられて思わずコメントさせていただきました。
羽生選手部分のみに反応してすみません。

2015/04/19 (日) 23:19:22 | URL | ねこ草 #amXlFcx2 [ 編集 ]

Re: ユヅの4Sの進化

おや、ファントム様は女子フリーを生観戦されたのですか!(´∀`*)

私が観戦した時は外国人はさほど目立たなかったですが、
これも、円安とて外国人観光客が増えている一例かしら。

>今日はスタンディングオベーションの連続で手と肩が痛い(^^)

ガッハッハ。。。お歳を感じさせますね(^O^)
ファントム様も結構、ノリノリで楽しまれる方なんですね。

別に自慢にはなりませんが、私は断固としてスタオベはやらない主義でありんす。

理由?今終わった演技の感動をしみじみと味わっていたいからよ。

>ダンスの靴&エッジはシングルのものとは異なる。
テールが短いのである。
従って、扱いがさらに難しくなる。

ご教授、ありがとうございます。

2015/04/20 (月) 01:51:24 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: はじめまして

ねこ草様、こちらこそ初めまして^^

>羽生選手を熱烈応援してます。(笑)

私は羽生選手を温帯的に応援しています^^

>ヨン様で吹きました。ヨン様ファンでいらっしゃるならごめんなさい。

イエイエ、ふと思いつきで述べたまでで、ヨン様ファンというわけではありませんのでご安心下さい(^O^)

>人はもともと両性具有だったというお話 もありますし、羽生選手にはそれが色濃くあらわれたのでしょうか?

ウケました(-^〇^-)。いえ、なかなか鋭いご指摘です。

>玉三郎さんが

オヤッ、ねこ草様はヨン様ではなく、玉三郎と来ましたか!

歌舞伎もお好きなんでしょうか。

また、いつでも自由にお越し下さいネ(^_^)ノ

2015/04/20 (月) 02:01:14 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

またまたお邪魔いたします

リーザ、すごいですね!まだ18歳だけど、体型変化はもう乗り越えたでしょうし。
私も助走があるんだかないんだかわからないような、あのゆっくりとした感じから高いトリプルアクセルをいとも簡単に跳んでいるように見え、すごーいと思いました。でも、最近急に練習したわけでもなく、ずっと練習してきたのでしょうね。ロシアの代表を勝ち取るためにはトリプルアクセルが必要という判断かもしれませんね。
私は浅田真央さんが10年にわたってトリプルアクセルに挑戦し続け、そして本人が集大成と言ったシーズンできちんと認定を受けていることは素晴らしいと思います。飛び続けても一度も認定されてないのではなく、五輪や世界選手権の場で認定されているので。
成長期を乗り越えつつ、飛び続けたことは素晴らしいなと思います。そして、浅田さんはシニアデビューしてから調子が悪いシーズンもあったけど、世界選手権に出場し続けていました。8年にわたってトップスケーターの一員であり続けたって凄いなと思います!あ、すみません、私も浅田ファンです。多分、片割月さまのおっしゃるマオタではないと思うのですが、他人からどう見えてるかはわからないですね~
あ。もひとつ。浅田さんだけがすごい!とおもっているわけじゃないです~念のためです。

2015/04/20 (月) 05:45:32 | URL | ゆきりんこ #- [ 編集 ]

トゥクタミシェワ選手の3A

トゥクタミシェワ選手の3Aは、前傾や重心の沈み込みがほとんどなく、助走の運動エネルギーを効率よくジャンプに変えていますね。(伊藤さんの3A踏切もこのタイプで、前傾や重心の沈み込みがほとんどありません)

ヤグディン型の3Aを女子選手で再び見ることができるとは、感慨深いものがあります。
(ジャンプを教えた人が同じミーシンコーチなので考えてみれば不思議ではないのですが)

ヨッコラショ!と弾みをつけて跳ぶジャンプフォームと比べて体重制限が厳しくないので(ヨッコラショ!ジャンプは男子でも体重の軽い選手にしか跳べません)、スピードと筋力さえ落ちなければ次のオリンピックまで跳び続けられる可能性も十分あると思います。

2015/04/20 (月) 08:28:32 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

削除

私のブログに「さよなら」した人が、その後にコメントをするのは「反則」。
よって、ブログ主判断で削除しました。

2015/04/20 (月) 11:50:28 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: またまたお邪魔いたします

ゆきりんこ様、こんにちは。

覚えていますよ。中日落合ファン?のゆきりんこ様でしたね(*´▽`*)

トゥクタミシェワ選手はゆったりした助走からでも、
それをジャンプに活かすだけの脚力、膝のバネがあるのでしょうね。

フィギュアスケーターとしては、体型的には今少し体重を落としたら?と思えるのですが、
彼女はこれくらいの方がパワーがあってベストの体型なのかもしれませんね。

>私も浅田ファンです。多分、片割月さまのおっしゃるマオタではないと思うのですが

ガッハッハ。ファンとして浅田真央にメロメロであることと、マオタとは別次元ですよ(-^〇^-)

それに、筋金入りのマオタさんや陰謀系スケオタは、私のブログなんかに来やしませんよ。

来たとしても、書き逃げ的に「落書き」を入れる例がたまにある程度です。

2015/04/20 (月) 12:00:38 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: トゥクタミシェワ選手の3A

ドロンパ様、こんにちは。

>助走の運動エネルギーを効率よくジャンプに変えていますね。

そのようですね。だからこそ、ゆったりとした助走でも高く跳べるのでしょうか。

「沈み込み」「ヨッコラショ!」の分かり易い例としては、
4回転を跳ぶ時のコフトゥン選手やブレジナ選手がそうでしょうか。

トゥクタミシェワ選手の3Aは完全に回り切って降りていますから、
今の体型と体力を維持していれば、当面は継続して跳べそうだと予想しています。

2015/04/20 (月) 12:07:51 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ジャンプ前のヨッコラショ! について


小柄な男子選手ならともかく、ある程度身長のある選手や女子選手が踏切フォームとしてヨッコラショ!を選んでしまった場合、関節・靭帯を守るのに必要な筋肉をつけて怪我をしにくい体型にしようとすると、体重が重くなり過ぎててきめんに跳べなくなります。
男子でも二十歳を過ぎてヨッコラショ!を続けられるのは、小柄な選手・体重の軽い選手に限られます。
だからと言って筋肉を付けずにスリムな体型を維持しようとすると、競技生活は怪我との戦いに明け暮れることになるでしょう。

いずれにしてもヨッコラショ!ジャンプの選手はジャンプの賞味期限が短い傾向にあり、加速しながらブレーキをかけるような力学的非効率や見栄えの悪さも考えると、推奨する理由が一つもないです。

ジャンプ前のヨッコラショ!を大幅に減点するようにルール改正すれば、コーチも生徒に対してノービスのころから厳しく矯正するようになるのではないでしょうか。
子供のうちは体重が軽いため、誰でもヨッコラショ!で跳べてしまうのでなおさらです。

2015/04/20 (月) 15:00:05 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

Re: ジャンプ前のヨッコラショ! について

なるほど。

すると、ヨッコラショ!度が小さく、小柄な樋口新葉選手は3Aジャンパーとして有力ということかな。
これから体型変化がどうなるかは予測困難としても。

>ジャンプ前のヨッコラショ!を大幅に減点するようにルール改正

多少はGOEのマイナスに反映させることは有りかもしれませんが、
いくらなんでも、大幅減点はちょっと無理かな(^_^;)

ただし、「さぁ~、跳ぶぞ~!」+「ヨッコラショ!」はGOE-2とか(-^〇^-)

2015/04/20 (月) 17:21:38 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

片割月さま、覚えていてくださったのですね。ありがとうございます!
TV観戦が長いだけのライトなフィギュアスケートファンなので、こちらでいろんな方のお話伺ってこっそり楽しんでます。
そのうちまたおじゃまさせて頂きますね。

2015/04/20 (月) 17:26:03 | URL | ゆきりんこ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ゆきりんこ様。

はい。

いつでも気ままにお越し下さいネ(^_^)ノ

2015/04/20 (月) 17:31:02 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

エキシビジョン


ユヅ選手の「パリ散」には茫然自失状態でパカーンと口が開き顔が伸びた。エキシで感涙するとは老化が激しくなったわい。私は特別なユヅファンではないけれど、綺麗と感じる選手の一人です。此処のところは片割月様とご一緒⤴︎

ところでプル帝王、復活!(◎_◎;)
チャン選手も戻って来るし、メキメキ技に磨きをかけるテン選手に今年の王者ハビ選手を相手にシニアデビューするショーマ選手が何処まで食い繋ぐか?ユヅ氏が、どう戦闘するか?シーズンが終わったばかりだと云うのに時間を早送りしたいザンス。

2015/04/20 (月) 20:16:44 | URL | ikumi #- [ 編集 ]

雑感 

片割月さま

スケートシーズンも終わりましたね。
オリンピックの翌年はオリンピックを目指してきたベテラン勢が大量に抜けるので結果、物足りなさは否めないですね。
早々に北米やヨーロッパに新しいスター(特に男子)が出てきてほしいものです。

"羽生選手の演技はひとことで言えば綺麗だ!"

音楽を心身で受け止めてそれをうまく表現できるようになってきたので、振り付けに不自然さがなくなって、モダンバレエを見ているようできれいですね。表現力は今後さらに磨きがかかるものと期待しています。ジェフとの相性もいいようなので来期も彼の振り付けを期待していますがそうするとチャン選手とかぶるかな、、。 表現力に関してはチャン選手より羽生選手のほうが”スジ”がいいと思いますが、、。

チャン選手が返ってくるとなると、テン、フェルナンデス選手も加えてグランプリファイナルやワールドで自力での表彰台は280点以上の攻防になりそう。 ジュニアの選手もすでに4回転を跳んでいるし、そうなるとブラウン選手も来シーズンは表彰台を目指すためにはの4回転は避けられないとおもいます。

トゥクタミシェワ選手はまだ若いんですね。
透け透けセクシー衣装と全体の雰囲気(髪は無造作だけど)から22歳ぐらいだと思っていました(笑)
18歳であれば演技が薄味なのも仕方がないか、、、。
ロシアはあの優美なボリショイバレエのおひざ元なのにソトニコワ選手にしてもトゥクタミシェワ選手にしてもどちらかというと体育系だと思いませんか。
彼女が3A を跳ぶとなると、すでに3ルッツも跳べるので女子はこれからはショートで70点以上を目指すことになりますね。
浅田選手も復帰するなら3ルッツが絶対条件、大変だ!?

最近読んだニュース。
先日、新聞の文化・生活欄に初めて3回転を跳んだ女子選手、という記事がありました。 ぺトラ・バーカさんが1962年に3Sを跳んだのが初めてだそうです。ぺトラさんはお母さんがトロント市内のプライベートクラブ(羽生選手のいるクリケットクラブ他)で教えていたのでついていくうにに門前の小僧よろしくスケートを覚え、ある時2Aを跳んで
周りはびっくり、それから本格的に習い始めて、世界で勝つために3回転を取り入れたそうです。もっともこのお母さん、ジャンプだけでなくフィギュアスケートに音楽性、芸術性を取り入れた人で、教え子の最近亡くなったトーラー・クランストン氏の振り付けは、当時は特に男子は腕を肩より上にあげることはなかったそうですから、斬新すぎて異端児扱いをされたとか。 印象派の絵画と同じで時代の先取りはとかく批判の対象になるものです。

その”芸術派”のクランストン氏がハリファックスでの世界選手権の時、規定で出遅れ、常に芸術点の低い伊藤みどりさんの演技に対し、”彼女の演技は全くほかの選手をを抜きんでている。コンピューターの順位ががどうであろうと彼女には特別枠でワールドタイトルを上げるべきだ’ とコメントしましたが、これが伊藤さんに対する一番の賛辞だったと思います。

2015/04/20 (月) 22:04:03 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: エキシビジョン

ikumi様、こんばんは。

オッ、ikumi様も綺麗と思いますか!

>ユヅ選手の「パリ散」には茫然自失状態でパカーンと口が開き顔が伸びた。エキシで感涙するとは老化が激しくなったわい。

私も見ました!凄かったですね~~!
ファンの心を鷲掴み。これで羽生人気は益々沸騰しますね。カッコ良すぎます。
本人もインタビューで語っていましたが、ノーミスがエキシかよ!って^^:

わちきは鳥肌は立ちましたが、感涙はしなかったでありんす。

ikumi様ほど老化はしておりませぬゆえ。オホホホ(-^〇^-)。

プルシェンコ選手は…怪物だわv-405

私も今から来季が待ち遠しい!!

2015/04/20 (月) 23:46:35 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 雑感 

kan kan様、こんばんは。

ところで、ファリス選手も「綺麗だ!」と言える資質が十分あると見ているのですが、どうでしょうね?

>表現力に関してはチャン選手より羽生選手のほうが”スジ”がいいと思いますが、、。

なるほど、いや、なかなかどうして。
ジャパンオープンで見せたフリー「ショパンメドレー」は、チャン選手の新境地を期待させますよ^^

おっしゃる通り、男子はショートで90点以上、フリーで190点以上
計280点が優勝最低ラインになることは必至でしょうね。

羽生、チャン、テン、フェルナンデス、、、プルシェンコはどうかな?

>優美なボリショイバレエのおひざ元

たぶん、こちらの系統はアイスダンスに持って行かれて、体育会系がシングルかペアに行くのかも^^

またまた海外ニュース情報、ありがとうございます(´∀`*)

浅田選手の競技復帰ですが…今季の潮流を見る限り、なかなか厳しいかも。
ジャンプの回転不足かルッツの「!」を何とかしないと。。。
浅田選手のプライドから見て、競技に参加する以上は優勝戦線に位置しないと許せないでしょうし。

>印象派の絵画と同じで時代の先取りはとかく批判の対象になるものです。

ビジネスで言えば、やり手のベンチャーが嫌われるのと一緒かな?

伊藤みどりさんに対するクランストン氏の賛辞、感動的です!!

2015/04/21 (火) 00:05:08 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

トゥクタミシェワ選手の3Aの助走


>だからこそ、ゆったりとした助走でも高く跳べるのでしょうか。

厳密には助走のスピードというより踏切の瞬間のスピードが問題なわけですが、
世界選手権の3Aはそこそこスピードが出ているように見えます。
https://youtu.be/Bl-pPoV3sr8?t=4m46s

男子のトップ選手や伊藤さんほど速くはないと思いますが、
浅田選手に比べて遅いということはないでしょう。
https://youtu.be/5kGe6Sulrak?t=6m23s

国別対抗戦の踏切時の映像は角度が良くないのでよくわかりませんが、
このタイプのジャンプフォームの賞味期限が相対的に長い理由は、
脚力よりも助走のスピードを利用して跳んでいるからなんです。


上記の映像で、トゥクタミシェワ選手をハグとキスで迎えるミーシンコーチを見て、
「プルシェンコが3Aを何回降りてもこんなにキスしてもらえなかったけどね!」
とカートが茶々を入れているのが面白かったです。

2015/04/21 (火) 08:41:30 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

〇〇様へ。

ああ、心配ご無用ですよ(^_^)ノ

気楽に構えて下さいませ。

2015/04/21 (火) 11:10:58 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: トゥクタミシェワ選手の3Aの助走

ドロンパ様。

>厳密には助走のスピードというより踏切の瞬間のスピードが問題なわけですが、

なるほど、厳密には、ですね。納得です。

そう、世界選手権の時の助走がイメージとしてありまたので、
それと比べると、国別の方はゆっくり目だと感じたのです。

直前練習でもミスを繰り返し、本人は首を傾げていましたから、
その分だけ少し慎重な助走となったのではないかと想像します。

>浅田選手に比べて遅いということはないでしょう。

これなんですが、私が浅田ファンとて、「トゥクタミシェワ選手の3Aの助走」は浅田選手よりも遅め」
と私が暗にほのめかしていると思われてるフシもございますが、違います。←ドロンパ様のことではありませんよ(^。^;)

1.世界選手権の時の助走と比べて、
2.トゥクタミシェワ選手の3-3他のジャンプの時の助走と比べて、

くらいの心で申し上げたまでです。

>脚力よりも助走のスピードを利用して跳んでいるからなんです。

なるほど、そうでしょうね。

禅問答みたいで恐縮ですが、
(さほど速くなくとも)助走スピードを活かせることもまた、脚力がある証拠かなあと。

カートは相変わらず、ロシアを茶化すのが好きだねえ。

ロシアVSカナダの怨念は今もカートの中にしかと存在するのかな?(^O^)

2015/04/21 (火) 11:27:24 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ミーシンコーチとカート


>ロシアVSカナダの怨念は今もカートの中にしかと存在するのかな?(^O^)

どうでしょえね~。
ミーシンコーチにに関しては、融通の利かない頑固親父的なところを
面白がっている風のところがあると思いますよ。
もともとカートは軽口が多いですから(本人だけがで受けているようなものも多々あり)ミーシン氏が画面に映ると彼のパーソナリティーについて一言二言、何か皮肉っぽくかからかいたがる。 それでミーシン氏を知っているトレイシーが一緒だと二人で大いに受ける。 本人は大まじめでも他ほかから観るとそれが滑稽な人っていますよね。 私にはそんな人を皮肉も込めてからかっているように聞こえます。

2015/04/21 (火) 15:04:30 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

カートのジョーク


カートの茶々入れに関しては、kan kan様と概ね同意見です。
「男子の教え子に対する態度と全然違うじゃないか!」
という突っ込みでしょう。

カートは佐藤コーチが小塚選手の背中を叩いて送り出すときにも
「『背中にタコができてるに違いない』って彼をよくからかってるんだ」
などと言っていましたし、茶化す対象はロシアだけじゃないと思いますよ。

2015/04/21 (火) 21:45:13 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

ボリショイ=優美?

kan kanさま
片割月さま

トゥクタミシェワ選手の練習本拠地はサンクトペテルブルクですから、ボリショイ・バレエのお膝元、という表現よりは、マリインスキー・バレエのお膝元、とする言い方の方が適切であるかと思われます。
そして「優美」という表現はボリショイよりもマリインスキーの方により相応しい、と言いますかボリショイとマリインスキーとではそれぞれの持ち味、カラーというものが全く異なり、ボリショイはむしろ「体育会系」的でもあり(マリインスキーと比べると)、それがボリショイのボリショイたる所以でもあり、魅力でもあります。
ソトニコワ選手など、私はむしろ「ボリショイっぽい」と感じて見ておりました。押し出しの強さとか、良い意味で「男性的」なところとか。あくまで私個人の感想でしかありませんが。

バレエの事となるとどうしてもつい口を挟みたくなってしまいます。お邪魔して申し訳ありませんでした。

2015/04/22 (水) 02:16:43 | URL | 新緑の里 #I0MP68Ho [ 編集 ]

ボリショイ=優美?

新緑の里さま

さすがにいお詳しいですね。
私のようなにわかファンが偉そうに言ってもすぐに馬脚が現れる(笑)

ちょうど先週日曜日のボリショイのライブ中継が「イワン雷帝」で
男性が前面に出た、「体育系」ともいえるバレエでしたが、力強さの中にも、品の良さ、繊細さは(私には)あると思うので、ボリショイを「体育系」というのはちょっと抵抗があります。
同じような意味ですが、しいて言うなら私にはマリインスキーは優雅、ボリショイは優美という印象です。 芸術は見る人の受け取り方次第なのでいろんな見方、感じ方があると思います。初心者の私にはまだその程度の理解ですのでご容赦ください。

ボリショイとマリインスキーは舞台は一度しか見たことがありませんが、ボリショイはモスクワからの同時中継が映画館で上映されるのでメトのオペラと並び、トップスターの演目を特等席で見られて庶民には有難いです。なぜだか日本では上映されないようですね。
来シーズンは、ジセル、ジュエル、椿姫(ショパンの曲による)、くるみ割り人形、じゃじゃ馬ならし、スパルタカス、ドン・キホーテだそうです。

トゥクタミシェワ選手のエクシビションの動画を観ましたが、競技とは違って柔らかさがあるように思います。
競技プログラムは加点を主眼にした構成ということもあるでしょうね。

来週のメトのライブは カヴァレリア・ルスティカーナ/パリアッチ。
予告で曲が流れましたが、高橋さんの道化師が出てきてしまう(笑)

2015/04/22 (水) 22:55:38 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: カートのジョーク

kan kan様。
ドロンパ様。

なるほど、アレはカートの癖なんですね^^;

以前、タラソワさんが浅田選手に振りつけた「仮面舞踏会」や「鐘」について、
カートがトレイシー女史と一緒に毒づいていたのが頭にこびりついている私の偏向的思い込みですね(^。^;)

2015/04/22 (水) 23:24:36 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ボリショイ=優美?

新緑の里様、こんばんは。

オッ!歴史とバレエに一見識のある新緑の里様らしいですね^^

kan kan様のコメントにノリノリの感覚で書いただけで、私には特別根拠もありません(^。^;)

一度、英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団と吉田都さんのタイターニアを見に行っただけのビギナーです。

参考になるコメント、ありがとうございます。

2015/04/23 (木) 00:31:42 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

レニングラード・国立バレエ

新緑の里様 月女様

ロシア・バレエ良いですね。

私は5年前にレニングラード・国立バレエ団の来日公演を観ました(^^)

2015/04/23 (木) 00:51:49 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: レニングラード・国立バレエ

ファントム様。

> ロシア・バレエ良いですね。
> 私は5年前にレニングラード・国立バレエ団の来日公演を観ました(^^)

その時の演目とか、どのような感想を持たれたのか、書いて頂けると、

私だけではなく、新緑の里様やkan-kan様も参考になると思いますよ。

あ、無理に書かなくても結構です。気になさらないで下さいネ^^

2015/04/23 (木) 01:30:43 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

格式

レニングラード国立バレエは、「白鳥の湖」を観ました。
プリマも大柄で格式が高い感じでした。
それと楽団もとても上手で良かったです(^^)

2015/04/23 (木) 07:04:52 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

レニングラード国立バレエ

ファントムさま

初めまして。
コメント頂いて有難うございます。

レニングラード国立バレエの「白鳥」をご覧になった事がおありなのですね。あのバレエ団は私も大好きでした。本格的なロシア・バレエを比較的リーズナブルな(バレエの世界においては・・)お値段で堪能する事が出来る、素晴らしいバレエ団だと思います(といっても私はここ数年、バレエにはめっきり縁遠くなってしまいましたので、今現在どのような体制になっているのか、全く存じ上げないのですが)。

レニングラード国立バレエより大分お値段は張りますが、今年の秋はマリインスキー・バレエ団も来日します。「白鳥の湖」、見比べてみると面白いかも知れません。また「ジュエルズ」という演目も上演予定ですが、この作品は特定のストーリーを持たず、ただ音楽の美しさを踊りで表現する、というものですので、フィギュアスケートファンの皆様には、とっつき易い演目ではないか?と思います。東京での一公演しか予定されていないのが難点ですが。既にご承知でしたら失礼をお許し下さい。

2015/04/25 (土) 01:10:45 | URL | 新緑の里 #I0MP68Ho [ 編集 ]

パリ・オペラ座バレエ

新緑の里様

マリインスキー良いですね♪
情報有り難うございます(^^)

あと、私は一昨年、パリ・オペラ座バレエ団の「天井桟敷の人々」を観ました。

ちょうどイザベル・シアラヴォラの退団前の公演でした。

あと公演終了後会場前はマチューの出待ちの女性ファンでいっぱいでした。

大ちゃん(高橋大輔)のアイスショー終了後の出待ちの方々とその風景を思い出しました。

2015/04/25 (土) 02:16:46 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。