スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



2015ジュニアグランプリシリーズで見事な演技をした女子選手たち





私は白岩優奈選手にとりわけ注目しています

ジュニアグランプリ第三戦で優勝した白岩優奈選手(13才)のフリースケーティング
動画はここです

リザルトや他選手の動画についてはセルフサービスでお願いします(^^)

●白岩選手はショートではルッツジャンプとフリップジャンプの跳び分けが出来ていて問題無かったのですが、フリーでは3回転フリップジャンプに「e」が付いてます。フリップにエッジの問題がちょっとあるのかもしれません。

しかしながら、白岩選手のジャンプのセンスは天才的かもしれません。軽やかに決めた3S-3Loといい、右足を前に曲げ左足を後に伸ばしながら腰を沈め、上半身を反らすムーブメンツ(良く見る技だけど、名称は何て言うのかしら?)から、ただちに決めた3Loといい、この子のジャンプのセンスが尋常では無いことを示しています。

今のところ、ジャンプに取り立てて高さがあるわけではないですが軸はしっかりしていますし、ランディングの流れも素晴らしいと思います。最近流行のタノなど入れずに基本に忠実に実施しているのも大変よろしい。

素人目ですが、13才にしてはスケーティングが素直で滑らか、ステップは足元と上半身のバランスの良さや腕の柔らかな使い方もなかなかのもの、と私は見ました。要するに、個性はまだ乏しくても、ジャンプもステップもスピンも、変な癖みたいなものが少ない選手なのかなあと。で、こういうスケーターの将来性は明るそうな予感がいたします。

第一戦で準優勝した三原舞選手も白岩選手のように素直でケレン味の無い演技で素晴らしかったのですが、16才という年齢を考えますともう一声何かが欲しくなります。


●白岩選手と一緒に第三戦に出場した本田真凛選手はショートプログラム(スプリングソナタ)ではノーミスの素晴らしい演技で60点越えを果たしました。本田選手の非凡な才能については誰もが認めているところです。が、

何故、ショートプログラムで3Lzを外したのでしょうか?

ルッツジャンプが不調だったからでしょうか?それとも、エッジの問題が解決していないから?あるいは、順位や勝負にこだわってノーミス演技という作戦に出たのでしょうか?

いずれにせよ、ルッツを外すというのは大いに疑問に思いました。彼女の年齢でルッツを苦手としていては将来は決して明るくありません。過去の実績を見ても3Lzを跳べない選手は世界女王にはなれません。例外は3Aを跳べる浅田選手だけです。

彼女の特長である表現力を磨くのは良いですが、3Lzの克服こそが本田選手の急務と私は思うのですが、どうでしょう?


●ロシアのスルツカヤ選手(名前は「ツルスカヤ」が正しい)…ロシア女子は次から次へと才能豊かなスケーターが現れて応対の暇が無いくらいです^^;。スルツカヤ選手(また間違えている。正しくはツルスカヤ)はあのポリーナ・シェルペンさん(引退したとか)やパゴリラヤ選手のように大柄で手足の長いスケーターですね。ただし、今のところ、リプニツカヤ選手やラジオノワ選手程の個性を感じません。あるいは、ロシア娘の演技をさんざん見て来た為か、私の「口が肥えて」しまったのでしょうか。まだ13才か14才ですか?末恐ろしいスケーターには違いありません。


●ロシアやアメリカ・カナダの女子スケーターと日本の女子スケーターを見比べると、日本の女子選手はパワーが無いですね。これは民族的・人種的体型・体格の差異なのでしょうか?それとも、日本の女性の特徴なのでしょうか?女子バレーボールを見ていても、日本女子のパワーの無さは昔から突出しています。(それでもロンドン五輪で銅メダルが取れたのが凄いけど)パワーにしても身長にしても、同じアジアの中国はおろか、韓国にも負けているとは、いったい、どうしてこうなるのかしら?

で、フィギュアスケートですが、同じような演技構成で演じても、日本女子はパワーが不足する分だけ、ジャンプに高さが無かったり、スピンの回転速度が遅かったり、ステップシークエンスでの迫力不足に繋がり、GOE評価やPCS評価で少しずつ差をつけられる結果になっているように思えるのです。

そえゆえ、同じことをやっていれば日本女子はロシア女子のスケーターには敵わないのかなあと、少し悲観的になります。


●第一戦に出場した選手でアメリカ女子のエミリー・チャンのレイバックスピンは素晴らしかった。スピンの最初から最後まで片腕を上げながら回転し、しかもグレイシー・ゴールド選手のスピンのように軸がまったくブレない。これぞフィギュアスケートの美を象徴するかのような綺麗なレイバックスピンでした。ショートプログラムでほぼ満点のGOEが出たのも納得出来ます。ただし、彼女はスピンとステップは非常に素晴らしいのに、ジャンプが苦手なタイプなようです。もったいないですね。


●アメリカのビビアン・リー選手の3Lz-3Tは凄かったですね!高いのなんのって!カレン・チェン選手よりも高い。3Lzの高さは伊藤みどりさん級でしょうか。テレビ解説の佐野氏がぶったまげていましたね。ご丁寧にも、最初の3Lzでは両手を上げるタノまで入れてます。パワーと脚力が無いとあんなに高いジャンプは跳べないでしょうね。


そこで、日本女子には珍しくパワーのある樋口新葉選手が第四戦にいよいよ登場しますね。スルツカヤ選手(違う、ツルスカヤだってば!)との一騎打ち?の勝負になりそうです。楽しみです。樋口選手は怪我の影響が少し気がかりですが。

衛星放送のBS朝日でジュニアグランプリを録画であっても放映してくれているのは嬉しいですね。やはり、大きくて鮮明な画面で見ないとフィギュアスケートの醍醐味を満喫することは出来ません。もちろん、会場で生観戦するのが一番ですが。

女子だけではなく、男子やアイスダンスも観なくてはいけないのですが、なかなか時間が取れず



関連記事
スポンサーサイト

2015.09.08 | | コメント(5) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・大会



コメント

ランジ

>右足を前に曲げ左足を後に伸ばしながら腰を沈め、上半身を反らすムーブメンツ(良く見る技だけど、名称は何て言うのかしら?)

動画 3:07 右フォア・インサイド・ランジ

つまり「ランジ」→「チェンジエッジ」→「スリーターン」からの3Loです(^^)

2015/09/16 (水) 20:05:45 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

真凛ちゃん

初めまして、あちこちのブログを飛びながらこちらにたどり着きました。
ちょっと気になってるのが真凛ちゃんのルッツジャンプのことなのですが、フルブレードの為に飛びにくくなってるのかもしれないですねー
しかしフリーではGOEが1.00ついてるのでまずまずではないでしょうか・・
今後も真凛ちゃんのルッツは注目したいですね・・

2015/09/21 (月) 21:05:24 | URL | ちーちゃ #LkZag.iM [ 編集 ]

決まった(*^^*)

真央ちゃん3A成功(^_^)/
141.70(^_^)v
現地レポート(*^^*)

2015/10/03 (土) 15:56:43 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: ランジ

ファントム様、こんばんは^^

ありがとうございます。

そうですか。ランジという名称だったんですね^^

2015/10/25 (日) 23:46:08 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 真凛ちゃん

ちーちゃ様、初めまして^^

そうですね。

真凛選手、その後、しっかりと3ルッツを決めているようですので、私の杞憂に終わったようです。めでたしめでたし^^

ところで、フルブレードって、何のことでしょうか?

3ルッツを踏み切る時の右足が、トゥを使わず、ブレード全体を使っているということでしょうか?

果たして、それで3ルッツが跳べるのかしら?

この辺りの技術的なことは、私にはちょっと良く分かりません^^;

2015/10/26 (月) 00:17:33 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。