4月からのお薦めテレビドラマと、今野敏など。





テレビドラマはあまり見ませんが(退屈なのが多いから)、たまたま土曜・日曜ということもあって、夕食をとりながらぼんやりとテレビを見ていたら、意外に面白いドラマにぶち当たりました。
仕事と生活にくたびれた中年のサラリーマンが、ぼんやりとテレビを眺める心境が私にもようやく分かって来たようです。これって、悲しいような侘しいような(^。^;)。

NHK・BS時代劇「神谷玄次郎捕物控2」
公式サイトはここです

主人公は北町奉行の同心、神谷玄次郎。いわゆる「八丁堀の旦那!」ですね。
神谷役の俳優は高橋光臣さん。いやあ~、なかなか渋いというか、味のある役者と思いました。普段はグータラで女に弱いが、剣は強くて調査能力も高いという同心役にピタリ合っている感じです。

今や、連続時代劇はNHK(お金があるからね)しかやらないので貴重です。

「八丁堀の旦那」を扱った時代小説ですが、最近読んだものでは、小杉健治著「独り身同心」と、佐藤雅美著「物書同心居眠り紋蔵」が面白いですよ。特に、「独り身同心」は「神谷玄次郎」とキャラクターが似ています。肩の凝らない読み物として手頃です。1~7巻で完結しているので、一巻目から読む方が面白い。

「物書同心」は短編集ですが、著者の佐藤雅美氏は江戸マニアとでも言うべき小説家で物凄く江戸風俗に詳しいです。読んでいて江戸時代の風俗の勉強になります。当時の訴訟のシステムとか、寺子屋制度とか、町の治安システムとか、商売のあり方とか、色々と。1~11巻くらい出ているようですが、どれから読んでも楽しめるようになっています。


縁談―独り身同心1 (ハルキ文庫 こ 6-21 時代小説文庫 独り身同心 1)縁談―独り身同心1 (ハルキ文庫 こ 6-21 時代小説文庫 独り身同心 1)
(2012/07/15)
小杉 健治

商品詳細を見る

ちよの負けん気、実の父親 物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)ちよの負けん気、実の父親 物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)
(2014/05/15)
佐藤 雅美

商品詳細を見る


現在の八丁堀は東京駅八重洲口から東に1キロ程の所にありますが、昔の面影は全くありません。味も素っ気も無い無機質のビルや住宅地があるだけです。

昔は全て木造だから、戦争や震災で燃えてしまい、跡形も無くなってしまったのでしょうね。


日本テレビ「ドS刑事」
公式サイトはここです

主役が遺体フェチで犯人イジメが趣味というS系トンデモ女巡査部長なので興味を抱き、原作の小説を読んだことがありますが、小説自体は他愛の無いレベルでした。しかし、テレビドラマは意外と面白い。

深田恭子主演の「富豪刑事」のような、いわゆる「おバカ系」「ドタバタ系」「ユーモア系」のマンガのような刑事ものドラマですが、私はなまじ真面目?な刑事ドラマよりよほど楽しめると思う方です。

主人公の刑事、黒井マヤ役を演じる女優の多部未華子さんが意外と良い!なかなかカッコイイぞ!
もう少し、サディスティック系の女優の方が迫力があるかもしれませんが、まあ、マンガ系なので、多部さんの特徴的な一重瞼がキリッとして、しかも、可笑しい。上司の刑事課長には逆らい、部下をいたぶり、犯人をイジメるトンデモ刑事ですが、彼女の父親が警察庁のナンバーツーで階級が警視監なのよ。ワロタ。


ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件 (幻冬舎文庫)ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件 (幻冬舎文庫)
(2013/08/01)
七尾 与史

商品詳細を見る


【今野敏の小説は素晴らしい】
前にも紹介しましたが、今野敏著「隠蔽調査」は新潮文庫から続編が次々と出ていますが、ますます好調。私の好みとしては、最近読んだ「警察もの」としては特出した優れものと思います。テレビドラマの方もTSUTAYAにありますが、これぞ「大人が味わうべき警察ものドラマ」って感じです。若い人にはこのドラマの良さが分かりにくいでしょうね。視聴率は惨敗だったようですが、決してドラマの出来が悪いからではありません。若い人向きではなかったからですよ。

「隠蔽調査」以外では、「任侠学園」「任侠病院」が面白いです。昔気質で人情味のある親分が率いる町の小さなヤクザがひょんなことから、私立高校を経営することになって…そこでヤクザと高校生・教師とのドタバタが始まるわけですが…これがまた実に愉快なんです。例えば、若頭が「近頃の高校生は礼儀も知らねえのか!」とボヤく姿とか、ツッパリ女子高生にタジタジとなる姿とか、痛快です。

第二作は「任侠病院」で、今度はヤクザが病院を経営し、第三作では出版社を経営するハメとなる。別のヤクザの弟分が出版社を脅しに来ると、その応対に兄弟盃を交わした兄貴が出て来る。弟分が「ど、どうして兄貴がここに!?」とぶったまげると、兄貴分の若頭が「おう!ウチの出版社をよくも脅してくれたな!」と凄む。笑えます(-^〇^-)。


任侠病院任侠病院
(2011/10/20)
今野 敏

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト

2015.04.21 | | コメント(24) | トラックバック(0) | 戯けたライフ



コメント

女刑事は難しいのか?

 片割月さま、こんにちは。
 今野敏さん、今年に入って、「隠蔽捜査」のシリーズをいくつか読んで見ました。クールな文体ですが、どこかに可笑しみもあり、大人の読みものと言う感じですね。ドラマのイメージがいい感じで付いてきて逆に読み易かったです。
 小杉健治さん、いつの間にか、時代小説家になっていたんですね。昔は弁護士もののミステリを書いていました。ミステリというカテゴリーがかなり変貌してきて、小説を発表するのが難しくなって来た、という感じがしますから。
 多部未華子さん、以前、「ジウ」に出て居た時、少し違和感がありました。嫌いな女優さんではないですよ。「夜のピクニック」(映画)などはとても良かったし。シリアスな刑事もので女刑事を演じるというのは難しいかもしれません。こうしたおバカ系のドラマの方が演じやすいかも。HDDには録画してあるので、時間があったら見てみます。

 一月から三月までのドラマで一番、輝いていたのは杏さん。一番しょうもない演技をしたのも杏さん。
 前者は「デート」。普段は月9も恋愛ドラマも見ないけど、これは、普通の恋愛ものではないのです。見てない人にドラマの内容を喋り倒す訳にはいきませんが、これは必見だと思います。
 物語はありきたりでも、設定が変。そこに到達する過程が凄い。疾走感と機関銃のように飛び交う長台詞。そこで、理系で少しファザコンで死んだ母の霊と共存したおかしな娘の役が杏さん。
 後者は「クロハ」。女刑事が集団自殺事件の謎を解くというもの。女刑事を演じると、どうしても肩に力が入るのか、物語のつまらなさか、判りませんが、とにかくダメダメでした。(あくまでも私の私見です)
 多分、多部さんの場合と同じ。役にのめり込めればいい味が出せて、少し肩に力を入れて「役を演じたい」と思うと駄目なのかもしれないですね。「クロハ」を見ていて、五年位前の「ジウ」を思い出したので、関係ない事ですがコメントしてしまいました。
 このクールは他は見るべきドラマはない感じです。
 また、何か、面白い情報があったら教えて下さいませ。

2015/04/21 (火) 09:38:16 | URL | shige #X91rLkcY [ 編集 ]

Re: 女刑事は難しいのか?

shige様、こんにちは。

(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-、隠蔽調査、読まれましたか^^

この手の小説を2度も繰り返し読むことは稀なのですが、
私は2度繰り返し読みました。
初めは「どうなんだろう?」との思いもあり、サラサラと読んでいましたので、
もう一度読み返すと、一度目には「読み逃した」「記憶に残らなかった」箇所に出会い、
それもまた、面白かったです。

うわあ、小杉健治氏はそれほどメジャー?な小説家とは思っていませんでしたが、
結構、色々書いていたんですね。それにしても、shige様は詳しいですね。

多部未華子さんについては、私は特別どうこうと感想も無かった女優さんですが、
脚本や役柄と上手く合致すると、これまで見えなかった魅力を感じる場合がありますね。

それはちょうど、「jin-仁」を見て、それまであまり好感の持てなかった武田鉄矢さんに、
「おや、なかなか良い演技だ」と思ったのと似た思いです。

楽しみにしていた「ゴーストライター」は、脚本がイマイチだったのか、期待外れだったわ^^;
いくら女優が素敵でもネ。。。

「花燃ゆ」の井上真央さんも然りです。主役なのに存在感が乏しいわ。
真央さんの演技力に問題があるというよりも、脚本や演出の問題でしょうね。

私、以前は杏さんと栗山千明さんの見分けが出来ないくらい無知でしたが、
杏さんは背が高い方でしたね(^。^;)

TSUTAYAにあるのでしたら、「デート」を見てみますネ。

それにしても、shige様はこういう方面も実に詳しいですね。とても敵わないざんす(#^.^#)

2015/04/21 (火) 11:44:51 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

女性刑事

女性刑事なら当方からは 多部未華子 主演の「ドS刑事」をお勧めしたい(*^^*)

2015/04/21 (火) 13:11:58 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

同じ

追伸

これは、月女様と同じセレクションであった(#^_^#)

2015/04/21 (火) 13:23:06 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

天使と悪魔

次にお奨めする女性刑事は、剛力彩芽さん主演の「天使と悪魔」である(^^)

2015/04/22 (水) 00:30:13 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

ロクヨン

土曜日ドラマNHKの「64ロクヨン」に1票。原作、横山秀夫さんの推理小説でピエール瀧さん主演。戦後唯一の誘拐未解決事件をモデルにしたらしいわ。来年は佐藤浩市さんで映画化されるらしいので、絶対に劇場に行かなきゃ

その他は、近々放送される「天皇の料理番」に期待しています⤴︎

2015/04/22 (水) 02:03:43 | URL | ikumi #- [ 編集 ]

ジャニーズ枠ドラマ?

片割月さまこんにちは。
私、基本的にはジャニーズ枠ドラマは見ないのですが、今期はついうっかり見てしまいました。多部未華子さんもそんなに好きな女優さんじゃないし、大倉くんの顔は好きだけど顔だけだし…
でも思いの外面白かった!
若い頃と違って連ドラ見るエネルギーがないんですよね~今は2時間ドラマ一話完結を見て、当たりハズレって感想持つ程度です。
それにしても最近っていうか近年ずーっと刑事モノ医療モノ多いですね。今更恋愛モノは疲れて見られませんけど。
任侠学園、まだ読んでないです。読んでみます

2015/04/22 (水) 09:04:16 | URL | ゆきりんこ #- [ 編集 ]

イニシエーションラブ

片割月様、こんばんは(^o^)/

乾くるみ原作の『イニシエーションラブ』が来月、松田翔太前田敦子で映画公開されるそうです!

知らなかったので、とにかくびっくりしましたわ。

キャッチコピーも小説と同じなんですが(ラスト五分であなたは騙される)、結末はどうも原作とは違うらしいのです。
観たいような観たくないような(⌒~⌒)

2015/04/22 (水) 23:24:27 | URL | はぴらき #- [ 編集 ]

Re: 天使と悪魔

> 次にお奨めする女性刑事は、剛力彩芽さん主演の「天使と悪魔」である(^^)

ファントム様、情報ありがとうございます。

平日の夜だと見れる保証はありませんが、メモしておきます^^

2015/04/23 (木) 00:14:20 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ロクヨン

ikumi様、こんばんは。

横山秀夫の推理小説「64ロクヨン」を読みましたよ^^

前半は良かったのですが、後半がややくどくて弛れたような印象です。ドラマは別ですが。

「クライマーズ・ハイ」の方が例のジャンボ機墜落事故を扱っている分だけ読みやすかったかな。
堤真一さん主演の映画も良かったですね。

土曜日であれば見る機会があるかもしれませんね。

2015/04/23 (木) 00:22:18 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ジャニーズ枠ドラマ?

ゆきりんこ様、こんばんは。

おお、ご覧になったのですね!

そうです。私も思いの外面白かったです^^

>刑事モノ医療モノ多いですね。今更恋愛モノは疲れて見られません

同感です。

その点、私は、時代ものドラマは、その内容が事件ものであれ、恋愛であれ、疲れずに見られる方です。

連続ドラマは私も毎回しっかり見る方ではありません。
仕事で見れない場合もあれば、ウッカリ録画を忘れていたりと。

2015/04/23 (木) 00:36:26 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: イニシエーションラブ

はぴらき様、こんばんは^^

>乾くるみ原作の『イニシエーションラブ』が来月、松田翔太前田敦子で映画公開されるそうです!

へえ~~~!!ビックリ。

小説を読んでオチを知ってしまった人は見る気になれるかな?

>結末はどうも原作とは違うらしいのです。

あ、そうでもしないと、小説を読んだ人が見に来ない可能性があるからでしょう?

まあ、結末を知っていても、そこに至るまでのプロセスを上手く脚本化し、上手く演出が出来れば、
面白い映画になるかもしれませんが。

う~ん。主演の俳優・女優を見る限りでは、それほど食指は動かないかな(^。^;)

2015/04/23 (木) 01:19:16 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

吉田羊さん

 片割月さま。
 録画してた「ドS刑事」見ました。不思議なテイストのドラマですね、
 いろんな刑事もののエッセンスが混ざっている感じがします。
 「時効警察」とか「携帯刑事シリーズ」のイメージもあり。ヒロインの名前や衣装は黒井ミサ(「エコエコアザラク」)っぽい。
 まだ、序盤なので、もっと先を見てみたいと思います。多部さんと大倉クンのコンビよりも、吉田羊さんの方が印象に残りました。髪型が同じなのは、わざとなのか。細部に拘っていますね。
 多部さん、かなり健闘して、雰囲気を出す事に成功していると思います。今後の展開次第でまた、変わってくるかもしれませんね。

 NHKドラマで「64(ロクヨン)」をやっているのは知りませんでした。
 ikumiさま、情報をありがとうございます。
 旦那が録画していたので、これも見てみようと思います。
(録画する事が趣味みたいになってて困っていますが、こういう時には助かります)

 原作は中身が濃い、というか、詰め込んだ(ワンクール刑事ドラマが一冊で放映できそう)感じですよね。横山さんは本当に真摯な小説を書かれます。どこかに「軽み」「可笑しみ」を求めてしまう私には、少し重いと感じる事があります。

 「デート」は放送が終わったばかりなので、レンタルに出るのは夏
位だと思います。
 もし、気が向かれたら、ご覧になって下さいませ。
 長々と申し訳ありません。

2015/04/23 (木) 09:26:48 | URL | shige #gZ9nukOE [ 編集 ]

天使と悪魔

片割月さまこんばんは。
まさに今放送していますよ。
平日の夜はお忙しいのでしたね。
私は先週も見ました。でも剛力彩芽さんがどうしても気になり集中して見れませんでした。今日こそじっくり見てみよう!

2015/04/24 (金) 23:29:28 | URL | ゆきりんこ #- [ 編集 ]

Re: 吉田羊さん

shige様、こんばんは。

>「時効警察」とか「携帯刑事シリーズ」のイメージもあり。ヒロインの名前や衣装は黒井ミサ(「エコエコアザラク」)っぽい。

なるほど。それはたぶん、原作の小説がそんなものだからでしょうね^^

>吉田羊さんの方が印象に

おっしゃる通りです。存在感がありますよね。ひょっとすると主役を食うのではないかとさえ^^;
性格俳優的なタイプに思いました。鼻の穴が立派で(^O^)。

>「デート」は放送が終わったばかりなので、レンタルに出るのは夏
位だと思います。

あ、どうりて。TSUTAYAに行ったらありませんでしたので。

2015/04/26 (日) 01:52:48 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

デート

こんにちは^_^

遅ればせながら・・・
【デート】私も観ました。途中からですが、すっかりはまりました。

杏さんが、こんなに素敵な女優さんとは思いませんでした。あの、膨大な台詞をよく覚えたものだと思います。

見出したきっかけは、八重の桜の役者さんが出演していたことです。これは意図的な配役かと思いました。

話そのものもすごく面白かったです。でも、それよりも、現実であれば社会から外れかけた人々への優しい視線に心が暖かくなりました。

2015/04/26 (日) 13:20:34 | URL | spring #p6qiOGIk [ 編集 ]

デートにハマり過ぎた私

  片割月さま、こんにちは。
  かおりさま宛ての物にまで、ご返信頂きありがとうございます。とてもうれしかったのですが、片割月さまがやはり、少しお疲れではないか? と少し心配しております。気分転換などして、のんびりされるといいかと思っております。
  
 springさま。
 「デート」ご覧になったのですね! お仲間がいて、うれしいです。私も、杏さんの魅力にはまってしまいました。長谷川博己さんにも。特に長谷川さんは二枚目のイメージが完全に崩されて、もうダメです。(笑) 今後、どんな素敵な役を演じようと、笑ってしまいそう。でも、彼の魅力をこのドラマで初めて知った気もします。

 「平清盛」で共演した杏さん、和久井映見さん。和久井さんは と風吹ジュンさんと「ピュア」では親子役だったのに、もう母親を演じる年代なんですね~。
 この作品は脇もいいですね。特に国仲涼子さんや和久井映見さんがこの作品の重要なキーパーソンで役どころも演技もとても好きでした。
 古沢良太さんは相棒でも書かれていて、とても、好きな脚本家さんです。いろんな映画のうんちくも楽しめます。日付の問題とか、伏線の小道具など、色々話題になっている様でした。寧ろ、恋愛ドラマなんて…、と思っている人にこそ、受けるのかもしれません。
 ただ、楽しいだけではなく、心の中が綺麗になる様な、そういう感銘を受けたドラマでもありました。

2015/04/26 (日) 14:24:12 | URL | shige #X91rLkcY [ 編集 ]

sige様、こんにちは^_^
デートはまりますよね。視聴率がそれほどでもなかったのが、不思議でたまりません。

和久井さんと杏さんは、そういえば、平清盛に出ていましたね。

長谷川さんは、八重の桜では松重さんのできのいいおムコ様だったので、ギャップが凄すぎました。あんなに情けない役を、あんなに素敵に演じられるなんて、役者さんってすごい。

小杉健二さん、昔好きでした。医療を暑かった裁判もので胸が痛んだ記憶があります。今は時代劇なのですね。

遅ればせながら、天武天皇につきてのコメント興味深く拝見しました。ずいぶんたってから読んだので、参戦?できなかったのが残念です。

私の歴史への関心の原点の一つは大化の改新です。すっかり遠ざかってしまいましたが、またきかいがあったら調べてみたいと思いました。

片割月様

僭越ですが、私も、片割月様少しお疲れかなと思いました。ご自愛くださいね。

朝田選手の復帰を夢想して、美しい音楽や、映像を楽しみたいですね。

長々とすみません。



2015/04/26 (日) 15:20:25 | URL | spring #MEfgigjE [ 編集 ]

すみません

shige様
すみません💦

名前を間違えるなんて、失礼しました。他にも打ち間違いが😔
申し訳ありません。

最近仕事のミスが多く、落ち込んでいましたが、楽しみのはずのここでもまた💦

年には勝てません。と言い訳をします。

2015/04/26 (日) 16:34:44 | URL | spring #- [ 編集 ]

お気遣いありがとうございます!

 springさま、ご返信ありがとうございます!
 名前など、全然気にされる事はありません。逆に気を遣わせてしまった様で、恐縮しております。キータッチミスは、私も数知れず・・・、私こそ、謝り倒さないといけません(笑)

 過去のレスにも目を通して下さって、ありがとうございます。何か、補足する事などありましたら、また、ご教授下さいませ。springさまとまた、そういうお話が出来たらいいですね。(^○^)

 松重さんと長谷川さんは「八重の桜」でもそういう関係でしたか!
 通りで、息が合っている様な気がした筈です。杏さんと松重さんも本当の親子の様な阿吽の呼吸がありましたね。

 springさま、お仕事が大変と仰っていましたが、無理なさいません様に。ありがとうございました。

2015/04/26 (日) 20:32:56 | URL | shige #X91rLkcY [ 編集 ]

shige様、spring様、はぴらき様へ


shige様、spring様へ
見逃してた「デート」お薦めの様ですので、早速YouTubeで拝見させて頂きました。只の恋愛モノだと思って避けていたのですが、これハマります。テンポが良く笑いのツボにスコーンとストライク。疲れた身体にはピッタリですね。身体に溜まった毒素がドンドン排出される感じです。片割月様も態々ツタヤに行かずYouTubeでご覧下さいませ〜

はぴらき様へ
「イニシエーション・ラブ」映画化?貴重な情報有難うございます。どうやって映像化するのだろう?調べてみると鈴木君(松田翔太)の方が二股かける設定の様だけど逆転劇が必ずある筈。じゃなきゃ面白くも何もないわ。

私が監督ならば、もう一人の鈴木君(別俳優)を登場させて群青劇風に仕立て、繭子の登場シーンは後ろ姿かメールのみ(観客には主な登場人物4人と思わせる)映画の途中で、それなりの伏線は仕込んで置きラストは全てが暴露される。 この方が原作に忠実でしょ。えっ、3流作品になる?確かに(ー ー;)

2015/04/26 (日) 20:55:07 | URL | ikumi #- [ 編集 ]

映画予想

ikumiさま、はじめまして、こんばんは(^o^)/

映画の予告をYouTubeで見ちゃったんですよ、好奇心が勝ってしまって。
そしたら繭子演じる前田敦子の「たっくん」呼びが、ひたすら甘ったるくて耳に残りましたわ…
ある意味小説の雰囲気は出ているかもしれません。

しかし、松田さん演じる「鈴木くん」は自分も二股かけられていることを知らないだけのサプライズなんじゃないか、と映画が用意しているはずのオチを見くびっている自分もいます。

松田さん演じる「鈴木くん」が三角関係になるのは、キャストを見ても間違いなさそうなので、その時点で小説とは違いますからね。


小説が140万部超えたそうで、案外映画もスマッシュヒットとなるかもしれませんね(^w^)

2015/04/26 (日) 22:02:18 | URL | はぴらき #- [ 編集 ]

ikumi様、こんばんは。

YouTubeでも見れるんですね^_^

前半見ていないので、遊園地デートのあたりを今度探して見てみます。

毒だしできそうなくらいに笑えるのがいいですよね。

ありがとうございます。

2015/04/26 (日) 23:12:16 | URL | spring #zVdvRdLw [ 編集 ]

shige様、spring様

>僭越ですが、私も、片割月様少しお疲れかなと思いました。ご自愛くださいね。

う~む。それかあらぬか、連休中から体調を崩したでありんすよ(><)。



2015/05/14 (木) 01:11:20 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR