名作でも無い映画に泣いてしまうのは歳のせいか?





映画「黄泉がえり」等、以前にも記事に書いたことがありますが、小説でも映画・ドラマでも、私はタイムスリップもの、タイムパラドックスもの、黄泉がえりもの、等が大好きです。作品の出来栄えがイマイチでも容易に感情移入してしまうくらい好きなんです。

51EyBpQfX3L.jpg

浅田次郎の小説は、あまり好きになれません。人を泣かせる劇的効果について特異な才能を持つ小説家と思いますが、私には少々それが胡散臭くて鼻につくのです。「地下鉄に乗って」「鉄道員(ぽっぽや)」も、上手い、と思いますが、それほど感動しませんでした。しかし、これが映画となりますと、どういうわけか泣いてしまいます。割と単純なんだな、私は(^^;)

黄泉がえり系の映画「椿山課長の七日間」も、どういうわけかボロボロ泣いてしまいました。「フン!泣かせます式のチープな演出にまんまと乗せられる私じゃないわよ!」と構えて見たのですが、アララ、たちまち泣いてしまいました。

この手の映画に「突っ込み」を入れても仕方ないでしょう。随所に「都合のよい展開」がありますが、これはファンタジックコメディなのですから、アレコレとケチをつけるのも野暮でしょう。

そもそも、どこを取っても完璧なまでに対照的な西田敏行さんと伊東美咲さんが重なるところが笑えます。デパートの販売部の椿山課長役、伊東美咲さんはセリフが棒読みで下手、との評判もありますが、私は気になりませんでした。彼女はシリアスなドラマよりコメディに合っているようです。伊東さんのように綺麗でスタイル抜群の女優がコメディを演じるだけで笑えます。

ヤクザの親分の「黄泉がえり」役、成宮寛貴さんも好演。私は成宮君は好きなタイプの俳優です^^。詳細は不明ですが、ノンフィクション「妻と飛んだ特攻兵」(角川文庫)がこの夏にドラマ化され、成宮君がその特攻兵役で出演するとかで、楽しみです。なお、「妻と飛んだ特攻兵」は、「永遠のゼロ」のような「特攻美化系」」ものとは違います。

椿山課長の奥さん役は渡辺典子さん。薬師丸ひろ子さんや原田知世さんと共にカドカワ映画で売り出したアイドルも、すっかり、中年のおばさんになっちゃって。。。この映画に出演していた時の年齢を調べたら、げッ!私と同じ年齢でした(涙)。


159259_01.jpg

映画「スープ・生まれ変わりの物語」は題名の通りのお話。パターンは「椿山課長」と似ています。大きく違うのは、「スープ」では「あの世」でのシーンが長いこと、後半は何やら「青春学園もの」っぽくなり、二段構えになっていること。

娘の結婚式に亡き父親が姿を変えて現れて。。。はベタな演出ですが、それでも泣いてしまう。

一番笑えたのは、松方弘樹さんが広瀬アリスさんに「生まれ変わる」こと(^^)。なんせ、中年オヤジが可愛い女子高生になっちゃうのですから、「西田敏行&伊東美咲」」よりも「有り得ネ~ッ!」です。

結論は…観た人が涙を流す量や回数と、映画の出来とは正比例しない、ということネ。少なくとも、私の場合は。

歳のせいかしら。根が単純だからか。疲れているからか。全部合わせれば100%正解でありんすな。


m93-2439-150617.jpg566027.jpg

主役の生瀬勝久さんは、テレビドラマ「隠蔽調査」で杉本哲太さんと共演していましたが、お二人とも「性格俳優系」としての個性がありますね。どちらかと言うと、杉本さんは不器用で、生瀬さんの方が器用で役柄も広そう。お二人とも好きな俳優です。


158560_02.jpg

これは面白かった!!泣かせ映画ではありませんが、何ともロマンティックで不思議な味わいがあります。マジカルミステリーツアーな物語。ウディ・アレン監督の傑作でしょうね。いわゆるタイプスリップものの典型ですが、実にオシャレです。

冒頭の音楽が鳴った瞬間、あッ!と驚きました。これは私の好きなカナダのアイスダンサー、ギレス&ポワリエが昨シーズンのFDに使用していた音楽だったからです!ジャズ的で、どこかラテン系なタッチもある渋い音楽ですね。
Midnight in Paris Intro Scene→動画はここです

パリに滞在して小説家を目指す主人公が夜中にアンチークな乗用車に誘われて、1920年代のシュールレアリズムのパリにタイプスリップします。そこの酒場にはヘミングウェイ(俳優がカッコいい!)がいたり、ピカソが登場します。さらに、ピカソの愛人、アドリアナと一緒に1890年代のベル・エポックの時代にタイムスリップします。そこの酒場にはロートレックが!

やはり、パリは魅力的な街みたい。芸術の都か。ジェット機に乗れるようになったら、絶対に行くわ。


563285.jpg

アドリアナ役のフランス女優、マリオン・コティヤールさんが魅力的です。コケティッシュで、小悪魔的で、気まぐれで、教養豊かな女性をを見事に演じています。映画「オーケストラ」でバイオリニスト役を演じていたフランスの女優も素敵でしたが、こちらも個性の際立ったお方です。私の好みですが、フランスやドイツには一目見ただけで、憧れてしまうような女優を発見する場合があります。この映画でも登場する脇役のパリジェンヌたちはどなたも魅力的な女優です。

なお、アドリアナという女性は実在の人物ではなく、ピカソの愛人やら何かをヒントに創造した架空の人物のようです。


☆おまけ
20130407_agerutv_171.jpg

伊東美咲さんの当り役はテレビドラマ「電車男」のエルメス役と知り、ちょっと見てみました。

どうせ、他愛も無いお話だろうと予想していましたが、やはり、凡庸な純愛ストーリーでした。しかし、私のようにブログを持ち、ネットを楽しむ人間にとっては、意外と臨場感があって、あほくさ!と思いつつもつい見てしまう。

ある事件をきっかけに、秋葉原系のおチビなオタク青年と、年上で高身長の美人令嬢が恋愛関係になるなんて、有り得ネ~ッ、と誰だって思うでしょう。これはネット特有のネタで事実ではないだろうと誰でも思うでしょう。

これは「101回目のプロポーズ」に似た、有り得ない男女の組み合わせと純愛根性物語のネット版とも言えようか。

電車内で酔っ払いに絡まれたのを助けてくれたからと言って、赤の他人の男性に若い女性がエルメスの皿を贈ったりしないし、ましてや、オタク丸出しの冴えないおチビ男には、たいていの女の子はドン引きするでしょう。恋愛感情が湧くなど有り得ない…こう考えるのが普通です。

ところが、人生は不可思議なこともありますから、あながちネタとも言い切れないかもしれない。リアルと妄想の狭間にあるのが、ネット空間でもあります。掲示板で電車男の書き込みを見ていたネット住人たちは、出来過ぎた話に、事実か創作か不審に思いつつも、面白がったり、皮肉ったり、まじめになったりして…やがて、これが一つのコミュニティになったのでしょう。

純愛ものといっても、私は「冬ソナ」だとか、「世界の中心で、愛をさけぶ」などは、アホくさッ、と思う方です。しかし、「電車男」のように徹底したアホくささまで来ると、案外と心に引っかかるものがありました。もしかすると、私の好みとしては、自分よりも背が低く、オタクっぽい男性であったとしても、ドン引きはしない方だからかも。要は、性格や趣味やものの考え方等でフィーリングが合えば恋愛感情が湧く可能性はありますから。

で、エルメス役の伊東美咲さんは、実に綺麗ですね。完敗です(^^;)←はじめから、勝負になるわけ無いだろ。

そんなに演技もセリフも下手とは思わないけどね。むしろ、相手のオタク男性役の方がイマイチかな。

こんな美人から「萌え~?」などとつぶやかれたら、大抵の男性はトロけてしまうでしょうね。

私は秋葉原にはもう、何年も行っていません。わざわざ行く用事も無いし、興味も無い。お隣の御徒町にはたまに立ち寄ることがあります。何故かって?御徒町にある喫茶店「ルノワール」のサンドイッチと珈琲が安くて美味しいからです。



関連記事
スポンサーサイト

2015.07.10 | | コメント(8) | トラックバック(0) | 戯けたライフ



コメント

相棒

 片割月さま、こんにちは。
 心が求める作品を好きだと言えるのは、いいと思いますね。
 時々、「私の愛読書」なんていうアンケートで「こんなもの、本当に好きなの???」と思うようなものを上げてる人もいますから。
 本当に、伊東美咲さんがお好きなんですね。(^^)
 
 今回、片割月さまがあげられた映画やドラマ、生瀬さんや成宮さん、また、「電車男」に出ていた六角精児さんは「相棒」のレギュラーでしたね。(生瀬さんはSeason3以降の出演はありませんが)成宮さんも降板してしまったのですが、このドラマで小劇場などで培った確かな演技力と変てこな個性に圧倒された人も多いのでは?
 私は、刑事ドラマが好きなので(ミステリドラマはどんな駄作でも喜んで見ています)すが、NHKで放映された「刑事の現場」という作品や「遺留捜査」では、見ながら泣くシーンがいくつもありました。
 特に「遺留捜査」は泣かされたです。被害者(亡くなった人)の思いを遺留物に託して、主人公の遺留係(上川隆也さん)がそれを伝えるという話ですが、Season1で退職した元刑事が残した揃いのおちょこのシーンでまじで号泣しちゃったですよ。
 それは多分、演技力なんでしょうか。どんなにベタな脚本でもいい演技すれば素敵な作品になる。そんな気がするんですね、
 

2015/07/10 (金) 07:42:49 | URL | shige #X91rLkcY [ 編集 ]

懐かしいです

片割月様、こんばんは。

「電車男」、当時楽しんで見ていました(^^)
今、you tubeで改めて見て来ましたが、
色んな人達から親身になってアドバイスをしてもらったり
一緒に喜びを分かちあったりしていて心温まりますね。
お互い顔は見えなくてもやり取りし合っている様子を見て、
私もこうして片割月様や皆様とかかわっているのだなあと胸いっぱいになります。

伊東美咲さんはエルメスはまり役で本当に綺麗だし、
礼儀正しく優しい女性ですね。
電車男役の人、変身後かなりかっこ良くなりましたね。
エルメスの事が好きでたまらない様子が微笑ましくて
期待に応えたくなっちゃいますね。
美人と言えば、「やまとなでしこ」の松嶋菜々子さん綺麗だったな~。
しかも、面白いキャラだったし。
堤真一さんが演じる欧介さんがカッコ良かった。

「冬ソナ」と「世界の中心で、愛をさけぶ」のどの辺が「アホくさッ」と思われるか知りたいです。
「冬ソナ」は見た事ないです。
「世界の中心で、愛をさけぶ」は、後半がちょっとリアリティに欠けるかな。
空港でのシーンは撮影しているというのが分かってしまう感じ。
エキストラが不自然(と言えば、白夜行の冒頭シーンも不自然)。



2015/07/11 (土) 00:04:18 | URL | Moeri0807 #- [ 編集 ]

ミッドナイト・イン・パリ

片割月様

映画評論家が「ラブレター トゥー パリス」と評した映画で、冒頭で絵葉書のようにフォトジェニックのパリの街角を紹介していますね。
ウッディー・アレンそのものの映画で、主役のオーウェン・ウイルソンもせりふ回しなどウッディー・アレンそっくり。

>やはり、パリは魅力的な街みたい。芸術の都か。ジェット機に乗れるようになったら、絶対に行くわ。

是非是非。 やっぱりパリは魅力的でロマンチックな街です。
前回行ったとき、シテ島に架かるポンヌフ(橋)から観た夕焼けに浮かぶエッフェル塔(映画では夜ですが)はいかにもロマンチックでした。

ルーブルのほかにもオルセー、オランジェリー、ピカソ美術館、マルモッタン(モネファンは必見)等々、印象派、後期印象派の絵画の宝庫です。

勇気を奮って是非敢行してください。
注 : 映画に出てくるブリストルホテルのスイートルーム、素敵ですが調べてみたら一泊10万円。庶民には高嶺の花です)



2015/07/13 (月) 12:59:20 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

スタバ

確かに秋葉原より御徒町が良い!
御徒町はスタバも大きい!

2015/07/17 (金) 12:41:57 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: 相棒

shige様、こんばんは。

伊東美咲さんは女優として批判される場合が多いみたいなので、同情しています。

外形的には私の理想とするものを持ち合わせていて、妬みを通り越して羨ましいですね。

うーむ。刑事ドラマが大好きなんですね^^

どうりて、テレビドラマに詳しいワケだ!

「遺留捜査」は良いドラマでしたか。。。ツタヤで借りてみるかな。

「デート」の方はまだ新作扱いなので、一週間借りられるようになったら見るわ。
 
私も「隠蔽調査」、「ドS刑事」、「ハンチョー」など、見ていると言えば見ているか^^;

2015/07/23 (木) 21:51:39 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 懐かしいです

Moeri0807様、こんばんは。

フムフム。Moeri0807様が「電車男」」を見ていたとはちょっと意外な感じですね^^

こういうドラマは、女性よりも主に男性が見るのかと思っていましたから。
(そう言いながら、私も今さらながら見ちゃいました(^^ゞ)

映画版「電車男」も見ましたが、中谷美紀さん(私はファンだけど)のエルメスは、ちょっと違うかなあと。
年齢的にも、容姿的にも、ちょっと立派過ぎるというか。。。

ネットの世界の方が、かえって、いろいろな人と自由に本音で語り合える、ということもありますね。それも魅力ですね。

堤真一さん…映画「クライマーズハイ」で主役を演じ、私も素敵だなあと思いました。

「世界の中心で、愛をさけぶ」は、Moeri0807様が挙げられた点もさることながら、

「けッ!勝手にしやがれ!」と言いたくなるような題名からして好きじゃないです。

純愛物語も度を超すと、いやらしく思うのです。

「冬ソナ」も同じです。しかも、「101回目のプロポーズ」のパクリみたいな展開にドッチラけました。

恋人と瓜二つの男性が現れてネ。ま、好みの問題ですけども^_^;

2015/07/23 (木) 22:07:52 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ミッドナイト・イン・パリ

kan kan様、こんばんは。

>前回行ったとき、シテ島に架かるポンヌフ(橋)から観た夕焼けに浮かぶエッフェル塔(映画では夜ですが)はいかにもロマンチックでした

ムゥ、、「前回行ったとき」とは、つまり、何回もパリに行ったのですか。おのれッ、羨ましい限りでありんすな~!

寺社ガールの私は教会に参りたいですね。

ロマネスクとかゴシックとか、ノートルダムやサント・シャペルとか、ステンドグラスの神秘さとかネ。

うむ。勇気も必要ですが、体調は勇気だけでは如何ともし難いので(-_-;)

2015/07/23 (木) 22:14:47 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: スタバ

> 確かに秋葉原より御徒町が良い!
> 御徒町はスタバも大きい!

ファントム様、よくご存じで!(@_@;)

2015/07/24 (金) 00:24:04 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR