スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



イチローの「ピート・ローズ超え」をどう思うか?愚見を少々




某ツイッターのつぶやきより。

「…ピート・ローズ、許せないな。昨夜の報ステのインタビューの傲慢さは何だ。日本人と日本野球を侮辱している。あの言動こそまさに差別だ。記者は何で言い返さなかったのか。WBCでも日本は2度王者になっている。実力を証明している。MLBと米国人がそれを不当に認めていないだけだ…。」


そもそも、日本プロ野球とMLB、異なる条件と異なる土俵の記録をふたつ足すことで「新記録」とすることが無理。

あくまで参考記録。イチローもそれを分かっている様子。
(MLB3000本安打の記録は非常に価値があると思います)

イチローがヒット打ちに関して一流中の一流であることは万人が認めているのだから、それを称えれば良いでしょう。

それよりも、「ローズ超え!ローズ超え!」と騒ぐ点に、日本のアメリカに対する劣等感の根強さを感じます。

昔、敗戦でしょんぼり?していた日本人が、プロレスで力道山がアメリカ人プロレスラーを打ち負かす姿に熱狂していたのと同じメンタリティーが今も継続しているのではないかと思います。

それはまた、韓国が何かにつけ「日本を超えた!」と騒ぐのと似た構図と思います。

傲慢かどうかはともかく、ピート・ローズが言った、
1.日米ではレベルが違う
2.日本野球のヒットをカウントするなら俺のマイナー時のヒットもカウントしろ

は、どれも正しいと思います。

仮にですが、将来、韓国のプロ野球選手が韓国+日本、韓国+日本+MLBの合計ヒット数でイチローを超えたとしよう。
そして、韓国メディアが「〇〇がイチローを超えた!」と騒いだとしよう。

おそらく、半数の日本人はピート・ローズと同じような反応を示すのではないかと思います。韓国のプロ野球は日本よりもレベルが下と思っている日本人が少なくないでしょうから。

で、上に挙げた某ツイッターのつぶやきをどう思いますか?

>WBCでも日本は2度王者になっている。実力を証明している。

これはどうでしょうか?

日本や韓国と比べ、MLBはWBCに「本気で取り組んでいる」と思いますか?

とてもそうは見えません。MLBにとってはあくまで「ワールドシリーズ」こそが真の世界一と思っているでしょう。
WBCは「お祭り」に過ぎないと思います。

もしも、カーショーやアリエッタ投手等、MLBを代表する投手を並べられたら日本は手も足も出ないでしょう。エンカーナシオン他のホームランバッターを並べられたら、誰が投げてもボカスカと打たれることでしょう。その証拠に、田中や岩隈やダルビッシュのような一流投手がポカスカとホームランを打たれているじゃないですか。

ローズが傲慢なら、日本プロ野球がMLBと同等と思う人も傲慢と言えましょう。※

謙虚なのはむしろ、意外?にも韓国チームの監督でした。

WBCで何度も日本を打ち負かした韓国ですが、それでも韓国チーム監督は、「日本は今回来ているチームと同等レベルのチームをいくつも集められる。しかし、韓国は一つのチームを集められるだけ」と言っていたのを覚えています。


私がサッカーやバスケット等の団体競技をそれほど好きになれない理由の一つがこれです。
「プチ愛国者」なファンがうるさくて嫌になるからです。
それかあらぬか、選手達の中にもそんな傾向を感じることがある。
野球も団体競技ですが、投手と打者の一対一的な勝負(ここが好き)が目立つので、少し特殊と思います。


話は違いますが、次のWBCで日本チームの監督候補が見当たらなくて苦労しているらしい。
原元巨人監督は、「WBCの監督は二度とやりたくない」と言っているとか。
星野は一度ミソをつけたからダメらしい。
落合の名前も挙がったらしいが、どこの球団も「落合?とんでもない。ダメダメ。」となったらしい。
それはそうでしょう。前に書いたことがありますが、落合なんてベンチでふんぞり返っているような男だったら、選手達からはそうとう嫌われていたであろう。

で、これも書いたことがありますが、イチローも落合と似て極めて傲然としたタイプだから、仮に将来監督をやっても選手達からは嫌われると思いますよ。

噂では、WBC監督候補として松井に白羽の矢が立ったとか。
さらには高橋体制後の次期巨人監督候補としても。
(巨人の監督候補には松井以外に、これはと思える人が誰もいない)

巨人球団サイドがアメリカまで行って松井に会っているとか。
しかし、何度も交渉しても松井からは色良い反応が無いらしい。

そりゃそうでしょ。

読売テレビの「松井無視」ぶりは徹底しているからね。
時々、松井特集が放映されますが、TBSだよ。どうして読売テレビが松井特集をやらない?
読売の老オーナーの目の黒いうちはダメでしょうね。

ヤンキースで近い将来ジーターが監督をすることになれば、彼は松井を打撃コーチとして迎えると思います。
松井もそれを望んでいるのではないかと。


関連記事
スポンサーサイト

2016.06.18 | | コメント(26) | トラックバック(0) | 戯けたライフ



コメント

02

片割月さま、こんにちは。
Shige改め「まるさん」と改名致しました。
このネームはフィギュア関連でコメントを入れる時に使っていたのですが、思う所ありまして、辞める事に致しました。中身は何も変わりませんので、今後とも、宜しくお願いします。

イチローのローズ越え報道に関してはまさに、片割月さまと同じ感想を抱いております。
心から、彼の偉業を讃える気持ちではありますが。 
ちなみに松井氏もこの頃、ますます好きになりました。
横浜DeNAの筒香選手は売出し中の若き大砲。昨年のキャンプで小一時間も彼のフリーバッティングを見てくれた松井の熱意と心意気(弱小チームを差別しない)に感動いたしました。
WBCの監督は、本人が納得さえすれば必ず引き受けてくれると感じてます。
今後の全日本のクリーンナップ候補の筒香をGの坂本や太田よりも遥に注目し評価したという点からも。巨人や読売の思惑を牽制しているのではないか、と邪推している位です。

それと、WBCに関するアメリカの姿勢なのですが・・・。あの「NO1好き」のアメリカがベストメンバーで臨めないというのは、メジャーリーガ―が個人事業主であり、怪我を怖れて出て来ないという現実。もっと言えば、「トーナメント方式」の国際大会に適応出来ないという面があるのではないでしょうか。
以前、野茂氏が言っていたそうですが、MLBのバッターは弱点を付くと案外脆くて、日本よりも三振を取り易かったそうです。
 もし、アメリカが「二線級」を出しているから負けていると言うのであれば、それは一度でも優勝してから言う言葉ですよ。綺羅星の様なドリームチームは私だって観たい! 彼らのプライドの為にも万障繰り合わせて、ベストメンバーを組むべきです。

長くなってしまいました。
いろんな鋭い視点の記事、楽しみにしています。

2016/06/18 (土) 10:18:53 | URL | まるさん #- [ 編集 ]

02

月姫さまv-350

Good dayi-1

>MLBを代表v-354v-354v-354

でも、あのアメリカプロバスケットボールリーグNBA代表もオリンピックで最初は連戦連勝だったのですが結局負けちゃいましたね~♪v-354v-354v-354

なのでWorld Baseball ClassicでもMLBを代表するチームが出ても最初は連戦連勝でも結局負けちゃうかも~♪v-354v-354v-354

月姫さま Have a great weekendv-350v-350v-350

By ファントムv-325

2016/06/18 (土) 11:07:08 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

1

P.S.(^^)[

fromスタバでP.Cで〜す♪

今日もストロベリー デライトフラペチーノで~すv-354v-354v-354

By ファントムv-325


2016/06/18 (土) 11:16:57 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

日米の実力差

片割月様

>エンカーナシオン他のホームランバッターを並べられたら

イェーイ! エンカーシオンは我がブルージェイズの3大砲の一人で~す。 
一番人気のドナルドソンもお忘れなく。だんだん調子を上げてきましたし、彼は走塁も3塁守備も魅せます。
バティスタとエンカーシオンは今年で契約切れで大幅アップを要求してくると思いますが、二人ともが無理ならエンカーシオンに残ってほしいです。

イチローの記録は各紙が取り上げていましたが、日米のレベルの差について新聞にこんな記事がありました。
2000年、イチローが・387で首位打者になったとき2位が・322のオバンドーで、彼は大リーグでの平均が・239. 5位が晩年のトニー・フェルナンデス(ブルージェイズの名ショート)で
・327。 これを見ても日本の野球のレベルは3Aとメイジャーの間ぐらいではないか、というもの。

私は同意です。
逆にピークを過ぎた大リーガーが日本で150本のホームランを打っても、その選手は大リーグでの本数と合わせて通算何本とは言わないだろうし、米国の新聞も取り上げないと思います。

記事はイチロー選手の10回のオールスター選出、10回のゴールデン・グローブなどの実績から殿堂入りは間違いないという見方でイチローを評価していますが、記録はやはりピートローズの物だとしています。

 

2016/06/18 (土) 15:03:09 | URL | kan kan #- [ 編集 ]

大リーグスタイル

まるさん

>MLBのバッターは弱点を付くと案外脆くて、日本よりも三振を取り易かったそうです。

追記になりますが、同じ記事で、
イチローが「・222でもよければホームランを40本打ってみせる」、といったとあり、それについてイチローをシアトルに引っ張ったパット・ギリック(ブルージェイズがワールドシリーズを勝った時のマネジメントの一人)が、I believe it. といったとか。 
大リーガーは思い切り振り回してきますから確かに脆いですが、それが大リーグのスタイルでファンが求めているものかもしれません。

2016/06/18 (土) 15:59:58 | URL | kan kan #- [ 編集 ]

10

読んでなるほどと思いました。
最初にあげられたツイート(そのものじゃなくてもそんな感じの声)に共感していたからです。

そうですね、認められているところは認められているし。すごいことはすごいですよね。

私がもっとアメリカに認めてほしいのは、言葉や文化の違う国の野球文化になじむのが大変だったってことでしょうか。私なんてご飯と美味しいぬか漬けと好みのお味噌の汁物がなくなっただけで調子が出なくなりますから。

イチローって、何かどこか大好き!って感じになれないのですが(ファンの方、すみません)、記録をつくれば「よかった、よかった!」と思える不思議な選手です。

2016/06/18 (土) 16:31:22 | URL | m #- [ 編集 ]

(名前はまだありません。。)
いろいろネットに飛び交ってるんですね。
まあ、対立を煽るとお金が入るお仕事もありますからネ。。

相撲もそうですが、その競技が生まれた文化土壌への敬意がまずないと、競技がなんか安くなる気がしますね。
見る側にメジャーへの尊敬がないと、イチローへの賛辞も本末転倒になるような。。

イチローのコメントはピート・ローズのプロレスもかわして、トリッキーにダブル、トリプルミーニングでさすがのケレン味。でもジーターのイチローに関するコメントの方が、イチローの艱難や偉業をまっすぐに語っていて
ジーターの王道力ここにありと思いました。一読の価値ありです。
ジーターが監督で松井が打撃コーチ、夢がありますね。オーナー志向ぽいですが。。

2016/06/18 (土) 16:43:30 | URL | お邪魔します #- [ 編集 ]

08

kan-kan さま こんにちは。

メジャーリーグの魅力は、全力投球とフルスイングでしょう。確かに、仰る通りだと思います。
イチローのその発言、聞いたことあります。
彼らしい言い回しですね(笑)
ヤクルトのバレンティン選手は全打席ホームランを狙っている、と「とある」解説者が言っていましたが、全打席ホームランを狙う事は、チームにいい影響は与えない。(それだけの役割しか担っていない?)
少なくとも、今のヤクルトにいい影響は与えていないかも、と思えます。(現在、最下位爆走中)

2016/06/18 (土) 17:28:16 | URL | まるさん #- [ 編集 ]

記録達成に徹した単なる安打製造機イチロー君

通算安打記録は認めますが、今季の成績は打率以外はは?としか思えない所があります。イチロー君のメジャーの在籍とは単なる記録更新の為で。チームに貢献には多大な疑問があります。ま、今季で記録も達成したし、来季高齢のベースボールプレイヤーに何処の球団が契約するのか其処に一応興味があります。

2016/06/18 (土) 17:53:18 | URL | 安打製造屋 #I9mry16U [ 編集 ]

Re: 02

まるさん様、こんばんは^^

改名の件、了解です(^_^)/

>横浜DeNAの筒香選手は売出し中の若き大砲。昨年のキャンプで小一時間も彼のフリーバッティングを見てくれた松井の熱意と心意気(弱小チームを差別しない)に感動いたしました。

これは知りませんでした!

松井が巨人だけではなく、他球団に対しても同じような心意気で後輩に接していると知り、嬉しくなりました(^o^)

MLBのWBCに対する姿勢は、いかにもプラグマチック(実利主義)の国だなあと感じますね。

2016/06/20 (月) 19:49:59 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 02

ファントム様、こんばんは^^

>World Baseball ClassicでもMLBを代表するチームが出ても最初は連戦連勝でも結局負けちゃうかも~♪

かも~って、それって、もしかして、ファントム様の「願望」では?(^◇^)

2016/06/20 (月) 19:55:22 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 日米の実力差

kan kan様、こんばんは^^

おッ!そうだった。ブルージェイズでしたね!フフフ。

>これを見ても日本の野球のレベルは3Aとメイジャーの間ぐらいではないか

私もそう思いますよ。悔しいけどネ。

>ピークを過ぎた大リーガーが日本で150本のホームランを打っても、その選手は大リーグでの本数と合わせて通算何本とは言わないだろうし、米国の新聞も取り上げないと思います。

つまりは、そういうことですね。同感。

2016/06/20 (月) 20:00:18 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 10

m様。

>美味しいぬか漬け

ううう。。。キュウリやナスのぬか漬けを食べたくなった!!

2016/06/20 (月) 20:04:38 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

お邪魔します様、こんばんは^^

>名前はまだありません。。←「吾輩は猫である」か(^◇^)

>ジーターが監督で松井が打撃コーチ、夢がありますね。オーナー志向ぽいですが。。

ヤンキースは選手達に「品位」も求める球団ですから、その点でもこの両人は良いと思います^^

2016/06/20 (月) 20:09:16 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 記録達成に徹した単なる安打製造機イチロー君

安打製造屋様、出来ますれば、固定の源氏名でお願いできませんでしょうか?

他の場所はともかく、私のブログ内では。

>イチロー君のメジャーの在籍とは単なる記録更新の為で。チームに貢献には多大な疑問があります

私も以前にその点に触れたことがあります。

マリナーズでチームから「総スカン」を食らった理由の一つが、
四球を選ばず、ボール球にも手を出してまでヒットを量産しようとするイチローの個人プレーに反発したのかと。

2016/06/20 (月) 20:13:05 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

『イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る 雇用400万人、GDP8パーセント成長への提言』という本の著者が「日本人は何て感情的な国民なのだろう」ということを書いてましたが、冒頭のツイッターはまさにそれだと思います。

褒めない=侮辱してる
期待した言葉が相手から出て来なければカッとなってまともな議論ができなくなる。ピートはメジャーの記録に日本の記録を足すのがおかしいと言ってるだけなのに。松本人志も同じようなことを言っててガッカリしました。イチローも「いつか米国でピート・ローズの記録を抜く選手が出て来てほしい。それは(元ヤンキースの主将)ジーターみたいな人格者であることが理想」という嫌味を言ってるし。イチローは自分で「日本の記録を足すのはおかしいですね」と言うべきじゃないですか?

70年前の戦争も、こういう一市民が煽って開戦になったというのも否定できないんじゃないでしょうか。なんでも当初は戦争否定派だった朝日新聞が戦争するように煽ったのも、開戦を煽るライバル紙に部数で負けてただからだそうですから。

2016/06/24 (金) 00:48:44 | URL | なみこ #- [ 編集 ]

1

片割月さま

>落合なんてベンチでふんぞり返っているような男だったら、選手達からはそうとう嫌われていたであろう。

落合元監督と似たタイプ?に野村克也氏がおられますが、野村元監督は著書において「監督は選手から好かれる必要は無い、しかし信頼はされなければならない」と仰っています。
落合さんは確かに「好かれる」監督ではなかったかも知れません。けど「信頼」はされていたのでは?と思います。

浅尾拓也という、落合中日を正に象徴するセットアッパーがいました。彼は優勝が決まった時のインタビュー記事か何かで「今年一番嬉しかった事は、監督からプロ野球選手らしくなって来たな、と言われた事です」という様な趣旨の発言をされていて、私はその記事を拝見した時、あぁ、浅尾投手は落合さんの事を尊敬しておられるんだな、と感じ入ったものです。あくまで私個人の感じ方でしかありませんが。

好かれる、と信頼される、はまた違うんですよね。
好かれる人が、信頼される人、とも限らない。
嫌われる人が、信頼されない、とも限らない。
特にプロ野球の世界には一般社会とはまた違った「価値観」の様なものがある様にも思います。

2016/06/24 (金) 22:36:59 | URL | 新緑の里 #- [ 編集 ]

1

片割月さま

何度もすみません。
話が全く変わるのですが、

>大河ドラマの「真田丸」は私の期待したような演出・脚本とは全く異なり、がっかり!

「真田丸」、毎週見ていますが私はそれなりに楽しめています。唯、「大坂編」になってから急につまらなくなったような印象も受けます。始めの頃の方が断然面白かった。
私は最近の大河ドラマよりも、韓国の歴史ドラマの方が面白いと感じます。有名な「イ・サン」や「チャングムの誓い」は「篤姫」を思わせるような軽いタッチのドラマですが、そこまで有名ではない歴史ドラマの方が断然出来が良く引き込まれますね。
特に「王と妃」は傑作中の傑作だと思います。



2016/06/24 (金) 23:29:33 | URL | 新緑の里 #- [ 編集 ]

06

新緑の里さま、横からのレスを失礼致します。

「真田丸」に関して、大坂に舞台を移してから、詰まらなくなった、という事でしたね。
この辺は人の好き好きなのですが、敢えて、コメントする事をお許し下さい。

「ナレ死(笑)」とまで揶揄された中央政権に関するスルーぶり。実際、信濃の山深い場所の土豪である真田家には無縁の話だったでしょう。
しかし、信繁(幸村)は人質として豊臣家の奥深くに関わる事になります。
秀吉は多くの養子を取り、(宇喜多秀家や結城秀康などもそうです)有望な若者を傍仕えさせて教育を施したのは史実だと聞いています。また、秀吉が信繁の資質を見ぬき可愛がったというのも、とても納得出来る部分です。
また、関ケ原、大坂の役での真田信繁の行動は、この辺を丁寧に描かないと成立しません。今は、後半の展開への伏線である、という見方をしています。
大河とは思えないスケール感のない物語、という印象はあるかもしれません。ただ、信繁は主人公であると共に「狂言回し」でもあり、時代を見届けるという役目を負って居る様に思えます。主役としての輝きもありながら、脇役の黒子にも徹する事の出来る堺雅人だからこそ、秀吉、家康、昌幸などの存在の中で自分の個性をも上手く出して行けると思います。

三成と言う人は、「嫌な奴」なのでしょうが、自分の仕事に徹し、あくまでも高い目標の為に自らへの厳しさも忘れない至誠の人である、と認識しています。三谷さんの三成の描き方は素晴らしいです。(主人公よりも力を入れている?)
新緑の里さまの仰っていた、「信頼される人と好かれる人」。落合監督の評価にも重なる人間性ではないか、と思います。

2016/06/25 (土) 10:13:23 | URL | まるさん #- [ 編集 ]

1

まるさん(何だか不思議な感じですね・笑)、

興味深く拝読させて頂きました。
有難うございます。
それにしてもまるさんは戦国時代に関しても本当にお詳しくていらっしゃるのですね!余りに博識でいらっしゃるので、圧倒される思いです。
私は歴史は決して嫌いではないのですけれど、戦国時代に関しては実は余り知識がありません。大坂編になってから余り面白く感じなくなった、と申し上げたのも、特に自分なりの歴史観の様なものがあっての事ではなく、あくまで感覚的な物に過ぎないんですよ。
とは言え何故、大坂編がそこまで面白く感じなくなったのか?
自分なりに分析してみました。

理由1、主役が真田家ではなく、豊臣家になってしまった(それまでは周囲を有力大名に囲まれた真田家が、生き残りを賭けて奮闘する様子が丁寧に描かれていて面白かったのに、という思い)。
「中央」をスル―していたからこそ面白かったのだと思います。

理由2、豊臣秀吉が描かれた大河はここ10年だけでも、かなりの数あり、どうしても過去の作品と比較してしまう所がありますし、無意識の内に要求水準が高くなってしまっている。

理由3、登場人物が類型的に過ぎるような印象。あくまで私個人(史実に関する知識に乏しい)の印象でしかない事は言うまでもない事なのですが。

理由4、いつでもどこでも、とにかく主人公は「活躍」しなければならないのでしょうか?

理由5、NHKの予算不足?天下の大坂城の筈なのに、居合わせる人が少なすぎる。余りに閑散としていて妙な感じに思えてしまう。淀殿が着た切り雀というのはどうなんでしょう?

こんな感じでしょうか?あくまで感覚的なものに過ぎないんです。わざわざ分析してみるだけの価値も何もあったものではないのですが・・

とは言え、基本的には面白く拝見しております。


2016/06/30 (木) 00:07:31 | URL | 新緑の里 #- [ 編集 ]

03

まるさん

何度もすみません。
理由4、に関して補足させて下さい。
確かに秀吉が信繁を可愛がったというのは事実なのでしょうが、それでもあくまで彼の身分は「人質」の筈です。秀吉とは天と地以上の差がある筈なのに(この辺りも私の偏見かも知れませんが)、下手をすると「お友達」にさえ見えてしまいかねない描写・・これはちょっとどうなんだろう?と思ってしまうのですよね。
また、主人公を活躍させたいのは分かりますが、活躍のさせ方は色々あると思うんです。行動させる、語らせる、という描き方が多すぎる。堺雅人さんは本来、行動させなくても、語らせなくても、真田信繁という人物を演じ切れるだけの実力をもった俳優さんだと思うだけに、余計に残念といった感じがします。

2016/06/30 (木) 00:49:16 | URL | 新緑の里 #- [ 編集 ]

05

新緑の里さま、お返事ありがとうございます。
まず、ネームが変わりました。全然中身は変わりませんので、これからも宜しくお願いします。

私は幾らか本好き、というだけで、知識や興味は偏っていますし、何一つ身に付いている訳ではありません。過分なお褒めの言葉は汗顔のいたりです。

三谷さんはドラマや舞台を拝見する事も多く、「真田丸」も毎週楽しみにしています。ただ、何か歴史ドラマ好きの心を逆なでするような部分があるのかもしれませんね。(アハハ)
他のドラマとの比較、であるとか、人物描写に関しては、新緑の里さまのご意見は、実に真っ当な批判である、と認めざるを得ません。いわゆる三谷組と言われる役者さんが必ず出て来る事やキャスティングの問題、シチュエーションコメディの雰囲気のある演出なども通常の大河ドラマを好む人には受け入れがたい部分でしょうか。
ただ、四十年前に放映された「国盗り物語」なども、それまでのイメージとは違う役者の起用、大胆な役の解釈などでそれまでのドラマの常識を覆しました。
まだ、半分なので、もう少し、暖かい目で見守って下さると…。後半、思いがけない面白さに目覚めるかもしれませんよ。(笑)

