2016ジャパン・オープン観戦記




私がジャパン・オープンを観戦するのはこれで7回目です。つまり、さいたま新都心駅で下車するのも7回目。駅の構内で毎度目にする光景は、改札口近くにある女子トイレの行列でございます。ははぁ~、埼玉スーパーアリーナ内の女子トイレが大混雑と知っていて、要領良くここで済まそうとの作戦ですな。が、アホやねえ。改札口を出て、正面の大通りをスーパーアリーナと逆方向に歩いてレストラン街に行けばガラガラのトイレがあるのに、と7回目の私は先輩顔のドヤ顔で密かに笑うのだ。

スーパーアリーナに向かう通りの脇にはベンチ状の腰掛があり、開演前にそこで「コンビニおにぎり」「コンビニサンド」を取っているグループが結構多いようです。アホやな。そんなことをすれば、観戦中におトイレに行きたくなり、試合と試合の間に行われるゲストスケーターの演技を見逃すことになるのだ。私は朝遅めの朝食をしっかりとったら、お昼はパスすることにしています。こうすれば、おトイレに行く心配は無くなるからです。賢いでしょう?

大人気の浅田選手がいなくても、お客の入りは盛況。巨大な埼玉スーパーアリーナの7割くらいが埋まるのですから。やはり、日本のフィギュア人気は凄まじい。


織田君…やはり、「愛の夢」でしたね。想像以上に素晴らしい演技でした。あの柔らかいランディングが特長のジャンプは健在。それに加えて、現役時代よりも滑りや上半身の使い方に色気が出て来ました。かなり猛練習をしたのでしょうね。忙しいタレント活動をしつつも、これだけの演技が出来るなんて!尊敬してしまいます。

アボット選手…現役続行とか!?4回転2種類が標準装備の時代に入っている男子ですが、どうするんでしょう?少なくとも、フリーでは2回跳ばないと勝負にならないと思うのですが。ともあれ、この時期として3A以下のジャンプについては仕上がりは良いのではないでしょうか。彼の美しいスケーティングを見ることが出来るのはフィギュアファンには幸せだ。

リッポン選手…彼もこの時期としては順調な仕上がりか。やや苦手だった3Aはすっかり安定しましたね。4ルッツはもう少しで着氷出来そうなんですけどね。。。

アメリカ男子は4ルッツも4フリップも4サルコウも4トゥループも跳べる!?という怪物ネイサン・チェン選手17才が今シーズンの台風の目になるかもよ。アメリカだけでなく世界の。故障で苦しんでいたチェン選手が完全復活したら…!

アモディオ君…私にとっては2009年の国別対抗戦以来の生観戦でした。軽快なフットワークと豊かな表情が魅力ですが、ジャンプの方は厳しかったですね。。。ともあれ、お疲れ様でした。

フェルナンデス選手…いやあ~!シーズン初めから4回転2種3回を決めた~!。3Aは1回だけでしたが、それにしてもスロースターターの彼にしては仕上がりが良過ぎて恐ろしいくらいですね。年齢的にも次の五輪がメダルを取れる最後の機会となるでしょうから、もう、必死でしょうね。凄いわ。

宇野選手…彼の4フリップを見ていると、トゥ系のジャンプはまさにタイミングが大事なんだろうと想像出来ますね。4ループも実戦で跳べるまでもう少しなんだそうです。しかし、私個人としては、4回転ジャンプの種類を3種にするよりも、今の4フリップ、4トゥループの質をもっと高める方向で頑張った方が良いようにも思えるのですが。羽生選手の質の高い4サルコウだと加点が沢山ついて、宇野選手の4フリップとほとんど変わらない得点が出るんですよね。

一つ気になったのは、宇野選手の腕の使い方。肘を曲げて「グワッと」構えるような動きがやや多いのでは?クセなのかしら?別にそれが悪いとかどうのではないけど、振り付けとしては少しワンパターンな感じがしなくもないです。

ともあれ、これだけの難しい構成で転倒もありながら、全体的には最後までスピードを落とさず演じ切りましたのは凄いです。シーズン初めとは言え練習量も凄いのでしょうが、体力もあるんですね。どうか、怪我などしませんように!


ゴールド選手…選曲はラヴェルの「ダフニスとクロエ」ですが、編集が酷すぎます。もう、曲を粉々に切り張りしてワケの分からないものになっています。もちろん、演技において各エレメンツとの兼ね合いがあるので原曲をある程度編集するのはやむを得ないです。が、これはちょっと限度を越えています。クラシック愛好家には耐えられないものがあります。

新しい表現面への試みなのかもしれませんが、ゴールド選手にまったく合っていない選曲と思いました。

ゴールド選手は転倒の仕方が派手ですね。あれでよく怪我しないものだ。


樋口選手…定番の「シェヘラザード」ですが、曲想の表現はまだまだこれからでしょうね。豪快なジャンプは魅力的ですし、ステップシークエンスの動きもダイナミック。が、全体を通して見ると物足りないものがあります。小柄で手足が長いとはお世辞にも言えないので、もっともっと大きな動きが欲しくなります。

ポゴリラヤ選手…彼女にしては大人しい衣装で、ちょっと雰囲気が変わりました。見る度に美人になっています。姿が凛々しい。シーズン初めとしてはほぼ順調な仕上がりなのではないでしょうか。生き残り競争の熾烈なロシア女子にあって、ポゴリラヤ選手はシニアデビュー以来常に高い位置をキープしています。リプニツカヤ、ソトニコワ、ラジオノワ、トゥクタミシェワ、メドベージェワと、毎年のように入れ替わり立ち替わり絶好調の選手が登場しますが、彼女は1番手にはなれなくとも2番手・3番手で喰い付いて離れない粘り強さと安定感がありますね。凄いです。

ワグナー選手…選曲はアボット選手の名演が光った「エクソジェネシス」ですが、ワグナー選手が演じると、ちゃーんと彼女独自の世界が表出されるのですから実に見事です。表現者として一流中の一流です。調子は良さそうです。

宮原選手とメドベージェワ選手…選手どうしを比べてあれこれ言うのはなるべく控えたいのですが、今回はちょっと言わせてもらいます。二人ともハイレベルでほぼ同じくらい完璧に演じ切り、ほぼ同じくらい高質な出来栄えに見えました。二人ともミスをする気配がありません。もう、ため息をつくばかり。では、147点台と143点台の差はどこにあるのか?

素人目にはほとんど差は見られません。強いて挙げれば、メドベージェワ選手の方がジャンプの質とステップの質と表現の濃さでわずかに上回ったからでしょうか。その原因は練習量の差でしょうか、練習の質の差でしょうか、それとも才能の差でしょうか。宮原選手がメドベージェワ選手を上回る為にはどうすれば良いのか?私に分かるわけがありません。

男子の場合でしたら4回転ジャンプという「切り札」がありますが、女子の場合は難しいですね。そう簡単に3Aを跳べるものでもないでしょうしね。しかしながら、女子は限られたジャンプ構成でもはや頭打ち状態。もう限度一杯の質と濃さで演じています。二人の選手の演技はある意味、その究極の姿ではないでしょうか。

それはそれでフィギュアスケートの面白さですが、やはり、もっと3Aを跳ぶ選手が登場して欲しいですね。女子の場合、ショートプログラムでは4回転ジャンプは認められていないので、3Aを跳べる方がずっとお得なのですし。体操競技の場合は女子は男子に負けず難しい大技を演じていますので、女子だって3Aや4回転を跳ぶ選手がもっと出てきても良さそうですが。。。。


●羽生選手…4Loを決めたようですね。怪我による出遅れもあってか演技まだこれからという感じでしょう。本人は次は完璧に演じる、そうでなくては羽生ではない、と頼もしい発言をしていたようですが、完璧に演じるのはGPSよりも世界選手権でお願いしたいんですけどもね。ショートプログラムの白衣装が不評のようです。白は膨張色だから脚が太めに見えるからかな?




関連記事
スポンサーサイト

2016.10.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・大会



コメント

伸び代

月姫さま

さとこ姫が伸び代がありま~す♪

メドベージェワさんとさとこ姫のルッツの比較で~す

https://www.youtube.com/watch?v=VtdVwHLzGV4

1:03 左ディープ・バック・インサイド・エッジ CW☆☆☆
1:04 バック・チェンジ・エッジ☆☆☆
1:05 3Lzテイクオフ ☆☆☆☆


https://www.youtube.com/watch?v=_asTFvV4fG8

1:01 右ディープ・バック・アウトサイド・エッジ CCW☆☆☆
1:01 クロス☆☆☆
1:01 (LBO-on→LBO)3Lzテイクオフ・ムーブメント☆☆☆☆
1:02 3Lzテイクオフ ☆☆☆☆☆

つまり、さとこ姫はクロスからの3Lzテイクオフ・ムーブメントで跳んでいるのに対して、メドベージェワさんはバック・チェンジで跳んでいるので~す♪

クロスから氷にバックアウトを置いて跳ぶほうが難しいですね~♪

このように、基本的な技術ではさとこ姫が優れています♪
基本的な技術が優れているということは、今後の伸び代があるということになりま~す♪
さとこ姫がどこまで伸びるのか本当に楽しみですね~♪v-350v-350v-350


By ファントムv-325

2016/10/05 (水) 00:13:34 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: 伸び代

ファントム様、こんばんは^^

>クロスから氷にバックアウトを置いて跳ぶほうが難しいですね~♪

私には良く分からないのですが、そういうものなんですか!?

しかし、(私は好きじゃないけど)タノを入れている点とジャンプの大きさという点で、
メドベージェワ選手の方が、ほんの少しだけ評価が高くなるのかしらね?

>基本的な技術が優れているということは、今後の伸び代があるということになりま~す♪

なるほど。しかし、う~ん、どうかなあ。。

メドベージェワ選手の方が2才年下でしょう。それを考慮に入れると一概には。。。

2016/10/05 (水) 00:35:37 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR