安倍自民党政権の危険性が露呈しています





「マスコミ懲らしめるには…」文化芸術懇話会の主な意見:朝日新聞デジタル 6月26日(金)

(引用開始)…25日に開かれた自民党文化芸術懇話会で出た主な意見は次の通り。

●大西英男衆院議員(東京16区、当選2回)

 「マスコミを懲らしめるには、広告料収入がなくなるのが一番。政治家には言えないことで、安倍晋三首相も言えないことだが、不買運動じゃないが、日本を過つ企業に広告料を支払うなんてとんでもないと、経団連などに働きかけしてほしい」

●井上貴博衆院議員(福岡1区、当選2回)

 「福岡の青年会議所理事長の時、マスコミをたたいたことがある。日本全体でやらなきゃいけないことだが、スポンサーにならないことが一番(マスコミは)こたえることが分かった」

●長尾敬衆院議員(比例近畿ブロック、当選2回)

 「沖縄の特殊なメディア構造をつくったのは戦後保守の堕落だ。先生なら沖縄のゆがんだ世論を正しい方向に持っていくために、どのようなアクションを起こすか。左翼勢力に完全に乗っ取られている」

●百田尚樹氏

 「本当に沖縄の二つの新聞社は絶対つぶさなあかん。沖縄県人がどう目を覚ますか。あってはいけないことだが、沖縄のどっかの島でも中国にとられてしまえば目を覚ますはずだ」

 「もともと普天間基地は田んぼの中にあった。周りに何もない。基地の周りが商売になるということで、みんな住みだし、今や街の真ん中に基地がある。騒音がうるさいのは分かるが、そこを選んで住んだのは誰やと言いたくなる。基地の地主たちは大金持ちなんですよ。彼らはもし基地が出て行ったりしたら、えらいことになる。出て行きましょうかと言うと『出て行くな、置いとけ』。何がしたいのか」

 「沖縄の米兵が犯したレイプ犯罪よりも、沖縄県全体で沖縄人自身が起こしたレイプ犯罪の方が、はるかに率が高い」

 「政治家というのは、理念、信念、大事ですが、言葉が大事だ。戦争と愛については何をしても許されるという言葉があるが、政治家もある程度『負』の部分はネグったらいい。いかに心に届くか。その目的のためには多少……もちろんウソはダメですが」
…(引用終わり)


安倍政権と安倍首相の危険性について、私は何度か記事にして訴えて来ました。

最近では、圧倒的多数の憲法学者から違憲と批判さている「安保関連法案」」という名の「戦争法案」をごり押しして可決させようとしています。しかも、国民の80%くらいは「戦争法案」」について、政府は「説明不足」としているにもかかわらず。

そして、昨日発覚した安部チルドレンによる言論弾圧と受け取れる言動です。

百田氏の言動も酷いですが、それより遥かに問題なのは、百田氏のような下劣な人物を「講師」として招く安倍自民党の体質なのです。そして、権力側に立つ政治家の言動こそが大問題なのです。

☆参考記事とツイッター
百田氏のブーメラン他
記事はここです
ツイッターサイトはここです

安倍チルドレンや安倍首相の「お友だち」である百田氏の言動は、実は、安倍首相の本音と本質を分かりやすく私達に示しているのです。首相だから迂闊な発言を抑えていますけどね。

そして、共産党の志位委員長のインタビュー記事で志位氏が語る安倍政権への危惧は、私の意見とほぼ重なります。
サイトはここです

世論の動きを見ても、安倍政権と安倍首相の危険性について感じ始めた国民が増えつつあるようです。

百田氏の沖縄県民に対する言説にはあきれ返ります。

愛国心だの反日だの自虐史観はバツだのと語る人間が、同じ日本人である沖縄県民を叩き、在日米軍を「擁護」します。

いったい、反日で自虐的なのは、どちらの方なのでしょうか?

私は本質が右翼なので、百田氏のような言動を同じ日本人として恥ずかしく思い、怒りを覚えます。





関連記事
スポンサーサイト

2015.06.28 | | コメント(8) | トラックバック(0) | 歴史・文化



コメント

開き直り

こんばんは。
覚えてらっしゃらないかもしれませんが、以前にもコメントしたことのあるshugetuです。パトリックファンの仲間入りをしたご報告など(パトリックと言い慣れず、ちょっと照れます≧∇≦)したように思います。

さて、百田氏、開き直ってしまいましたね。今回は、沖縄の2新聞社が冗談でなく潰れればいい、といったような発言だった思いますが、これを聞いたときは思わず「ほんとにろくでもないヤツだ」とお上品な言葉を口にしてしまいました。

それはさておき、この問題が最初に毎日新聞1面で報道されたのを受け、キャスターの辛坊氏が、関西ローカルの朝の情報番組で次のようなことを言っていました。
「発言の内容はともかく、内輪の会合での発言を報道機関が批判するのは、言論の自由を自ら危険にさらし、自分のくびを絞めることになりはしないか」
正確ではありませんが、こんな内容でした。

辛坊氏の思想信条については置いておいて、私は公式でない、内輪での話といえど、政治家の発言(百田氏はこの際、無視です)は批判の対象となりうるように感じましたが、考え方としては確かにそういう視点もあるなと、少し考え込んでしまいました。

片割月さまがどのようにお考えになるか、もしお聞きできればと、お邪魔してみました。

フィギュアも来季は楽しみが増えて、ワクワクですね。私もJOは行くかもしれません。片割月さんと同じ会場で応援しれいるかもと思うと、もっと楽しくなりそうです♪

2015/06/29 (月) 01:37:55 | URL | shugetu #- [ 編集 ]

すいません

再びshugetuです。
私、辛坊氏の発言について、誤解しておりました。今朝も同じ朝の番組(関西ローカル、読売テレビのすまたんという番組です)で同様の発言を繰り返していたのですが、彼が問題にしていたのは、百田氏のような民間の人間の発言を主な批判の対象にした毎日新聞の論点についてであって、国会議員に対しては「もちろん、あってははならないこと」という見解でした。

それならば、まあ納得…。ということで勝手にお悩み自己完結です^_^;が、またご意見あれば聞かせて下さいね。朝早くで寝ぼけたまま見ていたのに、ちゃんと確認せずいい加減なことを書いてしまいました。お許し下さいね。

2015/06/29 (月) 06:43:37 | URL | shugetu #- [ 編集 ]

Re: No title

〇〇様、こちらこそ初めまして^^

ご紹介のブログから「百田発言」の普天間基地周辺土地事情に関する記事を読みました。

結論から申し上げますと、私はこのブロガーの見解には懐疑的です。

情報の信頼度は、私の考え方ですが、

1.専門家や地元の事情に精通した人間からの情報
2.それらを基にした新聞の記事
3.関連書籍
4.ネット上のブロガーの記事

の順となります。

さらに、そのブロガーは自身の見解を述べるにあたって、根拠となる資料やソースをほとんど示していません。

従いまして、私としては、話半分くらいにしか受け止めることが出来ないのです。

なお、参考までに、私が沢山読んで来た関連書籍でも、概して、ウヨクっぽい人の書いた本は資料やソースの示し方が、
極めて少ないか、又は、都合のよい個所のみを「つまみ食い」する傾向があるようです。

悪質なものになりますと、資料を改ざんする例もあるくらいです。

2015/06/30 (火) 06:43:33 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: すいません

shugetu様、お久しぶりです^^

パトリックの4回転ジャンプに鼻血ブーッ、のshugetu様でしたね^^

辛坊氏の発言ですが、

百田氏は、私達と同様に、単純に「民間の人間」と言えるかどうかです。

私は言えないと思います。

1.現在、百田氏は社会的影響を持つ人です。
2.政権与党の自民党から正式に招かれた講師の立場での発言です。
3.百田氏は小説家という、新聞業界と同じく、言論の世界で飯を食っている人間です。

つまり、民間の人間であっても、公的立場に身を置いた中での発言です。

よって、毎日新聞が百田氏を批判するのは問題なし、というのが私の意見です。

しかも、百田氏は本気で「毎日、朝日、東京の3新聞はつぶれた方が良い」と発言しているのですから、
名指しされた毎日が反論・批判するのは当然であり、黙っている方が変だと思います。

以上ですが、如何?(^^)

2015/06/30 (火) 06:55:49 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ものを言いにくい雰囲気

こんにちは^_^

ある大学の准教授の話から。

大学では、この四月より教授会から人事権が奪われました。

政府から『要請』として降ろされてくるものは、大学の判断に任されるという形式を取りながらも、実質的な圧力となっています。

上に対して物申すことが自分の不利益、しいては雇用の継続への不安につながり、急速にものを言いにくい雰囲気が醸成されているそうです。

以上。

国会で、集団的自衛権について違憲と証言した三人の憲法学者、そして元内閣法制局長の勇気に賞賛の念を覚えます。それだけ危機感が強いのでしょう。

翻って、厳重注意の後で『懲らしめたい』との発言を繰り返したにも関わらず、処分が同じ厳重注意とは…>_<…。

報道機関に対して圧力を繰り返し加えても、その程度ですむのであれば、長期的に報道を自粛させる効果の方が高いように感じます。

表現の自由について百田氏を擁護する向きもあるようですが、飲み屋での冗談で済まされる話とは思いません。講演の後とはいえ、与党の政治家の講師の立場なのですから。いろいろな考え方があるとは思うのですが。

新しい記事の方にコメントしようかとも思いましたが、内容的にこちらにコメントさせていただきます。

深く考えさせられる記事をありがとうございます。
ぼんやり考えているうちに、新しい記事がアップされ、コメントしそびれることが度々ありますが、いつも楽しみにしています。



2015/07/04 (土) 11:07:27 | URL | spring #jtQ4vmRs [ 編集 ]

こんばんは

リコメ、ありがとうございます。

>パトリックの4回転ジャンプに鼻血ブーッ、のshugetu様でしたね^^
そうです、そのshugetuです(笑)


百田氏の立場についてどう考えるべきか、私も単純に一民間人とは言えないという思いはありました。こうして羅列していただくと、考えをまとめる助けになります。

言論、表現の自由というのは、とても難しい問題ですね。報道機関にはもちろん慎重で公平な扱いが求められますが、権力や影響力をもった人たちがそれをふりかざす時、やはり声を上げて阻止しなければならないのだと思います。

2015/07/04 (土) 23:47:05 | URL | shugetu #- [ 編集 ]

Re: ものを言いにくい雰囲気

spring様、こんばんは。

>上に対して物申すことが自分の不利益、しいては雇用の継続への不安につながり、急速にものを言いにくい雰囲気が醸成されているそうです。

なるほど。

企業でさえ、上に対してモノ申すことが不利益にならない時代になりつつあるというに、
自由を何より重んじる大学がこれではネ。。。なんか、感じ悪いですね。

歴代自民党内閣でも、安倍首相という人はメディアの反応を非常に気にするようで、何かとコントロールしたがるようですね。

百田氏や若手議員たちの一連の発言は、安倍首相の本音を代弁しているものと思いますし、

また、彼等は決して突出しているワケでもなく、これが今の自民党議員の間で「日常的」に語られているのでしょう。
それが、たまたま、こういう形で噴出しただけのことでしょう。

右翼系の首相が言論を封殺しようとする…戦前の空気に近づいていると指摘する人も少なくありませんね。

この先がとても心配です。

2015/07/06 (月) 01:51:00 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: こんばんは

shugetu様、こんばんは。

>権力や影響力をもった人たちがそれをふりかざす時、

おっしゃる通りです。

メディアが自由な批判的精神を失くし、

権力に阿り、追従し、萎縮するようになったら、戦前に逆戻りになるかもしれませんね。

2015/07/06 (月) 01:54:48 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR