スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



2015フィギュアスケートGPS中国大会(完):愚見を少々




●女子シングル・ショートプログラム

真央さん。
実に新鮮でしたね~!色々な意味で。
ショートプログラム→ここです

①衣装が新鮮です。あれは、紅梅の色に近いかな。高貴な色ですよ。真央さんの衣装で最初から気に入るのは稀です。
②コケティッシュな仕草が新鮮です。演技冒頭、誘うような表情から肩をキュッと持ち上げたり、最初のキャメルスピンの後に、くねくねっとした動きで観衆にアピールするような仕草。「浅田真央のキムヨナ化」、などと言ったら、コアな浅田ファンから殴り飛ばされるでしょうね。でも、私は一瞬、そう感じましたよ^^;
③鬼構成なジャンプで挑む真央さんの「貪欲なギラギラ姿勢」が新鮮です。
④ショートプログラムを終えてガッツポーズをする真央さんを初めて見ました。新鮮です。

ローリー・ニコルさんの振り付けはマンネリだ、とするファンもいるようですが、「ノクターン」のステップシークエンスと見比べれば分かるように、かなり異なる振付ですよね。「アイガットリズム」とも異なる。ちゃんと見てるのかな?

元気で明るい真央さんの演技と姿が見られるのは、ファンにとって至福なひと時です。

3Aはランディングがやや乱れましたが、空中姿勢が美しかったし、しっかりと回り切って降りたので減点はありませんでしたね。3Aはジャパンオープンから2回続けて回転不足も無ければ、ツーフットも無く成功させています。これって、凄いことですよね。

私の最大の関心事、3F-3Loは成立させるまでもう少し時間がかかりそうです。見た目は鮮やかなのですが、やはり、セカンドは素人目にも回転不足です。3Loはスルリと降りちゃあ、ダメなのね。バチッと降りなきゃ。

3Lzは「e」を取られました。得点は半分近く減ります…ショートでは単独ジャンプはステップから直ちに跳ばなければいけないので大変です。チョクトーから跳んでいますが、ステップからジャンプまでやや間があります。3Lzより基礎点はグッと落ちますが、ここは3Sを跳んで加点で5点×1.1倍を狙った方が良いのでは?と考えるのは在り来たりの発想でしょう。真央さんはあくまでルッツに執念を燃やす。いいじゃないですか。五輪シーズンじゃないのだし、今は自由に攻めのスケートを!

私が少し気がかりなのは、スピンです。最後のコンビネーションスピンでレベルを落としていますが、こんなのは大した問題ではありません。すぐに対応出来るでしょう。問題は回転速度。真央さん比で回転速度がやや落ちていると思いました。GOEの加点が少ないね。これは「1年間のブランク」が顕著に現れている個所かもしれません。大丈夫かな?3つのスピンでの得点の多い少ないは、ボディブローのように効いて来ますからね。

本郷さん。
彼女は少々派手なメイクや衣装でも似合うのが強みですね。見る度に進歩が目に見える若手スケーターの演技は見応えがあります。恵まれた体格と体型を生かしたスケールの大きな演技には目を瞠るばかり。3F-3Tはセカンドが危なかったですが、回転は認定されて良かったですね。演技構成点の評価は7点台の半ばですか。もう一声あっても良さそうなんだけど。何が足りないのでしょうか?鈴木明子さんに振付や表現の指導を受けているそうで、その効果は出ていますね。しかし、愚見ですが、表現力も大事ですが、それよりもスピンをもっともっと磨いて欲しいですけどもね。

ヒックスさん。
自己ベスト更新はおめでとうですね。イーグル祭りでした。やたらイーグルを入れますね。確かに彼女のイーグルは上半身の反りが綺麗で見事と思います。しかし、ロシア娘のタノ祭りと同様、使いまくるとベタに見えて来ます。スピードを生かした高いジャンプは決まれば鮮やかです。彼女もどちらかと言えばカナダのデールマンさんと似たタイプでスピードとパワーが特長ですね。

パゴリラヤさん。
彼女の持つ土臭さといいましょうか、泥臭さみたいな雰囲気が私は結構好きです。長い手足をビュンビュンと振り回すような激しい動きも悪く無い。「洗練さに欠ける?ケッ!しゃらくせえや、そんなもの、ごみ箱に捨ててしまえ!」と言っているかのような^^。好調が伝えられていたので期待しましたが、残念ながら大きなミスが2つ出ちゃいました。しかし、プログラムは良さそうだし、体型変化の洗礼は終えたらしい彼女は今後の活躍が楽しみです。

ラジオノワさん。
ゲ~ッ!でかくなっている!(@_@;)。真央さんより高いかな?これでも過去のようにノーミス演技が連発するなら超天才ですよ。冒頭に予定していたコンビネーションが単独になった為、次のジャンプでは単独予定の3Loに強引にセカンド3Tをくっつけるのは、パゴリラヤさんも過去にやりました。同じくミスしましたが。しかし、体力があるんですね。日本女子では考えられないです。

中国の女子卓球選手が世界中に移籍して活躍しているように、近い将来、ロシア女子スケーターもそうなるかも。強いシングル選手のいない国に移籍するとか。ベラルーシ、ウクライナ、ウズベキスタン、カザフスタン等。強いスケーターが目白押しであっても、一つの国から五輪や世界選手権に出場出来るのは2~3人ですからね。アイスダンスの選手の中には、2つ3つと国籍を変える「渡り鳥」みたいな例もあるようですし。

子君さん。
いつ見ても愛らしくて可憐ですが、やはり、パワーとスピードが無さ過ぎ。体力強化練習はやっているのかな?


●男子シングル・ショートプログラム

ボーヤン君。
げ~~ッ!!4Lz-3Tを完璧に決めたァ~~!さらに4Tまで決めた~!繋ぎがスカスカだのスケーティングが何チャラなんてケチをつけるのがアホらしくなるほどのジャンプ男登場。こんなか細いひょろひょろ君にこんなパワーがあるとは。。
フリーでは4回転は4Lzを含む4本に3A2本だと!!!。羽生選手の鬼構成も霞む大魔神構成だあ。
あなた、フィギュアやめますか?それとも、人間やめますか?まで行きそうな次元ですね。
体操競技でアクロバットな技で世界を席巻して来た中国だからこそ、こんな大魔神スケーターが誕生するのかな?

しかし、これだけ技術点の高い演技をしても、演技構成点の差でフェルナンデス君を下回ってしまいます。

変ですか?やはり、演技構成点は曲者ですか?

フェルナンデス君。
ようやく本家のスペイン音楽によるプログラムですね。コミカル系やノリノリ系が多かった中、こういう真面目な?プログラムが逆に新鮮に見えます。良プロです。演技の方も好調だ。ステップシークエンスは大いに私の気に行った!


●女子シングル・フリースケーティング

真央さん。
真央さんがこれまでたくさん跳んで着た3Aの中でも1,2を争うほどの鮮やかさでした!高さ、空中姿勢、ランディングの流れ、どれもが素晴らしかったですね。近年、3Aの成功率がめっきり落ちていた中で、復活シーズンの成功率100%(3回跳んで3回共成功)は驚異的なことだ。真央さんの偉大さはこれだけでも語るに足りる。男子のトップスケーターでも3Aのミスは珍しく無いのだから。それを、1年の休養明けの25才の女子選手が3回とも成功させること自体が事件だ。

真央さんは3Aが決まればその後も調子良く演技が続き、失敗するとその後の演技も崩れる、というイメージがありましたが、今回は意外な展開になりました。こういう所もフィギュアスケートの難しさなんでしょう。

解説の荒川さんも他の解説者も、マスコミも「ソチ五輪シーズンと同じ難度構成」を言うが、それは完全に正しくはありません。スピンのことに誰も触れようとしないのはどうして?フリーのスピンはマックス構成ではないのです。ソチ五輪並みにするのであれば、基礎点が2.70点のレイバックスピンをやめ、基礎点3.50点のコンビネーションスピンにし、スピン3本中2本はコンビネーションスピンにしなればならない。これで真にソチ五輪並みになるのです。私は今のスピン構成のままでも良いと思っていますが。

これだけミスがあったのに、演技構成点は高い。ジャパンオープンの演技とほぼ同じ8点台後半の評価です。しかも、ショートプログラムの評価よりも少し高い。演技時間の長いフリーでは彼女のスケーティングの素晴らしさがより目立つから?

変ですか?やはり、演技構成点は曲者ですか?

本郷さん。何というたくましい前進!
素晴らしかったですね!私は正直なところ、彼女の演技はあまり好きではなかったのですが、新フリープログラム「リバー・ダンス」は魅力的です。前にも書いたことがありますが、本郷さんはやや「重いなあ」と思えるタイプなのです。が、このプログラムは彼女の「重さ」を払拭する嵌りプロになりそうですね。特に、コレオシークエンスの内容が素晴らしく、細やかな足さばきが抜群です。本郷さん、ひと皮剥けましたね。演技構成点でラジオノワさん並みの高い評価が出ました。

パゴリラヤさん。
フィギュアファンなら誰でも「シェヘラ」と想像出来るコスチュームで登場。それがまた彼女には実に良く似合いますね。この種のオーソドックス系、保守系のプログラムは彼女の進化の為にも一度は演じる必要があるのでしょう。ノーミスなら高い評価が貰えそうな良いプログラムですね。NHK杯に期待が持てそうです。

ラジオノワさん。
演技は素敵と思うのですが、「タイタニック」にしては軽すぎるテンポとチープな編曲がどうもピンと来ません。ロシアの振付師はしばしば私の感覚では「ヘンテコリン」としか思えない編曲を採用します。もちろん、あくまで私の好みに過ぎませんが。真央さんを例にとれば、タラソワさんの「シェヘラ」も、何これ?って感じでした。コアな浅田ファンにはおおむね好評だったようですが、タラソワさんなら何でも良いとは限らないでしょう、と思ったけどね。

チェンさん。
冒頭の3Lz-3Tをセカンドを2Tにしたのは賢明でした。同じミスを繰り返していてはジャッジの心証にもマイナスでしょう。チェンさんはスピードを生かした大きなジャンプと、回転速度と軸の美しさが最大の魅力。彼女のレイバックスピンでは最後のビールマン姿勢になってから回転が加速します。他のスケーターがしばしばビールマンになってから減速するのとは大違いです。

ロシアのアマゾネス美女軍団にやられっぱなしの大和撫子でしたが、真央さんと本郷さんとで見事、「蹴散らしました」(笑)。

フィギュアスケートの日露戦争「美女版」は当面続きます。

●エキシビションで真央さんとフェルナンデス君がお互いのショートプログラムの部分を一緒に演じるという演出は楽しいですね。何かのショートで、チャン君と振付をしたバトルさんが「悲歌」の前半部分を一緒に演じたのを思い出す。こういう企画は良いです。

●事実を伝えない荒川さんと織田君は、解説者としていかがなものか?

羽生君というビッグスターが男子に誕生する中で、女子では真央さんという国民的スターが競技に戻り、しかも好調な滑り出しを見せているのですから、テレ朝や松岡さんが「おおはしゃぎ」するのは分かります。全日本選手権でのフジテレも、「テレ朝に負けじ!」と、大いにはしゃぎまくることでしょう。

テレ朝が真央さんを礼賛し、称賛し、さらに絶賛するのも分かります。スポンサーは行列をなし、視聴率アップも間違いないのですから。テレビ局の幹部は笑いがとまらないでしょう。

スポーツを扱うメディアの世界では、

①幾多の苦難やハンデを乗り越えて
②ドン底から再び這い上がって
③困難な目標に挑戦して
④闘争心は熱く燃え上がり

で選手を称賛し、

さらには、選手を支える人達の犠牲的援助や家族愛・師弟愛の美談

をセットするのが、定番のコンテンツとなっています。

私はそれを批判するつもりはありません。テレビを見る視聴者の中には、そうした定番コンテンツが好きな人も多いのでしょう。取り立てて害があるわけでもありませんし。

ただし、プロの解説者までが一緒に「はしゃぎ」、事実を、特に該当選手のプレーや演技の問題点について、黙視したり、誤った情報を伝えるのは問題だと思います。

真央さんのショートプログラム。3ルッツを降りた時に荒川さんは「綺麗に決まりました」と言った。事実はジャンプ踏みきり時に左足アウトサイドエッジはインサイドになっていました。つまり、エッジエラーですから、「綺麗に決まり」ではなく、れっきとしたミスジャンプなのです。素人の私ですら、「エッジがちょっと怪しかったかも」と見えたのですから、プロの荒川さんが気が付かないハズはないのです。

何故なのか、考えられる理由は、

①荒川さんは本当に「綺麗に決まった」と思っていた
②テレビ局やアナウンサーの「真央称賛」の空気に水を差したくないので、あえて黙った
③真央さんの技術的問題に触れると、後で「自称浅田ファン」からクレームが来るので自制した。又は、テレビ局側から「真央さんの演技上の問題点を指摘するのはなるべく抑えて欲しい」と仄めかされていたから。

おそらく、②と③のどちらか、又は両方でしょう。

同情はします。冷静な語り口な荒川さんも本音ではテレビ局側の「はしゃぎっぷり」には戸惑っていたのではないかと察します。しかし、それではプロ解説者としての「プライド」はどうなんだろう?と思います。「称賛」でも「下げる」でもなく、正しい情報を視聴者に伝えるのがプロ解説者の仕事ではないでしょうか。

真央さんの「レイトスタート」のことも、荒川さんは気がつかなったのでしょうか?会場内に設置された大スクリーンにはタイムが秒単位で出ているはずなのですが。

解説者としての織田君にいったっては、私はかなり失望しています。松岡さんとはしゃぎまくるのはまだしも、真央さんの3Aだけを絶賛しまくり、カナダ大会では羽生君のショートプログラムの「ノーカウント」になったコンビネーションジャンプついて、不勉強だったのか、不注意だったのか、全く気がつかなった。これでは解説者として不適格ではないか。すっかりタレント化した織田君に冷静な解説など求める方がもう無理なのでしょう。

礼賛、称賛、絶賛、そして美談。そうした空気の中で、事実や正しい情報は伝えられず、見過ごされ、あるいは、誤った情報が修正されないまま放置される。。。。。何か、嫌な感じがします。

「アンタは大袈裟だな。たかがフィギュアスケートの話しだ」、と言われればそれまでですが。



関連記事
スポンサーサイト

2015.11.07 | | コメント(91) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・大会



コメント

衣装良いですよね

おはようございます。
浅田選手良かったですね!
セカンド3Loのアンダーは想定内、3Lzはなんとか!くらいなら良いなと思ってましたが、eになっちゃいましたね。
でもはっきりインサイドになってしまったから仕方ない。
初戦なのに、3Aと苦手の3Lzと3F-3Loまで入れてきて、でも心に余裕があったようなのが一番良かったポイントですね!
ソチが終わってから「これからが本当のゴールデン期間になりそう」と感じたのが当たってたようで嬉しいです。
浅田選手の衣装、不満の声をあげてる方も多いみたいなんですが、浅田選手の今までにない衣装で素敵だと思いました。色も良いですよね。髪型はもう一工夫ほしいところです。
カーニバルオンアイスのオープニングで観たとき、「あれがSPの衣装なのかな~」と思ってましたが(そしてもしかしたらSP滑ってくれるのかな?と期待しましたが)やっぱりそうでしたね。

ジジュン選手はやっぱりかわいいですね。儚い感じ。でもジャンプがまだ悪いみたいですね。

ソヨン選手もこのSPは好きなんですけど、ジャンプが悪かった。
ソヨン選手はジャンプが悪いと全体的にメタメタになる傾向があるので残念です。
まだ若いから難しいでしょうけれど頑張って欲しいな。
あと、やっぱSPに3Sを入れなければならない(3Lzは入れられるけど3Fや3Loは入れられない)のは痛いですね。
キム・ヨナさんもそうでしたけど、韓国の選手はフリップとループが苦手なんでしょうか。

それにしても!会場音は小さいのに解説の音が大きすぎます。全然演技に集中出来ない!
解説どうでも良いので会場音をもっと大きく聞かせて欲しいです。

2015/11/07 (土) 09:09:35 | URL | はるき #wfoUMnN2 [ 編集 ]

Re: 衣装良いですよね

はるき様、お久しぶりです^^

>カーニバルオンアイスのオープニングで観たとき、「あれがSPの衣装なのかな~」と思ってましたが(そしてもしかしたらSP滑ってくれるのかな?と期待しましたが)やっぱりそうでしたね。

あ、そうだったんですか!!
 
衣装は好みが分かれ易いものですから、感想は人それぞれでしょうけど、はるき様もグッド!と(^^)

ソヨンさんは良いジャンプと柔らかいスケーティングが魅力なのですが、このところ、壁にぶつかっているのでしょうか?
スピンでもしばしばミスしますしね。頑張って欲しいです。

>解説どうでも良いので会場音をもっと大きく聞かせて欲しいです。

それは言えてます。会場音のみの切り替えセットがあればね。

2015/11/07 (土) 11:28:18 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

No title

初コメです。

浅田選手の演技ライストでドキドキしながら見てたんですが、まずまずの出来で良かったです。

URとeは仕方ない!
いたるところで陰謀説が出ていますが、仕方ないものは仕方ない!
ラジ子だって、LzのGOE-1.30ですもん。

でも、テロップで出てた点数が点数発表の際に7点も下がると、さすがにあれれれれ~?となりました(笑)

ステップはさすがでした!
良かったです本当に!
タラソワ級の濃密さでした。

はるきさんもおっしゃられている通り、髪型にもう少しアレンジが欲しいですね。

あとメイクも...。
いつも見ながら、気になって気になって(笑)
職業柄メイクの知識があるので、私が専属で出来たらどんなにいいかと心の中でおもっています。

今日のフリーとても楽しみです。

2015/11/07 (土) 15:26:38 | URL | nina #TUsryjuc [ 編集 ]

ボーヤン人、現る


ボーヤン・ジン選手の4Lzには目が点になりました。
しかも、3Tのコンビネーションとは!!!
伊藤さんの3Aを見た時以来の衝撃です。
スピードがないので私の好きな演技ではありませんが、あのジャンプを見ていたらなんだかもう笑いが込み上げてきました。

これまでは
「男子版スルヤ・ボナリー? 雑技団か??」
という感じでノーマークだったのですが、スピン・ステップもオールレベル4とは・・・!(唖然)

でもこれで、
「PCSはスピード点」
はほぼ正解で間違いないでしょう。

今期はまだ、フェルナンデス選手、羽生選手、チャン選手のうち誰もスピン・ステップオールレベル4を獲得できていません。
この3人のスケーティングスキルなら、スピードさえ落とせばそれほど難しいことではないと思います。
ボーヤン・ジン選手のほうがジャンプだけでなくスピン・ステップでも基礎点的には難度の高いことをやっているにもかかわらずPCSが低いのは、「遅い(加速に暇がかかる)から」というのが最大の理由でしょう。

現行のルールはPCSには天井がありますが、TESにはありません。
スピードを犠牲にしてでも高難度の技を詰め込むのは、現行のルールで高得点を取るためには至極まっとうな作戦だと思います。
ハエの止まりそうな演技は見たくないし、怪我人が増えるのはもっと見たくないので、フィギュアスケートがこの方向に進んでほしくはありませんが、PCSに天井がある以上は仕方ないでしょう。
ウェルバランスを追及するのであれば、PCSの天井も取り払う必要がありますが、そう簡単にはいかないと思います。



蛇足(反則技)
フェルナンデス選手の髭に ディダクション+1

2015/11/07 (土) 15:40:42 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

ワンフット・タック・アクセル

月姫さまご紹介の真央ちゃん動画

3:22 左フォア・インサイド・ブラケット CW
3:23 左バック・アウトサイド・カウンター CCW
3:24 左フォア・アウトサイド・ツイズル×2 CW
3:25 ワンフット・タック・アクセル CCW

何と!ステップシークエンスでエッジの極めて明確な凄く難しいバックアウトカウンターを入れた3連続ディフィカルトをエントランスにタック・アクセルを跳ぶ超天才ステッパー&ジャンパー浅田真央選手!!

驚愕である!驚きである!!

2015/11/07 (土) 16:04:00 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

浅田選手、おかえりなさい!

片割月様はじめまして。
まぴと申します。

フィギュアスケートが好きで3年ほど前にこちらのブログに出逢いました。
特定の選手への過度な礼賛や批判が無く、冷静ながら愛のある片割月様の記事と皆様のコメントはとても心地よく、いつも興味深く拝見しております。浅田選手の復帰でいてもたってもいられず、憧れのブログにコメント投稿を決意した次第です。
よろしくお願いします。

浅田選手はGPS復帰戦を優勝で飾りました。3-3<とルッツeはやはり課題として残りましたが、とにかく「おかえりなさい」という気持ちでいっぱいです。

SPのジャンプ構成には度肝を抜かれました。減点のリスクが大きかろうが最高難度の構成を極めることに浅田選手はモチベーションを見出しているのでしょうね。個人的には3F-3T、3Loもかなり見てみたいですが。
eは大会によっては!でも済むレベルの微妙なラインまでは来ているのではないかと感じましたが、どうでしょうか?
現役中に3-3とルッツが認定されたら泣いてしまいそうです。

SPの衣装はピンクの他に色違いで黒もいいなと思いました。髪型をワグナー選手みたいな夜会巻き風のアップにするのもいいのではと思いました。

最後にいつも更新をありがとうございます。これからも楽しみにしています。
長文乱文失礼しました。

2015/11/08 (日) 00:28:29 | URL | まぴ #- [ 編集 ]

エデア・ピアノ

ターンのマイスターのファントムです♪


>このプログラムは彼女の「重さ」を払拭する嵌りプロになりそうですね。特に、コレオシークエンスの内容が素晴らしく、細やかな足さばきが抜群です。本郷さん、ひと皮剥けましたね。

さすがはN級の月姫さま!
よく見ておられる!

理華ちゃんは、今季より、スケート靴をあの超軽いエデア・アイスフライから、さらに一段と軽い、ニューモデルのエデア・ピアノにいち早くモニター使用を許され換えた!
これが功を奏し、軽々とジャンプを跳び、フリップ・トウでのセカンドのアンダーが解消された!
恐るべし、エデア・ピアノ!

これを機に、エデア・ピアノを予約するスケーターが続出しそうである(^^)v

2015/11/08 (日) 07:51:31 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

鬼に金棒

P.S.

エデア・アイスフライといえば、知子ちゃんである。

今季中にピアノに換えると予想している!

宮原選手がピアノに換えたらまさに「鬼に金棒」である(^^)V


2015/11/08 (日) 08:02:08 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

こんにちは^_^

こんにちは^_^

早速の更新ありがとうございます。

浅田選手のショートは素晴らしかったですね。衣装も、目に鮮やかでした。
中盤の蠱惑的な表情に、まるで、エキシビションを観ているような気分になりました。

フリーはジャンプの失敗があり残念でしたが、それでも滑りのなめらかさに目を奪われました。
滑り出した時に、すうっと空気がやわらく変わるような、体重を感じさせないようなスタートでした。そしてあのトリプルアクセル。

復帰にあたり、ジャンプについては期待しないでおこうと考えていた自分は、浅田選手を見くびっていたのだと思いました。

セカンドループとルッツの失敗は、ショートの結果を気にしすぎたのでしょうか。
次の試合は、もっと彼女が満足できるものになりますように。

今回の試合は、本郷選手に圧倒されました。見栄えがする選手ですね。特にショートは、衣装も鮮やかで、立ち姿だけでも印象的でした。
フリーのリバーダンスは、本当にすごいと思いました。曲と一体化した動き、細かい足さばき。
去年、成長著しいと感じましたが、今年も試合ごとに大きく伸びている気がします。

パゴリラヤ選手には、今まであまり関心がありませんでした。でも、今回、身長が伸びたせいか、私の見る目が変わったのか、急に惹きつけられました。
本郷選手と同じように、ポーズの一つ一つが、見栄えがしますね。ジャンプが少し残念でしたが、完成版が早くみたいです。

ラジオノワ選手も急に背が伸びましたね。でも、本郷選手たちとは反対に、長い手足を持て余しているように見えました。
彼女は踊れる選手だと思うのですが、昨日は音楽と動きが遊離しているように感じました。好みの問題かもしれませんが、どうなのでしょう。

2015/11/08 (日) 14:26:48 | URL | spring #p6qiOGIk [ 編集 ]

こんばんは

こんばんは。
先日のコメントの返信ありがとうございます!
浅田選手の3A、素晴らしかったです‼️
レベルを上げての復帰は、やはり真のアスリートだと思いました。ルッツをSPに入れてくるのが、高みを目指していると思います。
初めて、今年のジャパンOPで浅田選手の演技を見ましたが、正直、自分が想像していた程スピードが出てなかったが、(個人的な感想で、ソトニコワの方が、スピードを感じました)スケーティングが綺麗で、優雅さが際立っていて、力が入っていない感じで、楽にジャンプを飛んでいる印象でした。
これから、ますます、演技に磨きがかかってくると思うので、すごく楽しみです。

2015/11/08 (日) 23:37:17 | URL | ミミ #eP1cGWnA [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして書き込ませていただきます。モモソガと申します。
浅田選手のスピンについての考察、たしかにそうですね。こちらを拝見してからプロトコル確認して、すごい眼力お持ちだなと感服いたしました。
今回の中国杯女子では、私は個人的には伏兵カレン・チェンさんに撃ち抜かれました。年齢のわりに小柄なので体格変化が懸念材料ですが、素人目にはエレメンツに目立つ欠点がないように見えました。コーチしだいではつぎの五輪でもう表彰台に絡むのではないでしょうか。ディープエッジのスピード感が非常に好みでした。
本郷さんは前傾姿勢が気になることがあり、リバーダンスは姿勢をまっすぐする振付が入っていて矯正にも効くのでは…と感じました。長久保コーチもさまざま考えてプログラムを作っておられると思いますし、明子さんのサポートもありまだまだ化けそうで楽しみです。

2015/11/09 (月) 15:18:00 | URL | モモソガ #dGN7XOPc [ 編集 ]

Re: No title

nina様、初めまして^^

>さすがにあれれれれ~?となりました(笑)

同感です。これは、アナウンサーと解説の荒川さんの不味い対応にも責任の一端がありそうです^^;

>あとメイクも...。
>いつも見ながら、気になって気になって(笑)
>職業柄メイクの知識があるので、私が専属で出来たらどんなにいいかと心の中でおもっています。

もしも、お時間があれば、どんなアイデアがあるのか、教えて欲しいです(^^)

また、いつでも自由にお越しくださいね(^。^)ノ

2015/11/09 (月) 23:22:17 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ボーヤン人、現る

ドロンパ様、こんばんは^^

>あのジャンプを見ていたらなんだかもう笑いが込み上げてきました。

なるほど。私は口あんぐり状態でした。何か、いとも簡単に決めちゃった、って感じね。

>「PCSはスピード点」
はほぼ正解で間違いないでしょう。

ちょっと、極論ぽいけど、70%同感です。曲の解釈やコレオ等は、取り立ててスピードのある選手でなくても高い評価が出る場合もありますからね。ミーシャ・ジー君もそうだし、真央さんもある程度そう言える方でしょ。

4回転男の古布団君やレイノルズ君はボーヤン君の演技に圧倒されて、
今頃、布団にくるまって、不貞寝していることでしょう。「もう、やってらんね~よ」

私の予想ですが、ボーヤン君のスタイルはあまり長続きしないと思いますよ。

3回転とは異なり、4回転(3Aも)には「絶対成功」はありません。どんなに上手な選手でも、どんなに好調でも、
本番では全く決まらないか、決まったり、失敗したりの交差状態になります。
事実、フリーではミスも複数出ました。

体重は軽そうでも、足腰にかかる負担は半端じゃないでしょう。怪我や故障の確率は相当に高くなるでしょう。
ボーヤン君の才能には及ばないとはいえ、4回転と3Aで繋ぎスカスカ男だった宋楠君も怪我と故障に泣いたよね。

>フェルナンデス選手の髭に ディダクション+1

カイゼル髭にセットするなら、加点+1(って、どこに加点するのか)

2015/11/09 (月) 23:50:02 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ワンフット・タック・アクセル

ファントム様、こんばんは^^

いつもの分析、ありがとうございます!

いくらなんでも、超天才は言い過ぎでしょう。

アイスダンスのトップ選手は皆、超天才になってしまいますよ(^^)

私の好きなスケーターの一人、パゴリラヤさんだって、ステップで、難しいターンの連続技をディープエッジで伸びやかに演じていて(と思うんだけど^^;)、魅了させられます。
ブラケットもロッカーもカウンターも鮮やかに踏んでいますよね。

2015/11/09 (月) 23:58:17 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

解説者・・・

また片割月さんのフィギュアの記事が読めて嬉しい♪

解説者の件、同感ですが・・・荒川さんの解説者デビューの時の叩かれっぷりを思うと、気の毒な気持ちも否めない。。。
あの頃は「解説者として仕事をする」と張り切っていたと思う。
できることなら、あのまま頑張ってほしかったのですがね。

SPの際の指摘ですが・・・
3Aについては、着氷のつまりを「これは回りすぎになりそうだったため」と説明してました。
でも、セカンド3Loについては「どう判定されるでしょうか・・・?」と言い、3Lzのエッジに関しては「矯正に取り組んでいて、『年々よくなっていると思います』」と・・・。それを聞いていて、私は「間違いなく取られるな」と思いましたよ^^
何だか聞く側に洞察力が求められますね。

2015/11/10 (火) 00:15:06 | URL | バジル #- [ 編集 ]

Re: 浅田選手、おかえりなさい!

まぴ様、初めまして^^

3年も前からとは、ありがとうございます。
どうか、ご遠慮なさらず、いつでも気軽に投稿にお越し下さいね^^

>「おかえりなさい」という気持ちでいっぱいです。

真央さんの復帰と予想以上の活躍には「おかえりなさい」「ありがとう」「でも、怪我だけは無いように」と言いたいですよね。

ルッツは練習ではかなりの手ごたえを感じているようですから、何とか、今期中に成功をと願っています。

>髪型をワグナー選手みたいな夜会巻き風のアップにするのもいいのではと思いました。

そうでしたね!なるほど!和服風にも合いますよね。

愚見では、工夫したアレンジで、くるりんぱをして欲しいとボンヤリと考えていました^^:

2015/11/10 (火) 00:20:50 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: エデア・ピアノ

ファントム様。

「ファントム」と名乗るだけあって、スケート靴関連の情報にも詳しいですね^^

そう言えば、真央さんも、五輪シーズンから以前より少し軽いスケート靴に変えたとの情報がありましたね。

これからはスケート靴の軽量化が進むのでしょうか。

軽い靴は、その代り、スピードあるスケーティングをする(又は持続させる)のに少々ハンデがあると聞いた記憶がありますが。

2015/11/10 (火) 00:42:32 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: こんにちは^_^

spring様、こんばんは^^

>特にショートは、衣装も鮮やかで、立ち姿だけでも印象的でした。

そうそう!記事では触れませんでしたが、本郷さんは衣装がほとんど常にグッドと思います。
フィギュア用衣装がとてもマッチする体型と顔立ちなのでしょうね。

「リバーダンス」は嵌りプロになりそうですが、もしかすると、
本郷さんは、年々、より素晴らしいプログラムに出会えそうなスケーターかもしれません。

パゴリラヤさんは、個性的な顔立ちですが、遠くから見た方がより美人に見えるタイプですね。そのような風貌です。
彼女はステップシークエンスが素晴らしいと思います。
ダイナミックに手足を使い、ダイナミックにターンしながらグイグイと進むステップ。
これから益々高い評価を受けて行くと思います。

ラジオノワさんは、今シーズンはちょっと苦しい時期に入っているのでしょう。
身長が伸びただけではなく、故障もあった、コーチが変わったとの情報もあるようですから。

2015/11/10 (火) 01:12:10 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: こんばんは

ミミ様、こんばんは^^

ご存じのように、
真央さんは昔から、スピードやパワーが売りではなく、軽やかでエアリーなスケーティングが売りのスケーターと思います。
ステップシークエンスの上手さも昔から定評ありますよね。軽やかさ、細やかさ、優雅さで惹きこまれます。
ジャンプは決して大きい方ではないかもしれませんが、回転の速さと軸の美しさが特長でしょうか。
佐藤コーチの指導を仰ぐようになってからは、スケートに滑らかさと伸びやかさが際立って来ましたよね。

弱点はあるとしても、それを補って余りある強みを沢山持っていると思います^^

2015/11/10 (火) 01:22:15 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: はじめまして

モモソガ様、初めまして^^

ご存じのように、技術点ではジャンプの次に大きな得点源になるのは3つのスピンですから、
ここにも大きな関心を持たざるをえませんね^^
パフォーマンスとしては、スピンよりもステップシークエンスの方が豪華で見応えがありますが。

スピンも奥が深いですから、興味が尽きません。

おおッ、モモソガ様もチェンさんに注目されていますか!(^^)
才能に恵まれたスケーターですよね。これ以上、体型はふっくらしないで欲しいけど。

>ディープエッジのスピード感が非常に好みでした

同感です。それと、スピードを生かした大きなジャンプも魅力的ですね。
決まれば加点も沢山貰えるジャンプですね。逆に、それだけ、コントロールも難しいのですが。
彼女の大きな2Aを見ると、3Aまではあと一歩という感じがします。

本郷さんは、大化けはしなくとも、着実にたくましく進化して行くタイプと思います。
彼女のように素人目にも進化が明確に見えるタイプは、珍しい方かも。
明子さんに表現上の指導を受けられるなんて、最高ですよね(^^)

モモソガ様、またいつでも気軽にお越しくださいね(^o^)/

2015/11/10 (火) 01:44:34 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 解説者・・・

バジル様、こんばんは^^

>荒川さんの解説者デビューの時の叩かれっぷりを思うと、気の毒な気持ちも否めない。。。

同感です。

これですが、おそらく、荒川さん本人の手元にもクレーマーからの非難や抗議の手紙等がかなり来たでしょうね。
でも、そのような的外れなクレームに負けないで欲しいんですけどね。。

荒川さん、なんか、エライ遠慮がちに、そーっと、そーっと、ほのめかしていると^^;
しかし、仮にも日本スケート連盟の理事でしょう。それが。。。

>3Lzのエッジに関しては「矯正に取り組んでいて、『年々よくなっていると思います』」と

はい。
こうした解説はもちろん、良いのですが、視聴者にとっては、今、目の前で行われたジャンプやスピンがどうだったのか、
その事実、正確で冷静な情報が一番大切だと思うんですよね。。。。

それと、アナウンサーが「決めました~!」を連呼していますが、
これも、事前の打ち合わせで、この言い方はやめて、「着氷はしました。審判の判定は分かりませんが」か、
視聴者に、あらかじめ、「『決めました』と言っても、審判の判定によっては回転不足やエッジのエラーでミスジャンプとみなされるケースがあることをご承知下さい」とかお知らせしておく方が良いと思いますね。荒川さん。

2015/11/10 (火) 02:23:03 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

アテンション!

荒川さんのコールは正しい。

真央選手のショートのルッツは綺麗に決まっている。

今季から真央選手は左を早めに離氷している。

ジャパン・オープンと全く同じアプローチと離氷のタイミングであり、エラー判定は厳しい判定である。
アテンションが正しい!

これは技術審判の先入観によるものであろう(^^)

2015/11/10 (火) 07:03:26 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

後だしジャンケンジャッジシステム

月小妹こんにちは
中国杯の真央ショートにおける「あとから7点下げ」には
唖然としました。
最初にジャッジ目視で出した44点が突出してるからと、
怪しいと思われるジャンプをビデオ判定して
引けるだけ引いた結果があれとは。。。
ビデオ判定するなとは言いませんが、
この点数のギャップはひどい。
ジャッジの目視力が素人アナウンサーの「決めました❗」並みのナマクラ節穴であると公表してるも同然なわけで。
ビデオ判定の修正減点は最大5点までと制限すべきでしょう。
ファントム様のルッツはアテンションに同意します。

2015/11/10 (火) 12:49:10 | URL | シジフォス #- [ 編集 ]

新生・浅田真央

片割月さま、久しぶりにコメントさせていただきます。
浅田選手とチャン選手の復帰でブログ更新が活発になり、いち読者として嬉しいです。

真央ちゃんのショートプログラム良いですね。
アイガットリズムを彷彿とさせるコミカルな振付が入っていますが、ぐっと女性らしく、大人の滑りになったと感じました。
立ち止まってクネクネ〜で、私はコストナー選手を連想しました。ザアイスでコストナーやロシェットとコラボプロを演じたのは、ローリーのプログラムを大人の女性らしく演じる上でプラスになったのではないかと想像します。

衣装に関しては、私はショートは色は好きだけど袖なしの方が良いな〜。
フリーは歴代の浅田選手の競技衣装ではベスト。さらに他選手も含めた着物衣装の中でもベストオブ大好き!と、個人的には思っております。
フィギュアの着物衣装は形が中国っぽくなってしまいがちな中で、和風のドレスという形に上手く落とし込まれていて、素敵だと思いました。
片割月さまとは好みが合いませんがお許しを( ´艸`)

そういえば、二年ほど前にこちらのコメント欄でリプニツカヤはたぶん太りやすい、ラジオノワは背が伸びて苦労しそう…と予想したのが今年に入って的中してしまいました。
ラジオノワ選手は骨の伸びに筋肉が追いつかなくて大変な時期ですね。怪我なく乗り越えてほしいです。

2015/11/10 (火) 14:26:06 | URL | うめきゅー #- [ 編集 ]

スケーティングの醍醐味


片割月さん

お久しぶりです。最近になって更新が活発になって嬉しく存じます。かく言う自分もこの夏に開腹手術を受け、その後のリハビリもようやく終わりに近づいていますが、浅田選手のカムバックもあって今シーズンの観戦は例年に比べて心弾み、癒やされるものがあります。やはり健康があっての人生ですね。

ドロンパさんとの「PCS=スピード点か?」ですが、私個人としてはスピード自体より、MAXからMINまでのスピード調整能力が肝要では無いかと考えています。複雑な図形を描きながら同時に、いかにスピード調整を淀みなく行えるか、高速から低速までの滑らかな調整が出来るか、ではないでしょうか。特にPチャン選手のようにMAX値がずば抜けて高い選手であれば、トップスピードからスローパートまでのあのように自由自在な「時間と空間の三次元的な操縦」を見せつけられればジャッジが高得点を出したくなるのもむべなるかな、ですね。

浅田選手はMAX値がずば抜けて高いタイプではありませんが、MAXからMINまでのフットワークがシームレス(継ぎ目のない)かつ軽やかなので、それがPCSの高評価につながっているかもしれませんね。懸念だった加速感の乏しさ(これも他のトップ選手と見比べて気付くレベルなのですが)も以前に比べて(本人比では)改善されてきていると思います。問題はずっと課題となり続けているルッツの改善ですが、本人も諦めていないようだし、現役でいる間に完遂されるかどうかも見守りたいところですね。

2015/11/10 (火) 22:04:19 | URL | TAO #R6DZAwZw [ 編集 ]

ルッツ


ファントムさん
シジファスさん

私自身は、お二人とは逆に、LIVEで見ててSPでの浅田選手のルッツは「e」だとすぐ思いました。浅田選手のそれは、エッジの向きだけでなく体重のかけ方もルッツのそれになりきっていないのではないかと感じるからです。「スケート ルッツ 重心」でググると、結構記事、動画が出てくるのですが、特に「ルッツは光る―カウンター・ジャンプのダイナミックさ」という記事が、歴代の名選手のルッツ動画が出て楽しい(但し、キムヨナさんも出てくるので、アンチの方はご注意を/笑)。浅田選手になかなか認定レベルのルッツが出ないのは、アプローチやエッジの使い方だけでなく重心のかけ方や腕の使い方などにまだ課題が残っているからかな、と考えています。

シジフォスさんはカウンターから7点も減点されたことにご不満のようですが、そのように大幅な減点が浅田選手以外の選手にもあったかどうかは、確認されましたでしょうか?もし今回の浅田選手だけでなく各大会、各種目においても、カウンターから5点以上減点されるのが常態だとしたら、ビデオ判定の修正減点に制限をかけよという主張も難しくなると思うのですが、如何なものでしょうか。

※追記
シジフォスさんはカウンター付きの動画を見られたのかなと思ったので、「カウンター」と書きましたが、もし誤解でしたらすみません。しかしあのカウンターは誰が数値を入力しているのでしょうか?

2015/11/10 (火) 22:06:49 | URL | TAO #R6DZAwZw [ 編集 ]

チェンジ・スリー

ポゴリラヤ選手のフリーの動画

https://www.youtube.com/watch?v=KRjDIHLMCak

1:48 右フォア・インサイド・カウンター CCW
1:49 右バック・インサイド・ブラケット CW
1:50 右フォア・アウトサイド・カウンター CCW

1:58 左フォア・アウトサイド・ロッカー CCW
1:59 左バック・アウトサイド・カウンター CCW ※1
2:00 左フォア・アウトサイド・ループ CCW

2:06 右フォア・アウトサイド・ブラケット CCW
2:07 右バック・インサイド・カウンター CCW
2:08-09 右フォア・インサイド・キャッチフット・ツイズル CCW

2:24 左フォア・インサイド・ブラケット CCW
2:25 左バック・アウトサイド・カウンター CCW ※2
2:26 左フォア・アウトサイド・ロッカー CCW 

上記はポゴリラヤ選手の4組の3連続ディフィカルトである♪

浅田選手が明確なエッジで行った凄く難しいバックアウト・カウンターは、ポゴリラヤ選手では※1も※2のいずれもチェンジ・スリーになってしまっていますね(^^)

2015/11/10 (火) 22:34:04 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

氷忍者先生

TAOさま

スケート経験者の氷忍者先生が2008年の段階から浅田選手のルッツについて下記のような分析をしておられます。

>浅田選手の場合もそうだけど、NHK杯では深いアウトサイドから一度インになってから踏切り直前でまたアウトサイドを取り戻している感じだ。


このように浅田選手はスケート経験者から見ても最終的にはアウトで踏み切っている訳なのです。

※氷忍者でググッテください♪ ご参考にどうぞ(^^)

2015/11/10 (火) 22:59:58 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

それってルッツ?

ファントムさん

アウト→イン→アウトで跳ぶルッツ?それって重心がぶれているジャンプとしか思えませんが、それも国際試合で認定されるレベルのルッツだというのなら、趣味でやっている方の言及を根拠にして済ませるのでなく、より公式レベルのソースも明記しませんと。

しかも、著者自身がそういう形のジャンプがルッツだと主張している訳でもないのに、ご自身の主張にとって都合の良いところしか抜き取って引用しないのでは、情報操作にあたるし、引用された側も迷惑でしかないかと思います。

ただ、「氷忍者のスケート観(2)」はむしろ、浅田選手のソチまで「ルッツとトリプルアクセルにもがき続けた」経緯を冷静に記述しているところに価値があると思いました。(かなりの長文ですが)

2015/11/11 (水) 00:14:49 | URL | TAO #R6DZAwZw [ 編集 ]

お邪魔します

片割月さま、こんばんは。
真央さんが復帰して嬉しくて嬉しくて。
技術的なことも含め、皆様のコメントを拝見するのを楽しみにしてました。

3A 、美しかったですね。いくつかミスもありましたが、休養明けの大会で笑顔で終われたことはファンとして嬉しかったです。前みたいに悲壮感漂う感じがなくて、あぁよかった。
まあ初戦で悲壮感漂っても困りますしね。

衣装は好みの問題ですが、SP のは好きです!フリーのは真央さんらしいって感じですが、私はあまりすきじゃないんですよね。ラベンダーが好きじゃないのかな?
愛の夢とかノクターンとかのもあまり好きじゃないんです。いや、似合ってるとは思いますが。
こればっかりは好みですね。

荒川さんですが、解説でスローで振り返るときに、怪しいジャンプについては言及してませんか?
「私のところからは大丈夫に見えたのですがジャッジがどう判断するか」とか「もし心配があるとすればセカンドジャンプの回転が足りてないかも」みたいな感じで。
はっきりと指摘はしないけれど、ダメかもしれませんよ~みたいに言いますよね?
あ、明らかにダメなのははっきり言ってますよ。
だから、決まりました!って言うのは荒川さんの場所からは失敗ジャンプにみえなかったんじゃないかと思ってました。
だって荒川さん、普段はちゃんと予防線張ってますもん。

2015/11/11 (水) 02:15:20 | URL | ゆきりんこ #- [ 編集 ]

コンプリート・ルッツ

TAOさま

お返事ありがとうございます(^^)
2008年当時は、たしかにアプローチから着氷ラインまでが逆S字を描けていなかったのだが、今は描けている。
これは現地でトレースを確認すればわかる。
今季のルッツの良いところは両足滑走の時間をタップリとっているところであろう。
アシュリー・ワグナーがルッツを安定させたのは両足滑走によるアプロチーの恩恵が大きい。

次のNHK杯が楽しみである、コンプリート・ルッツはもうすぐ目前にきている。
NHK杯ではアテンションもしくはコンプリートであることを予想する!
TAOさまの予想はどちらですか?

2015/11/11 (水) 06:51:21 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

No title

お返事ありがとうございます。

SPの素敵なあなた、FSの蝶々夫人どちらも女性らしさを出したメイクが必要ですよね。

SPは衣装がローズピンクなので目元にピンクを入れてみたらいいかなと思います。
でも浅田選手は瞼が厚いのでピンクのアイシャドーだと腫れぼったく見えてしまうので、目じりのみ濃いピンクのアイラインを引くといいかなと思います。

別の案としてブラックラインを若干長めに入れ、目じりのみピンクの付けまつ毛を入れても可愛いと思います。(ビビットな色味でなく、濃いピンク)


この衣装に赤リップは個人的におばさん臭く感じるので、目元にカラーラインを入れるので口元は肌なじみのいいコーラルピンクでどうでしょうか?

FSは悲しげな雰囲気を出しながら大人の色気を出すと個人的に考えてますので、キムヨナ選手とまではいきませんがブラックのラインで、目じりを長めに引き軽くですが、パープルのラメ入りアイシャドウを入れるといいかなと思います。
SP同様赤リップは無しで(笑)

あと演技中に伏し目がちなところを作ってほしいです。
アイメイクも映えるし、なおかつ色気を感じるのではと思います。

浅田選手は本当に日本人顔なので凹凸が少なくぺらっとした印象になりがちなので、ベースメイクでシェーディング・ハイライトを入れるのも必要だと思います。


浅田選手は派手なメイクは似合うタイプではないので、ナチュラルに見せながらもポイントとして目元にカラーを入れる!
まつ毛はしっかりあげて、マスカラをきちんと塗る!

愛の夢のメイクはナチュラルで、チークもアイシャドウも入っていてとてもよかったです。

リップはナチュラルでいいと思います。
ヘアアレンジについては、FSは夜会巻きはとても言い安打と思います。
SPは全体的にまいて、逆くるりんぱなんてどうでしょうか?

くるりんぱを下からすると上に髪の毛がいくので自然にボリュームが出ていいと思います。

2015/11/11 (水) 09:22:01 | URL | nina #TUsryjuc [ 編集 ]

解説者とファンのレベル

片割月様

担当アナの度の過ぎた感情移入と、解説者の詰めの甘さは大方のファンのレベルを考慮したうえでの視聴率獲得のためのTV局の政策意図ではないでしょうか。 日本のフィギュア熱は異常ですが、彼らはスポーツファンではないと思います。 ですから、氷上のファンタジーを提供してくれればよく、細かい技術的なうん蓄はうるさいだけ。

CBCの一部をアップした人がいます。
CBCが一番!というつもりはありませんので。 念のため。(笑)
スタジオでのビデオを見ながらの解説で、そのためかテクニカルのことはあまり触れていません。
浅田選手
https://www.youtube.com/watch?v=CkDUdwtqWtI
こんな3Aだったらまたみてみたいですね。
解説のキャロル(この人がオータムクラシックの時、私の隣の席に一時座っていた。)の3Aの成功はトゥクタミシュワ選手に刺激されたのでは、というのに同意。 浅田選手にとって3Aは特別なジャンプでなくなった?

https://www.youtube.com/watch?v=1-YCbEnBSp4
これを見るとやはりLzはeですね。

これがジン君の度肝を抜かれる4Lz
https://www.youtube.com/watch?v=GZxyecw1snY

本郷選手
https://www.youtube.com/watch?v=8jWMfLO6J1I
しっかりした正確なジャンプのテクニックをほめています。

ラディオノヴァ選手
https://www.youtube.com/watch?v=Z9Fmqy78yc0
音楽のアレンジが素人っぽいですね。
キャロルが、”4分間を急いでさっと駆け抜けたプログラム”に同意です。 ジュニアに多い低空飛行ジャンプを”スピンジャンプ”と言っているのが面白い。
業界ではそういうのでしょうか。

ポゴリラヤ
https://www.youtube.com/watch?v=4-ub3kYS1f0
音楽をよくとらえるようになったー同意。
振り付けがスカートチェイサーの?モロゾフ氏。 色っぽくなったのもそのせい?は 下衆の勘繰り(笑)

   

2015/11/11 (水) 10:33:50 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

e

KanKanさま

こんにちは(*^^*)

<はアンダーの記号ですね(*^^*)

エラーの場合はeですよ(^_-)

2015/11/11 (水) 12:38:00 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

カウンター

TAO様、レスありがとうございます。
真央ちゃんのルッツはまだ完璧とは言えないので、しばらくはエラーとアテンションを行ったり来たりになりそうですね。
でも、彼女の苦手な事にかじりつく根性は見習いたいです(笑)。
得点訂正の幅については、やはり制限をもうけたほうが良いと思います。5点以内というのは女子シングルにはこのくらいかなというあくまで個人的な見解ですので、他種目にはまた別の枠があってしかるべきでしょう。
未確認で恐縮ですが、女子ショートで7点下げはおそらくめったにないのではと。
回転不足やエッジエラーの厳格化以降、破格の難度構成を実施した訳ですし、今回はジャッジの目視では破綻が見えなかったから44点出ていたわけです。
訂正の必要性は、テクニカルコントローラーが提示し、テクニカルスペシャリストとアシスタントテクニカルスペシャリストとの多数決で訂正するかどうかを決めるようです。
だから全員対象ではないです。
珍しい演技構成でジャッジも慣れていなかっただろうと推測できるんですが、あんまりギャップがありすぎるのはプロの仕事としてどうなの?と突っ込みたくなったわけです。
こんなのが常態だったら尚更ジャッジのスキルを疑います。
誤差は3点ぐらいでお願いしたい。

Tao様、療養中とのこと、お身体大切になさってください。
月姫のお部屋で暖かくも鋭いレスを楽しみにしてます。

2015/11/11 (水) 13:58:32 | URL | シジフォス #- [ 編集 ]

Re: e

ファントム様

ご指摘有難うございます。

私のポストにも e がつきますね。(笑)

2015/11/11 (水) 15:58:52 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

セナ君

シジフォスさま

ありがとうございます。(^_^)v

さすがはママ友の知り合いにセナ君のママのいるシジフォスさまですね(*^^*)

2015/11/11 (水) 18:22:16 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

ジャンプ・コーチ 長久保先生

https://www.youtube.com/watch?v=kegjnGANaXI

2:11 本郷選手の3Lz 


https://www.youtube.com/watch?v=7Yu85UCI-KQ

2:43 真央選手の3Lz


フリップ・ジャンパーの両選手のルッツの違いはわかるでしょうか?


わかった人は相当なスケートの戦略家である(^^)



答え

ルッツを跳ぶ位置が異なる訳です。

ジャンプ・コーチの長久保先生は戦略家であり審判員から最もルッツをちゃんと跳んでいるように見える所で跳ばせている!

ところが、スケーティング・コーチの信夫先生は最も正攻法な正々堂々とロングサイド前で跳ばせている!

真央選手・佐藤コーチ陣営はこれを見習い、跳ぶ位置の変更をすることを提唱したい(^^)

跳ぶ位置を変えるだけで選手にとってはプラスとなるのである(^^)V


2015/11/11 (水) 21:50:09 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: コンプリート・ルッツ


>ファントムさん

JOフリーと中国大会SPでのルッツを同等と見ているようですが、私には両方の映像を見返してもやはり中国大会のは、e判定されても仕方ないように見えます。JOフリーのはぎりぎりでアテンションの範囲に踏み留まっていると思うのですが、中国大会のはKan KanさんのUPされた映像を見てもこれはやはりeかな…と。また、JOは公式戦でないので、判定が甘めになったという可能性もあります。

>>コンプリート・ルッツはもうすぐ目前にきている。

これは「コンプリート」をどう定義付けるかにもよると思います。一回認定されればそれでOKという訳ではありません。認定される確率がどれだけあるか、です。

中国大会:SP…3Lz e/フリー…2Lz !
NHK杯:
GPF:
世界選:
(四大陸も?)

仮に今季の浅田選手が出場する国際試合が上述の4試合だとすれば、SPフリー共に一つずつ3Lzを入れているので、8回の機会のうち、(私の意見では)3Lzでのe判定を3回前後に留めることが出来れば、上々だと考えています(すでに1回eになってしまったので、あと2回になってしまいましたが)。!判定以上が常態になれば、大成功でしょうが、現時点ではそこまで楽観視は出来ないし、シーズンが終わってみないことには何とも言えないでしょう。

JOのも中国大会のもファントムさんには同じように見えるというのは、個々の見解は自由なので、それ自体は否定しません。しかし氷忍者さんの記事は、よく読んでみると氷忍者さんも浅田選手のルッツ矯正は一進一退で、決してうまく行っている訳ではないというご主旨ですね。7年前の、しかも他人の発言を引用してもあまり意味はないように思えます。

2015/11/11 (水) 22:17:51 | URL | TAO #R6DZAwZw [ 編集 ]

ジャッジングシステム


>シジフォスさん

お気遣いありがとうございます。おかげさまで、日常復帰も目前です。

得点訂正の幅についてのご意見、拝読致しました。実際のところ、自分も全種目のデータを参照した訳ではないので、カウンターからの点数訂正についてはどのくらいの幅が適正なのか、まだ結論は持っておりません。シジフォスさんの「誤差は3点ぐらいに留めて欲しい」も一つの見識ですし、また現場でジャッジングを受け持っている方々からもヒアリングしてみないことには、議論は進まないかもしれませんね。

私自身、20年以上手話通訳登録試験のジャッジングに携わっていますが、ジャッジングシステムというのは固定されたものでなく、時代風潮や社会変化に伴って常に変遷し続けるものだということを実感しています。最初は手書きで採点していたものですが、途中からコンピュータ入力に変わってきましたし、受験者の増加傾向と共にジャッジングに要する人員も増え、内容も高度になって来ました。なので、ジャッジングする側の苦労も分かるので(だからこそ安易な陰謀論に与するのは許せないという気持ちもあります)、そこまでタイトに要求するとジャッジングシステムのキャパシティを越えてしまうのではないだろうか、という危惧も正直あるのですね。

とは言え、評価する側も評価される側も「運命共同体」なのですから、お互いに納得出来るようなジャッジングシステムの確立に向けて、ファンも含めてさらに試行錯誤や模索が続けられていくことを望んでやみません。

2015/11/11 (水) 22:20:44 | URL | TAO #R6DZAwZw [ 編集 ]

Re: アテンション!

ファントム様、こんばんは^^

ガッハッハ(^^)

残念ながら、この投稿内容については、私の見解はファントム様とは大きな違いがあるようです^^:

真央さんは助走の段階では左アウトサイドで滑っていますが、
踏みきりの間際にややインサイドに変わっていると思います。
身体の軸も右に傾斜していると思います。

ルッツであれば )の軌道になるのが、踏みきり間際に急激に ( に近くなっていると思います。
つまり、フリップの軌道っぽくなっていると思います。

「!」でも「e」でも構わないのですが、いずれにせよ、正しいルッツジャンプの跳び方ではないと思います。

>これは技術審判の先入観によるものであろう(^^)

イエイエ、技術役員は過去の滑りは関係なく、現に、今遂行された技をただ判定・評価していると思います。

100歩譲って、仮に、先入観があるとするならば、

そのような先入観を持たせる真央さんの方の問題の方が大きいと思います。

要するに、技術役員に文句言わせない正しいルッツを跳べば良いのです。

甘い判定でエッジエラーを見過ごされるか、「!」であるよりも、
今回「e」を貰ったことで、むしろ、真央さんは改めて教訓を得、正しいルッツを跳ぶ意欲を高めたと思います。
災い転じて福となすのが、一流スケーターと思います。

それと、私は審判の判定は尊重し受け入れる考え方を基盤に置いています。

審判とて人間ですからたまにミスもあるでしょうけど、悪意や害意による意図的な判定だとの証拠が無い限り、
私は審判の判定を受け入れます。選手達だって、受け入れているのだから。

2015/11/11 (水) 23:39:16 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

世界のタチアナ先生

TAOさま

お返事ありがとうございます。

7年前は、くしくも世界のタチアナ先生についた頃ですね♪

真央選手のコンプリート・ルッツをご覧ください(^^)V

https://www.youtube.com/watch?v=rJHNpasEhf4

3:22 コンプリート・ルッツ ☆☆☆

世界のタチアナ先生の解説もご参考にどうぞ(^^)

2015/11/11 (水) 23:44:11 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: 後だしジャンケンジャッジシステム

シジ小姉、こんばんは^^

>後だしジャンケンジャッジシステム

なるほど、小姉らしい目の付けどころと、ユニークなネーミング!
必ずGOEがマイナスになるようにするミスについては、ジャッジはテクニカルパネルに従わないといけないルールだものね。

>ビデオ判定の修正減点は最大5点までと制限すべきでしょう。

減点7点の半分は、回転不足とエッジエラーに伴う減点ですから、
残り半分がジャッジの「後だしジャンケン」によるものと考えられます。

このくらいは、「せわあ~ない」と思いますが。。。どうでしょうか^^:

2015/11/11 (水) 23:49:33 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

骨格

月姫さま

>いずれにせよ、正しいルッツジャンプの跳び方ではないと思います。

人は生まれながらの骨格によってルッツ・ジャンパーとフリップ・ジャンパーに分かれるものである。

フリップ・ジャンパーには、フリップ・ジャンパーなりの認定ルッツがある。

坂本花織選手や本郷理華選手の認定ルッツジャンプがこれにあたる。

従って浅田選手も無理をせず、これを目指せば良い訳である(^^)

2015/11/12 (木) 00:00:24 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: 新生・浅田真央

うめきゅー様、お元気でしたか。お久しぶりです^^

>真央ちゃんのショートプログラム良いですね。

私もどちらかと言えば、フリーよりショートの方が良いと思っています。

「振り付けについては、ローリーはショートの方が良く、タラソワさんはフリーの方が良い」
という多数の真央ファンの意見は、ごもっともかもしれません。

>ザアイスでコストナーやロシェットとコラボプロを演じたのは、ローリーのプログラムを大人の女性らしく演じる上でプラスになったのではないかと想像します。

あ、なるほどね。これは気がつきませんでした!

衣装と料理は、好き嫌いが分かれ易い「二大カテゴリー」ですから、色々な意見があるのは当然ですよ^^

>袖なしの方が良いな〜。

一理あります。フリーの衣装との兼ね合いも考えますと、有り得る意見ですね。

それにしても、背中がガバッと開いて素肌出しとは大胆ですね(@_@;)


>和風のドレスという形に上手く落とし込まれていて

ある程度は私もそう思うのですが、やはり、胸元が開き過ぎじゃないかしらね?…とこだわる私^_^;

>二年ほど前にこちらのコメント欄でリプニツカヤはたぶん太りやすい、ラジオノワは背が伸びて苦労しそう…と予想したのが今年に入って的中してしまいました。

凄い眼力!恐れ入谷の鬼子母神m(__)m

2015/11/12 (木) 00:04:30 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: スケーティングの醍醐味

TAO様、お久しぶりですね^^

お元気に回復されて良かったですねヽ(^。^)ノ

「スピード」に関するTAO様の見解に概ね共感出来ます。
スピード+コントロール、というのが私の意見ですが、
MAXからMINまで、は更に踏み込んだ見方で、なるほど、と思いました。

>MAXからMINまでのフットワークがシームレス(継ぎ目のない)かつ軽やかなので

はい。私は単純に、自然に流れるような滑らかスケーティングと言っておりましたが、ほぼ同じことを
TAO様は精密におっしゃっているのかしらね。

ルッツジャンプは、フリーよりもショートの方がより難しくなりますからネ。。
何とか、今期中にクリアして欲しいですね。

2015/11/12 (木) 00:12:48 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: チェンジ・スリー

ファントム様、ありがとうございます^^

ジャンプやスピンについてはともかくとして、

「ターンのマイスター」のターン分析と判断には一目も二目も置いている鬼姫、おっと、月姫でありんす。

果たして、チェンジエッジになってしまい、スリーになっているか、勉強いたしますね。

ショートではレベル4が取れたのに、フリーではレベル3だったのは、これが原因かもしれませんね。

大抵の選手にとっては右足より苦手な左足のターンだから、ミスが起きやすいのかしらね。

真央さんもパトリックも、左足でもスイスイとターンするのはさすが、なんでしょうね。

2015/11/12 (木) 00:32:18 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: お邪魔します

ゆきりんこ様、こんばんは^^

>まあ初戦で悲壮感漂っても困りますしね。

おっしゃる通りです。

ただ、一つ気になることと言えば、
真央さんはフリーの冒頭から何故、あのような陰気な表情を見せるのか分かりません^^:

フムフム。。。ゆきりんこ様は紫系統の色の衣装はあまり好みではないと(^o^)

お花はどうですか?紫系統のリンドウやキキョウなどの類は。私は大好きなんですよ^^

荒川さん、確かにゆきりんこ様のおっしゃる通りの解説もしていますね。

が、今回は、スロー解説でもルッツのエラーには触れなかったですよね?

失礼ながら、織田君ならまだしも、荒川さんのように賢くて、解説のベテランが、どうして?

と思ってしまいます^_^;

2015/11/12 (木) 00:45:52 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: No title

nina様、こんばんは^^

そうか、あれは紅梅色(私が勝手に名付けた)ではなく、ローズピンクだったんですね(^^ゞ

うわ~ッ、さすがですね。

アイメイクについても、アイデアの引き出しの多いこと!!\(◎o◎)/!

>浅田選手は派手なメイクは似合うタイプではないので、ナチュラルに見せながらもポイントとして目元にカラーを入れる!
まつ毛はしっかりあげて、マスカラをきちんと塗る!

フムフム。。なるほど!真央さんに良さそうですね(^^)

>くるりんぱを下からすると上に髪の毛がいくので自然にボリュームが出ていいと思います。

もっぱら、ショートボブであっさりと決めるしか能の無い私には浮かばないアイデアです。

フィギュアスケーターには、役者さんのような専門のメイクさんが付いていないようで、
自分で考えて、自分でメイクしているようですね。

お母様が美容師という高橋大輔さんは、ヘアメイクが素敵でしたね。

カナダTVでフィギュア解説をしていたトレイシー女史が、
「最近知ったんだけど、ダイスケの母親はヘアドレッサーだって!これって、アンフェアよ!」と
ジョークを飛ばしていたのを思い出します。

スケート連盟ももう少し配慮してあげれば良いと思うが、どうなんでしょうね。
メイクも演技構成点の評価に全く無関係とは言えないでしょうから。

2015/11/12 (木) 01:18:25 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 解説者とファンのレベル

kan kan様、こんばんは^^

よく、これらの動画を見つけてくれましたね!ありがとうございます。

真央さんの3ルッツは、やはり、「e」か。贔屓目で甘くして「!」。
少なくとも、正しいエッジとは言えないでしょうね。

3Aについては、ライバル選手がいた方が刺激になってプラス効果、相乗効果になると思います。

真央さん、3Aのジャンプに以前よりも、高さが出て来たように見えますね。報道にあった筋力トレーニングの効果?

ラジオノワさんのタイタニックの編曲について、私の指摘した通りね<(`^´)>
あれは、ヘンですよ。どう聞いても。

パゴリラヤさんについてもほぼ<(`^´)>

2015/11/12 (木) 01:44:21 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ジャッジングシステム

後だしジャンケンシステムは、ファンからすると、なーんだ!って気分にさせられ、
なんだか、ちょっと、騙し打ちに会ったような心持にさせられますね。

しかし、ジャッジングにより正確性、精密性を持たせようとすればするほど、後だし式になるのかもしれません。

柔道やレスリングでも、主審が技を判定しても、ジュリーだったかがビデオ判定すれば覆りますが、
これも、立派な後だしジャンケンですね。

しかし、この方がより正確な判定になり、ミスジャッジや不審な判定を激減させる効果がありますし、
選手にしても、最終的には納得するシステムでしょう。

フィギュアの場合、アンダーローテかダウングレードかは得点上、天と地の差があり、
片手を突いた程度なのか、転倒なのかも、得点上、大きな差があります。
これらがビデオで時間をかけてチェックして判定が決まれば、
ジャッジはGOEに大幅修正を迫られるのは、やむを得ないと思います。

選手も観客も、万人がほぼ納得するような理想形のシステムは難しいですけどもね。

2015/11/12 (木) 01:59:34 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

演出と衣装

片割月様

>フェルナンデス選手の髭に ディダクション+1
は、マイナスじゃなくてプラスですよ。^^
(って、どこに加点するのか)

いまのところワールドの表彰台候補は髭の薄いアジア系ばかりのようなので、髭の二枚目プロはフェルナンデス選手の独壇場でしょう。(ブロンドの髭は迫力がないし)

芝居の巧さは「スポーツ競技」としてのフィギュアスケートに要求される要素ではありませんし、採点には直接関係ありませんが、羽生選手もチャン選手も役者としては大根なので、こういう方面はどうしてもフェルナンデス選手に期待してしまいます。
二枚目プロのバリエーションも、正統派だけでなく悪党や女たらしなどアジア系の選手には到底無理そうなキャラクターでもフェルナンデス選手なら似合いそうです。
フェルナンデス選手のコメディはもう見飽きたという意見も多いようですが、一流振付師が彼のような芸達者な選手にコメディを演じさせようと思う気持ちはよくわかるのです。

テン選手も芝居が巧い(自分でない他人のキャラクターを演じて説得力がある)と思いますが、小柄なうえ典型的なアジア系の容姿なので似合う役柄は限られるでしょうね。


浅田選手の衣装はショートもフリーも色は悪くないですが、逆三角形の上半身を強調するデザインなのがイマイチです。
胸元は詰めたほうが良いと私も思いますが、詰めると逆三角形がさらに強調されてしまうので、袖の部分だけシースルー素材にするのはどうでしょう?
肩から先が透けて見えるようにすると、肩幅が目立たなくなり、腕の長さやきれいなラインが強調されて良いのではないかと。
衣装の中ではEXの男装が一番似合っていたと思います。
普通は身長が170cmくらいないと男装が様にならないものですが、脚が長いからでしょうね。


ちなみに浅田選手のルッツは体の重心が右に傾いているので、「どちらもe」に一票。
誰がどこから見てもクリーンなルッツを跳ぶ選手が存在する以上、あれを認定したのでは公平という点で問題があると思います。

それにしても、男子シングルのファンも採点にあれこれ言いますが、回転不足やエッジエラー判定にまで文句を言う人はほとんどいないので(羽生選手がたまに取られるFのアテンションに異議を唱える人はまだ見たことがない)、この現象は興味深いです。

2015/11/12 (木) 09:13:04 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

募集中

アテンションに一票のかた募集中(^_^)/

誰でもいいから清き一票を~♪(#^_^#)

2015/11/12 (木) 12:34:00 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

目視力

ファントム様
お声がけありがとうございます。
セナくんは天性のステッパーですが、お母様も素晴らしいステッパー(バレエの)です~、血筋もあるのでしょうね。
以前見たセナママのガムザッティは素晴らしかったです。

真央ちゃんがルッツをコンプリートと認められるには、諦めない研鑽は勿論、軌道等の工夫があるとなおよいでしょうね。
今回はビデオ判定する前はジャッジ目視で多分アテンションだったので、
目視では殆どわからないところまできているのは確かなのですから。
飛んでも飛んでも認められないルッツに挑み続ける姿には、なんか泣けてきますけど、自分も頑張ろうと励まされますね。

ファントム様はピアノの名手だそうで、革命もスケルツオも弾きこなされるとか…裏山
私も下手の横好きで四半世紀のブランク経てレッスン再開し足掛け五年たちます。
元々速いパッセージが苦手ですぐ指が縺れてサッパリです。
ショパンはおろか、ベトやモツにも苦戦(>_<)
心が折れそうになるし、どうせ私なんかというイジケ虫がムクムク頭をもたげますが、真央ちゃん見ると「練習しよっと」と前を向かせてもらえます。

やっぱハノンをもうちょい真面目にやるっきゃないですかね。39番

2015/11/12 (木) 13:45:05 | URL | シジフォス #- [ 編集 ]

続き

すみません、ガラケーからだと切れちゃいました。
ハノンは39番ばっかりしか最近やってない横着者なもんで、だからいつまでも速いのが苦手なんだろうな~。反省、です。

2015/11/12 (木) 13:52:54 | URL | シジフォス #- [ 編集 ]

TESカウンター

はじめまして。どうしても気になったので。以前、Jsportsで放送されたジャッジングシステム解説番組で、岡部さんが実際の試合を見ながら、テクニカルスペシャリストの実演をして下さいました。各エレメンツの後、何が実施されたかをコールするのですが、ジャンプでしたら「3A」「3F、3Lo、コンボ」ように種類を、スピン、ステップに対しては種類とレベルをコールしていました。そして、回転やエッジ、ポジション、ターンなどが怪しい場合は、エレメンツをコールした後に、「レビュー」とコールしていました。レビューをコールしたものについては演技後に確認する、ということだったと記憶しています。そこから推測するに、演技中のカウンターの値は、コールされたエレメンツの基礎点とジャッジが付けたGOEからなっており、UR、DG、e等の判定前の値ではないかと。演技後、レビューの結果を受けてカウンター値が変わるので、アウトのエレメンツが多ければ基礎点が大きく下がるため、下げ幅は大きくなります。

2015/11/12 (木) 16:10:37 | URL | 夕凪 #.S2GIkps [ 編集 ]

エッジ判定の境界


自分なりのゾーン分けですが、

①認定ゾーン
②グレーゾーン[+]アテンションと認定を行ったり来たり
③グレーゾーン[-]エラーとアテンションを行ったり来たり
④エラーゾーン

の4ゾーンになると思います。浅田選手のルッツは今のところ③で、今後の目標は③から②に上げることなんでしょう。

図を作成してみました。

http://s1.gazo.cc/up/161884.jpg

このように、浅田選手はアテンションという境界線のすぐ下にいるという感じです。浅田選手のルッツ矯正について私自身は楽観視出来ませんが、それでもこのラインを乗り越えることが出来れば、やはり感動するでしょうね~

2015/11/12 (木) 18:50:58 | URL | TAO #R6DZAwZw [ 編集 ]

60番

シジフォスさま

こんばんは。
お返事ありがとうございま~す(^^)

セナくんのステップ、超カッコ良いですね☆
バレエも一緒にやっているとパトリックみたいにバレエ的なスケートが出来て良いですね♪
ガムザッティのバリエーション素敵ですね。

わたしはバレエのパではデベロッペとアントルラッセが得意で~す♪


ハノン39番の音階練習は、ハノンの中で一番大事な基礎なので、いっぱい弾いてくださいね♪

わたしは、41番のアルペジオも好きです♪
最も弾きがいのあるハノンは最後の60番で~す♪

2015/11/12 (木) 20:59:52 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

トウをつく位置

片割月様、皆様こんばんは。

以前から思っていたことなんですが、浅田選手はルッツを跳ぶときトウをつく位置が離れすぎているように感じるのです。
あのくらい離れていると体を締める又は左足を引き寄せる際、インエッジにどうしてもなってしまうような気がします。

ですが何故かフリップを跳ぶときはルッツよりトウをつく位置が近いんですよね。

なんかそう考えると思ったより簡単に修正できることではないかもしれません。彼女が挑み続けることには異論はありませんが、もっと根本的にルッツ攻略法を考える必要がありそうです。

ネガティブ発言に終わりそうですが、実は中国杯フリーではトウの付く位置がショートより近いように見えました。試合中ですら安全策を取らず試行錯誤したように思え、さすが浅田真央と思いました。

皆さんどう思われましか?

2015/11/12 (木) 21:41:57 | URL | 藍色 #- [ 編集 ]

訂正です。

どう思われましか?

どう思われますか?

2015/11/12 (木) 21:48:39 | URL | 藍色 #JalddpaA [ 編集 ]

着く

藍色さま

トウは付くではなく ”着く” ですよ(^^)
 

2015/11/12 (木) 21:54:10 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

真央選手のコンプリート・ルッツ

https://www.youtube.com/watch?v=NAK0j7Ioef8

3:15 真央選手のコンプリート・ルッツ ☆☆☆


フリップ・ジャンパーがルッツを跳ぶ際の理想的なコンプリート・ルッツのあるべき姿を具現化したジャンプ!

2015/11/12 (木) 22:18:34 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

失礼しました。

すいません。誤字脱字だらけです。

目が悪いせいか、それとも指ももつれているのか。

PCをよく使う仕事なのに、家でもフィギュアスケートに夢中でPCとにらめっこしてたら目が真っ赤だよと家族からダメだしくらうのですが・・・

しかもピアノも再開組なのですが、仕事中毒なのでさっぱり進みません。私のほうこそ戦略練らなきゃいけない状況ですよ。トホホ。

2015/11/12 (木) 22:20:59 | URL | 藍色 #JalddpaA [ 編集 ]

基本

藍色さま

こんばんは♪

打ち間違いだったのですね(^^)

了解です。

フリップもルッツも右のトウは、できるだけ遠い位置にトウを着くのが基本なのですよ(^^)v

ただ違う点は、フリップでは左の真後ろに着きま~す♪

2015/11/12 (木) 23:24:50 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

ショパン&ベト&モツ

p.s.

ピアノ再開良いですね♪

シジフォスさまは、ショパン&ベト&モツを弾かれるみたいなのですが、藍色さまは、ショパンとベトとモツだと、どの作曲家が好きですか?

2015/11/12 (木) 23:49:32 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: 骨格

ファントム様、こんばんは^^

う~ん、骨格か癖か指導法による影響か、様々な要因があるでしょうから一概には言えないかもしれませんね。

真央さんのルッツは、「!」で済めば良し!というのが私の意見です。

彼女には他に強みがいくらでもありますから、これで十分に4度目の世界女王になれる力がありますよね。

2015/11/13 (金) 02:39:04 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 演出と衣装

ドロンパ様、こんばんは^^

>ディダクション+1 は、マイナスじゃなくてプラスですよ。^^

ディダクション+1って…それって用法が矛盾していません?(笑)

ドロンパ様の「役者論」、興味深く拝読いたしてござりんす!

コミカル、といえば、ハン・ヤン君もこのパターンですね。
彼の場合、体型や風貌からしてその素質?がありますが、ドロンパ流に言えば、
やはり、典型的なアジア人体型なので、守備範囲には限りがありそうですね。

羽生君は…「大根?」とは思わないけどなあ。まだ未熟かもしれませんが美味くなる資質はあるかと。

>肩から先が透けて見えるようにすると、肩幅が目立たなくなり、腕の長さやきれいなラインが強調されて良いのではないかと

ああ、なるほどね。。。
真央さんは「張り肩」な方だから、逆三角形になるのね。

エッジエラーの問題は、ドロンパ様ならばそう言うだろうな、と予想していましたよ(^^)
まあ、私も基本的に同じ意見ですが。

>回転不足やエッジエラー判定にまで文句を言う人はほとんどいないので

私の知っている例では、ソチ五輪シーズンのNHK杯のショートで織田君の4Tが回転不足を取られました。
その時には文句を言う人はいましたね。そのくらいかな。

男子の場合は大技が多く、ジャンプの数も1つ多いので、回転不足やエッジエラーのマイナス影響が女子よりは小さい、
ということもあるんじゃないでしょうか。

その代り、演技構成点については、女子に劣らず文句が多いですね。
パトリックや羽生君の高評価に文句をつける例は少なくないようです。

2015/11/13 (金) 03:20:15 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: TESカウンター

夕凪様、初めまして^^

はい。TESカウンターの件、ありがとうございます。
私もJスポで岡部さんの解説を見ましたよ。ただ、記憶はボンヤリとしてしまっていましたが^^;

夕凪様(素敵な源氏名ですね)は実に良く覚えていらっしゃいますね。勉強されていますね。

このシステムが理想かどうかはともかく、結果的に「後だしジャンケン」状態にはなります。
ジャッジは技術役員によるレビューの結果前にとりあえず、ジャッジなりの判定にもとづき、GOEをつけるわけですから。

「レビュー」とコールされたエレメンツについてはジャッジにも知らせ、ジャッジがGOEを保留にし、
レビュー結果が出てからGOEをつければ「後だし」は無くなるのでしょうけど、
それだと、ジャッジの判定能力が鍛えられないでしょうね。
ジャッジはジャッジで回転不足やエッジエラーの黙視判定能力をアップする必要があるでしょうから。
ジャッジの中には、テクニカルスペシャリストを目指している人も多いでしょうし。

2015/11/13 (金) 03:36:34 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: エッジ判定の境界

TAO様、こんばんは^^

ゾーン分けとその図まで作成されるとは、熱意がありますね!凄いわ。

私としては、ゾーン①を期待しますが、ゾーン②でも十分です(^^)

練習ではかなりの手ごたえを得ているそうですから、何とか!

2015/11/13 (金) 03:43:08 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: トウをつく位置

藍色様、こんばんは^^

トゥをつく位置ですか!藍色様も実に良く見ていますね(@_@;)

う~ん、私には良く分からないわ(^^ゞ

2015/11/13 (金) 03:51:06 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 真央選手のコンプリート・ルッツ

ファントム様。

懐かしい映像ですね^^

この前のシーズンではルッツは「e」を取られまくっていました。
タラソワさんのもとで、懸命に矯正に取り組んだ効果か、このシーズンではかなり成功していましたね。

しかし、ショートのステップからの単独ルッツより、フリーで跳ぶルッツの方がまだ楽なのに、
何故このシーズンのフリーからルッツを外してしまったのか不思議でしたし、残念でした。

2015/11/13 (金) 04:19:04 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: うーん

〇〇様。

その辺りの兼ね合いは私も心得ておりますので、ご安心下さいませ^^

2015/11/13 (金) 04:23:32 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

動画でいろいろお勉強

ファントム様、おはようございます。

今のマイブームはモツです。
ピアノコンチェルト・ピアノソナタのブームがおきてます(私の中で)

以前は断然ショパンとベトを聴く回数のほうが多かったのですがYoutube等の普及でCD等を購入しなくてもサンプルに聴いてみることもできて、便利な時代になりました。

トゥ問題、もしかしたらルッツを跳ぶとき慎重になっているせいかもしれないとも思いました。そうすると前傾姿勢が若干深くなり、少し離れてしまって引き寄せる動作も長くなりジャッジのチェック対象になりやすくなる・・・みたいな。

私も以前は片割月様と同じように!で御の字と思っていたんです。
ただ闘志に燃えている浅田選手を見るとぜひ認定の領域に到達してほしいと思っており、浅田チームにはなんとか頑張ってほしいものです。

2015/11/13 (金) 07:36:47 | URL | 藍色 #JalddpaA [ 編集 ]

「フラット」という現象は実際にはめったに起こらない


何をやっても「自分」になってしまい、「自分」以外のキャラクターを演じられないのは役者としては大根でしょう。
羽生選手はダンサーの資質があると思いますが、「芝居」をしているわけではないので役者としては今のところまだ大根の域を脱却していないと思います。
スケーターなのですから別に大根でも全然問題ないですが。

カートが男子選手に振り付けたEXを見ると、その選手の役者としての資質をカートがどのように判断しているかを推測できて面白いですよ。


エッジエラーについてですが、「フラット」というのは厳密には体の重心がブレードのわずか数ミリの幅の間に収まっている状態のことを指すので、現実にそうなる可能性は限りなくゼロに近いです。
浅田選手の身長であれば、角度にしてわずか0.2~0.3度くらいでしょうか。

実際のジャンプはほとんどすべてインかアウトのどちらかですが、
「疑わしきは選手の有利に」
ということで重心がわずかでもアウトエッジの外側にあると判断されれば認定されているはずです。
アテンションは基本的に
「(現実にはほとんど起こりえないが)フラットに見えなくもないエッジエラー」
というジャッジのお目こぼしでしょう。

動画を見る限り、浅田選手のルッツと本郷選手のルッツは重心の傾き方(エラーの程度)がかなり違うので、同じものとして扱われるのは迷惑だと思いますし、本郷選手のファンの顰蹙を買う恐れもあります。

ちなみに以前、浅田選手の3Aが回転不足になるたびに
「男子の○○選手の3Aや△△選手の3Aが認定されたのなら、浅田選手も同じ跳び方なので認定されるべきだ! 浅田選手が回転不足ならこれも回転不足だ!!」
などとわけのわからない難癖を付ける輩が湧いてきましたが、浅田選手と同じようなフォームで3Aを跳ぶ男子のトップ選手など存在しませんし、合理的な根拠のない言いがかりが非常に不愉快でした。

シニアのチャンピオンシップでエラーがどうの、回転不足がどうのという低次元の問題で侃々諤々やるのは本当にげんなりするので、個人的にはエラージャンプは0点でよいと思います。

エラーがごく軽微で本当にフラットに見える場合、例えばスケカナの村上大介選手のようにアテンションがついても最終的なGOEがゼロまたはプラスになっているケースは、男子の場合はときどき見かけます。

2015/11/13 (金) 09:41:38 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

No title

今まであんまり踏切違反のところを注意して見ていなかった私ですが、中国杯の女子ショートを見て、アウトに乗っていても跳ぶ直前にフラットになった本郷さん(!)、内側に傾いた浅田さん(e)、最後までアウトだったラジオノワの違いがよくわかりました。

片割月さんは、盲目的な真央ファンではないので、私は真央ファンじゃないけど、おじゃましました。
テレ朝の放送は真央ちゃんびいきが過ぎるけど、翌日の大新聞(朝日、読売など)は、ちゃんとスタート時間の遅れや、踏切違反、回転不足のことは書いていたので、新聞を読む年寄り世代の人もわかったようです。ネットのニュースもたまに印象操作していると感じます。若い人は新聞を取らない人もいるようなので世の中おかしくならないか心配です。ま、新聞も政治面や国際面で、各紙論調が違うこともあるかもしれませんが。

2015/11/13 (金) 11:09:51 | URL | ルカ #HuCHHjgA [ 編集 ]

真央選手のコンプリート・ルッツ、その2

https://www.youtube.com/watch?v=CMh47os_TFE

1:38 鮮やかな、真央選手のコンプリート・ルッツ、その2

完璧である(^^)v

解説の八木沼さんも「綺麗に決まりました」と即座にコール!

このように解説者は、決まった時は自信をもってコールするのである♪

解説者はトップ・スケーター経験者であり、いつでもN級審判員になれる優れた眼力の持ち主であることは言うまでもない♪

2015/11/13 (金) 20:52:54 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

ステップ・ナンバー1

>アイスダンスのトップ選手は皆、超天才になってしまいますよ(^^)

月姫さま

アイスダンスの靴は、かかとの上に大きな切れ込みが入っておりブレードのロックもブレード長も、シングルとは全く条件が異なります(^^)V

ですので真央選手はナンバー1天才ステッパーなのです♪

今回のフリーでステップのレベル4は12人中5人、その5人の中でもずば抜けた加点を得たのは、他でもない真央選手なのです♪

2015/11/13 (金) 22:12:28 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: 動画でいろいろお勉強

藍色様、こんばんは^^

>今のマイブームはモツです。

そうですか!
私の好みではモーツァルトのソナタはそれほどでもないのですが、
ピアノ協奏曲は好きな方ですよ^^
年齢、気分等により好みは変わりますが、私は昔も今も「27番変ロ長調」が一番好きです。
シンプルでナチュラルな楽想ですが、ジワジワっと来るものがあって。
藍色様は何番がお好きで?

3ルッツ…認定され、GOE加点がしっかり貰えるジャンプが跳べたら、これもちょっとしたニュースになりますね。
バンクーバーー五輪以後、ずっと矯正に取り組んで来て、25歳にして成功させたら凄いことです。

2015/11/13 (金) 22:19:37 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 「フラット」という現象は実際にはめったに起こらない

ドロンパ様、こんばんは^^

>何をやっても「自分」になってしまい、「自分」以外のキャラクターを演じられないのは役者としては大根でしょう

私とドロンパ様とでは、「大根」の感覚が違うようですね^^;

例えば、吉永小百合はどの役柄を演じても、「吉永小百合」以外の何者でも無いと思うのですが、「大根」とは思わないです。
人気ほどには演技が上手い女優とは思いませんけども。

私の感覚はごく単純でして、要は、見ていてわざとらしさや不自然さがさほどなければ「大根」には入りません。

「A選手のジャンプがオッケーなら、(私の応援している)B選手もオッケーであるハズだ」式の文句は
しばしば見かけますね。
次に来るのが、そのテクニカルスペシャリストはB選手を狙い撃ちしている、言い掛かり的判定だ、と来ます。
で、最終的には、このテクニカルスペシャリストは「買収」されているとかの八百長論へと進みます。

「溜飲低下装置」」としての「陰謀論」ですね(^^)

2015/11/13 (金) 22:34:38 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

モツ

>動画でいろいろお勉強
>ファントム様、おはようございます。

>今のマイブームはモツです

はい、藍色さま こんばんは♪

お返事ありがとうございます。

わたしはモツだとピアノソナタ第8番を弾きます♪
モツの数すくない短調の曲なので好きです♪

ですのでMOZART K. 310 モーツァルト ピアノソナタ第8番イ短調をお聴きください♪

https://www.youtube.com/watch?v=60gfzTQsOWE

藍色さま素敵な週末をおすごしください♪

2015/11/13 (金) 22:34:39 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

短調

片割月様、ファントム様 こんばんは。

最近は珍しく早寝を心掛けていた私ですが、フィギュアシーズンになって夜更かしが再開してしまいました。

さらに秋の夜長ではもうありませんが、クラシック音楽を聴いていますと興奮して眠れません。 (^^)
普通は眠くなるはずですが・・・。

ファントム様、短調お好きなんですね。
実はモツの中でも今短調の曲に注目しています。
ピアノソナタ8番は私も好きです。

ということで片割月様。
ピアノコンチェルトも短調に注目しておりまして、20番と24番を最近は聴いております。片割月様おすすめの27番も週末に聴いて仕事中毒を一時中断して落ち着こうと思います。

2015/11/13 (金) 23:22:18 | URL | 藍色 #JalddpaA [ 編集 ]

"名曲は短調にあり"

藍色さま

こんにちは。
お返事ありがとうございま~す(^^)

>ファントム様、短調お好きなんですね。

はい、"名曲は短調にあり"ですね。

ですので、ショパンの"幻想即興曲"をルービンシュタインの演奏でお聴きください♪

https://www.youtube.com/watch?v=58BIKTkBphk

藍色さま 素敵な週末をお過ごしください♪

2015/11/14 (土) 17:36:13 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

R.60番

ファントムさま
ハノンの41番でアルペジオ番長、60番で三度プラス一度のトレモロ番長を目指す!わけですね♪
今、ベトソナ16番レッスン中で、これの仕上がり如何でワルトシュタインのレッスンつけてもらえるか決まるようなので、いつになく真面目に弾きこんでおります。
ベト16番はニ長調で基本明るいんですが、展開部で短調になる箇所がお気に入りです。
中期ソナタの中では地味な存在ですが、ベトらしいフレーズ満載で勉強するには面白いですね。
自分的に難所が沢山で弾ききるにはハードル高いけど、ワルトシュタインに向けてがんばります。

2015/11/15 (日) 00:57:32 | URL | シジフォス #- [ 編集 ]

ワルトシュタイン

シジフォスさま

は~い アルペジオ&トレモロ番長です♪

ベトソナ16番はピアノとフォルテの繰り返す曲なので良いですね
8ページなので良いですね


ワルトシュタインは14ページあります

14小節~16小節目の粒を細かく弾くの処で♪
36小節の強弱は特に哀愁をおびる音階で右の小指を効かせます♪
80~81も好きで93も好きです♪
ベトはアルペジオが多くて小指を効かせたりします♪
142は左をギターのように細かく粒をそろえて弾きま~す♪
右と左をやまびこのように152に向けてだんだん効かせます♪
UCペダルで音を抑えて弾きます♪
174は一番基本です、最初の14と同じですが1個目の音をオクターブのパンチを効かせながら2音目からは一気にPPになってUCペダルで弾きます♪
いかにハノンを練習しているかが出る曲です♪
182のオクターブも好きで♪
196のオクターブのメロも好きです♪
223の左のスタッカートは効かせどころ♪
243-8はロマンチックに弾きます♪
255-8からは山場です♪
272-5も効かせかせどころで良いですね 和音のオクターブの左をSFにします♪
295 も基本の効かせ処です♪
299は音階が良いですね 腕の見せ処です♪
300-302 は和音で一番の決め処です♪

お手本にバックハウスのワルトシュタインをお聴きください♪

https://www.youtube.com/watch?v=F4Hgx5iqrq4

2015/11/15 (日) 01:57:18 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

R.ワルトシュタイン

ファントム様
ワルトシュタインのアナリーゼありがとうございます。
バックハウスの演奏はずっと座右です♪
でもまずは16番を完成度高めないと、師匠のゴーサインが出ないだろうし。
ユニゾンカデンツァムズい~(>_<)

2015/11/15 (日) 09:39:12 | URL | シジフォス #- [ 編集 ]

ベトソナ16

シジフォスさま

こんにちは♪
お返事ありがとうございま~す(^^)

ベトソナ16は、おもいっきり弾くとひくとすっきりしますね♪

お手本にアシュケをお聴きください♪

https://www.youtube.com/watch?v=PTJy2nFFXpo

アシュケ動画1:05  72小節-74小節 左を効かせます♪
アシュケ動画2:02 136小節 ユニゾンをきっちり弾きます♪
アシュケ動画5:36 282小節からのユニゾンは意外ときっちり弾くのは難しいですね♪

シジフォスさま 素敵な日曜日をお過ごしください☆☆☆

2015/11/15 (日) 11:32:08 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

ベト16

ファントム様
ベトソナ16のポイントまでありがとうございます(^o^)/

明日の昼からレッスンで、仕上がりを見てもらうんですが、ワルトシュタインにつなげられるかどうか…。

あと、バッハ シンフォニア15番も合格もらえるかどうか…。指がもつれませんように。。。

2015/11/16 (月) 21:23:07 | URL | シジフォス #- [ 編集 ]

エッジエラー


片割月様(コメントの返信はお気遣いなく)


ゴールド選手のエリック杯の3Fについての私見です。

映像を見る限り、エッジはアウトに傾いているので私ならエラーと判定します。
ただし、eにするかアテンションにするかは迷うところです。
ゴールド選手の場合、重心の傾きはインでエッジだけがアウトだからです。

ちなみに数年前、田村コーチが判定に文句をつけた宮原選手のルッツも、重心の傾きがインでエッジがアウトでしたが、このルッツはエラーと判定されています。
私は力学的な観点からエッジの傾きよりも重心の傾きを重視していますが(重心の傾きがエラーならeが妥当)、おそらくテクニカルパネルも何らかの理由でエッジよりも重心の傾きを重視しているものと推測できます。

個人的には重心とエッジのどちらか一方でもエラーならばeにしたいところですが、重心の傾きがインでエッジの傾きもインだった浅田選手のルッツをアテンションにしたのであれば、ゴールド選手のフリップを認定するのもバランス上やむを得ないかとも思いますが、全体的に私の理想よりも相当甘めの判定なのでしょう。

浅田選手とゴールド選手の間に格段の不公平は感じませんが、ルッツとフリップを誰がどこから見てもクリーンに跳び分ける選手たちからすれば、どちらも不公平な大甘判定と感じるだろうと思います。

また、「エッジエラーや回転不足判定は要素の難易度の過大申告に対するペナルティー」と考えると、フリップのエラーよりもルッツのエラーを厳しく判定するのは理に適っていますが、こういう怪しいジャンプを国際大会から撲滅するためにも、国際大会のエラージャンプは0点でもよいと思います。


2015/11/17 (火) 00:59:56 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

シンフォニア15番♪

シジフォスさま

こんばんは♪
お返事ありがとうございます(^^)

バッハ シンフォニア15番良いですね♪

シンフォニア15のポイントは、

右手の親指を一定にして、左手の
小指も一定にするところがポイントで、
カウントも大事です♪

あとはアルペジオをずれなく弾くことと、
トリルもダブつかないように弾きます♪

ですのでグールドのシンフォニア15番をお聴きください♪

https://www.youtube.com/watch?v=Ya1m3kI2YM0

動画の0:38~ 右と左が、やまびこになるようにアルペジオを弾きま~す♪

2015/11/17 (火) 21:24:42 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

真央選手のコンプリート・ルッツその4

真央選手のコンプリート・ルッツその4

http://www.dailymotion.com/video/x7pgp5_gpf2008-sp_sport

1:42 見事なコンプリート・ルッツ

素晴らしい☆☆☆

完璧である(^^)v

2015/11/17 (火) 22:57:58 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: エッジエラー

ドロンパ様。

>コメントの返信はお気遣いなく

そう言われますと、むしろ気遣いをしてしまうものですよ(^^)

>ゴールド選手のエリック杯の3Fについての私見です。

ああ、これはテレビ映像からちょうどエッジが見易い位置で踏みきっていたので、話題になりますね^^;

確かに、あれは「!」が付いても不思議ではない感じでしたね。

判定が真央ちゃんには厳しくて、ゴールドさんには甘い。アメリカの陰謀だ~!!ってか(笑)

アメリカで世界選手権があるから、何とか地元選手の金を取らせようと、その実績作りをアメリカ連盟がネ。

>怪しいジャンプを国際大会から撲滅するためにも、国際大会のエラージャンプは0点でもよいと思います。

一理ありますが、やや極論ではないでしょうか。

その論理で行くと、回転の怪しいジャンプも0点にせよ、となりますね。

>私は力学的な観点からエッジの傾きよりも重心の傾きを重視していますが

私も同じ意見です。真央さんのルッツはエッジ自体がアウトサイドであっても、身体の軸が右に傾斜していれば、
「!」判定が妥当と思います。

2015/11/18 (水) 00:05:48 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。