スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



2016世界フィギュアスケート選手権・愚見を少々




世界選手権のフリーは、どれも見応え十分で、私はすっかり堪能いたしました。

【アイスダンスはパパダキス・シゼロン組の時代か?】
素人の目には各アイスダンサーの技量を判断すのはシングルのスケーターのそれよりも遥かに難しいと思います。その理由はアイスダンスがシングル競技よりも専門性が高いからです。以前に、アイスダンスを五輪競技から外すことも検討されたとかの話もその辺に由来するのでしょう。

それでも熱心なフィギュアスケートファンであればフランスのパパダキス・シゼロン組のスケートスキルが尋常なものでは無いと分かります。ひと蹴りの伸びの大きさや深いエッジワークからのスピードコントロール。そこから繰り出す演技の展開は他の組とはスケールが違う。シングル競技で言えば、パトリック・チャン選手やカロリーナ・コストナー選手のスケートスキルに相当するのでしょう。

やはり、フィギュアスケートはスケーティングが基本なのですね。

もちろん、他のアイスダンサーたちもそれぞれ素晴らしい演技でファンの目を楽しませてくれました。アメリカのシブタニ組、チョク・ベイ組、カナダのウィーバー・ポジェ組、イタリアのカペ・ラノ組の演技も堪能いたしました。特に、私の好きなカナダのギルス・ポワリエ組のSD「ビートルズメドレー」は、「サージェント・ペパーズ」を模した衣装とユニークで独創的な振り付けで大いに楽しめました。また、カペ・ラノ組のFDのエンディングで見せた「コレオツイズル」は、如何にもツイズルを得意とするカップルならではの妙技に興奮させられました。※

前にも書きましたが、シングル競技のフリーでは「コレオスピン」を設けるべきです!!そうすれば、ユニークでクリエイティブなスピンが見られると思うのです!

現行ルールでのスピンは…細部においては選手毎の涙ぐましい程の工夫はありますが…どの選手のスピンも、特にレイバックやキャメルスピンではパターン化が著しく、スポーツとしての面白みに少し欠けるように思います。

結成1年の村元・リード組は15位と健闘しましたね。
正直、村元選手がこれほどアイスダンスに才能を発揮するとは想像もしていませんでした。なかなか強そうな気性の持ち主とお見受けしますが、リード選手より年下の村元選手の方が「姉御」って感じすら受けます(^_^;)。Jスポで解説していた国際ジャッジの滝野薫さんによれば、国際ジャッジ達の間でも評判が高いそうです。嬉しいですね。目標としていたSD60点越え・FD90点越えにはわずかに届きませんでしたが、将来が楽しみなカップルの誕生ですね。

滝野薫さんのアイスダンス解説は東野章子さんのとは別の味があります。

東野さんの方がルールの詳細やターンの技等について要領よく一つ一つ指摘してくれるようですが、少々玄人肌です。滝野さんは東野さんのような話の要領はイマイチですが、その分だけファン目線的な解説が多くて、これもまた楽しいですし、勉強にもなります。割と感激屋さんのようです。個々の技術よりも演技・プログラム全体のコンセプトからの解説が多く聞けて勉強になります。また、「ジャッジの本音」みたいな感想も漏らすので愉快。

その中でも、滝野さんが「ジャッジは選手を比較して採点はしていません。絶対評価ですから」と明言していたのは良いですね。つまり、旧採点法ではジャッジは順位をつけることを意識して採点・評価をしなればならなかったが、新採点法では順位は関係無く自由に採点が出来る、との説明がありました。フィギュアファンの中には「ジャッジの採点・評価は相対評価」との「誤った情報」を垂れ流している例が少なくないので、専門のジャッジのこうした解説は貴重です。

また、滝野さんは「素晴らしい技にはレベル4の四段階をレベル5の五段階に増やしたいくらい。実際、今、十段階に変える案もある」くらいのことを言っていました!私は賛成です。レベルだけではなく、GOEも段階を増やした方が良いのでは?PCSも検討の余地がありそうですが、これはなかなか難しいでしょうね。レベル判定もGOEもPCSも限度いっぱいになっています。

ロシアは女子シングルで旋風を巻き起こしています。この破竹の勢いは止まりそうにありません。ところが、何と!ペアとアイスダンスでは2大会続けてロシアはメダルはゼロ!フィギュア王国ロシアとしては屈辱以外の何物でもないでしょう。なかなか上手く行かないものですね。

ところで、アイスダンスで是非とも廃止して欲しいリフト技があります。
男子が女子のお尻の方から股ぐらに手を入れそのまま支えて回すリフト技ですが、見た目にも如何なものか。まあ、一瞬のことですが、スロー再生で見るとちょっとネ(^_^;)。

欧米人はああいうの変とは思わないのかしら?日本のカップルはこのリフト技はやらないでしょう。


【現在、男子シングルで最も強いスケーターは?それは、ハビエル・フェルナンデス選手だ】
羽生ファンから叱られるかもしれませんが。。。だって、フェルナンデス選手は世界選手権で2連覇したのですから。いかなる状況があるにせよ、最も大きな大会に照準を合わせて勝てる選手こそが最強と思います。

女子スキージャンプの最強選手は誰か?高梨沙羅さんにあらず、ドイツのカリーナ・フォークトさんです。何故なら、現五輪女王・現世界女王はフォークトさんだからです。それと同じことです。いくらワールドカップ戦で勝利を積み上げようとも、世界選手権や五輪で優勝しない限りは最強のジャンパーとは思いません。

言葉の遊びになるかもしれませんが、「一番実力がある者」と「一番強い者」とは必ずしもイコールではないのです。

さりながら、羽生選手と宇野選手が頑張ったお陰で日本男子は3枠を取り戻しました!ありがとう!

ロシア男子は期待されたコフトゥン選手が何故か大不調。どうも伸び悩んでいる様子です。ガチンスキー選手と同じ運命を辿るのかとの不安が出て来ました。しかし、若手にはコリヤダ選手やジュニアのアリエフ選手のようなウェルバランス型の良いスケーターが出てきていますね。将来的にはアメリカ男子よりも上に行くような予感がします。


【日本女子シングル界の総合力はロシア・アメリカに次ぐ3位の位置に下がったか?】
いや、宮原さんも本郷さんも浅田さんもそれぞれ素晴らしい演技をしました!それは間違いありません!3枠も死守しました。日本の3選手は押しも押されぬ世界のトップスケーターです!文句をつけたらバチがあたります!

しかし、現実は現実です。日本の実力が下がったというよりも、ロシアが強くなり過ぎたのです。これは非常に大ざっぱで粗雑な意見かもしれませんが、日本女子は伊藤みどりさんの活躍からほぼずーっと、ジャンプ力の優位性が強みでした。荒川静香さんだって全盛期はジャンプが強みだったのです。仮にスピンやステップや表現力では欧米に劣るとしても、得点力の高いジャンプにおいて日本女子は世界をリードして来ました!全盛期の安藤美姫さんも浅田真央さんも!

が、今や日本女子のジャンプの優位性は失われました。ロシアもアメリカもジャンプで日本女子に劣るどころか、ジャンプの難度・質・安定性のいずれにおいても同等もしくはそれ以上になりました。こうなりますと、体型・体格・体力・パワーという点で欧米にやや劣る日本女子は苦しくなります。特に、スピン技は明らかに劣る。表現性は欧米に劣ることは無くても優ることも無い。

私は少し「自虐的」になっているのでしょうか?今までの日本女子が凄かったのかもしれませんね。荒川さんや安藤さんや浅田さんクラスの才能がそう上手い具合にいつも出現するハズも無いのでしょう。

もちろん、将来の予測など神様でも無い限り誰も分からないし、日本女子の若手にも優れた才能が育っています。トリプルアクセルを跳べる日本女子選手が新しく現れることを期待しますが…実際には大変なことですよね。伊藤みどりさんだって3Aの肉体的負担は大変だったそうですし、浅田選手も苦労しています。トゥクタミシェワ選手も同様。怪我の危険もある。


それにしても…総合得点で200点越えした浅田さんが7位とは、恐ろしい時代になったものです。昨年の世界選手権なら悠々2位の得点が今年は7位なんですから。もちろん、ルールが絶えず変わり、GOEやPCSの採点傾向も変わり、ジャッジが異なる大会の得点を比較しても仕方ないとは知っています。が、それにしてもです。当面は突破不可能と思っていたキム・ヨナさんのフリーの最高得点を若干16才のメドベージェワ選手がまさか成し遂げるとは!もちろん、それにふさわしい素晴らしい演技でした。高橋大輔さんが言っていたように「文句の付けようが無い」演技と思います。

特に、メドベージェワ選手のフリープログラムは「ハマりプロ」ですね。冒頭の振り付けから彼女の世界に入って行きます。ちょうと、リプニツカヤ選手のソチ五輪時期のプログラムがそうであったように!

私のお気に入りのポゴリラヤ選手が3位表彰台を射止めたのは嬉しいです。振り付けとしてはフリーよりもショートの方が彼女の「ドヤ顔系」演技にピッタリな感じがして好きです。競争厳しく入れ替わりの激しいロシア女子にあって、ポゴリラヤ選手だけが3大会連続して世界選手権に出場しているのですから、このこと自体が凄い。強いですよね。

ラジオノワ選手も強いですね。ある意味、羽生選手みたいな感じも。絶対に決めてやる!絶対にミスはしない!と言わんばかりの根性が目に見えるような演技スタイルが。少しパンツが「食い込み過ぎ」では?(^_^;)

ゴールド選手は(T_T)。残念無念。メンタル?優勝を意識して緊張したか。
フリー冒頭の3Lz-3Tでセカンドの3Tのコケ方を見て改めて思ったのは…前にも書いたことがありますが…彼女は脚力は強いけど、膝や足首の柔軟性・粘りに欠けるのではないかと。硬いのかな?これがワグナー選手やラジオノワ選手だったら、何とか3Tを根性降りしたと思うのです。ゴールド選手はゾーンに入れば破壊力のある凄いジャンプを決めますが、そのゾーンが狭いのではないでしょうか?必ずしもメンタルに原因があるとは言いきれないように思います。

ワグナー選手、銀メダルおめでとうございます!
ワグナー選手は毎年見る度に素敵なスケーターだ、と新たに発見することが多いのですが、今回の演技を見てすっかり魅了されました!演技そのものだけではなく、24才にして進化を続けるその努力と根性が見えて来るようで頭が下がります。表現力も素敵ですが、特にジャンプに切れがありましたよね。これって、凄いことだと思います。


【もう、いい加減、地元アゲと言うな!】
「敵側?」のロシア女子選手たちの高い得点の出方を見れば、地元アメリカ有利な判定・採点なんぞ有りはしません。おそらく、ゴールド選手のショートでの単独3Fの怪しい?エッジがオッケーだったことでアメリカ有利と言う人もいたのでしょう。

「ある」との証明が不可能で、なおかつ、「無い」との反証も不可能な出来事でガタガタ言うのは不毛な議論だ。審判の目と判断を信頼してフィギュアを観戦するしかないのです。疑問に思うまでは良いが、そこから先は全て中味の無い憶測に過ぎません。メドベージェワ選手の凄い高得点に疑問を抱くのは良いが、その先は意味が無い。素人の付け焼刃の知識と生兵法でジャッジや選手を断罪するような言説は全てゴミ箱に捨てるべきガラクタに過ぎません。


【浅田真央が平昌五輪を目指して現役続行を宣言】
ファンとしては嬉しいです。が、厳しい戦いになるでしょうね。平昌五輪に出場出来るかどうかは五分五分か。若手の本田真凜選手や樋口新葉選手等の成長によってはネ。

浅田選手は…私の独断ですが…コストナー選手、ヨナさんに次ぐ素晴らしいスケーティングの持ち主です。しかし、ジャンプの不安定性、ルッツのエッジエラー、そして何よりも回転不足の課題はバンクーバー五輪時期から現在までずっと克服出来ていません。浅田選手がショートとフリーの両方でノーミスの演技をしたのを見たことがありません。今や、ロシア女子を中心にノーミス演技が珍しくない状況にあっては、浅田選手は非常に苦しいでしょうね。

それかあらぬか、ファンの中にはコーチを変えて欲しい、ジャンプ専門のコーチを付けて欲しい、ローリー・ニコルのプロばかりでは変わり映えがしない。振付師を変えて欲しい、と望む声が少なくない。私もそう思います。コーチを変えなくても良いが、短期間だけでもロシアか北米に行って、他のコーチや振付師の指導を受けることがあってもいいのにと思う。

浅田選手の演技が見られるだけでも幸せかもしれませんが、競技に出る以上は強い浅田選手の姿を見たいというのが私の本音です。いや、多くのファンの本音でしょう。

私の想像ですが、熱烈なファンはファンレターの中でそのような希望も書いている例もあるでしょうね。で、浅田選手もファンの希望がどこにあるか、知ってはいるのでしょうね。

しかし、おそらく、浅田選手はファンの希望とは逆を行くのでしょう。良くも悪くもそれが浅田選手の持ち味、個性だ。先日、浅田選手が「フリーの『蝶々夫人』を来季も続けようかとも考えている」と言っていたのを見て、私はズッコケました。「それだけはやめて~!新しいフリープログラムにしてよ~!」と、声に出しそうになったくらいです。「蝶々夫人」は良いプログラムとは思いますが、名プログラムとまで思うファンは少ないのでは?

しかし、浅田選手は「蝶々夫人」をとても気に入っているらしい。また、このプログラムで自分が満足出来るまでの演技がまだ出来ていない、やり残しているものがある、との思いもあるらしい。

過去に「愛の夢」を2シーズン続けた例があるしネ。結果はイマイチと思ったが。

前にも書きましたが、浅田選手の内なる心の本能的な判断・決断や物事の優先順位は、ファンの想像の及ばないものがあるようです。当たり前のことですが、浅田選手の好きなようにやって貰うしかありません。




関連記事
スポンサーサイト

2016.04.28 | | コメント(38) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・大会



コメント

パラレル・エッジ☆☆☆

月姫さまv-350

good eveningv-483

>コストナー選手、ヨナさんに次ぐ素晴らしいスケーティングv-354v-354v-354

でも真央姫が二人と同じエッジ(シール)で滑ったらSSは二人を越えることでしょうね~♪v-354v-354v-354

>平昌五輪に出場出来るかどうかは五分五分か。若手の本田真凜選手や樋口新葉選手等の成長によってはv-354v-354v-354

オリンピック選考会(全日本)の順位は、1位知子ちゃん、2位真凜ちゃん、3位新葉ちゃんになると思いま~すv-354v-354v-354

でも真央姫は、これまでの輝かしい実績で選出されま~すv-350v-350v-350

応援は真央姫で~すv-350v-350v-350
真央GO!ガオーv-284v-284v-284

月姫さまGood nightv-350v-350v-350

By ファントムv-325

2016/04/28 (木) 21:46:13 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

No title

p.s.(一部訂正)

二人と同じエッジ(シール)→ヨナさんと同じエッジ(シール)

SSは二人を越える→SSはヨナさんは越える

2016/04/29 (金) 00:03:17 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: パラレル・エッジ☆☆☆

ファントム様、こんばんは^^

>でも真央姫が二人と同じエッジ(シール)で滑ったらSSは二人を越えることでしょうね~♪

さあ、それはどうでしょうか?

ジャッジのSS評価はコストナーさんが最も高いですね。

2016/04/29 (金) 00:40:14 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ファンは勝手なことを言ってしまうものですが。

浅田真央、平昌目指す宣言出ましたね。
予想より早かった(笑
まあ、バンクーバーやソチと違って、平昌の場合、国内選考会を突破できるかという問題がありますから、片割月様のおっしゃる通り厳しいみちのりになるでしょうけれど。

ただねぇ。
競技会に参戦する彼女を見られるのは嬉しいですが、表情が曇っているのを見るのは、「母心」が痛むんです(笑
「ああ、もう、またあんな追い詰められたみたいな顔して・・・」みたいな?
ただ、単純に、嬉し気に滑る彼女を見たいんですよ。
復帰戦のJOやその後のCOCの時のように。
ショーの時の彼女は楽しげに滑りますが、楽しいのと嬉しいのは違う。
嬉しそうな彼女を見たいんです。
彼女は、望み通りのエレメンツを組んで、思った通りの演技ができた時が一番嬉しそう。希望通りのエレメンツを満足がいくように(プロトコルに多少<やeがついたとしても、ええ、つくんですよwそれは認めます、ファンであっても。それを折り込んだ上でなお、彼女が思った通りにできたと感じるように)滑り切れば、おのずと点数は上がるわけで…。で、そうやって勝った時が本当に嬉しそうなんですね。
どこかやんちゃそうな、きかない子供みたいな顔になる。
私はそれが見たい。

>競技に出る以上は強い浅田選手の姿を見たい
>多くのファンの本音でしょう

おっしゃる通り。
強い時の彼女が一番輝いていて嬉し気で、文字通り「愛す可き」存在になってる気がします。

振付師に関しては、私は、海外の振付師も悪くはないけれど、日本語で丁寧に、振り付けの意味や意図をきちんと解説してくれる人に、一度はついてみたらいいんじゃないかと思います。

彼女は自分以外の人間になるような演技には多分ほとんど関心を示さないだろうとは思いますが、それでも、母語で、「この振りはこういう状況でこういうことを表現している」ということをいちいち丁寧に解説されたら少しは違ってくるんじゃないかという気がするんですね。
もし楽曲のベースに物語があるのだとしたら、それはどういう物語なのか、そのどの部分を表現しようとしているのか、そういうことをきっちりと理解させてもらったことがないままベテランになってしまったんじゃないか、と思えて。

山田先生の元を離れたとたんずっと、ローリー・ニコルとタラソワですから。
言語の隔たりというのは小さくないはず。
なんとなくわかった部分だけで解釈して、「私だったらこう感じるだろう」という方向に入っていくのが彼女のスタイルになりつつあるので、彼女が「私だったら」をやり続けるなら、誰の振り付けでも同じような感じに仕上がると思うんです。
ジュピターのような、「浅田真央の祈りの思い」とかはそのやり方で大成功するでしょうけれど…。
同じ母語を持つ人なら、例えば蝶々夫人にしても「真央だったらそう感じるかもしれないけど、蝶々さんはそうじゃなくて、こんな風に思ったのかもしれないよ」とか「真央らしく演じてもいいけど、蝶々さんがそう信じたのはなぜなのか、100%信じ切っていたのか、わずかにでも疑う気持ちを自ら打ち消すためにあんなふうに歌い上げたのか、そこを考えてごらん」という風に、多様な感じ方や考え方を言語でもって指導してもらうことには意味があると思うんですよね。彼女はあまり本を読むことが好きではないらしいので。
物語を誰かに解説してもらったり読み解いてもらったりするのもいいと思います。

個人的な趣味からいうと、私はニコル振り付けのI Got Rhythmとか素敵なあなたはあまり好きではないです。ジャズはやはり北米の選手が一番うまくこなすような気がします。メリポピも、踊るリッツの夜もなんだかぴんと来なかったなぁ。

日本人の、ミヤケン先生なんてどうでしょうね。ショー用のPGではなく、試合用のガチで勝ちに行くPGを彼に作ってもらってはどうか、と。

あ、よその国のコーチやクラブの短期のセミナーなどに参加するのはいいと思います。気分も変わるだろうし。
でも、おっしゃる通り、やらないでしょう。なにせ頑固だからw。

 *ルッツはともかく、回転不足をなくせたらね・・・。
   おそらく佐藤先生の言う
  「スピードこそがスケートの最大の魅力」を
  体得できれば、回転不足はなくなるんですよね、
  でもそう簡単にはいかないのが現実なのでしょう
  
などなど、ファンは勝手のことをいろいろ考えるものなのです。  

2016/04/29 (金) 17:01:39 | URL | 風邪薬 #aR5DLEYU [ 編集 ]

Re: ファンは勝手なことを言ってしまうものですが。

風邪薬様、こんばんは^^

>嬉しそうな彼女を見たいんです。

ワカル。彼女の落ち込んだ顔を見るのはこちらも辛くなりますよね^^;

>どこかやんちゃそうな、きかない子供みたいな顔になる。
私はそれが見たい。

浅田選手は上手く行った時や、絶好調の時は、ニコニコ顔が少し上向きになり、アゴも上がるんですよ(^○^)

>日本語で丁寧に、振り付けの意味や意図をきちんと解説してくれる人に、一度はついてみたらいいんじゃないかと思います。

あ、それも一案ですね。宮本賢二さんとかね。キャシー・リードさんも案外面白そうだけど。あ、少し日本語に難があるかな。

あ、風邪薬様も下の方でミヤケン先生に触れていましたね(^_^;)

>「スピードこそがスケートの最大の魅力」を
  体得できれば、回転不足はなくなるんですよね、

御意!

浅田選手の3Aや3F-3Lo(又は2Lo)や、2A-3Tの助走を見ていると、
思わず背中をグイッと押したくなります!

2016/04/29 (金) 19:53:12 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

No title

諸事情で結局ネットでしか見れていないのですが、試合終わって比較的早い段階でyoutubeを検索したら、浅田選手のものがぶっちぎり視聴数(もちろん日本のファンがリピし続けているにしても)でメドベデワ選手の倍ほど。。浅田選手の人気を再認識しました。「ソチの再演」的なコメントも並んでいて、PCSが低すぎる!という怒りのコメントも。

ただ、PCSは仕方ないですね。冒頭3つのジャンプまでは、ほとんど「つなぎ」が入っておらず、ソチでキムヨナ選手が一部のアンチに野次られた表現を使えば、「スカスカ」感があります。特にソチ以降の「つなぎ」時代に、やや置いて行かれているのかな、という印象でした。曲調的にも美しさと引き換えに、勢いやスピード感(実際のスピードはともかく)が犠牲になっているともいえなくないでしょうか。

というわけで、来季はもう少し、迫力や勢いがつくような、例えばオーソドックスですがカルメンとか(ノクターンのように、大人版をみてみたい)タンゴっぽいもの(個人的に大好きなポル・ウナの競技版もみてみたい)なんか、推してみたいです。蝶々婦人はどうも…ストーリーが好きになれんのです。。

2016/04/29 (金) 21:27:56 | URL | ちゃらら #- [ 編集 ]

Re: No title

ちゃらら様、こんばんは^^

ご説、ごもっともですね。同感です。

>勢いやスピード感(実際のスピードはともかく)が犠牲になっているともいえなくないでしょうか。

これですね。
ここでギアを上げないと、生きのいい若手の勢いに対抗出来ないと思います。

>タンゴっぽいもの(個人的に大好きなポル・ウナの競技版もみてみたい

賛成です!タンゴは来季のショートプログラムの候補にしたいですね!

2016/04/29 (金) 22:36:25 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

フィッシュ・ダイブ☆☆☆

月姫さまv-350

こんにちは~♪

>アイスダンスで是非とも廃止して欲しいリフト技

ファントムはアイスダンスで是非とも導入して欲しいリフト技がありま~すv-354v-354v-354

とーっても高難度の技で~すv-354v-354v-354

バレエのフィッシュ・ダイブ(ポアソン)で~すv-354v-354v-354

https://www.youtube.com/watch?v=OT8Zk41TulU

6:40 フィッシュ・ダイブ(パ・ポアソン)v-354v-354v-354

スケートで男子がキャーリングで滑走し両手を離して広げて、女子をフィッシュ・ダイブして2人同時に両手を広げたらカッコ良いですね~v-354v-354v-354

月姫さま Have a nice consecutive holidaysv-350v-350v-350

By ファントムv-325

2016/05/04 (水) 14:02:18 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: フィッシュ・ダイブ☆☆☆

ファントム様。

>アイスダンスで是非とも廃止して欲しいリフト技

オイッ、これについての、賛否が無いわね(^_^;)

>バレエのフィッシュ・ダイブ(ポアソン)

なるほど!有り得ますね!

スケートしながらなので、バレエよりも難しそうですね^^;

2016/05/06 (金) 20:13:56 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

アイスダンス

片割月様、こんにちは(^^)

世界フィギュアアイスダンス最終グループだけ見ました。
HDD容量の関係で前のグループは削除して見なかったので、
片割月様が堪能されたというギルス・ポワリエ組のSDと
カペ・ラノ組のFDを見る事が出来なくて残念です(TT)

片割月様おっしゃる通り、最終グループのカップルはどれも
見応えがあり素晴らしかったですが、
やはりパパシゼ組の演技に一番惹きこまれました。
シングルは好きで見続けていますが、アイスダンスにはこれまで
なかなか惹きこまれなかったんですよね。
華麗なスケーティングやターンは素敵だと思っていましたが、
アクロバティック(過ぎるように見える)リフト技と、
アピール(し過ぎているように見える)表現がどうも苦手でした。

そこへ昨季見たパパシゼ組はこれまで見たカップルとは
全然別のものに見えました。
スケーティング技術の素晴らしさにも唸りますが、
その表現にはすっかり虜です。
表情が自然で現実と乖離していない所が良いです。

滝野さんの解説初めて聞きました。
おっしゃる通り、感激屋さんのようで
彼女の感動し高揚した声での解説を聞くと
より感動が増します。
しかし、ジャッジの資質として考えると
どうなのかなと思う部分はあります。
こうして感激した様子の解説は嬉しいのですが。
(これは岡部さんにも感じています。
岡部さん面白いので好きですが、
埼玉ワールドの解説を聞いた時に
ジャッジの資質としてどうだろうとは思いました。)



2016/05/07 (土) 13:20:45 | URL | Moeri0807 #- [ 編集 ]

No title

>コストナー選手、ヨナさんに次ぐ素晴らしいスケーティングの持ち主です。

俺もそう思うでよ。

>ジャンプの不安定性、ルッツのエッジエラー、そして何よりも回転不足の課題はバンクーバー五輪時期から現在までずっと克服出来ていません。

そーいえば俺の尊敬する現役審判の方のツイート(当日ジャッジしてた人ではなく、テレビで見ていて)で、ソチ五輪のフリー、「ジャンプにトップスピードで入っていないので最高評価にはしなかった」って書いてましたねぇ。

スピードをジャンプにそのまま変換できるスキルが、やっぱりコストナーさん、ヨナさんとの差で、それがまだ途上段階ってことなんだろうなぁ。

あと、彼女はイロイロ難しく考えちゃうタイプの人なんでしょうね。

スピードと心の割り切りをクリアできればずーっと浅田さんを見てきたスケオタとしては嬉しい限りなんですが、それが簡単にいけば苦労はないだろなー。
頑張ってほしいな。(て俺がここでわざわざ書かずとも、頑張ってるんだろうけど)

ちなみにメドベデワさんの、あの儚げな雰囲気いいわー。「ボクがお守りしますう!」と本当にうっかり言ってしまいそうですわ。
その割には「こんなのラクショーだぜ」と言わんばかりに全てをポンポン決めちまう、あのギャップがいいんだよねー。

2016/05/08 (日) 09:12:02 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re No title

>ジャンプにトップスピードで入っていないので、、、

3+3のコンビネーションの、二つ目を(そのほうが跳びやすいので)3Tにする選手が多いですが、浅田選手が二つ目に3Tを跳ぶのは2A+3Tだけだと思います。
最初のジャンプをトップスピードで入っていないから、着氷に流れがないので3Tを跳べないのではと思っていますが、違いますか?
スピードがないとURにもなりやすいし、、、あまりネガティブなコメントはダメですね(笑)

ラジオノワ選手も着氷に流れがないのが気になります。
そのために二つ目のジャンプがかなり低い。
まだ成長期のようなのでこれ以上大きくなると今のテクニックでは行き詰まるような気がします。

メドベージェワ選手はジャンプも大きいしジュニア離れした演技ですが、鉛筆のような今の体形がいつまで維持できるか、丸くなった時にそれをどう乗り切るかですね。

2016/05/08 (日) 16:46:12 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

今日の感想

片割月様、お久しぶりです。

世界選手権後早いもので一月以上過ぎてしまいましたが、私は熱烈真央ファンなので毎日あーでもないこーでもないと思いを巡らせています。

さて、私は今シーズン初めのころは真央選手の好きなようにやっていただきたいと思っていたのですが、シーズンが進むにつれ、やはり皆様と同様、良い成績を残して、すがすがしい勝気な表情になってほしい、そのためには・・・と色々と考え込んでいました。

ところが今日思い立ってもう一度動画を見比べました。
私の中で近年彼女の中で最高の演技と思っていた2014年さいたまワールドのフリーの演技と今回の演技を見比べてみました。

4月に動画を見ていたときは、今回の世界選手権のフリーの演技は正直まだパワー不足で2014年のエネルギーが満ちている演技まで戻す途中過程だなと思っていたのですが、今日の感想は一転しました。

見るポイントを変えてみました。
というか、きれじろう様のコメントを頷きながら読んだ後、「そうなんだよな~。真央選手、ジャンプの前に足を横に開いてブレーキをかけるような動作するんだよな~、ブツブツ・・・」てな具合に見比べました。

2014年ソチ及びワールド…やっぱりな~。パワーはバンクーバー当時より出てきたんだけど、ブレーキちょっとかけて調整しているな~。

2016年ワールド…あれ、全体的なパワーは他の上位選手に比べるともう少しほしいところだけど、あの例の動作がない、ない、ないぞ。

もう皆様は気が付かれていたかもしれませんが…今日のうれしい発見でした。

やはり浅田選手はすごい目標値が高い選手なんだと再認識させられました。試合中でも逃げずにエッジにこだわりルッツを跳び続ける姿勢にもさすがだなと思っていましたが(跳びやすいエッジで跳べば!くらいにはおさまりそうなのに)。

なんとなく今季は白鳥の湖の頃の状態(復調の兆し)で、来季はソチシーズンくらいの状態で、平昌の頃はさらに見たこともない良い状態へ…と期待しています。

2016/05/08 (日) 16:58:46 | URL | 藍色 #mQop/nM. [ 編集 ]

No title

>kan kanさま

そうですねぇ。浅田さんのコンビネーションのバリエーションは
・2A+3T
・3F+3Lo
かな。
ワタクシもkan kanさまのご意見に同意。

で、2011年シーズンから、2+3、3+3の全記録を拾ってみました。

●2011-2012シーズン:3回実施、2回成功
・NHK FP→2A+3T  GOE 0.70
・四大陸 FP→2A+3T  GOE 0.70
・世選 FP→2A+2T GOE 0.5(失敗して2Tになったが、2Tとして美しかったのでGOEは+)

●2012-2013シーズン:5回実施、2回成功
・中国杯 FP→2A+3T<<  GOE -1 (UR)
・NHK FP→2A+3T GOE 1.20
・GPF FP→2A+3T< GOE -0.29 (UR)
・四大陸 FP→2A+3T< GOE 0.07 (UR)
・世選 FP→2A+3T GOE 1.40

●2013-2014シーズン:7回実施、2回成功
・スケアメ FP→2A+2T GOE 0.86(失敗して2Tになったが、2Tとして美しかったのでGOEは+)
・NHK FP→2A+3T  GOE 0.70
・GPF FP→2A+3T GOE 1.2
・五輪 FP→3F+3Lo< GOE 0 (UR)
・五輪 FP→2A+3T< GOE 0.14 (UR)
・世選 FP→3F<+3Lo GOE 0 (UR)
・世選 FP→2A GOE -1.0(2A直後に大きく態勢を崩した為セカンドつけられず)

●2015-2016シーズン:8回実施、1回成功
・NHK FP→3F<+2Lo GOE -0.60 (UR)
・NHK FP→2A+3T GOE 0.2
・中国杯 FP→3F+3Lo< GOE -2.0 (UR)
・中国杯 FP→2A+3T< GOE -0.14 (UR)
・GPF FP→2F GOE 0
・GPF FP→2A+2T GOE 0.64(失敗して2Tになったが、2Tとして美しかったのでGOEは+)
・世選 FP→3F+3Lo< GOE -0.70 (UR)
・世選 FP→2A+3T< GOE -0.29 (UR)

コンビネーションはやっぱり安定してないですね。

頑張ってほしい!


>藍色さま

おっひょー!すっげーお久しぶり!

>試合中でも逃げずにエッジにこだわりルッツを跳び続ける姿勢にもさすがだな

彼女の姿勢は素晴らしいなぁと私も思います。

いやー、昨日までチンケな陰謀論者のところに久しぶりに突撃してゴマカシに付き合ってたから、こっちでの生産的な会話は楽しいわー。
ちなみに、そのチンケくんは

「今までの大会の採点や裁定はあの時は一体何だったんだと個別に考えると怒りがこみ上げますね。3Aなど特に。」

なんて相変わらずの知ったかぶりをしてたんで、「具体的な事例を出せ」と何度も迫ったら、発狂。(笑)
『きれじろうの絵』『きれじろうの絵(再)』に続いて、また俺をボロカスに書いた記事をアップ(題名は『北九州監禁殺人事件と変質者きれじろう(ストーカー))』して、「私はあらゆるスポーツに圧倒的に精通しているしバレエなど芸術も見る。」という爆笑モノの主張。
論理が支離滅裂だったので、そこに矛盾点などをコメントしてあげたんだけど、全部消去。(笑)
で、結局最後まで具体的事例は出せないまま。(笑)

強気のコメントで虚勢はってます。まだ、ああいうペテン師に騙されてしまう人はいるんだなぁと感じた次第。

2016/05/08 (日) 19:01:11 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

No title

>メドベージェワ選手はジャンプも大きいしジュニア離れした演技ですが、鉛筆のような今の体形がいつまで維持できるか、丸くなった時にそれをどう乗り切るかですね。

あー、確かに。どうなんでしょうねぇ。こればっかりはなんとも・・・。
なんか日本のセーラームーンが大好きらしいから、上手く乗り越えてほしい!

2016/05/08 (日) 19:19:22 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: アイスダンス

Moeri0807様、こんばんは^^

>アピール(し過ぎているように見える)表現がどうも苦手でした。

なるほど。言われてみれば、そんな雰囲気もちょっとあるかな^^;

ただし、どのジャンルでも「ダンス」にはそうした傾向があるような気もします。

歌舞伎なんざ、「アピールし過ぎ」の極致でありんす(^◇^)

>パパシゼ組はこれまで見たカップルとは 全然別のものに見えました。

やはり、Moeri0807様も同じような感想をお持ちだったんですね^^

>ジャッジの資質として考えると どうなのかなと思う部分はあります。

滝野さんと岡部さんに?

Moeri0807様がそのような感想をお持ちとは、ちょっと意外でした(^_^;)

参考までに、出来れば、具体的にどんな点で「資質としてどうなのか」を教えて頂けませんでしょうか?

2016/05/09 (月) 02:24:29 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: No title

きれじろう様、こんばんは^^

>「ジャンプにトップスピードで入っていないので最高評価にはしなかった」って書いてましたねぇ。

そのようなツイートがあったとは知りませんでした!

浅田選手はさほど助走スピードがなくても、ヒョイっと跳んで決められるからでしょうかね?

>彼女はイロイロ難しく考えちゃうタイプの人なんでしょうね。

同感です。あの見た目の天然っぽさとは別の一面があるようですね(^_^;)

これが、メンタルが~、と指摘される理由かな?

>「ボクがお守りしますう!」と本当にうっかり言ってしまいそうですわ。

けッ!「送り狼」の発想やな(^O^)/

2016/05/10 (火) 00:30:00 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 今日の感想

藍色様、お久しぶりです^^

浅田選手はジュニア時代から、器用にヒョイとジャンプを跳ぶスケーターだったと思います。

ヒョイだから、それほど助走スピードはいらないのかもしれませんね。

さりながら、2016ワールドのフリーでは、思い切り跳ぼうとの感じはありましたね。
それでも、回転不足は取られています。

どうしてか?

浅田選手は以前に、サルコウやトゥループはあまり得意ではない、くらいのことを言っていたと記憶します。

不思議なことに、グレイシー・ゴールド選手はセカンドにループジャンプが付けられないようですね。
彼女の運動神経やスピード感から鑑みて、セカンドに2Loをつけるくらい簡単と思えるのですが、これが人間の不思議であり、不可解なところかなあと思います。

浅田選手は逆に、ループジャンプを付けるのは得意だけど、
セカンドにトゥループジャンプをつけるのが、あまり得意な方ではなさそうですね。

それゆえ、2A-3Tで回転不足を取られる原因なのかも。

>なんとなく今季は白鳥の湖の頃の状態(復調の兆し)で、来季はソチシーズンくらいの状態で、平昌の頃はさらに見たこともない良い状態へ…と期待しています。

同感です(^_^)/

追記。
最近知ったのですが、例の動画ブログのキムヨナさんのスレで、藍色様が孤軍奮闘していたのを知りました。
早く知っていれば、私も応援に駆け付けたのに、と思いました。
まあ、あの手の人達とはなかなか会話が成立しないですけどもね。

2016/05/10 (火) 01:15:27 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: No title

>なんか日本のセーラームーンが大好きらしいから、上手く乗り越えてほしい!

意味がわからん!(^_^;)

①なんか日本の宮崎駿のアニメが大好きらしいから、上手く乗り越えてほしい!

②なんかスターウォーズが大好きらしいから、上手く乗り越えてほしい!

2016/05/10 (火) 01:20:14 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

No title

片割月さま

>浅田選手はさほど助走スピードがなくても、ヒョイっと跳んで決められるからでしょうかね?

浅田さんが幼少の頃から面倒を見ておられた山田先生の指導方法も関係してるのかなぁと思うんですけど、山田さんは「好きなようにやらせる」傾向があったみたいですね。子供たちにスケートをもっともっと好きになってもらう為に。
昔テレビインタビューで見た記憶で書いてますけど。

それと、トリノ五輪直後に五十嵐さんが雑誌で「日本選手はジャンプが跳べればいい、と思ってる。でもそうじゃない。重要なのは質だ」とおっしゃってたんだけど、そういう指導の揺籃期にジャンプを体で覚えてしまって、ヒョイと跳べてしまったことが現在の苦労に繋がってる可能性もあるのかなぁ、なんて私は思ってます。

んで、彼女のジャンプの画像解析やってていつも気になるんだけど、アクセル以外の「全てのジャンプ」が離氷時の所謂プレロテが180度ぎりぎりなんだよね。
なのでヒョイはヒョイなんだけど実は結構ギリギリヒョイだったりする。

私の浅田さんに対する印象は、
・羽生さんみたいに「やってみたら出来ちゃった」ってタイプではなくて、コツコツと積み上げてやっと出来るタイプ
・色々難しく考えちゃうタイプ
なんですけど、Number 822号「美しき日本のフィギュア」の浅田さんの記事にこんな記述があるんですよ。

「スケーティングの練習で滑ろうとすると(佐藤先生から)『違う』と言われる。先生の指導がなかなか理解できなかったんです。注意を受けるとグイーっと伸びる感じとか、ピタっと吸いつく感じとか、今までと違うのが分かるのですが、すぐ昔のクセが出てしまいました。」

やっぱり昔覚えた感覚を手放して新しく生まれ変わるって、とんでもなく大変な作業なんだな、と思います。

ルッツだって進化途上。
恐らく佐藤コーチからしたらソチ五輪までは時間が全然足りなかった筈で、次のオリンピックこそが佐藤さんにとっての「浅田さんの卒業試験」なのかな、と。
そのときこそ、リンクの上で浅田さんのトップスピードに乗ったとんでもないジャンプの数々が見られればいいなぁ。

俺はただ浅田さんの努力を見て応援するだけ。


・・・つったって今の浅田さんだって俺的には十分すごい。世選フリーで彼女よりPCSが上位だったのはたった3人だけだぜえ。

>>なんか日本のセーラームーンが大好きらしいから、上手く乗り越えてほしい!

>意味がわからん!(^_^;)

うっひゃっひゃっひゃっ!

2016/05/10 (火) 10:39:11 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

No title

>例の動画ブログのキムヨナさんのスレで、藍色様が孤軍奮闘していたのを知りました。

うっひょー!俺も参戦したかったぜぇ!全員なぎ倒してやったのに。

ちなみに、最近uploader.jpという便利なサイトの存在を知って利用するようになりました。

画像がおけるので、今後は物証を提示して黙らせることが出来るわい。

http://ux.getuploader.com/kirejirou/

片割月さまにお願い
この俺のuploader.jpに

・説明2015_2 フィギュアスケートのルール、その全体像.pdf
・説明2015_2 回転不足ってどうやって判定してるの?.pdf

てのを置いてあるんだけど、「こー書いたら、もっと分かりやすくなる」ってある?

時間があるときにでも読んでもらって改善点があれば教えてほしいんだけど。

・・・今日は有給でお休みだぜ。ひっひっひ。

2016/05/10 (火) 10:58:24 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: No title

きれじろう様、こんばんは^^

そうそう、「好きなようにやらせる」山田満知子コーチのお話。山田氏の著書で読んだ記憶があります。

宇野選手も村上選手も、素晴らしいスケーターに育っているのですが、(ステップもスピンも表現も上手い!)
ジャンプに関しては、ちょっと変な?クセがあるように見えますね。
伊藤みどりさんは例外的かな。

>彼女のジャンプの画像解析やってていつも気になるんだけど、アクセル以外の「全てのジャンプ」が離氷時の所謂プレロテが180度ぎりぎりなんだよね。

うーん。これにはあまり気がつきませんでした^^;ランディングの方ばかりが気になって。。。
言われてみれば、トリプルサルコウなんかは、そんな感じにも見えますね。
浅田選手の単独トリプルフリップや単独トリプルループにもギリギリヒョイ、が見られますか!?
ちょっと意識して見直してみよう。

>「浅田さんの卒業試験」

ううう。。むむ。。ベッキーを思い出すわ。この言葉(-_-;)

>・・・つったって今の浅田さんだって俺的には十分すごい。世選フリーで彼女よりPCSが上位だったのはたった3人だけだぜえ。

はい。まったく同感でありんすな(^_^)/

同じフィギュアでも、
きれじろう様は、セーラームーンのフィギュアを胸に抱いて、うっひゃっひゃっひゃっ!しているんだわ。きっと。

2016/05/11 (水) 02:06:51 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: No title

きれじろう様。

うわ~、凄いですね!

本格的だわ。

とりあえず、ブックマークしましたので、気がついた点があったら(あるかな?)
記事に紹介がてら、ご意見申し上げますね(^o^)/

>うっひょー!俺も参戦したかったぜぇ!全員なぎ倒してやったのに。

さあ、それはどうかなぁ~?(^○^)

きれじろう様も、例の陰謀論の大先生の所で苦労していたと記憶していましたが。

なにしろ、例の動画ブログにも、
ああ言えば上祐じゃないけど、そんなカルト系の陰謀論者や盲信者がウヨウヨいますからね(^_^;)

しかし、きれじろう様の、よーし、腕が鳴るぜ!、のような気概と勉強心は持ちたいですね。

2016/05/11 (水) 02:18:22 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

No title

>言われてみれば、トリプルサルコウなんかは、そんな感じにも見えますね。

トリプルサルコウは「誰でも」180度ギリギリですよ。実は。
サルコウはそういうモンなんですわ。

>浅田選手の単独トリプルフリップや単独トリプルループにもギリギリヒョイ、が見られますか!?

うん。

・説明2015_2 回転不足ってどうやって判定してるの?.pdf

の21ページ、22ページに浅田さんの2011NHK杯のループの離氷、着氷の合成画像を載せてるけど、ギリギリヒョイになってるでしょ。それは今も変わってないですよ。
ただ、180度程度のチートであれば、ダウングレードは取られないですけどね。
むしろ180度で厳格にとってたら、サルコウは殆どの人がダウングレードになっちゃう。

>とりあえず、ブックマークしましたので、気がついた点があったら(あるかな?)
記事に紹介がてら、ご意見申し上げますね(^o^)/

あー、ぜひお願いしますわ。
何しろ、俺の方で「分かりやすいだろう」と思っても、実際にそれは検証、つまり色々な人に見ていただかないと、本当に判断は出来ないからね。
昔から思ってたんだけど、本当に初心者ファンが陰謀論者に騙されず、スケートという競技を心から楽しんでもらえる為に必要なテキストってなかなかないんですよ。

>きれじろう様も、例の陰謀論の大先生の所で苦労していたと記憶していましたが。

あー、そういえばそうだったなぁ。
あれから3年近くたって、俺もノウハウを溜めてきたし、試したいぜっ!

2016/05/11 (水) 21:11:46 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: No title

>トリプルサルコウは「誰でも」180度ギリギリですよ。実は。
>サルコウはそういうモンなんですわ。

あ、そうなんですか(^_^;)

安藤美姫さんのトリプルサルコウなんか…まあ、私の感覚に過ぎませんが…ギリギリには見えないですけどね。
そう思って浅田選手のサルコウを見ていたのですが、違うんですね。

>21ページ、22ページに浅田さんの2011NHK杯のループの離氷、着氷の合成画像を載せてるけど、ギリギリヒョイになってるでしょ。それは今も変わってないですよ。

勉強します!

逆に、ギリギリとは真反対の、立派な?フリップやループを跳んでいる女子の例がありましたら教えて頂けませんか?
ヨナさんとかコストナーさんあたりかしら?

>昔から思ってたんだけど、本当に初心者ファンが陰謀論者に騙されず、スケートという競技を心から楽しんでもらえる為に必要なテキストってなかなかないんですよ。

せめて、テレビや新聞等で解説をしている日本のISUジャッジが協力し合ってテキストを作ってくれるといいんですけどね。
岡部さん、岡崎さん。東野さん。

荒川静香さんが著作の中で陰謀論に騙されている一部のファンに反論していましたが、効果なし。
むしろ、反発を招いただけでした。

>俺もノウハウを溜めてきたし、試したいぜっ!

今、そうした議論で熱く盛り上がっている掲示板やブログは、私の知る限りでは見当たりませんね。

もちろん、2チャンネルやヤフー掲示板などは論外でして、

司会役や仲介役を担ってくれる、冷静でしっかりとしたブロガーや管理人のいる所でないとね。

2016/05/12 (木) 00:37:43 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

No title

片割月さま

>安藤美姫さんのトリプルサルコウなんか…まあ、私の感覚に過ぎませんが…ギリギリには見えないですけどね。

安藤さんのトリプルサルコウを作ってみたよ。

・Miki Ando 2009 世選 3S ①離氷 2コマ前.jpg
・Miki Ando 2009 世選 3S ②離氷 1コマ前.jpg
・Miki Ando 2009 世選 3S ③離氷着氷合成.jpg

これをダウンロードして、Windowsフォトギャラリーの下の「>I」マークでコマ送りしてみてください。

180度ぎりぎりってのが良く分かると思う。

>逆に、ギリギリとは真反対の、立派な?フリップやループを跳んでいる女子の例がありましたら教えて頂けませんか?
ヨナさんとかコストナーさんあたりかしら?

明日、いいもんさがしてみますわ。
とりあえず、ヨナさんは「不正だ!」なんてしょっちゅう言われてたから、結構溜まってるけど。ルッツとか。
あと、この前、ソチオリンピックのときのフリップを検証してみたんだけど、2008-2009シーズンの彼女のクセ(結構「!」を取られまくってました)を完璧に直していてビックリした。

>せめて、テレビや新聞等で解説をしている日本のISUジャッジが協力し合ってテキストを作ってくれるといいんですけどね。

まあ、プロ組織じゃないしなぁ・・・。
それに、
・何が分からないのか
・どうすれば理解してもらえるか
って、双方向コミュニケーションで地道に探ってかないと難しいように思う。俺の経験から思うのは。
俺の回転不足テキストだって、地道に色々な人と会話した結果だし、その双方向コミュニケーションが無ければ書けなかったですよ。
勿論現在のものがベストだとも思ってないですけどね。
何事もPDCAサイクルの繰り返しですわ。

だって、俺、最初は離氷と着氷の合成画像さえ提示できれば、理解してもらえると思ってたんだけど、いざ提示したら「どっちが離氷でどっちが着氷なの?」てのがあったし。
それに図と映像を頭の中でリンクできない方も実は結構いらっしゃったし。

テキストに実際にイメージを掴むために人形を使うっていう記述があるけど、それもずーっとメールで会話させていただいた人に教えてもらったことなんですよ。

俺の説明を初めて読んだ後、映像みてたら頭がグチャグチャになっちゃったんだって。

それは2012年のことなんですが、その2年後にはだいたい正確に判断できるようになっておられたけど。


>荒川静香さんが著作の中で陰謀論に騙されている一部のファンに反論していましたが、効果なし。
むしろ、反発を招いただけでした。

やっぱりファンが疑問に感じていることに対する「誰にでも分かりやすい定義、説明」「物証」が無いと難しいと思います。

とはいえ、荒川さんて勇気ある人だと思うな。

結局、「分かってほしい」「楽しんでほしい」ではなく「分かってもらう手段を時間をかけて突き詰めていく。その効果が出た時に、もやもやしていた人たちが初めて楽しめる」という考え方が大切なんじゃないかなぁ。

>司会役や仲介役を担ってくれる、冷静でしっかりとしたブロガーや管理人のいる所でないとね。

うん。確かにそれがベストだと思います。私も。
後は、コメントする人以外の不特定多数の読者にどの程度届くかってところかな。
とはいえ、その点は効果測定が出来ないのが悩ましいところですけどね。

2016/05/12 (木) 23:08:51 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

No title

ああ、そうだ。

http://ux.getuploader.com/kirejirou/

の、最初の

・合成1(トウ着氷)
・合成2(ブレード全体着氷)

は、ソチ五輪FP、ヨナ選手の単独3Lzだけど、あれが離氷タイミング。かなり速い離氷タイミングかな?もちろん、そう断言するにはもっとサンプリングが必要だけどね。

これ、別ブログで
「デイヴィッドウィルソンの「二つ目のルッツは明らかに回り切ってなかった、ジャッジは見逃したけどね」発言や、スケートファンのツイートで気になっていたんです。」
という質問をいただいて作ってみたものです。

どーみても見逃されていたのではなく、実際に足りている。(笑)

それと、荒川さんがスケ連の副会長になった頃から結構岡部さんとかテレビでルールの説明をされてたり、雑誌にもルール解説が増えてきた、って感じてるんだけど。
ソチ五輪の前には荒川さんご自身も随分テレビでルール解説をされてたような記憶があります。

2016/05/12 (木) 23:41:58 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re:No title

ああ、そうだ。 その2

GPFの羽生選手のFPの二つ目の4Tを、BBCもCBC も自信ありげにURとコールしていましたがプロトコルでは減点にはなっていません。
これがヨナさんに対する判定だったら、またソロ陰謀説が沸き上がったことでしょう(笑)
両方とも放送画面を観ながらコールしているからそう見えたのだと思いますが、ジャッジはTVカメラでなく判定用のカメラで追ったもので判断しているはずですから、ジャッジの判定を信頼するしかないですね。 

2016/05/13 (金) 05:24:14 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

No title

FPの二つ目の4Tって、「4T+3T」のことですよね。BBCもCBCも私見てないんですけど。

「4T+3T」の4Tもやってみました。

・Yuzuru Hanyu 2015 GPF 4T+3T(4T離氷着氷).jpg

をダウンロードしてみてください。

これはギリギリです。「これぞまさしくボーダーライン」という感じのジャンプですわ。
認定されてもURされても、双方おかしくないって感じ。

ちなみにこの合成画像の着氷の瞬間は概ねブレード全体が着氷したあたりってところかな。若干鮮明さに欠けるので断定は出来ないですけど、この着氷の次のコマと比較したらブレードは上下に動いていないようにみえるので。

これがトウ着氷時点だったら、ほぼ認定されますけどね。

プロトコルをみると「1」が二人いますが、この二人は恐らくリンクのロングサイドに大きく広がっているジャッジ席の中で、羽生さんから最も遠い席に座っているジャッジパネルで、

・回転が足りない (記号無し) -1

を選択してるかも。

多分厳しいテクニカルパネルの組み合わせだったらURを取られている可能性が高いジャンプ、という気がしてます。

2016/5/19追記。
普通のテクニカルパネルの組み合わせでもURを取られる可能性が高い確率の着氷位置、に訂正。

2016/05/13 (金) 21:59:00 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: No title

きれじろう様、こんばんは^^


安藤さんのサルコウ画像、ありがとうございます。
なるほど。。。おっしゃる通りに見えるような気がします。

されば、私には次のような疑問が浮かびます。

そもそも、サルコウジャンプは、誰が跳んでも、180度ぎりぎり、で跳ぶ性質があるのではないかと。

もしかすると、ループジャンプも同様かも。

それゆえ、ぎりぎりでないサルコウジャンプの例があるかどうかに、関心がございます。

きれじろう様のサイト、記事にて紹介させて頂きましたよ(^_^)/

2016/05/18 (水) 00:44:15 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: No title

きれじろう様。

デヴィッド・ウィルソンさんの発言ですが、

私は、振付師、コーチ、テレビ解説のプロスケーター、の発言といえども、

彼等・彼女等の判定・評価については、鵜呑みにはしない方です。

その証拠に、ISUジャッジの岡部さんは、判定には「回転は、どうだったでしょうか?」と、
疑問を提出するに留めています。

その時の担当テクニカルパネルでなければ、最終的な判定は出来ないと分かっているからではないかと。

荒川さんや織田君も、時々、誤った判定?を言ってしまうケースがありますしね。

2016/05/18 (水) 00:49:10 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: Re:No title

kan kan様、こんばんは^^

>ジャッジはTVカメラでなく判定用のカメラで追ったもので判断しているはずですから、ジャッジの判定を信頼するしかないですね。 

私もそう思います。

陰謀論者に言わせると、私やkan kan様は「ジャッジ恭順者」に該当するようですが。

まお、判定するのは、正確には、ジャッジではなく、テクニカルパネルですけども^^;

2016/05/18 (水) 00:52:24 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

No title

片割月さま

>それゆえ、ぎりぎりでないサルコウジャンプの例があるかどうかに、関心がございます。

すんません。一度も見たことが無い。(笑)
私が見た限りはみんなギリギリだったです。

誰か余裕で離氷のサルコウの実例知らんかなぁ?教えてくれたら検証してみたい。

>鵜呑みにはしない方です。

さすがっす。解説とかケッコー当てになんないですからね。国際大会の審判はキャリア15年以上のベテランなんだから判定回数なんて元選手とかコーチに比べたら比較にならないくらい見てるんだから。

でも、今日、ジャッジミスと呼べるもの初めて発見しちゃった。(笑)

ご紹介いただいた記事のほうに書いたでよ。

2016/05/18 (水) 01:17:17 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

No title

>「ジャッジ恭順者」

これ、正式名称は「採点恭順者」ですって。まあ、どうでもいいっつったらどうでもいい話ですけど。

自慢していい?
この「採点恭順者」って、例の陰謀論の大先生が、アンコウさんところに発表していただいた「きれじろうはフィギュアスケートをこのように考える」の記事から文章を大量にパクって論評したときに初めて出てきた言葉。

つまり、陰謀論大先生の造語。
で、きっかけは俺。(笑)

その御仁が、片割月さんの彼の著作の論評に対して「著作権侵害」とのたまっておられたのには笑った。

2016/05/18 (水) 01:26:23 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

ボストン万歳

片割月さまお久しぶりです。ワールドが終わってから1カ月も経っての書き込みお許しください。

今日書き込もうと思ったのは、ひとえに、自慢したかったからです*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

そうワタシはオールイベントを前から2列目のプレミア席でぜーんぶ観たんです!エキシもです!

スケオタ人生の絶頂期でした。

神演技に次ぐ神演技の嵐で、耳をつん裂くような会場の畝りに身を委ねて来ました。もう思い起こすことはありません。あとはチケットを入手するために背負った借金を粛々と返済するのみです。

時間よ止まれ!の観戦でした。

誰がよかったなんて言えないくらい。

でも涙が洪水だったのはアメリカ男子でしたね。リッポン最高♪───O(≧∇≦)O────♪

多分これを超える現地観戦ってないと思う。しばらく大人しくしています。

2016/05/22 (日) 02:10:48 | URL | びっぐあぷる #s7zQWtIk [ 編集 ]

No title

>そうワタシはオールイベントを前から2列目のプレミア席でぜーんぶ観たんです!エキシもです!

ちくしょーっ!うらやましい。

ちなみに全然話が変わるんですけど・・・羽生さんの 2015 GPF 4T+3Tの4T、もう一度じっくり見て見たんですけど、あれ、やっぱりURですねぇ。
「BBCもCBC も自信ありげにURとコール」というのも当然だよな、という結論となりました。

んで、この羽生さんの4Tは恐らく審判からしたら、最も判断しづらい角度でもあるのかな、と思います。

というのも、判定用カメラの位置も審判の席もテレビカメラに比較したら高さはかなり低いうえに、テクニカルパネルの席、判定用カメラの場所からすると、ジャンプの位置は、恐らくほぼ真横で、しかも距離が離れています。
ということは離氷位置と着氷位置の正確な位置を特定するのはかなり困難だった筈で、それが認定された理由かもしれません。何とも判断しがたい、ということでスケーターズフェイバーが適用された可能性もあります。

いずれにせよ、やはり判定用カメラ1台で、しかも低い位置の限界なのではないでしょうか。
判定が選手の順位を決めてしまう以上、複数台の設置、あるいは「高い位置へのカメラ設置」というのも、全ての競技会場では難しいかもしれませんが考慮すべきなのでしょう。

とはいえ、全ての競技会の中で収益がプラスになるような大会がどのくらいあるか、ということを考えると言うは易しですけれども。

2016/05/22 (日) 23:58:16 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: No title

大先生は証拠も無く、ただ「願望」をあたかも事実であるかのように叫んでいるだけですから、

マトモに反論なんか出来ないのでしょう。

そえゆえ、搦め手からウダウダ言うしかないのでしょう。

2016/06/18 (土) 02:14:20 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ボストン万歳

びっぐあぷる様。お久しぶりです^^

>ひとえに、自慢したかったからです

>そうワタシはオールイベントを前から2列目のプレミア席でぜーんぶ観たんです!エキシもです!

ちくしょうめ。。。チョッ、この超フィギュア狂いが、勝手にしやがれ!!

ちったあ、観戦報告くらいしろってんだよv-293




2016/06/18 (土) 02:43:36 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。