データの罠・テレビの罠:愚見を少々




日曜の某ニュース番組で放映されたものです。映像をお借りします。

「自分だけで生活できない貧しい人を、国が救うべきか」という質問に対する回答。

CtuUeefUAAAJ9hv.jpg

日本は「救うべきだと思わない」と回答する人の多い国で、逆にいえば、日本で増えつつある「本人の自己責任だ!」の声と表裏一体の関係にあるということでしょう。ネット上、ツイッター上では、日本人は弱者に冷たい(強者には弱い)のか、との批判的タームの中で引用されているようです。特に、個人主義的傾向の強いとされるアメリカ人よりも「思わない」が多いのがちょっとしたセンセーショナルな印象を与えているのでしょう。

なるほど、そうかもしれない。

が、ちょっと待てよ。

イギリス、ドイツ、イタリア、中国、アメリカ、とあって、どうして他の国のサンプルは無いのか?

ロシアは?お隣の韓国は?台湾、フィリピン、インドネシア、インド、ベトナム、イラン、エジプトは?ナイジェリア、エチオピア、ケニア、ジンバブエ、南アフリカ共和国はどうしたの?ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、コロンビアは?

2015年5月15日の閣議決定により、日本政府が承認した国家数は196カ国(日本含む)あります。

これらの中で日本の「思わない」はどんな位置にあるのでしょうか?

西側の一部の「先進国」と中国だけ見せたのか、それしかデータがないのか。

いずれにせよ、ここにはデータの酷い偏りがあり、ある種の欧米崇拝的な匂いがあり、さらには、「日本はこの点では遅れているのではないか」と視聴者に印象付けようとの「意図」すら感じてしまいます。

つまり、上記のデータで日本をアレコレと論評するのは非常に危険だと思うのです。

一見、あたかも客観性のあるデータで人をだますことなど、専門家には容易いことらしい。


改めて私が言うまでもないことですが、テレビを信用してはいけません!!


上記の情報は、主に、左翼系・リベラル系の人達が批判材料として引用しているようです。彼等はどちらかと言えば、高学歴で理論や理屈好きなタイプが少なくないのに、こういうことには意外?と簡単に、コロリと騙されてしまうのかな?

私の反省も含め、人は自分の主張に都合の良い情報を入手すると、思わず無批判で引用しちゃうんですよね。




関連記事
スポンサーサイト

2016.10.04 | | コメント(7) | トラックバック(0) | 政治・社会



コメント

憲法25条

v-325月姫さま

Good eveningv-483

憲法25条の、おはなしですね~♪v-354v-354v-354

たしかにTVよりもビッグ・データ&IoTのほうが信頼があるかも~♪

月姫さまGood nightv-350

By ファントムv-325

2016/10/05 (水) 00:45:41 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

たびたび・・・

仰ることには、賛成です。
テレビは信用できない・・・というのは特に。

でも、他の国と比較しても、日本はかなり特異ですよ。

http://www.pewglobal.org/files/pdf/258.pdf

・・・の18ページなんかですね。

2016/10/05 (水) 07:44:26 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

Re: たびたび・・・

しっぽがない・・・様、こんばんは^^

資料、ありがとうございます。よくまあ、このようなデータをご存知で^^;

しかし、何人から回答を得たものでしょうね?分母を知りたくなります。

>Japan 762

762人?わずか?

2016/10/05 (水) 21:09:44 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

この記事は大事です

こんにちは、こういう記事は本当に大事だと思います。

テレビだけ見て、テレビが導く方向で、あたかもそれが自分の意見であるかのように話す時代は、ずっと前に終わりました。テレビに内面を操作されていることを自覚していない人は、自分で考えて行動している人に対して迷惑で暴力的な存在でもあり、はやくそのことに気がつかないとなりませんね。

書き出すと止まりませんが、何も考えず思考停止している人が多く、とても危機的な状態ではないかとこのごろ思います。自分も最近まで思考停止していたもので、特にそれを感じています。自分は思考している、正しいことをしていると思っている人もそうでなかったりしますから、自己点検も大事ですね。

2016/10/08 (土) 10:02:28 | URL | タルコフスカヤさとこ #- [ 編集 ]

日本人は米国人より親切でしょうか

片割月様

フィギュアスケートと同様、夏の間のハイエイタス
(Hiatus)から久々にブログ再開ですね。
そういえば7月初めにジェフも夏休みなのか、トロントアイランドへのフェリー乗り場で友人数人と水上タクシーを待っているのを見かけました。テニスラケットを持ってましたよ。

ところで
>自分だけで生活できない貧しい人を、国が救うべきか」という質問

これって宗教的要素も大きいと思います。
以前にも触れましたがキリスト教社会の人はチャリティー意識が強いから、出来る人ができない人を、持てる人が持てない人を助けることを美徳としている節がありる。

うまく説明できないので私がそれを認識した実体験を一つ。

その昔、学校の図書館でアルバイトをした時の経験。

そこの館長さん(カソリックで食事の前には感謝の祈りをする)は仕事が自由にできない外国人を優先して雇ってくれるような人でしたので
バイトで働いているのは、ブラジル人、ケニア人、トンガ人、ネイティブ(最近はファーストネイションというのが政治的に正しい)の人たち。彼らの仕事ぶりはちんたらちんたら、いいくらいおしゃべりして時間になったら帰っていく。私は日本人ですから?てきぱきと速い。仕事量は彼らの3倍以上。あいつら何にもしない、不公平だと不満に思っているその上に、ある時更にスーパーバイザーから、「ラザロ(調子のいいブラジル人)は明日試験だからその準備で時間がいるから、あなた代わりに(無償で)してあげて、、、」
はぁ???! Are you kidding? ですよ、まさに。
堪忍袋の緒が切れて、スーパーバイザーに日頃の不満をぶちまけたら、館長さんが出てきて、「あなたはできる人なんだから、出来る人は出来ない人を助けてあげるべきでしょう。そんなことで腹を立てるような人は使えませんよ」 と逆に諭された。え~--? カルチャーショックなってもんじゃない!

できる人ができない人を助ける。困っている人を助ける。日本人はこれをしないと、日本に帰るおばさん、おばあさんたちから不評です。
例えば成田空港で、カルーセルから重い荷物を引き上げるのに苦労していても日本人は誰も手伝ってくれない。
手伝ってくれるのは必ず外国人。一度はフィリピンのおばさんが手伝ってくれた、とこぼす。

そのおばさん達、さらに日本の若者は電車で席を譲ってくれないという。トロントでは若者がすぐに立って席を譲ってくれる。特に中国人がの若者(儒教の教えのせい?)やモスラムの人たちも親切。
優しさや人間味に関しては日本人は不評のようです。 

ちょっと的はずれかもしれませんがこの記事を読んでの昔の体験を思い出しましたので投稿します。

日本人は弱者に冷たい、というより、自分にも厳しいから、あるいは我慢しているから他人にも同じように厳しい、といったほうが当たっているかもしれません。

ついでに。
カナダはシリアからの難民を3万人ぐらい入れていますが、その人たちも到着時から医療費は無料。月に大人は500ドル、子供もなにがしかの援助があります。
やっぱりカナダ人のほうが優しい?






 





2016/10/08 (土) 16:04:38 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: この記事は大事です

タルコフスカヤさとこ様、こんばんは^^

>何も考えず思考停止している人が多く、とても危機的な状態ではないかと

分かります!
残念ながら、女性にそれが多いような(^_^;)

>自分は思考している、正しいことをしていると思っている人もそうでなかったりしますから、自己点検も大事ですね。

さすがです!
自省的な思考や感性を無くすと、人間、傲慢になってしまいますね。
私も時々、自分で自分が嫌になることがあります。←本当は、自分が一番好きなクセにね(^^ゞ

それだけに、
自分を偉そうに見せて自慢をする人(こちらは男性が多い)や、
お国自慢する人(日本人って凄いんだ)には、白けてしまいます。

日本人には古来、それこそ日本人自慢じゃないけど、「はにかみ」「恥じ入る」精神があったはずですが。。。

2016/10/08 (土) 21:08:42 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 日本人は米国人より親切でしょうか

kan kan様、お久しぶりです^^

貴重な体験談、実例をありがとうございます。

色々、考えさせられますね。

このような生きた例は、ある意味、データよりも大切かもしれないなあと思うことがあります。

kan kan様の実例を知ると、レ・ミゼラブルで主人公を許した優しい神父さんのお話もリアリティがありますね。
あれは、決してユゴーの空想ではなく、やはり、実体験か実例があったのかもしれませんね。

しかし、日本にも仏教精神の「慈悲の心」というのがありますけどもね。。。

キリスト教のチャリティー精神と、一神教独特の排他性とが、どうやって共存出来るのか、私には不思議です。

あるいは、人を簡単に射殺してしまう銃社会とキリスト教の関係は?

日本人が仮に他人に対して、それほど親切でないとしても、
人を簡単に殺したり、すぐに告訴したり、とかはしませんよね。
ある意味、なあなあ的、ファジーな情緒性があるのかもしれません。

日本は島国で秩序とルールが大好きで働き者が多いから、その範疇から外れた人間には冷たい所があるのかも。

例に合ったブラジル人など、日本の職場だったら、たちまち「村八分」にされそう^^;

ドイツは日本に近いのかな?

しかし、自分の狭い経験で日本人論やアメリカ人論を語るのは、ほどほどにしないとネ(^_^;)

2016/10/08 (土) 21:25:21 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR