2枚の写真・愚見を少々




画像お借りしますm(__)m

CjNFp-aUUAApYCJ.jpg

ブラック・ジョーク!!

金権政治が大好きな自民党の「土建政策」により、「開発」という美名?の下でどれだけ日本の美しい自然が破壊されて来ただろうか?

まさしく、「草の生えないような工事」によって失われている自然。

いつまで「ご迷惑をおかけする」のでしょうか。

●「公園化」という美名の下での自然破壊。
私の愛する多摩川土手の公園化が進んでいます。つまり、自然の草やススキを刈り取り、ブルドーザーで整地しするのです。その為、夏~秋にかけて多く見られた色々な蝶々、トノサマバッタ、イナゴ、キチキチバッタ、キリギリス、オンブバッタ、何種類ものコオロギが姿を消しました。公園化と言うと聞こえがいいが、これは新たな自然破壊なのです。

公園化になったのを良いことに、土手で違法のゴルフ遊びをする中高年が後を絶たない。怒りを覚えます。これも私がゴルフが嫌いな理由です。ゴルフをする人間も嫌いだ。

なーにが「自然を愛する日本人」だ。笑わせるんじゃねえよ。片腹痛いわ。


CWwcV9VAAIy8sI.jpg

この垂れ幕の文言を見て、私は全身の毛孔が開くような身震いを覚えました。

さすが、自虐史観を相手に「歴史戦」と称して批判を展開し、「日本って素晴らしいんだ!」と、「自画自賛史観」や「自慰史観」を弄ぶ惨軽、オッと、産経新聞らしい厚顔極まるキャッチコピーではあるまいか?

このキャッチコピーを考え出した人間はさぞかし出世していることでしょうね。

少なくとも、私は「日本に産経新聞がある幸せ」を感じたことは全くありません。

日本はまがりなりにも民主主義だから、様々な主張があっていいのですが、産経新聞くらい安倍政権の広報担当&御用達に成りきっているのは珍しいのではないでしょうか?

報道人たるもの、時の政権・権力の番人であるはずのところが、逆に、政権批判をする方の番人となり、安倍政権を批判するメディアや人間を叩く事に躍起になっているようです。

私が購読している読売新聞も安倍政権のチアガール化が著しいけど、それでも政権に対する批判もありますし、ベッタリという程でもありません。安倍首相が靖国神社を参拝した時も批判をしていました。ここが産経新聞とは違うところです。

また、歴史認識においても、読売新聞は満州事変以降の旧大日本帝国の戦争を中国への侵略と認めていますし、南京事件についても死者の数はともかく認めています。これらを一切否定する産経新聞とはかなり歴史認識が異なります。

その読売日本テレビが放送したNNNドキュメント「南京事件 兵士たちの遺言」について、産経新聞が批判をしています。同じ保守系新聞どうしの内ゲバ?と面白がっている人もいるようですね。

まあ、宿敵の朝日新聞の批判だけでは飽き足らず、読売新聞にもイチャモンをつける産経新聞の右翼ぶりは、ある意味、徹底していますね。これはこれで珍重すべきなのでしょう。喜ぶファンがいるのでしょうし、上手く行けば右傾化した日本においては購読数を増やすことになるかもしれませんね。

そうなれば、「産経新聞は幸せ」でしょう。



関連記事
スポンサーサイト

2016.11.15 | | コメント(12) | トラックバック(0) | 戯けたライフ



コメント

色々ダイエットには良い世の中で・・・

“私は全身の毛孔が開くような身震いを覚えました。”
・・・とかね・・・

2016/11/15 (火) 09:24:14 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

Re: 色々ダイエットには良い世の中で・・・

> “私は全身の毛孔が開くような身震いを覚えました。”
> ・・・とかね・・・

おあいにくさま。私はスレンダーだからダイエットとは無縁なの(^o^)

しっぽがない・・・様はメタボにお悩み?

悪玉コレステロール、中性脂肪、尿酸、血圧等々、数値の針が振り切れ状態?(^○^)

2016/11/15 (火) 10:16:41 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

私もゴルフきらい、産経新聞も

タイトルのとおりです。
ゴルフきらい。
ゴルフ好きの人とは、そういえば、あまりいい友人になったことがありません。険悪になったおぼえもないけど。つまり、あまり周りにいません。お金持ちのスポーツというより遊びという感じがします。そのために自然を切り開くのもいやですねえ。スポーツのためにカートのドライバーさんとか「使われる人」がいるのもなんだかいやです。

2016/11/15 (火) 12:32:25 | URL | m #w2VY/Wec [ 編集 ]

また無理なことを!

「草が生えないような工事」
一言で”それは無理です”。雑草の根性、生命力ををナメンナヨ(笑)。
それより定期的に”草刈り(除草)”をした方が良い。

「毛孔」
お言葉を返すようですが”毛穴”じゃないですか?。
”孔”は人工的に作った”あな”だったような。間違っていたらご指摘を。
ついでに”孔”について豆知識。
道路のアチコチにあるマンホール。漢字で書くと”人孔(じんこう)”。
ただいま新しいのを施工中、というか組み立て中。

「産経新聞」
これについては”幸せと思える人”が買えばよいだけと思います、知らんけど。


2016/11/15 (火) 14:00:53 | URL | 壮大なるカン違い #h1thCUug [ 編集 ]

Re: 私もゴルフきらい、産経新聞も

m様、こんばんは^^

フフフ。

ゴルフ嫌いは同じ意見なんですね(^o^)

私の父も生前、ゴルフが好きでボーナスをほとんど注ぎこんでゴルフのセットを買い、
母と大喧嘩していたのを見て、それがキッカケで嫌いになったのかもしれません。

2016/11/15 (火) 22:39:05 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: また無理なことを!

壮大なるカン違い様、こんばんは^^

>定期的に”草刈り(除草)

あ、なるほど。木も草も、間引きとか除草、は大切ですね。

ご指摘ありがとうございます。

パソコンで自動的に毛孔と表記されたのを、何も考えずにいました。

手元の小学館国語辞典で調べたら、

毛穴と毛孔の両方があり、常用漢字としては毛穴となっていました。

従いまして、壮大なるカン違い様の語源の”孔”のご指摘は正しいようですが、
使い方としては、毛孔は必ずしも間違いとは断定出来ないようです。

>これについては”幸せと思える人”が買えばよいだけと思います

ふむふむ。それはそうですね。

私の場合、幸せと思えるから読売新聞を購読したのではありまっせん。単なる惰性です(^○^)

2016/11/15 (火) 22:53:09 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

敵の敵は味方

おはようございます。

「毛穴&毛孔」
そうですか。分かりました。

「敵の敵は味方」
私の住んでいる地域には「タイガースファン」が多いせいか、スポーツニュースではタイガースの事ばかり。私が大好きなパリーグの球団があるのに。
タイガースファンが目の敵にしているのが東京のチーム。
ですので”敵の敵は味方”。つまり私も読売新聞を読んでいる。

「見ごろ」
ボチボチと紅葉が見ごろに。片割月さんも おこしやす~。

2016/11/16 (水) 06:21:05 | URL | 壮大なるカン違い #h1thCUug [ 編集 ]

全方位的に敵が・・・・

また無理なことを!
「草が生えないような工事」
一言で”それは無理です”。雑草の根性、生命力ををナメンナヨ(笑)。

日本の“草”は本当にそうですね。

世界中と言っていいくらいうろついてますが(庭師のアルバイトも多かった)、
欧米の庭と比べれば、日本の庭は
本当に手がかかる。
中東あたりだと、雑草生えてよ!になる。
まぁ、芝も雑草と言えば雑草ですけど・・・

「手孔(ハンドホール)」ってのもありますな。
生まれて初めてこの言葉に
淫靡ぃ~な感覚を持った~


お月さま、
壮大なるカン違い様のおすすめ紅葉地(八尾市あたりか?)に
ビバークに行きましょっ!

2016/11/16 (水) 08:20:33 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

ニュースメディアの立ち位置

片割月様

カナダでも右寄り、左寄りの新聞はあるし、米国では
NY Times、Washington Post は左寄り、USA Today や Wall Street Journal は右寄り、Fox News は右、と相場が決まっていて、読むほうもそのつもりで読んだり見たりしていると思います。 大統領選の時はどちらかの候補を支持すると表明するのが習わしです。
イギリスやフランスも同じだと思います。
日本も変に中道を気取らず立ち位置をはっきりさせればどんな記事を読んでも”全身の毛孔が開くような身震い”を覚えなくて済みますよ(笑)
私にとって新聞より怖いのはSNですね。なんのチェックもなく勝手に過激なことを書き込める。そういう書き込みが繰り返えされるとそれが既成事実になって勝手に走り出してしまう、、、、 そう思っていたら昨日ぐらいからメディア各社が今回の選挙でのSNの影響を取り上げ、Facebookも今後は言語規制をすることになったとか。

最近全身の毛孔が開くような身震いを覚えたのは、トランプがトップアドバイザーに、選挙参謀だった極右のBannonを指名したことです。
http://www.latimes.com/nation/politics/trailguide/la-na-trailguide-updates-what-is-the-alt-right-a-refresher-1479169663-htmlstory.html

予備選から対立候補を罵倒し続けて、人種差別、女性蔑視の発言を繰り返して勝ち上がった大統領ですから
果たして国民が一つにまとまるかどうか。
人種差別や嫌がらせは、昨日、今日とカナダにまで波及してニュースになるほどです。

日本からもレポーターが米国に来て選挙の模様を伝えていましたが、熱狂的なコアのトランプサポーターがどんなだったか辛坊治郎さんがよくとらえていると思います。 橋下さんは初海外?ではちょっと。。。。
https://www.youtube.com/watch?v=mf4WwoFB8_0  20:00~

カナダ人でも十分憂鬱な人が多いですから、アメリカ
はさぞやと思います。

2016/11/16 (水) 17:37:02 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: 敵の敵は味方

壮大なるカン違い様、こんばんは^^

アンチタイガースですか(^○^)。

デイリースポーツなど、只でも見たくない! というところかな?

>”敵の敵は味方”。つまり私も読売新聞を読んでいる。

なんだか、強引な論理にも見えますが^^;

ちなみに、スポーツ新聞系では、報知よりもサンスポの人気の方が高いようですね。

>ボチボチと紅葉が見ごろに。片割月さんも おこしやす~。

そういえば、京都の南禅寺の紅葉が見ごろになったそうですね。

でもなあ、京都は外国人だらけで鬱陶しいわ。静かに味わいたいのに。。。

2016/11/17 (木) 21:40:14 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 全方位的に敵が・・・・

しっぽがない・・・様、こんばんは^^


> 「手孔(ハンドホール)」ってのもありますな。
> 生まれて初めてこの言葉に
> 淫靡ぃ~な感覚を持った~

私は「鍵孔」という言葉に、ドスケベ親父の性犯罪な感覚を持ちました(^○^)


> お月さま、
> 壮大なるカン違い様のおすすめ紅葉地(八尾市あたりか?)に
> ビバークに行きましょっ!

自慢にもならないけど、江戸っ子のあたしは、八尾市なんて聞いたこともないわ。
大阪ですか?

寝屋川市くらいは知っていますけどね。お仕事で行ったことあるから(^_^;)

ビバークでガーガーいびきをかいて寝ているしっぽがない・・・様の脳天に、ハーケンかボルトを叩きこむのは如何?

2016/11/17 (木) 21:53:49 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ニュースメディアの立ち位置

kan kan様、こんばんは^^

海外情報、ありがとうございます。

一応、日本の大手新聞は不偏不党を建て前にしているみたいですが、

まあ、多くの日本人はそんなこと信じてはいないでしょうね。

保守・右翼方向では、産経>読売 
リベラル・左翼方向では、東京>朝日
中途半端では、毎日

くらいでしょうね。

しかし、アメリカやカナダの新聞が垂れ幕で、「〇〇新聞がある幸せ!」なんてキャッチコピーを考えます?

>極右のBannon

右翼なフジテレの「プライム・ニュース」の中で、デーブ"・スペクターが彼を極右と言って、トンデモナイ、と
強調していましたが、

産経新聞の記者は、「デーブさんは左翼だからBannonを極右と言うんだろう」と。

まあ、同じ極右の産経新聞記者だから、デーブの極右発言に反発したのがみえみえで(^o^)

アメリカが分断されそうで大変ですが、

日本の軍事外交・経済にとっても、憂鬱になりそうですよ。

まあ、トランプと同じ極右を支持して来た日本国民が、トランプで憂鬱になるのは滑稽ですね。

アホか!極右トランプでビクつくな!日本には既に極右の安倍がいるんだぞ!!

2016/11/17 (木) 22:17:02 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR