スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



飼い犬の命が人命並みに扱われる時代をどう思うか





「エア・カナダ機、犬を救うため緊急着陸 貨物室に不具合」:CNN.co.jp 9月17日(木)


引用開始…(CNN) イスラエルからカナダに向かっていたエア・カナダの旅客機が、貨物室に預けられていた犬を救うために行き先を変更して、ドイツに緊急着陸する出来事があった。

エア・カナダ85便はイスラエルのテルアビブからカナダのトロントに向かう途中、貨物室の暖房装置に問題が発生。貨物室には、乗客のジャーマン・コントロビッチさんが預けた7歳のオスのフレンチブルドッグ犬「シンバ」がいた。

エア・カナダの広報によると、暖房装置の問題を知った機長は犬の安全を気遣い、「この高度では極めて不快度が高く、そのまま飛行を続ければ生命が脅かされる恐れもある」と判断したという。

機長の判断で同機は行き先を変更してドイツ・フランクフルトの空港に着陸。シンバは別の便に乗り換え、85便には約75分の遅れが出た。

広報は、「乗客にはご迷惑をおかけした」としながらも、「犬が危険にさらされる恐れがあり、行き先の変更によって安全が確保されたと知ると、おおむね好意的な反応だった」と話している。

飼い主のコントロビッチさんはトロントの空港で地元メディアの取材に応えて「この犬は自分の子どもみたいなもの」と語り、機長に感謝の意を表した。別の乗客も「間違いなく正しい判断だった」とコメントしている。

航空専門家は、ドイツを経由したことで燃料費はかさんだはずだとしながらも、「機長には機内の全生命を守る責任がある」と指摘した…(引用終わり)。



へそ曲がり月姫の意見。

正直、上の記事を読んだ時の最初の感想は、「ここまでやりますか!?」でした。

>「機長には機内の全生命を守る責任がある」

カッコいいね。本当にこのような発言をしたのかしら? 一応、本当だとしておこう。

で、私は、機長に尋ねたくなる。

もしも、犬ではなく、ヘビだったら?トカゲは?

ヘビやトカゲの命を守る為にも、緊急着陸しますか?

機長は「むろん、そうだ。犬とトカゲの命に差別は無い」と答えるのでしょうか?

一般の人達は、「犬や猫なら分かるが、いくらなんでもヘビやトカゲまではやり過ぎ」くらいの感覚ではありませんか?しかし、カナダ機長は、「機内の全生命を守る責任」と断言しているのです。

で、私は、機長の判断を称賛している人に尋ねたくなる。

飛行機の遅れで、会社の命運を左右する大型契約がフイになった経営者が出ても、親の死に目に間に合わなくなった人がいたとしても、それでも、犬の命を守った機長を称賛しますか?たとえ、ヘビやトカゲであっても?

「さすがはカナダ。動物愛護。これぞ、先進国の証し」と称賛しますか?

これと関連して思い出すのは、鬼怒川の決壊で被災した人達の中に、手元に抱えた飼い犬と一緒にヘリコプターで救助された例があったことです。もちろん、飼い主にとっては飼い犬は家族と同じだから、犬が助けられた方が良いに決まっています。

しかし、これが手元に抱えられない大型犬だったら?

救助隊の人は、大型犬を家の中から探し出し、救助するのでしょうか?他に救助を待っている被災者がいても?家は激しい濁流で押し流される寸前という、待った無しの状況の中です。もしも、救助隊員が飼い主に、「犬は諦めなさい」と言ったら、世間からのバッシングを受けることになるのでしょうか?

そして、これが大型犬ではなく、ヘビだったら?

私はこう思います。

カナダ機の例にせよ、鬼怒川決壊の例にせよ、救われたのが「飼い犬」ということがポイントなのではないかと。

つまり、イルカの例ではないが、知能が高く人間に懐く犬だからこそ、人は無条件で「犬の命を助けるのは当然」と思うのではないかと。もしも、これが知能が低く、見た目にもグロテスクなヘビやトカゲだったら、人は違った反応を示すのではないかと。あるいは、哺乳類優先の価値観でしょうか?爬虫類や両生類は哺乳類よりも、「下等な動物」だから、命の価値も落ちるのでしょうか?

一匹の飼い犬の命を救うことは、大型契約をフイにする経営者や、親の死に目に会えない子供の「被害」とトレードオフになるのでしょうか?「何て私は不運なんだ!しかし、犬の命を助ける為なら仕方ない」と容認するのでしょうか?もしも、ヘビやトカゲの命を助ける為だったらどうなのでしょうか?容認でしょうか?むしろ、「ふざけんじゃねぇぞ!」となるのではないでしょうか?

「残酷とは何か」の記事で少し触れたことがあるように、同じ動物でも、人間の好みや趣味、価値観で命の序列が生まれている現実を思わざるを得ません。動物側にしてみれば、「ケッ!人間は勝手なもんだ!」と、憤りたくもなろう。

もっとも、その人間にしても人を、民族や人種、生まれや育ち、学歴や外見、身分や財産で差別しますからね。

もちろん、犬の命が人並みに扱われる傾向がどの国でも社会的に定着しているのであれば、カナダ機長の判断は肯定される。私もそれを否定するつもりはない。が、緊急事態にあっても、人に重大な被害や損失を与える可能性があっても、犬の命が人間の命と同じく扱われることを手放しで称賛する現代の風潮に、私は少々違和感を覚えます。何か、少し、おかしな方向に進行しているのではあるまいかと。もちろん、犬も助かる方が良いに決まっていますが。

飼い犬はしばしば人を襲って危害を加える場合があります。犬の命が人並みに扱われるのであれば、人を襲った飼い犬は人並みに処分を受け、危害の大きさによっては、人並みに、牢獄に入れるか、死刑にすべきでしょう。飼い主だけが罰を受けるのでは、片手落ちです。もちろん、これはバカげた暴論です。しかし、何故か、ちょっと反発したくなります。

そもそも、旅客機にペットを乗せること自体が問題かもしれません。ペットを乗せる限り、また同じ事態が起こり得るわけです。

また、貨物室に「閉じ込められる」飼い犬も可愛そうじゃないかしら?
かなりのストレスがあるのではないでしょうか。昔、旧ソ連でロケットの打ち上げと飛行実験で犬や猿をの乗せた例があり、無事地上に戻って来た犬や猿の中にはストレスで胃潰瘍になった例があったと、何かの本で読んだ記憶があります。家族のマイカー旅行に同乗した飼い犬が車に酔ってゲボゲボやる例もあるという。気の毒な話です。

飼い主のコントロビッチさんは、「機長に感謝しています」と言ったそうですが、そんな単純な心理状態だったでしょうか?迷惑や損害を与えたかもしれない他の乗客への、「負い目」を強く感じていたのではないでしょうか。

他の乗客が、「機長の判断は正しかった」と答えた背景には、飼い主への、「配慮」もあったように推測します。「機長の判断は間違いだ!こっちは迷惑した」なんて言ったら、コントロビッチさんは居たたまれないでしょう。何も、彼が「私の犬を助けてくれ!」と、機長に強く要求したワケではなかったようですしね。

結論としましては、カナダ機のような事例は、「これもご時世だ」、ということなんでしょうね。

真面目な話、犬どころか、ヘビでもトカゲでも、「人並みに命は守る」がまかり通る時代が来るのでしょうね。

ペットのトカゲの命を守る為に、他人や企業が損害を被っても、誰も文句を言えない時代が。

きっと、私はペットを飼わない人間なので、こんな感想を抱くのでしょう。

ペットを飼っている人間は私とは違った感想を持つかもしれませんね。



関連記事
スポンサーサイト

2015.09.22 | | コメント(11) | トラックバック(0) | 政治・社会



コメント

動物愛護、 人道主義

片割月様

私もちょっと前にこの記事を読みました。 
人道主義、動物愛護という美談ですが、ひねくれ者の見方としては、実際には機長や航空会社は犬が死んでしまった場合の訴訟のことも考えてのことだと思います。
「人類の最良の友」とされる犬を、空調の故障がわかっていながらオンタイムで運行するためにみすみす殺してしまったら、残酷すぎる、として世間は絶対に許さない!、訴えられたら絶対に負けて莫大なお金を請求される、そういうお国柄です。 ですから遅れようが、燃料費が余分にかかろうが機長にとっては正しい判断だったのです。 おまけに美談として扱われて会社のイメージもアップ、めでたしめでたし、です。

飛行機が遅れたり、キャンセルになって、ビジネスチャンスを逃しても
航空会社は保証してくれません。 人の(犬も?)安全、命優先でこれは本音だと思います。

追記
>人を襲った飼い犬は人並みに処分を受け、

ピットブルという獰猛な犬が人を襲うことがありますが、襲った場合は(注射で)眠らされ(殺され)ます。 この種の犬は繁殖させず、絶滅すべきだという意見もあります。

私はこちらでの生活が長いせいか、この美談?はそんなに気になりません。
同乗者も殆どが賛同したと思います。 私も乗っていたらノー・プロブレムです。 無駄が多いし効率の悪い社会でイライラすることも多いですが、私は米国やカナダのこういう人間味のある所は悪くないと思います。

チャンプ様
イスラエルのテレアビブ空港はテロに対する警備が世界で一番厳しいことで有名です。

2015/09/22 (火) 06:44:04 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

奇抜な発想で楽しいです

片割月 様

いつもやや辛辣なコメ入れてスミマセン。でも発想は面白いな~、博識だな~っと思って拝読させていただいています。

イスラエルからカナダへ向かう航空機の貨物室に機器の異常が発生したならば咄嗟に機長はテロの危険を感じてどちらにしても緊急着陸をするものではないですか?

今回はたまたまワンちゃんの話題にすり替わっただけかもしれませんよね。あとトカゲやヘビは変温動物ですから大丈夫でしょう(^_-)-☆

2015/09/22 (火) 08:49:28 | URL | チャンプ #- [ 編集 ]

面白い記事ですね

片割月様、こんばんは(^^)

シンバ君、無事で良かった!と思う一方で
片割月様のお気持ちも分かります。

片割月様はペットを飼われたことはないのかな?

kan kan 様のコメントを読んで思い出したのですが、
北米人は普段から物事が予定通りに進まない、時間通りではない
と言う事にある程度慣れているから、今回の件は75分程度の遅延だし
大らかに捉えられるかもと思いました。
これが日本の国内線での出来事だったら、乗客の反応は違うのかもしれない?

ところで話脱線しますが、片割月様お勧めのルノアールへ行きましたよ♪
コーヒーとミルクレープとても美味しかったです(^^)
それと、コットンキャンディ期間限定で販売中でした。





2015/09/24 (木) 00:06:32 | URL | Moeri0807 #- [ 編集 ]

全生命体。。

片割月さま

おひさしぶりです。

面白い記事ですね。

残酷とは、について、いろいろコメントさせて頂いたにもかかわらず、ちゃんと答えが出てなかったのですが、今回の記事でわたしも残酷とは、について考えたときのことを思い出しました。

<以下のコメントは私見です>
残酷だと、感じるのは、きっと容姿などが自分に血縁が近いと感じるほど、感情移入しやすくて残酷だと感じやすい、
でも、自分に危害を加えるものに対しては残酷だと感じにくい、
のではないのかな、と、わたしは思います。
人間も動物と思えば、動物的な(種の保存)から考えれば、自然な感情なのかなと思います。

そして、おそらく戦争などでそれまでふつうだった人が残酷になってしまう時、同じような気持ちの働きになる人もいるのではないのかな、と類推します。
個人的な感情ですが、わたしの場合は、やっぱり、ニュースでも同じく日本人が犠牲になった事件だとより感情移入して残酷だと感じてしまいますし、そうはいっても、自分の身の危険を感じるときには、身の危険を脅かす存在に対しては、残酷だと思わないと想像します。


同じくかわいい犬であっても、まだ飼い主がいない(商品)の状態だったらどうなのだろう、と思います。
旅客機にのせられることはあまりないかもしれないですが、商品として運搬中である場合にも、同じような扱いなのでしょうか?
仮に違うのであれば、犬側には選択肢がなくて、人間側に完全に選択肢がある状態なので、ちょっと傲慢な気がしてしまいます。

あと、「機内の全生命を守る責任」という場合、シートにいる(としたら)ダニは?と思ってしまった私はおそらく片割月さま以上に?へそ曲がりです。。
おそらく、ちゃんと料金を払って、運搬する責任を預かった、(全生命体)のことなのだと思います。

わたしもペットを飼ったことがないので、こんなふうに(へそ曲がりに?)考えてしまうのかもしれないです。

2015/10/09 (金) 15:23:41 | URL | かおり #nCPOyLP2 [ 編集 ]

過ぎたるは及ばざるがごとし

この話題を聞くと江戸幕府第5代将軍徳川綱吉を思い出さずにはいられない。
何事も過ぎたるは及ばざるがごとしである(^^)

2015/10/18 (日) 20:31:21 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: 動物愛護、 人道主義

kan kan様。

>犬が死んでしまった場合の訴訟のことも考えて

なるほど。。。しかし、飛行機の遅延による損害が出た場合の訴訟は考えないのかしらね?^^;

>私はこちらでの生活が長いせいか、この美談?はそんなに気になりません。

あ、やはり、そうですか。

2015/10/26 (月) 00:21:38 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 奇抜な発想で楽しいです

チャンプ様、こんばんは^^

どうか、気になさらずに。

辛辣な意見をブログに書くと、辛辣な批判コメントが来るのは良くあることですから^^

私は、別に、釣り?で、書いているわけではなく、率直に書いているだけなんですよ。

テロとペットとは次元が異なる問題ではないでしょうか?

あ、変温動物じゃなくて、ワニとかカメでしたらどうすか。

2015/10/26 (月) 00:30:45 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: すみません調べてみました

〇〇様、お調べ頂き、ありがとうございます^^

今後とも、よろしくね。

2015/10/26 (月) 00:32:29 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 面白い記事ですね

Moeri0807様、こんばんは^^

一人暮らしをしている私には、ペットを飼うのは難しいです(^_^;)。

>コットンキャンディ

おおッ、懐かしい!

喫茶、ルノワールに行かれましたか(^^)

席がゆったりしているので、リラックスできるでしょう?

2015/10/26 (月) 00:37:32 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 全生命体。。

かおり様、お久しぶりです^^

>容姿などが自分に血縁が近いと感じるほど、感情移入しやすくて残酷だと感じやすい、
でも、自分に危害を加えるものに対しては残酷だと感じにくい、

なるほど、そうかもしれませんね。

ただし、血縁が近いだけではなく、容姿が「可愛い」かどうかも関係あると思います。

つまり、ウサギやパンダは、たままた、可愛い、から感情移入しやすいのだと思います。

もっと人間に近い、ゴリラには、そこまでの感情移入があるでしょうか?

>犬側には選択肢がなくて、人間側に完全に選択肢がある状態なので、ちょっと傲慢な気がしてしまいます。

ここ、同感です。

ダニにはワロタ(^^)。かおり様も相当のへそ曲がり?かな。



2015/10/26 (月) 01:02:51 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 過ぎたるは及ばざるがごとし

ファントム様。

> この話題を聞くと江戸幕府第5代将軍徳川綱吉を思い出さずにはいられない。
> 何事も過ぎたるは及ばざるがごとしである(^^)


御意!

2015/10/26 (月) 01:24:51 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。