人質である信繁が、妙に豊臣家に馴染み、親しくなっている。登場人物が類型的過ぎる。衣装などの考証の部分に関して、少し意見を述べさせて頂きます。

秀吉が一代で築き上げた豊臣家は、由緒正しい守護大名などどは全く違う状況であったと思います。例えば今川家に家康が人質に取られた状況とは百八十度、違いがあるでしょう。宇喜多秀家も結城秀康も「人質」でした。(信繁と同じ境遇)彼らはその家を取りこむ為に大切に扱われ、秀吉の傍近くに仕えて物事を教わりました。そして、子飼いの家来の少ない秀吉は若者たちを次々に抜擢し、要職につけていました。石田三成も大谷吉継も加藤清正も信繁が初めて出会った時は二十代でした。また、寧々や実弟の秀長なども温厚な人格者であり、若者を可愛がり、時には叱ったり懇切丁寧な指導をしていたという事です。
信繁は1594年に従五位下左衛門佐、豊臣の姓を賜ります。例のない事ですね。彼が「活躍」して、認められていなければ、これだけの抜擢は受けません。舅である大谷吉継の引きもあったでしょうけれども。
また、戦国時代の主従関係はもっとフランクな物でした。江戸時代とは全く、別の物と考えた方がいいかもしれません。秀吉だけではなく、どの大名も同じように、ごく、気さくに配下に接していたと思います。

聚楽第などに常駐した人数や規模は、詳しい事は判りませんが、おそらく、その職分によって別の間に控える人が殆どだったと思います。大名も拝謁する事はよくあったでしょうが、基本的に、秀吉の周囲は、警備の意味からも人の出入りは最小限度に留めていたのではないかと思います。勿論、守備する人数は門や出入り口などに沢山いたでしょうが。

淀殿の衣装ですが、真田丸のホームページに衣装考証の概略が出ています。この時代の女性は身分によって着物の素材や種類が変わりました。淀殿も初めは小袖(袖の短い着物)姿で登場し、側室となって身分が上がると打掛を纏う様になります。肩裾という文様の統一した物を着用する様に設定しているようで色も似た感じなので、「いつも同じ」と感じられたのかもしれません。

最後に人物の描き方ですが、「軍師官兵衛」などに比較すると全ての登場人物に対して「公平」である、という感じがします。石田三成や真田昌幸の人物造形は奥行があって素晴らしいです。人は皆善悪を併せ持ち、善玉も悪玉もない、というポリシーが感じられます。また、悪役であるべき家康に二枚目でもあり、性格俳優でもある内野聖陽を起用した点でも、一筋縄ではいかないと感じています。

「真田丸」で描かれている時代の描き方はかなり、史実に即して、公平な形で描かれている、という事を強調したかったという事をご理解下さい。
どうもまとまりが付きませんが、新緑の里さまに触発されて、ついつい長々、書いてしまいました。ご容赦下さい。

2016/07/01 (金) 14:46:29 | URL | まるさん #- [ 編集 ]

1

まるさん

詳しく教えて下さって、本当に有難うございます。

>秀吉が一代で築き上げた豊臣家は、由緒正しい守護大名などどは全く違う状況であったと思います。

言われてみれば確かにその通りかも知れませんね。まるさんのお話を伺って、従来の「人質」のイメージ(正に今川家における家康のような)に捉われ過ぎていたと感じました。また、

>戦国時代の主従関係はもっとフランクな物でした。

これも確かに頷ける物があります。恐らく、まるさんの仰る通りなのだろうと思います。
また、淀殿の衣装って、毎回同じかと思っていたのですが、違っていたのですね・・大変失礼致しました。
ところで、色々批判してしまったので誤解を招いてしまった様なんですけど、私も基本的には「真田丸」、好きなんですよ(汗)。三谷さんの作品は、それ程多く拝見している訳ではありませんが、代表作と言っていいであろう古畑任三郎は大好きですし、大昔の作品ですが、王様のレストランや振り返れば奴がいる、などは大好きでした。色々批判のある?「新撰組!」も大好きだったんですよ。「大河ドラマ、かくあるべし」なんてポリシーがある訳では全くないのです(無意識のレベルでは分からないですが)。重厚壮大なだけが「大河」ではない、と思いますし、コメディーであっても全然構わない、そう思っています。

そうそう、登場人物が類型的過ぎる、と申し上げたのは特に秀吉と三成を頭に描いての事で、家康や昌幸の描き方は私も秀逸だと思います。勿論人それぞれ好みはあるでしょうが、私も内野さんの家康と草刈さんの昌幸は大好きですね。

唯、三成に関しては、山本耕ニさんで石田三成なら、恐らくこんな感じになるんだろうな~、と想像していた通りであり過ぎて(少なくとも今までのところは)、何だか拍子抜けしてしまった、というのが偽らざる本音といった所なんです。先週、鶴松の病気平癒を願って三成が加藤清正らと共に水浴びする、というシーンがありましたが、出来れば私は三成には、当初断ると言ったままのキャラを貫き通して欲しかったんですよね。

何だかんだ言って、私も「真田丸」は凄く楽しめているので(まるさんとお話させて頂いたお蔭で、その事に気付きました)、ああだったらもっとよいのに、こうだったらもっと面白くなるだろうに、と色々要求してしまうんだろうと思います。ちょうど真央選手に対してアレコレ求め過ぎてしまうのと、同じですね。

2016/07/01 (金) 23:49:06 | URL | 新緑の里 #- [ 編集 ]

02

新緑の里さま、丁寧な早速のレスありがとうございます。三谷作品を色々、見ておられる様で、何だか同志(笑)の様でうれしいです。

秀吉と三成の関係性やキャラ設定はほぼ、従来と同じで、それは私も不満だったんですよね。このご指摘、さすがに鋭いです! 改めて敬服いたしました。
 ただ、段々、人間らしい肉付けを施し、奥行きが感じられるようになりました。山本耕史さんの演技の変化(進化)というものが関ケ原までの展開を支えるキーポイントだと思うので・・・。
鶴松の水垢離は、山本三成さんが単に脱ぎたかっただけ(?)と邪推しています。みんな着物の上から水を被っているのに、どうして脱ぐ?
以前、突如、全裸になるカメラマンを演じた事もありましたし(勿論、三谷ドラマ)。

「清須会議」という映画では、大泉洋さんが秀吉を演じました。今回は小日向さんかあ・・・。
確かに秀吉の光と陰の部分を上手く演じ分けられる方なのですが。三谷さんの中では、豊臣家(秀吉)は単に異常な上昇運気に持ち上げられて天下を獲り、泡のように消えて行った一族という気持ちがあるのだと思います。だから、敢えて、軽妙なイメージの人を起用するのかもしれませんね。この点、司馬遼太郎の史観とシンクロする、というか大いに影響を受けている所はあると思います。

三十年以上前にNHKで真田太平記という作品を一年放送しました。真田昌幸ー丹波哲郎、信幸ー渡瀬恒彦、幸村ー草刈正雄。
まさに「ザ 戦国時代劇」。主要な役の解釈、関係性などは、真田丸と重なる所も多いです。信幸が非常な器量人として描かれ、父親に疎まれる、というのは今の所、違っていますけど(笑)
驚いた事に、秀吉は「真田丸」よりもさらにフランクに幸村に接しているんですよ! 信濃からの到来品の胡桃を幸村が手で割って差し出し、「源二郎は力持ちじゃな!」などと燥いでいる。天下人じゃなくて、ただの近所のおじさんみたいでした。

こういう話になるともう止まらなくなるのでこの辺にします。また、様々な事をお話しできたら幸いです。

最後に片割月さま。真田丸は、少し期待外れであった、と仰っていましたね。どの様な点が、ご不満なのか、いつか機会がありましたら、お聞かせくださいませ。歴史に関して非常に詳しく、しっかりした意見をお持ちなので、とても個人的に興味があります。
それから、コメント欄を長々とお借りした事、お詫びいたします。

2016/07/02 (土) 11:16:28 | URL | まるさん #- [ 編集 ]

日米合算

黒田投手の通算200勝に対してイチローのコメント:

「日米合算なんて俺は認めない! おめでとう」

「俺の時も騒がれたけど、日米合算の記録はやっぱり無理があるよね。でも、おめでとう」
が、正しい言い方。(笑)

2016/07/24 (日) 01:00:59 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

日米合算

黒田投手の通算200勝に対するイチローのコメント

「日米合算なんて俺は認めない! おめでとう」

「俺の時も騒がれたけど、日米合算の記録はちょっと無理があるよね。 でも、おめでとう」

が政治的正当性のある言い方(笑)

2016/07/24 (日) 01:06:35 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。