2016年・フィギュアスケートのあれこれ





【浅田選手はメンタルが弱い?】
浅田選手が自分の思い描いた通りの演技がなかなか出来ず、全日本フィギュアの結果次第では引退も考えていたことや、彼女はメンタル面に問題があるのではないか、等の報道があった。

このことから一部フィギュアファンの間で、「浅田選手はメンタルが弱い、弱くない」等の議論もあったようだ。しかし、一人の人間のメンタルが強いか弱いかを、一体、どんな基準で判断し、評価出来るのであろうか?日本人は精神論が好きだから、こういうネタに食いつく傾向があるのかもしれないが、極めて危なっかしい議論と思う。何故なら、この手のテーマは物は言いよう、何とでも言えるからである。良い演技をすれば「やはり、浅田選手は勝負強い!」と言われ、ミスをすれば「メンタルが弱い」と言われる、ただそれだけの違いでしかないと私は思う。

アメリカのゴールド選手やワグナー選手は世界選手権で表彰台を射止めるだけの実力があるのに、大舞台ではミス(特にショートでの)が目立っていた。すると、この両選手はメンタルが弱いのであろうか?そうとは一概に言い切れまい。

「メンタルが弱い」…その心には、「メンタルが弱いから本来の実力が発揮出来ない」との意味合いがある。しかし、浅田選手、ゴールド選手、ワグナー選手がショートプログラムでしばしばミスをするのは、「それが本来の実力なのではないか」とも思える。ミスの原因はメンタルが理由ではなく、ショートプログラム(又はフリー)を、「常にノーミスで演じきるだけの実力」が備わっていないからではないか、と思うのである。このように考える方が自然ではないか?そもそも、どのスケーターを見ても、ショートプログラムはもちろんのこと、フリーをノーミスで演じきる例は少ない。フィギュアスケート競技とはそういうものではあるまいか?メンタルを問題にするなら、ほとんど全てのスケーターはメンタルが弱い、ということになってしまう。

もちろん、どのスポーツ競技においても、メンタルが影響することを私は否定しない。ただ、それが具体的に何に、どこで、いかに、どれだけ影響したのか否かは誰も説明がつかない。選手本人だって良く分からないのである。メダルを取るだけの実力があるアスリートが本番で失敗した時、メンタル(又は精神力)に問題があったとするのは俗耳に入りやすい穿った批評だが、あまり鵜呑みにしない方が良さそうである。


【自分に「無茶振り」する浅田選手のユニークさ】
今シーズンのショートプログラムのことだが、1年間休養していた浅田選手がソチ五輪シーズンよりも遥かに難しいジャンプ構成にした。つまり、ソチ五輪シーズンのショートは、3A、3F、3Lo-2Lo としていたのを、今シーズンは3A、3F-3Lo、3Lzの構成で臨んだ。フィギュアスケートの専門家によると、ショートプログラムの要諦は「とにかくミスをしないこと。ミスは許されない」、ということのようだ。この観点からすると、浅田選手のショートプログラムは戦いのセオリーから大きく外れているようだ。何故なら、3つのジャンプのどれも不確実性が高く、ミスになる可能性の高いものばかりだからだ。こんなやり方でショートプログラムに臨むスケーターはほとんどいないのではないか?流行語の「むちゃぶり」という言葉を思い浮かべる。

だからと言って、私は「無謀なやり方だ」と非難するつもりもないし、さりとて、「高難度にチャレンジする浅田選手は素晴らしい」と美化するつもりもない。どんなやり方であろうとも、選手本人とコーチの判断である。結果が出れば称賛され、失敗すれば批判されるのが世の常であり、ただそれだけのことだ。女子サッカーでリオ五輪を逃したナデシコジャパンを見よ。

私の感想は、「浅田さんは良くも悪くも頑固で欲が深いスケーターなのかな。彼女の頭の中には世の常識では測れない優先順位が厳として存在している。その分だけ自分にも厳しいようだ。これはこれでユニークであり、しかして、不思議なスケーターだなあ。珍しいタイプかな。しかして、やはり、応援したくなるスケーターだなあ」、である。


【樋口新葉選手の際立つ個性】
同世代でライバルの本田真凛選手とは対照的だ。かつて同じ世代でジュニア時代から比較された安藤美姫さんと太田由希奈さんの例を彷彿とさせる。もちろん、樋口選手が安藤美姫さんタイプであり、本田選手が太田由希奈さんタイプである。女子フィギュアらしさ、という点からすると、可憐で優雅、柔軟性や表現性に特長がある本田選手や太田さんのようなスケーターの方が一般的には人気が高いと思う。どちらも魅力的だ。それはフィギュアの魅力でもある。同じスケート靴を履いて氷上を滑っていても、これだけ演技スタイルも個性も違うのだ。

私はどちらかと言えばフィギュアを芸術性よりもスポーツとして楽しむ方(よって、アイスショーにはあまり関心が無い)なので、安藤さんや樋口選手のように身体能力の高さと強さを持ち味とするスケーターの方がより好きだ。特に日本女子では稀なパワーとスピードを兼ね備えている樋口選手は断然個性的であり、惹かれる。ジャンプはもちろん素晴らしいが、ショートプログラムの冒頭のステップシークエンスも力強さと伸びやかさが感じられ素敵と思う。なるほど、顔の表情、腕や手の使い方等にはまだジュニアっぽさを感じるが、フィギュアスケートは顔や手ではなく足で滑るのだから、さほどのハンデではあるまい。

樋口選手は近い将来、確実に3Aを跳べる(それも質の高い)ようになると…私の希望的観測が入っていることを否定しませんが…予想している。ショートプログラムでの4回転ジャンプが認められていない女子においては、4回転ジャンプよりも3Aをマスターした方が断然有利である。樋口選手の不安材料は腰痛持ちだということ。しかし、キムヨナさんも腰痛持ちだったことを思えば、何とか「腰痛と仲良く」しながら強いスケーターになれる可能性は高いと思う。


【田中刑事選手の成長が嬉しい】
一気に頂上に駆け上がるタイプではなく、亀の歩みのごとく、しかし、着実に、一歩一歩前進し、静かに熟成して行くタイプなのであろうか?村上選手や無良選手のように。高倉健さんのセリフだったか、「不器用。。ですが。。。」が似合う武骨さが良い。手垢に塗れた言葉だが、「練習はウソをつかない」(現実にはウソをつく場合もあるが)を具現しているかのようなスケーター。


【クリス・リード&村元哉中】
結成1年足らずでこんなに素晴らしい演技が出来るなんて、誰が予想しただろうか?嬉しいなあ。シニアまでシングルのスケーターをしていた女子選手がアイスダンスに転向する例はどれだけあるんだろう?カップル競技の場合、男子より女子の方が転向してからも有利とは聞きますが。ともあれ、アメリカ・カナダの強豪カップルが揃って出場した四大陸選手権で7位は素晴らしい成績。カナダ選手権で3位に入ったカップルとはわずか1点差だ!

もちろん、平井絵己&マリオン・デ・ラ・アソンション組もがんぱっていることを忘れまい。まだまだシングル種目に偏っている日本フィギュア界にあって、彼等・彼女等の活躍は実に有りがたいことだ。


【パトリック・チャンはやはり強い!上手い!そして、泣けた!】
四大陸選手権でのフリー。凄かった!ミスターフィギュアスケートは健在なり!演技修了直後の彼のアクションを見たとたん、私は涙が溢れてしまった。グランプリシリーズの時の演技を見て、「チャン選手は衰えたネ」と冷笑していた某浅田ファンブロガーに腹が立っていたけど、これで大いに溜飲を下げることができたわ(^_^;)。

中国のボーヤン・ジン君の凄まじい演技(素晴らしかった!)の後にパトリックの完璧な演技を見たことで、二人の特長の違いが極めて明瞭になる。また、ジャッジの採点・評価の表れ方の違いも明瞭になる。ジン君には申し訳ないが、フィギュアはジャンプだけではない、ということをこれくらい分からせてくれる例はあるまい。

パトリックは滑りの質が他のスケーターとは全然違う!

パトリック・チャン、羽生結弦、キム・ヨナ…3人のスケーターには共通項がありそうだ。出来れば改めて記事にしたい。


【残念なこと】
世界ジュニア選手権にエントリーしていた山本君が足の骨折で出場を辞退したとか。ひょっとして4回転ジャンプの練習で怪我したのだろうか?早く治って元気な姿を来シーズンに見せて欲しい。

ロシアのアイスダンサー、ボブ・ソロ組(私の好きなカップル)にドーピング疑惑!?信じられない。ロシアスポーツ界に吹き荒れるドーピング問題は極めて深刻なようだ。

故意であれ、不注意であれ、スポーツ界はドーピングには超厳格だ。それは理解できる。しかし、医学的に極めて高度なレベルにある薬物の知識について、トップアスリートと言えどもどこまで正確に理解・認識が出来るのであろうか?

仮に「不注意」だとしよう。あるいはアスリート本人は全く知らなかったとしよう。つまり、担当医師の処方の不手際はアスリートにはどうにもならないのではないか?あるいは連盟組織や指導体制の不手際はないか?

私はボブ・ソロ組が故意にやっていたとは信じたくない。。。


追記。
諸般の事情によりブログの更新及び、読者から頂戴した投稿へのレスをサボってしまいました。
ご容赦下さいませm(__)m。
活動を再開しましたので、こんなブログで良ければ付き合ってやって下さいませm(__)m。



関連記事
スポンサーサイト

2016.03.15 | | コメント(37) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・ネタ関連



コメント

ドーピング

片割月様

お久しぶりです。 PCの調子でも悪いのかと思っていました。

うーん、、、随分好意的なみかたですね~。
ロシアの陸上選手のドーピングは陸連がらみということで、英国などでリオのオリンピックにロシア選手は参加資格なし、という動きもあるほどです。
ロシアと言えばおりしもテニスのシャラポワ選手が最近あげられました。WTAからファックスで禁止薬物は知らせがあるそうですし、1月のオーストラリアオープンの前に5回も警告ががあったそうですから
シャラポワクラスの選手になればトレーナーやマネジメントグループが帯同しているはずですので、「見落とした」と言うのは言い訳はにならない、というのが北米の記者の見方です。 報道される前に記者会見を開いて(地味な黒い服を着て)弁明というのもダメージコントロール目的が見え見えで私も彼女がイノセントだとは思いません。
今やスポーツマン精神などという言葉は死後で特にプロスポーツは高額を稼ぐ企業ですからライバルより一歩抜きんでてより多く稼ぐために薬物使用(およびそれを隠す手段)とドーピング検査のイタチごっこは終わることがないと思います。

久しぶりの投稿で辛口過ぎ?

2016/03/15 (火) 15:42:11 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

お帰りなさい

実際に知っているわけではないのに、なんだかほっとしました!
よかった。

2016/03/15 (火) 21:15:59 | URL | m #w2VY/Wec [ 編集 ]

浅田真央のメンタルは強い

浅田選手のメンタルが弱いというのは、「本当は実力があるのに発揮できなかった」ことにしたいファンやメディアの思い込みでしょう。
実際は、大舞台で十分に実力を発揮して高成績を残した幸せなアスリートだと思います。
バンクーバーはそのシーズンボロボロだったのに3A3回決めてシーズン最高点で銀メダルです。ちなみに金メダル最有力はキムヨナだったので、別段惜しかったわけではありません。ソチのショートはさすがにお気の毒でしたが、すでに銀メダルを持っている選手にとって、金メダルしか眼中になく、最初のジャンプで夢が断たれたことを思えば理解できなくもないです。彼女がなぜショートの構成を上げるのか。それは彼女の技術的偏りが原因です。構成を下げようと鉄板な構成がないのであれば、高い構成から減点をどれだけ減らして得点を残すか考える方法をとらざるえません。彼女の戦略はそういう事情にあるのであって、頑固だからとかそういう問題ではないと思います。

2016/03/15 (火) 21:32:06 | URL | pen #- [ 編集 ]

おかえりなさいまし〜

お忙しいのかな〜とか、PC壊れちゃったのかな〜とか、心配しないように心配してました。
世界ジュニア、世界選手権を前に、おかえりなさいませ。
私も樋口選手、安藤さんタイプが好みです。
フィギュアスケートの記事、これからも楽しみにしています!

2016/03/16 (水) 10:46:47 | URL | クロママ #zbXJIH6I [ 編集 ]

Re: ドーピング

kan kan様、ご無沙汰しておりました^^;

シャラポワさんのことよりも、私の好きなフィギュア競技の世界で、しかも、
私の好きなボブ・ソロ組の事が念頭にありまして…

好意的というよりも、信じたくない、という思いですね。。。。

処分を甘くしてくれ、と言いたい訳でもありません。

しかし、選手本人が薬を処方するのではなく、担当医師や薬剤師などを信頼して薬を使用しているものと推測します。
よって、医師や薬剤師が選手本人の意図とは別に、選手本人の知らぬところで、
故意又は不注意によりドーピングに引っかかる薬を処方したら、
選手本人には防ぎようが無いのではないか?と思ったのです。

概して日本はドーピングにひっかかる例がほとんど無いようですが、
それは日本のアスリートがドーピングに詳しいからではなく、
担当医師や薬剤師等がしっかりしているからかもしれませんね。

2016/03/16 (水) 12:53:05 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: お帰りなさい

m様、ご無沙汰してしまいました^^;

今後ともよろしくネv-222


2016/03/16 (水) 12:55:02 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 浅田真央のメンタルは強い

pen様、お久しぶりです^^

>実際は、大舞台で十分に実力を発揮して高成績を残した幸せなアスリートだと思います。

同感。全くそうですよね。

浅田さんのケースは柔道と同じで、優勝・金メダルでないと「負けた」とされてしまう空気みたいなものがありますので、
メンタルが、メンタルが、と批評されがちなのかもしれません。


>彼女がなぜショートの構成を上げるのか。それは彼女の技術的偏りが原因です。構成を下げようと鉄板な構成がないのであれば、高い構成から減点をどれだけ減らして得点を残すか考える方法をとらざるえません。彼女の戦略はそういう事情にあるのであって

ここはちょっと論点が違うのでは?

私が言いたかったのは、
1年の休養明けのシーズンに、なぜソチ五輪時よりもわざわざ難しい構成にするのか?であり、
高い構成から減点をどれだけ減らすかといった、これまでの浅田戦略のことを指しているのではありません。

それとは別に、「技術的偏り」は御指摘の通りでしょうね。
3-3が鉄板でないので、3A頼みになるのは2008年~バンクーバー五輪時には明瞭でした。

2016/03/16 (水) 13:16:09 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: おかえりなさいまし〜

クロママ様、お久しぶりです^^


うん。クロママ様なら、樋口選手が好み、というのは分かるような気がします(^o^)

これからもよろしくネ(^_^)/

2016/03/16 (水) 13:19:36 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

休養明けのシーズンなのに

片割月様
浅田選手がショートで以前より高い構成にしてきたのは、次の理由が
組み合わさったものと思います
1 以前の構成でも精度が高いわけではない(難度を上げても下げても確率は変わらない)
2 JOで自己ベストに迫る点数が出た(140点超えは実はソチ5輪くらい)調子はいい
3 世界最高得点を出したい

2016/03/16 (水) 19:15:50 | URL | pen #YlEHWAnc [ 編集 ]

Re: 休養明けのシーズンなのに

毎度のことながらpen様の分析は明快ですね^^

> 1 以前の構成でも精度が高いわけではない(難度を上げても下げても確率は変わらない)
> 2 JOで自己ベストに迫る点数が出た(140点超えは実はソチ5輪くらい)調子はいい
> 3 世界最高得点を出したい

で、「1」は少し違うと思います。

ソチ五輪シーズンは、3Aを別とすれば、3Fも後半の3Lo-2Loも成功率は高かったと記憶しています。
鈴木明子さんや村上加菜子選手より、よほど確率は高かったかと。

「2」はありそうですね。

「3」も、グランプリ中国大会のショートの後のキスクラで佐藤コーチに「最高得点は何点でしたっけ?」と聞き、
佐藤コーチから「あなたが出したんだよ」と言われていたようですから、意識はあったと思います。

「4」としては、他のトップ選手達のほとんど全てがショートで3-3を跳んでいるのを見て、
自分も3-3を跳ばなければ、との意欲か焦りか、競争心が出たのかもしれません。

2016/03/17 (木) 00:32:51 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

気が強い

月姫さま こんばんはv-238

ノブ(織田信成さん)曰く、トップ・スケータは、"みんな気が強い"とのことで~す(^^)v

じゃなきゃスケートできません(^^)

byファントム



2016/03/17 (木) 00:45:37 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: 気が強い

ファントム様、こんばんは^^

「気が強い」ことと、「メンタルが強い」こととは、必ずしもイコールではないように思いますが^^;

気が強くてもプレッシャーに弱いタイプもいれば、
気が強くなくても割と平常心でいられるタイプもいるでしょう。

また、本人の置かれた立場や環境、その時の体調やタイミングによっても心の動きは変わるでしょうし。


つまり、十人十色ですね。

で、私の素朴な意見としては、浅田さんはメンタルが弱いとは思わないですよ。

2016/03/17 (木) 01:19:12 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

お帰りなさい\(^O^)/

片割月様、復活されて嬉しいです。感激の余り泣きました。
PCが壊れてしまったのか、体調が良くないのか、どうしているんだろうって、ずっと思っていて、
ネットで知り合うってこういうことなんだと悲しい気持ちになっていました。
こうしてまた片割月様の意見や考え、思い等を読むことができて
嬉しいです。

真央ちゃんの全日本フリーとNHKエキシビションを見て
どんな感想を持たれたでしょうか?
私はポジティヴなものでなくて、NHKエキシビションを見た時に
四大陸は大丈夫なのかと思ってしまいました。
その後、欠場になり佐藤コーチのインタビュー記事を読んだら
私が大丈夫なのかと思っている点について触れていて、
ますます心配になってしまって
今もワールド大丈夫なのかと前向きな気持ちになれません。
後ろ向きなコメントですみません。
余り考えないようにしていますが。。。



2016/03/17 (木) 22:55:27 | URL | Moeri0807 #- [ 編集 ]

「心・技・体」

「心・技・体」と言うように、先ず心で~すv-238

私はメンタル・スポーツの卓球をやっていたので、これがよくわかりま~す(^^)v

2016/03/18 (金) 00:37:57 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

私もうれしいです!

 片割月さま、本当におかえりなさい。
 ブログの更新などはあくまでも、ご本人のお気持ちが大切だと思っていたので、そっとして置こうと考えていました。また、続けて下さることで、また繋がりが戻るんだな、と感じます。
 私もMoeri0807さまと本当に同じ気持ちです。^^
 真央さん、確かに心配ですね。
 私はメンタルだけの問題ではない、と思います。二十代の半ばに入った事、休養を入れた事もあって、筋力が下がりやタイミングがつかみにくくなっているのでは、と感じています。
 彼女のフィギュアへの取り組み方が、今の積み重ねで得点を稼ぐやり方と合わない様な気がします。
 大技を取り入れても成功率が低ければ、安定した得点を得る事が出来ませんから。また、連続ジャンプのセカンドがループというのも彼女の得点アップを阻んでいる様に思えます。
 でも、私は彼女は芯の強い女性だと思っています。十年以上もトップとして走ってきたというのは尋常ではありません。五輪というのは、ちょっと他の大会とは違うし、運も左右します。プルシェンコなどは本当に別格であるからこそ、絶対王者と言われている。
 私は真央さんは、メンタルは弱くないという見解でいます。
 長々失礼しました。

2016/03/18 (金) 09:18:39 | URL | shige #X91rLkcY [ 編集 ]

Re: Re ドーピング

片割月様

>概して日本はドーピングにひっかかる例がほとんど無いようですが、

そうです。 そのためにドーピングに関する危機感もすくないのではないかと、スポーツ紙の「シャラポワを励ますファンの声」、といった記事を読んで思っていた矢先のこのボブ・ソロ組の記事でしたので反応した次第です。
Numberはシャラポワの記事でボブ・ソロ組に触れていますので私の反応もこじつけではないかと・・・。(汗)

http://number.bunshun.jp/articles/-/825252

> それは日本のアスリートがドーピングに詳しいからではなく、
担当医師や薬剤師等がしっかり.・・・・

これは違うと思います。
法の目をくぐろうとするドーピングとそれをマスクする手段は凄いです。
だから選手は「病気治療のために飲んでいた」 あるいは、「やっていない」とどこまでもしらを切り通すのです。
野球選手も自転車のアームストロングも陸上のマリアン・ジョーンズも
皆そうでした。
日本人は、ほかの国のスポーツ選手と比べてスポーツマンシップというものを今でも高く評価しているのでドーピングのケースがないのではないでしょうか。(と、思いたいです)



2016/03/18 (金) 09:22:54 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

パトリックとテサ・モエ カナダのニュース

片割月様

4大陸のパトリックの4T、3Aそれぞれ2回の完璧なFPには驚きましたね。スケーティングはぴか一ですからジャンプが決まるとさすがに強い!。
そのチャン選手、カナダの国内大会の後で、またもやチャン節?が炸裂、ニュースになりました。
今回は、最近の4回転多用のプログラムにひとくさり。4回転多用でつなぎがおろそかになり芸術性がなくなってきて、フィギュアの将来を憂う、との意見。
「YuzuとJaviはどうぞ勝手に(4回転で)張り合ってください。 私は高みの見物と行きます」、とか、ジン君については「あんなちゃい、ちっちゃいお尻だから跳べるんです。」 と、相変わらずあの笑顔ながら言うことは攻撃的!
CBCの記事。 記事に対するファンのコメントは批判的?
http://www.cbc.ca/sports/olympics/winter/figureskating/patrick-chan-dismayed-by-new-focus-quad-jumps-1.3417813

テサ・モエは来期からの復帰宣言。 ウィーバー・ポージェーとの争いが見もの。
コーチはカナダの以前のアイスダンサー、 マリー・フランシス&パトリース・ラーゾンだそうです。

2016/03/18 (金) 12:01:18 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: お帰りなさい\(^O^)/

Moeri0807様、お久しぶりです^^

>感激の余り泣きました。

ブヒッ!私も嬉しいですが、いくら感激屋さんのMoeri0807様でも、これはちょっとオーバーでは(^_^;)

エキシビションの方は良く分かりませんが、

全日本のフリーでは、浅田選手らしい攻めの気持ちがちょっと出ていたように見えました。

浅田選手の心理状態は分かりませんが、己に対する失望感から開き直ってくれるといいのですが。。。

この辺りは微妙ですね^^;

これは私の予想ですが、

浅田選手は次の世界選手権で優勝するか、7位以下の場合は引退するかもしれません。

前者の場合は4回目の世界女王という有終の美を飾って引退。後者の場合は限界を感じて引退です。

よって、2位~6位であれば、悔しいので来季も頑張ってみようか、という気持ちになるかなあと。

もちろん、順位だけではなく、演技内容にもよりますが。

2016/03/19 (土) 00:18:17 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 「心・技・体」

ファントム様、こんばんは^^

>先ず心で~す

私は違う意見です。

先ずは体調・体力で~す!次に技術で~す。心は最後で~す。

体調が良ければ人は前向きになれますし、悪ければ後ろ向きになります。

メンタルが問われるとすれば、伸るか反るか、ぎりぎりのせめぎ合いの中でしょう。

技術と体力が均衡している中で、最後の勝敗の分け目になるのがが心の在り方だと思います。

ちなみに、技術と体力を軽視して、心を重視して大失敗したのが先のアジア・太平洋戦争です。

2016/03/19 (土) 00:25:55 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 私もうれしいです!

shige様、すっかりご無沙汰しました^^;

フィギュアに、歴史に、文学に、色々と意見交換をしたいですね。

>私は真央さんは、メンタルは弱くないという見解でいます。

同感です。

「心」よりも、「技と体」に課題があるのだと思います。

この点、キム・ヨナさんは「心・技・体」が比較的バランス良く揃っていた選手かなあと思います。

真央さんは「上手いスケーターだなあ」と思わせてくれます。

おヨナさんは「強いスケーターだなあ」と思わせてくれます。

2016/03/19 (土) 00:31:22 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: Re: Re ドーピング

kan kan様、こんばんは^^

>法の目をくぐろうとするドーピングとそれをマスクする手段は凄いです。
>だから選手は「病気治療のために飲んでいた」 あるいは、「やっていない」とどこまでもしらを切り通すのです。

そうかもしれませんね。。。ああ、嫌だ嫌だ。

>日本人は、ほかの国のスポーツ選手と比べてスポーツマンシップというものを今でも高く評価しているのでドーピングのケースがないのではないでしょうか。(と、思いたいです)

なるほど!

すると、私もネトウヨのように、「日本人って素晴らしいんだ!」と喜んだ方がいいのかしら?v-496

2016/03/19 (土) 00:39:11 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: パトリックとテサ・モエ カナダのニュース

kan kan様。

貴重な情報、ありがとうございます!

コメント欄の中の、

…How can Chan imply that Hanyu or Fernandez lack artistry. They are both amazing artists, beautiful skaters and they can do the quads. Patrick Chan is a great skater, too, but his comments sound like sour grapes….

が、まあ、概ね妥当な線でしょうか。

sour grapes…負け惜しみ、を意味する慣用句なんですね。初めて知りました。

また、フィギュア競技というのは、色々な「攻め方」があっていい。

クワドで高得点を目指すのも良し、ウェルバランスで点数を稼ぐのも良し。

パトリックの意見は意見として、「フィギュアはこうあらねばならぬ」と狭めることには共感出来ません。

それはそれとして、私はこういうパトリックの正直・率直な意見は歓迎します。

自己主張をあまりしない日本人アスリートはよろしくパトリックを見習うべし!

テサ・モエ、現役復帰は嬉しいです!!

ああ、しかし、そうとなると、私の好きなカナダのカップル、ギルズ・ポワリエ組の五輪出場は大変だ(-_-;)

2016/03/19 (土) 00:59:29 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

バレエ的

月姫さま こんばんはv-484

>本田選手が太田由希奈さんタイプv-353v-353v-353

はーい、ファントムは真凜ちゃんや真央ちゃんや由希奈さんタイプが、だーい好きで~すv-350v-350v-350

理由はv-353バレエ的だからで~すv-354v-354v-354

byファントムv-325

2016/03/19 (土) 01:44:47 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: バレエ的

ファントム様。

はい。

私もクリーンヒッター系の本田さんや太田さんの美しい演技も素敵だと思います。

が、パワーヒッター系の伊藤みどりさん、おヨナさん、安藤さん、樋口さんはそれ以上に素敵と思います。

何故なら、フィギュアはスポーツだからです。

バレエ的要素はもちろん、フィギュアに花を添えるものですが、バレエはバレエ。フィギュアはフィギュア。

バレエとフィギュアとは本質的に別物と思っています。


浅田さんは、上記二つのタイプとも異なる、全く独特のスケーターだと思います。

イチローのようにボテボテのゴロでセーフになることもあれば、
松井秀喜のように目の覚めるようなホームランをかっ飛ばすこともあります。

2016/03/19 (土) 02:37:55 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

7人目のトリプル・アクセル・パウルゼン・ジャンパー

月姫さま こんばんはv-484

>樋口選手は近い将来、確実に3Aを跳べる(それも質の高い)ようになる

ファントムは知子ちゃんが近い将来トリプル・アクセル・パウルゼン・ジャンプを跳ぶと予想しま~すv-350v-350v-350

知子ちゃんは今季以降飛躍的に実力を伸ばすことでしょうv-238v-354v-354v-354

byファントムv-325

2016/03/19 (土) 03:24:33 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

今回は少々心配してしまいました

そういえば、年明けてから一度も更新が…と。
活動再開、嬉しいです!

さて、片割月さんがサボっている間に、私は台湾に行ってきちゃいましたよ!
振り返れば行ってきましたコメントばかりしている私、恐縮なのですが、今シーズンは多分特別なのでお許しくださいね。
特に今回は、特別中の特別。ふだんは正月でも3連休がせいぜいなのですが、長期休暇(といっても1週間)が許される年がありまして、今年がそれに当たり…。迷ったあげく、憧れの通し観戦をと、初海外観戦敢行しました。
今さら感もありますが、やっぱり片割月さんに聞いていただきたく。

ぎりぎりでツアー予約した翌日、真央さん欠場の報。テンくんに至っては現地で棄権を聞き、ショックだったりもしましたが、総じて素晴らしい大会でした。

なんと言っても男子が!!
パトリック、出場してくれただけで嬉しかったのに、あんな演技が見られるとは。
鼻血は出ませんでしたが、泣きました。
もう中盤のステップあたりから、じわーと涙が。
もう、これ以上の演技なんて出会うことはないんじゃないかと。
いや、点数でいえば、今季はもっともっとすごいことになっている訳で、それらを生観戦したわけではないので比較はできませんが。私にとっては大切に大切にとっておきたい時間となりました。

折しも小塚くんの引退報道に触れ、限りある選手生活を思い、ちょっと感傷的になっている今、余計に…。胸がいっぱいになります。

当日はPさんの演技後テンションが上がりすぎ、自分じゃないくらいにはしゃいでしまいました。
周りの方も興奮してましたが、Pさんはkankanさんも書いておられる物議を呼んだ発言もありましたので、「大口たたいたんだから、演技で示せてよかったね」と辛口の声も。羽生ファンの方は、GPファイナルも生観戦したそうで、「もっといいもの見て来たもんね」とちょっと悔しそう?でした。

初の海外観戦、いろんなスケオタさんに会い、人間観察の場としても楽しかったですね。
現地のファンも好印象でした。一度隣り合わせた若い女の子は日本のゲームが原作の本を読んでいるそうで、ニコニコしながら見せてくれましたが、私はゲームしないので分からず。しょうま君の演技中の映像が映ったスクリーンを見て、思わず「いい顔してますねえ」とつぶやいた時も、ニコニコ思い切りうなずいてくれたけど、意味わかったのかしら😅
また別の現地の方からは台湾の選手のバナーをもらって一緒に応援したりもしました。

とりとめのない話になってしまってすいません^^;
ほかにも宮原さん、シブタニ兄妹、かなちゃんのspの素晴らしかったことなど、だらだら書いてしまいそうですので、この辺にしておきます。

なにはともあれ、お帰りなさいでした\(^o^)/

2016/03/19 (土) 04:26:20 | URL | shugetu #gW6m2cRw [ 編集 ]

Re: 7人目のトリプル・アクセル・パウルゼン・ジャンパー

ファントム様、おはようございます^^

そうですね。

年齢的にも、樋口さんよりも宮原さんが先に3Aを跳べるようになって欲しいです。

2016/03/19 (土) 10:55:36 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 今回は少々心配してしまいました

shugetu様、おはようございます。

すっかりご無沙汰してしまいました^^;

ワオッ!台湾に行って観戦されましたか!うーむ。気合いが入っていますね。
もちろん、観光も兼ねてでしょうね。
夜は台湾名物の屋台料理を堪能されましたでしょうか。

ショートもフリーも、アイスダンスも観戦されたようですが、台湾ではチケット代はいくらなのかしら?

パトリックの神演技や村上さんの渾身のロクサーヌ等を生で見ることが出来て、羨ましい限りです。
それは、もう、感激と興奮で、我を忘れる思いだったでしょうねヽ(^o^)丿
 
私が日本で生観戦した時のパトリックは全てミス多発演技ばかりで(/_;)

>Pさんはkankanさんも書いておられる物議を呼んだ発言

今回は、他のスケーター達を名指しで批評していますので、ちょっとネ。。。
パトリックが世界選手権で優勝を飾ってから言うのであれば、まだ説得力がありますが。

2016/03/19 (土) 11:17:01 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

No title

こんばんは!
早速のレスありがとうございます。

>もちろん、観光も兼ねてでしょうね。
夜は台湾名物の屋台料理を堪能されましたでしょうか。
ショートもフリーも、アイスダンスも観戦されたようですが、台湾ではチケット代はいくらなのかしら?


そう、当初はしっかり観光も、と思っていたのですが、すべて観戦すると、観光の時間はかなり限られてしまって。

その前にチケット代ですが基本は無料でした。
なぜ無料か。ネットの情報ですが、台北アリーナは有料の興行と無料の催し物で、賃貸料が大幅に異なるようで、ISUはチケット無料にしても賃貸料節約してリスクを減らしているのかもしれませんね。それで、度々台湾で開催されるのかも。

ただしですが、私はツアーを利用したのでがっつり手数料とられましたよ。
それでも通常のチケット代に比べれば全然安いです。だから行けたのですが。
私が行くのを決めたころには、無料チケットの配布はとうに終わっていました。羽生ファンの皆さん方が押さえていたチケットが大量にキャンセルになったらしく、探せばあったのでしょうが、手間を考えると。でも、ホテル、航空券含め事前に準備しておけば、かなり安くで観戦できるコースですよね。

席もジャッジの上方で良かったです。ただし、指定席ではなく、ゾーンだけ指定の自由席でしたので、早い者勝ちなんです。だから早め早めにに行くことになって、観光の時間も少なくなるという…。特に最終日の男子フリーの争奪戦はなかなか見ものだったと思います。テレビではガラガラの観客席の印象ですので、皆さん思いもよらないのでは(笑)

夜もけっこう遅くまで競技があり、そんなに観光は。中には観戦少し観光メーンの方もいましたが。真央さん目当てでツアー参加決めた方は特にそんな感じでした。カップル競技は興味なしの方もいますし。
でもせっかくの機会なので私はコンプリートしたくて。

それでも午前中など、友人おすすめの鳥飯を食べに行ったり。できるだけは「食べ」ました。台湾といえば小籠包でしょうが、ほかの点心も美味です。ふらりと入ったお店で十分堪能出来ました。
今回できなかった観光もまたいつかしてみたいな。
長々と失礼しました。

2016/03/20 (日) 00:20:25 | URL | shugetu #gW6m2cRw [ 編集 ]

Re: No title

shugetu様、こんばんは^^

ゲッ、チケット代はタダですって!?

ああ、日本で1万も2万も払って観戦するのがバカバカしくなりますね^^;

>羽生ファンの皆さん方が押さえていたチケットが大量にキャンセルになったらしく

ふーん。。カップル競技を見ない例もそうですが、私にはこの感覚は全く理解出来ないわ。
自分が応援している選手が出ないとキャンセルだなんて。フィギュアが好きなんじゃないの?
もったいないことをするわ。。。

>特に最終日の男子フリーの争奪戦はなかなか見ものだったと思います

良い席を取りたいという欲望のなせるわざでしょうか(^_^;)

台湾の料理は日本と比べ油が濃いと言われますが、美味しいことは美味しいそうですね。

フィギュアにグルメに、楽しい旅、良かったですね(^^)/

2016/03/20 (日) 22:40:31 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

パトリック

遅ればせながら、パトリックの記事読みました。
バンクーバー前、クワドなどいらないと言っていたパトリックが、翌シーズン
誰より見事なクワドを入れてきた彼が、今クワドサルコーを練習しながら
皆クワド入れすぎって言ってるわけですね。かわいい(笑)
羽生やフェルナンデスは今、クワドを入れながらスケーティングも素晴らしいと思いますが、これ以上入れたらどうなるか?
コフトンなどはまさにクワドバカでスケーティングなんとかしたら〜と感じます。
四大陸で核兵器みたいなジャンプ構成のボーヤンにパトリックが勝ったのだから、採点ルールはパトリックが言うように機能していると思います。
大技に拘り、自滅するよりは
「俺、そんなん興味ない」ってふりして、試合でバッチリ決めてくる方がカッコいいと感じます。

2016/03/23 (水) 12:07:27 | URL | pen #YlEHWAnc [ 編集 ]

Re: パトリック

pen様、こんばんは^^

パトリックの「ビッグマウス」というよりも、今回はどこかのテレビ番組のように「御意見番」っぽくなっていますね。

25才のベテランになると、今まで以上に色々と「御意見」したくなることもあるのでしょうか。

小塚選手もそういう感じがありましたね。ジャッジの採点や評価の事、アレコレと「御意見番」していました。

フィギュアスケートの在り方、あるべき姿など、独自の「フィギュア観」も出来て来るのでしょう。

ベテランの貴重なる意見として、よろしく傾聴すべし(笑)。

>コフトンなどはまさにクワドバカでスケーティングなんとかしたら〜と感じます。

これは手厳しい。

いやあ、ステップシークエンスなどは、なかなかのものだと思いますが。

それよりも、アジア人も驚くほどの「無表情」をなんとかして欲しいわ^^;

>核兵器みたいなジャンプ構成のボーヤン

これはpen様にしては不出来な例えですね。大げさ過ぎて不合格でありんす(^◇^)

それを言うなら、「絨毯爆撃みたいなジャンプ構成」くらいで如何?

>「俺、そんなん興味ない」ってふりして、試合でバッチリ決めてくる方がカッコいいと感じます。

はい。カッコいいのですが、負けた方は頭に来ますねv-293

学生時代、「わたし、勉強なんか興味無い」ってふりして、期末テストでトップを取る人がいたけど、

ムカついたわ←負け惜しみの典型。

2016/03/23 (水) 23:33:23 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ビッグマウス? ワイニング?

片割月様

カナダではこういうのはビッグマウスというよりワイ二イング(whining 不満たらたら。子供が駄々をこねるのも)と、とられてそういうことを言うワイナーは嫌われます。
スポーツ選手は、特にトップ選手にはクラスアクト(class act 勝っても負けても自分を見失わないでフェアに言動出来る人)が期待され、 テニスのフェデラーがその典型で誰からもリスペクトされる。 片割月様ご贔屓の松井氏もクラスアクトだと思いますが、イチローはどうでしょう? 聞くまでもないか(笑)
 まあ、優等生ばかりではつまらないから、こういうスパイシーな選手も必要でしょう。
宮原選手はパーソナリティーがあまり表に出ないタイプだし日本選手は優等生過ぎるから、ここは新葉さんにケロッとしてスパイシーな発言を期待します。彼女に似合いそうだから、そうすると優等生真凛VS奔放新葉で一層盛り上がる、メディアも取り上げる、、、という営業政策はどうか。

2016/03/24 (木) 15:39:42 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: ビッグマウス? ワイニング?

kan kan様、こんばんは^^

くッ、whiningですか。私には未知の単語でした^^;

パトリックもアスリートとして超負けず嫌いなんでしょうね。
世界チャンピョン3連覇した誇りもあるでしょうし。

日本ではスパイシーなアスリートはライバルのヒール役になりますね。

ヨナさんや安藤さんとか。おや、みんな樋口選手の好きなスケーターでありんすな(^_^;)

おなじ日本人アスリートどうしではどうなんでしょうね。盛り上がるかな?

確かに、本田さんと樋口さんは、キャラも演技スタイルも見事に対照的ですけどね。

2016/03/25 (金) 23:18:34 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

1

片割月様

ロシアの組織がかりのドーピング、ほら、やっぱり出てきたでしょう。
陸上だけでなく、ほかの競技も国外の検査を通らないと出場を認めないということらしい。
ロシアはリオは出ないかもしれませんね。

「カナダのロシア嫌い」だから言っているわけではありません(笑)

2016/06/22 (水) 03:37:14 | URL | kan kan #- [ 編集 ]

Re: 1

kan kan様。

>ロシアの組織がかりのドーピング

かなり深刻な状況のようですね。これって、旧共産国特有のビョーキでしょうかね?

アメリカやカナダにもドーピング問題はありますが、ここまで組織的には見えませんでしたね。

ロシアは、フィギュアスケート等のウィンタースポーツについても厳しい視線でチェックされるでしょうね。

ソトニコワ選手の金メダル演技も、怪しい、とかネ(^_^;)

2016/06/22 (水) 10:04:43 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re:Re: 1

予想したように?オリンピックを前にしてロシアのドーピングが問題になってきましたね。

ロシアはバンクーバーが振るわなかったので、地元で開催のソチでは国を挙げてのドーピングが行われたようです。
検査の対象になった場合は、前もってクリーンの時に採っておいたサンプルと、検査室のキャビネットの裏にあけた壁穴(鼠穴)を通してすり替えていたとか、、、まるでB級のスパイ映画です。

これでカナダのロシア嫌いがますます増長する(笑)

全く関連のない話;
ポケモンGOはまだ日本に配信されていないようですが、こんな”ウザイ”ものが人口の多い東京のような場所ではやり始めたら堪らないでしょう。
20歳前後の若者が3~5人ぐらいでスマホを見ながらながらポケモンハントで歩いているのを見るとウザイ!と思う。(そう思うのは年なんでしょうね わかっています 笑)
ポケモンスポットに行くとそういう若者が100人、200人、ハエのごとくに集ってスマホをのぞき込んでいる。 ウザイ!!!

2016/07/22 (金) 03:53:46 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR