人は誰でもビョーキ持ちだ・愚見を少々




人間には医者の治療を要する「病気」とは異なる、「ビョーキ」というのがあります。ある種の習慣や癖がそうです。また、仕事や趣味の世界で正常ではなく異常に近い考え方をしたり、行動を取る人間がいます。もちろん、犯罪ではなく、人に害を加えない範囲でのお話です。

ギャンブル好きは男性に多いビョーキですが、女性には別のビョーキがあります。

私の知人にこういう女性がいます。彼女は小学校6年生と中学2年生の男の子がいる立派な主婦です。旦那の稼ぎだけではちょっと苦しいので自分もパートで共稼ぎもしている働き者でもあります。ところが驚くことに、台所の壁にキムタクの写真が2枚貼られているのです。彼女はキムタクの大ファンで彼の写真を毎日見てはウットリとするのです。2人の息子を持ついい歳した主婦が、もう、これはビョーキと思います。旦那はどんな気持ちでいるのかしら?

母によると今朝のNHK番組で羽生選手のファンだという中年女性が登場していて、その女性は広島から競技会場の札幌まで旅費・宿泊費計10万円と、羽生選手の応援バナー製作費に2万円をかけていると。しかも、羽生選手の出場する大会は全て観戦するのだとか。大きなお世話でしょうけど、彼女にも旦那もいれば子供もいるでしょうに、いったい、どんな生活をしているのかしら?と、他人事ながら心配になってきます。

この手の女性もビョーキだと思います。これら二人の女性は、いわゆるミーハー系のビョーキだ。ミーハー系はどちらかと言えば、行動的でネアカなタイプに多いようです。どこでどうやって情報を得たのか、応援選手やタレントの宿泊先まで調べ上げたり、いつ、どの飛行機に乗り、何時に羽田に着くかを知り、ちゃーんと「お迎え」に行くのです。

彼女たちにとって、楽しみの一つは、選手やタレントと握手をしたとか、色紙にサインを貰ったとか、ツーショットで写真を撮ったとか、それらの「実績」を、知人・友人に見せびらかし、自慢することにあります。自分が会話の中心になれます。もちろん、罪は無く、他愛の無いことですが。

クラシック音楽ファンにもこの手のビョーキの中高年女性がいます。自分の大好きな指揮者や演奏家であれば、ドイツのバイロイトにまで行って、上演に4晩を要する壮大な楽劇「ニーベルングの指輪」(ラインの黄金、ワルキューレ、ジークフリート、神々の黄昏)を全て観て来る女性がいるのです。そして、帰国してからは、このことを周囲に自慢するのが、彼女の楽しみなわけです。

私はこれらの中高年女性のビョーキには呆れるのですが、反面、羨ましさや妬み、劣等感を覚えることは否めません。私にはそれだけのお金も無ければ、飛行機恐怖症で海外にも行けないし、特定の人気タレントやアスリートや芸術家にとことん惚れ込むだけの熱い心も無く、即実行に移すだけの意志も行動力も無いからです。

私にもビョーキが二つ、三つあります。フィギュアスケート好きと言っても、特定の選手を追いかけるのではなく、フィギュア関連の本を30冊は読み、ISUルールを調べたり、教則本的動画を何度も見たり、鉛筆ナメナメ書き込みをしたり等、一定の知識を得、そして人並み?にはフィギュア観戦もし、ジャッジだか評論家にでもなった気分で選手それぞれの演技について、偉そうに講釈を垂れてみせる。これは、ネクラなタイプにしばしば見られるお調べ系のビョーキだと思います。人気アスリートのサインを見せびらかすよりも、講釈を垂れる方が人からの反発を招きやすいかもしれません。

お調べ系のビョーキは、歴史好きにもいますね。戦争を知らない世代なのに、太平洋戦争(アメリカとの戦争)にめちゃくちゃ詳しく、軍艦や軍用機の種類やそれぞれの名称や機能的特徴まで知り尽くし、真珠湾攻撃~ミッドウェイ海戦~ガダルカナル島沖海戦~マリアナ沖海戦~レイテ海戦までその内容も調べつくしている。本棚には戦記ものがズラリと…これはさすがに男性が多いようです。戦艦の写真を見ればすぐに、「これは長門、これは伊勢、これは金剛」と、私の全く知らない戦艦の名前がずらずら口に出て来るのですから、もう、驚くやら、呆れるやら。これはかなりの重症と思います。


☆ミーハー系、追っかけ系のビョーキの例に、天皇・皇后を中心とした皇室ファンも。遠くからわざわざ御静養先の那須まで出かけて来て、両陛下に日の丸を振ってワーワーやるのが楽しみだという女性がいます。沿道で日の丸を振っている女性は地元の人達だけではないのです。

こちらの女性のタイプは、人に傷つきやすく、惚れやすく、人に尽すタイプに多いのではないでしょうか?そして、一人でいることに耐えられず、グループで行動する方が好きなタイプか。

☆お調べ系、ネクラ系のビョーキの例に、収集狂や整理整頓狂も。切手のコレクションはその典型。女性の場合は帽子、カップやスプーン等のコレクション狂がいます。食器棚、本棚では、食器や本を定規で測ったように並べておかないと我慢出来ないタイプがいます。例えば、本棚は本のサイズ、ジャンル、作者毎と、キチンと綺麗に正確に並べられています。本も新品のように手垢一つ無く綺麗な状態です。もちろん、本棚自体もチリ一つ無いくらいに完璧に拭き掃除されています。他人が無造作に一冊取り出し、ペラペラ捲ったり、適当な場所に戻そうとすると、怒りだす人がいるのです。

こちらの女性のタイプは、人よりも物に惚れ込みやすく、人は人、自分は自分、というタイプが多いか?そして、どちらかと言うと人間嫌い(男性は好きだが)で、グループ行動が苦手。

☆女子校生がタレントに夢中になったり、男子校生が鉄道オタクなのはさほどビョーキではない。中高年になっても女子校生と同じレベルの行動を示すのであればビョーキと言えます。なまじ女子校生よりお金を持つ分だけビョーキが重い。

☆追っかけタイプ、といえば他愛無いと思うかもしれませんが、これはストーカー行為スレスレとも言えます。女子高生がカッコイイ同級生や先輩の男の子の家まで追っかけ、自宅を確認し、何か用事を作っては会いに行くのも、ストーカーの初期症状とも言えるでしょう。ある男性に言わせますと、女の子に追っかけられるのはゾッとする、だと。

女性が男性に追っかけられるのは、「怖い」となり、男性が女性に追っかけられるのは、「ゾッとする」です。
「怖い」と、「ゾッとする」とでは、ニュアンスがかなり異なるようです(^◇^)



関連記事
スポンサーサイト

2016.11.25 | | コメント(26) | トラックバック(0) | 戯けたライフ



コメント

マチューとツーショ♪(^^)/☆☆☆

月姫さま♪

Good evening♪

>ツーショット☆☆☆

はーい、ファントムはマチュー・ガニオとツーショお写真を撮りました~♪(^^)/☆☆☆

マチューとーっても、かっこいいで~す♪☆☆☆

ファントムv-77

2016/11/25 (金) 00:26:09 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

アイドル世代

 片割月さま、おはようございます。

 まさに、私たちの世代ですね。多分、私も「ビョーキ」というか、オタクっぽい資質を持っています。でも決して悪い事ではないと自分を慰めているんです。好きな事をとことんっていうのも、いいじゃないかい! って開き直ってます。(アハハ)

 今の五十代はアイドル追っかけの先駆けです。羽生選手などに入れ込むのは、その名残でしょう。あと、金銭的、時間的な余裕ですね。子育て、介護、仕事などが一段落して、余暇をこれらに充てる余裕が出来る訳です。ご夫婦の旅行などに使わず、それぞれの趣味に充てるという選択もあるでしょうね。家事をほっぽり出しているケースもあるでしょうが。家庭と両立して上手く切り回している方もいると思います。

 2005年に亡くなった女性翻訳家の浅羽莢子さんは、SMAPの大ファンで病室にキムタクのポスターを貼って、心の奮起と癒しにしていたそうです。ファンであり続ける事は生きる勇気にもなる。頑張って生きて、次のコンサートに行けるようにしよう、という事だったのでしょうね。

 私も数年前に立て続けに身内が亡くなり、それまでの介護から開放されました。経済的にも、精神的にも余裕が出来たので、趣味を少し突き詰めたいという気持ちになりました。好きな本を買ったり、お稽古事の費用は私個人の収入で賄えるので、遠慮しないで出来ますし。自分が元気な内に、色々しておきたいという気持ちもあります。私と同じ様な心境の方は案外、多いのかもしれませんよ。

2016/11/25 (金) 10:22:58 | URL | まるさん #X91rLkcY [ 編集 ]

Re: マチューとツーショ♪(^^)/☆☆☆

> はーい、ファントムはマチュー・ガニオとツーショお写真を撮りました~♪(^^)/☆☆☆
> マチューとーっても、かっこいいで~す♪☆☆☆

そうやって、周囲にも見せびらかしているんだ!(^v^)

2016/11/25 (金) 10:36:46 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: アイドル世代

まるさん様。

>好きな事をとことんっていうのも、いいじゃないかい! って開き直ってます。(アハハ)

グハハハ(^○^)。
が、心のどこかに、照れ・恥ずかしさも潜んでいる自分を知っているのでは?
いい歳して自分は…と思いつつも、好奇心のムシはどうにも抑えられない(^o^)

>家庭と両立して上手く切り回している方もいる
そういう女性は…ひょっとすると、少数派ではないかと疑っています。

もちろん、旦那が、「ったく、しょうがねえなぁ~!」とぶつぶつとボヤく(奥さんには直接面と向かっては言えない。何故なら旦那にも惚れた弱み、自分もゴルフや釣り三昧という弱みがあるから)程度のことですが(^_^;)

>女性翻訳家の浅羽莢子さん

ああ、このお方もビョーキでしたね(^o^)。

翻訳は如何にもストレスが溜まりそうなお仕事だから、ビョーキ(病気ではなく)になりやすいでしょうね。

ビョーキには本物の病気を防ぐ効能があることは間違い無い!

しかし。。。好みは人それぞれというけど、キムタクって、そんなにいい男でしょうか。
私はちっとも魅力を感じないけどなあ。。。

いい男といえば、私は予備校講師の林修先生に好感を抱きます。
ちょっとテレビに出過ぎなのが気がかりですが。
林先生は、テレビで拝見する限りですが、話し方は上手いし、先生業特有の高飛車的なところが全く無く、嫌味が無く、
自然体で誰とでも楽しく話せるし、表情も素敵な感じがしています。
こんな男性が近くにいたら、惚れるかもと、ここは私もミーハー的な要素があります。

まるさん様は私と近いビョーキ持ちのようですね(^_^)/

家事でもお仕事でも、人間関係にウンザリし、くたびれるタイプは、ネクラ系、お調べ系のビョーキに向かいやすいというのが、
わたくしの研究結果でござりんす。私がその典型ですから(^_^;)

人間関係を上手くコントロールしたり、要領よく渡って行けるタイプは、ネアカでミーハー系のビョーキに向かいます。

もちろん、両方の混合タイプもありましょう。どちらの方に比重があるか、ですね。

2016/11/25 (金) 11:20:02 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ビョーキだったのですね

月様のフィギュア好きは!
私、ほんものの評論家がお遊びで書いているブログだと疑っていましたよ。

今回もうんうん、そうそうとうなずきながら読んでいて、え?二度、三度、読みなおした箇所があります。え?飛行機乗れないんですか?すごい、なんでもできそうなのに、飛行機に(二度目)?

ごめんなさい、いや、飛行機恐怖症の人、います、います。

2016/11/25 (金) 19:45:20 | URL | m #w2VY/Wec [ 編集 ]

Re: ビョーキだったのですね

m様、こんにちは^^

いえ、ほんもののフィギュアスケートオタクが遊びで書いているブログです(^○^)。

>飛行機恐怖症

夜の便であれば下界が見えないので恐怖心が無くなる、と知人に言われましたが、とてもとても(^_^;)

2016/11/26 (土) 12:26:04 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

俺は偏執狂

>フィギュア関連の本を30冊は読み、ISUルールを調べたり、教則本的動画を何度も見たり、鉛筆ナメナメ書き込みをしたり等

俺もそうかもなー。
でもさー、そういう偏執狂な人がいなかったら、今もあの陰謀論の大先生はやりたい放題だったんじゃなかろーか。
片割月オネーサマの『猫宮黒埜著「フィギュアスケート・疑惑の高得点」を論ず』は俺の中では伝説だぜ。
自分もトリノでの荒川さんの美しい演技に見とれていた頃、まさかその9年後に回転不足判定テキストを自分で作ってネットにアップするなんて思わんかったもんねー。
当然、陰謀論者サイトに乗り込むことも、彼らから自分のことをボロカスに書かれた記事をアップされていることも2006年当時は想像出来なかったぜ。(笑)

>軍艦や軍用機の種類やそれぞれの名称や機能的特徴まで知り尽くし、真珠湾攻撃~ミッドウェイ海戦~ガダルカナル島沖海戦~マリアナ沖海戦~レイテ海戦までその内容も調べつくしている。本棚には戦記ものがズラリ

これ、俺じゃねーか。

>、「これは長門、これは伊勢、これは金剛」と、私の全く知らない戦艦の名前がずらずら口に出て来る

金剛、比叡、榛名、霧島、扶桑、山城、伊勢、日向、長門、陸奥、大和、武蔵
太平洋戦争に参加した日本戦艦12隻。
で、大和、武蔵は完成時から最終状態まで幾たびかの改装を受けているが、俺、写真見なくても詳細まで全部絵に描ける。

そして、はっきりしていることは、これで会社の給料が上がることは確実に無いし、かみさんから小遣いを上げてもらえる可能性もありえねー。

しかしなー、追っかけの方々うらやましいわ。うちはかみさんから年1回の観戦と決められていて、それがプリンスアイスワールドの東京公演。かみさんはケチだぜ。自分だって見に行ったら楽しんでるくせによー。

あとは、1000円で1日見放題の東京選手権などの地方大会。これだけは安いから文句言われん。

2016/11/26 (土) 17:36:16 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

本筋そっちのけで失礼なことですが・・・

>女性翻訳家の浅羽莢子さん

私彼女の翻訳文すごく好きだったんです。
といっても、ごく一部しか読んでないわけですが。
亡くなったと知ったときは結構ショックでした。

10代のころ読んだタニス・リーの平たい地球シリーズで彼女の名前を覚えて、それ以降、ファンタジー小説などは彼女の名前で買うこともありました。
もっとも、平たい地球シリーズだけが特に独特の文体だったわけですけれども・・・最初の出会いが良かったせいか、彼女の文章は好きだったな・・・。

辞書を引きひき、ほつりほつりと、簡単な英文を読むのがやっとの人間ですから、何語であれ、翻訳家という存在に感謝しなくちゃならないわけです。でも、時々、帰国子女なのかなんなのか、日本語のほうのレベルが怪しめの人が結構いるんですよね・・・「え?そんな日本語ある?」などと感じることもたまにあります。浅羽さんも帰国子女だそうですけど、そういう違和感がなくて。

なにかとっ散らかった話ですけど、つい浅羽さんに反応してしまった``r(^^;)



ビョーキ・・・私は何かに夢中になるとしばらくそのことしか考えられなくなる傾向があります。子供のころからずっと。まあ、成長とともに他人にばれないように抑えたり、コントロールしたりするわけですけど、基本は、うきうきわくわくソワソワ・・・にやにやして「でへへ~」とか。
別に人間相手でなくても、何かに夢中になるとそうなる傾向がある。
何やらコレクター的になったり。
親しい人たちだけが知ってる、私のビョーキっぽい状態。
この状態になってる時の自分、嫌いじゃないです。
不定期にやってきます。
で、パタッとつきものが落ちたみたいにすっとその興奮が収まるんですよ。
まれに本当に醒めてしまって、どーでもいい!になることもありますが、たいていは、穏やかで落ち着いた‴愛”に移行するんです(笑
もっとも最近は年のせいか持続力が落ちましたけど。すぐ穏やかな友情関係になる。

「おっかけ」は・・・。
私には無理かなぁ、と思います。どんなにファンになっても、プレゼント攻撃だの、出待ちだのが、なんとなくできないんです。
若いころ、友人がある俳優さんのファンになって、舞台を見に行くと必ず『出待ち』したんです。何時間でも待つその根性についていけなくてそこでさようならをすることが多いんですが、舞台の感想などをおしゃべりをしながら人ごみの流れに乗って劇場の周りをゆっくりと移動しているうちに、偶然そのお目当ての役者さんが出てきたことが何度かあったんですよ。
彼女は出待ちの常連だったので、俳優さんのほうで覚えていて、食事に誘っていただけて、私もおこぼれに預かりました。数回あったかなそういうことが。顔見知りになったせいか、その後も舞台上から、こちらに気付くと目を合わせてくれたりして、ああ、こりゃあ、追っかけ気質の人ならはまっちゃうわな、と思ったことはありますが、私自身は、「お付き合い」でしかできなかった…、待ち時間長すぎて疲れちゃうし(笑
彼女がその役者さんのちょっとしたエッセイをもとに、多分、「○〇町の△△あたりに住んでるはずよ」とその街を探索するから付き合わないかと言ってきたときは、遠回しに止めました。聞く耳持たなかったけど。追っかけ気質の人って根性が違うんですよ(笑。

2016/11/26 (土) 23:14:51 | URL | 風邪薬 #aR5DLEYU [ 編集 ]

Re: 俺は偏執狂

きれじろう様、こんばんは^^

>偏執狂

小学館「新撰・国語辞典」によると、
①偏執…かたいじで他の意見を入れないこと。へんくつ。へんしつ(^_^;)
②偏執狂…ある一つの物ごとに熱中し、それに関して異常な行動をする精神病。モノマニア(・_・;)

きれじろう様に該当するのは、「へんしつ」かもね(^○^)

>片割月オネーサマ→月の姉様と呼んでくれなんし。

>扶桑(笑)
そんな名称の出版社があったような。ウヨクな報道機関の系統で(^◇^)

戦艦は大和と武蔵くらいは知っていますが、他は知らん^^;

武蔵と山城があって、どうして難波や尾張が無いのかな?

しかし、日本の造船力って、昔から凄いんですね。
今も、アメリカの巨大空母を修理出来るのは、アメリカ本国を除き、横須賀だけだそうですね。
日本は戦争開始当時、世界でも最新鋭の空母を6隻も所有していたんですよね。

>俺、写真見なくても詳細まで全部絵に描ける。

これはかなりのビョーキ。治癒不可能です(^o^)

>かみさんはケチだぜ

しっかりした奥様。きっと、きれじろう様には過ぎた奥様なのでしょう。

2016/11/27 (日) 01:19:45 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ムカムカ

〇〇様。

その後、エスプリを理解された方がおりますので私は満足でありんすよ!(^_^)/

2016/11/27 (日) 01:21:25 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

〇〇様。

私も観ていますよ~(^o^)。なかなか面白いですよね。

2016/11/27 (日) 01:22:25 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 本筋そっちのけで失礼なことですが・・・

風邪薬様、こんばんは^^

なるほど。

浅羽莢子さんは、知る人ぞ知る、優れた翻訳家だったのでしょうね。

外国文学が好きな人の中には、誰の翻訳が良いとかイマイチだとか、詳しい人がいますよね。
私はその辺りは無頓着な方だわ(^_^;)

私が外国文学やミステリーの本を選ぶ時は、翻訳の出来栄えよりも、☆注が詳しかったり、解説の詳しいのを選んでいます。

ははあ。。風邪薬様は、けっこう、気が多い方かしら?(^○^)。

「熱しやすく冷めやすく系」ではなく、「熱しやすく、やがて温暖に収まる系」ですか(^o^)

それは大人の対応といいましょうか、良識派といいましょうか、ビョーキとしてはごく軽症の方でありんすな(^_^)/

私はどちらかといえば、「熱しやすく冷めやすく系」に近いタイプかな(^^ゞ


>『出待ち』

ミーハー系の凄まじさ!でも、若い時ならビョーキとは言えないかもよ。

2016/11/27 (日) 01:47:16 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

覚醒?

 片割月さま、ご返信ありがとうございます。
 私などと似ているとは…恐縮です。片割月さまは私などとはレベルの違う調べ物の達人だと思っております。

 この頃、お稽古事をしていまして、そこで、感じた事があります。物事の教え方と受け取り方、です。

 何かを教授する時は、出来るだけ教えるラインを低くして、一番できない人に合わせてお稽古をする。出来ない人が居たら、そこで止まっておさらいをして教え直す。決して間違った状態を放置したり、中途半端にしない。
 今の先生はこういう考え方でして下さっています。

 私が二十代の頃、教わっていた先生は厳しい方で、「見て覚えられない、聞いて覚えられない人には教える必要なし。余程、間違っていない限りは修正はしない」という教授法でした。プロフェッショナルを育成する教授法で、素人さんには無理な話でして、結局、満足に何も吸収できずに終わりました。
 今、新たに教わっている先生は実に丁寧です。そして、事細かに説明し、辛抱強く、出来るまで教える。
 今は少しだけ、手ごたえが出て来ました。実に奥が深くて、それまで何も判らずにいて、知ろうとも思わなかった様々な法則や決まり事が目に見えて、はっきりと見えてくるのです。凄く新鮮な感覚です。

 あくまでも先生はきっかけを与えてくれるだけです。多分、今、それを楽しいと感じているのは、自分が学びたい、と感じているからなんだと思います。例え、どういう教授法であっても、こちらにやる気さえあれば、面白さを感じることが出来ると思います。

 真田丸で、優れた父親を見て居ながら、ぼけーっとして何も学ばないでいた秀忠と全て、吸収して、更に進化する信繁の対比が際立っています。当の教えられる人に本当の意味の向上心がなかったら、(先生や父親に気に入られる為でなく、自分の為に学ぶという事が判らない)駄目なんですかね。怒られまいとすると逆に先生をキレさせるというのは世の理の様であります。(笑)

 東進ハイスクールの林修先生は、「丁寧に判り易く教える」という事を実践している様ですね。いい先生だと思います。朝の時間に出て来て、色々レクチャーして下さるので私も好きですよ。
 そう言えば、以前、何かのコーナーで独楽とか遊び道具を実演するコーナーで全然出来なくて「僕はこういうので遊ぶ時間無かったから」ってむくれてしまいました。とっても可愛かったですよ!
 林先生も様々なコンプレックスや辛い思いがあって今に至っているのかもしれませんね。人間味を感じました。

 教育でも何でも、正しい教授法なんてありませんが、教える対象に「もっと良くなって欲しい」という強い思いがあり、受け手が、学ぶ事に目覚めるというのが、一番大切な事、かもしれませんね。

2016/11/27 (日) 17:06:00 | URL | まるさん #X91rLkcY [ 編集 ]

Re: 覚醒?

まるさん様、こんばんは^^

なかなか興味深い「教授法、教育論」ですね。
これも話し出したら止まらないテーマね。

とりわけ、教育とやる気の問題は、なかなか難しいテーマですよね。

実は、お仕事でも同じことが言えると思います。

よろしき指導・教育によって、部下のやる気を引き出せる上司・管理者もいれば、

部下を傷つけ、腐らせるだけの上司・管理者もいますよね。

>教育でも何でも、正しい教授法なんてありませんが

おっしゃる通りです。

優しく丁寧な教育でやる気が出る人間もいれば、厳しく叱る教育でむしろやる気が出る人間もいますね。
相性もあるでしょうし。

人により個性が違うので、人に合わせた教育・指導が理想なのでしょうけど、
現実はなかなかマンツーマン指導が許される環境にはありませんよね。
集団教育では先生業の悩みもそこにあると思います。
集団教育の場で、生徒の個性に合わせた指導をすると、「差別だ」「贔屓している」と誤解され易いですしね。

まるさん様は良い先生に出会えて良かったですね。
そんな喜びが伝わって来ますよ(^o^)


私は学生時代には良い先生に出会ったことがありませんでしたが、会社で一度だけ良い上司に恵まれたことがあります。

その上司は、決して丁寧には教えてくれませんでした。ヒントを与え、部下に考えさせ、部下が出した回答に対し、
その誤りや不足を教えず、再びヒントだけ与え、再び考えさせる方式でした。
最初はなんて不親切な上司と思いましたが、やがて、なるほど!と理解出来るようになったのです。

私は根がものぐさで自分に甘いので、結果的には厳しい先生や上司の方が良いようです(^^ゞ

私が新人の時に、上で引用した上司が私に、会社に必要な備品をヨドバシカメラに買いに行くよう指示した時、
私が、ヨドバシカメラはどこにありますか?と聞いたら、「バカ!甘ったれるな!テメエで調べろ!」と、
叱り飛ばされましたよ(^_^;)

この上司は私の性格を見抜いてそんな指導をしたのかも。

2016/11/27 (日) 17:46:47 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

クレイジー

片割月さま

片割月さまの記事、ほぼ、ほぼ同意です。

私は選手の空港まちは、アマチュアのスポーツ選手と思えば、やめてさしあげたらいかが、と、思います。選手も、ほっとする時間がなるべく多い方がよいのではと。余計なお世話ですが。(^^;)どうやってその便を調べたのか想像すると、こわいです。

調べ物系のビョーキは、マニアックな人と、勉強熱心、研究熱心な人に分けられる気がします。
マニアックな人は興味のあるところだけ、貪るように知識を集める。
勉強熱心な人は、必要な知識を系統だてて取得することができる。
これを今私が、勝手に定義すると、(辞書にはないです。。)片割月さまは、勉強熱心、研究熱心だとなんとなく、私のような者からは下から見るとそんな感じです。

私は野球も、全然詳しくありません。ルールも球種も、調べては、忘れる、の繰り返しでいつ覚えるのかな?と野球すきな人に呆れられてます。(^^;)
たまたま、私の好きな選手は、守備が派手で上手くて、でも、野球ファンからは、(誰でもとれる球をわざとファインプレーにしてみせてるだけだ)とか、言われたりして、多少腹立たしく感じたので部分的に、ほかの選手の内野守備を注意して見てみたり、データがどれだけ正しいか、いろいろ調べたり考えたりするときも、ありました。いつも興味が限定的なので、マニアックの域を出ないです。

フィギュアスケートは、演技の見た目(転んだ、転ばない、会心の演技だった、いまひとつだった)と採点が一致しないこともあり、それでも割り切れるならなにも知る必要ないですが、疑問に思ったりしたら、自分で調べるしかないと思います。かつてほど陰謀論は見なくなりましたが、羽生選手も、点が出過ぎだと言われたこともあったような‥、点が出過ぎ、あるいは低すぎる、と言う人は今でも結構見るので、それをスルーできればいいですが、モヤモヤするなら、やっぱり自分で調べるしかないのかな、と、思います。

そんなときに、徒然草子とか、あと、他にもフィギュアスケートの技術を紹介しているブログは、とても役に立つと思います。
私は昔、黒猫さんの、疑惑のフィギュアスケートの本を本屋で買おうか悩んでやめたことがあります。徒然草子がなかったら、何年か?遠回りしたと思います。

私も勉強熱心になれればいいですが、なかなか難しいです…。

私のリアルに知る優秀な女性も、知的な好奇心がとても強くて、賢い人は、そもそもお勉強が好き。だとつくづく感じます。
真似できないです。

田辺聖子さんも、(好きなものには溺れよ)と、言ってます。 
田辺聖子が嫌いだったら、すみませんm(_ _)m
以前テレビで見たら、田辺さんのお部屋はスヌーピーのぬいぐるみなどであふれていて、小説家じゃなければ、本当に変わった方だと思う人もいるのでは‥と、思いますが、テレビにうつってる、ということをさしひいても、とても幸せそうです。

コメント欄で、持論を展開して、大変失礼しました。

寒いですが、お体にお気をつけて…

2016/11/27 (日) 19:42:39 | URL | かおり #- [ 編集 ]

私は駄目な夫です

>①偏執…かたいじで他の意見を入れないこと。へんくつ。へんしつ(^_^;)
>きれじろう様に該当するのは、「へんしつ」かもね(^○^)

俺、そんなことないよん。納得出来れば自分の過去の判断に拘泥する理由なんて無いからすぐ取り入れるしね。


尾張だったらワシントン軍縮条約によって起工前に建造中止になったでよ。


>日本は戦争開始当時、世界でも最新鋭の空母を6隻も所有していたんですよね。

すぐここでそのまんま艦名書けるけど、もーしつこいから書かん(笑)


>しっかりした奥様。きっと、きれじろう様には過ぎた奥様なのでしょう。


俺、かみさんが居なければ今頃干からびて死んでるかもしれん。
以前、かみさんがお母さんの看病のために実家に帰ったときにキャッシュカード渡されたので、数万円使い込んでしまいました。それ以来、キャシュカードは絶対に渡してくれない。

2016/11/29 (火) 21:33:36 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: クレイジー

かおり様、こんばんは^^

>片割月さまは、勉強熱心、研究熱心だとなんとなく、私のような者からは下から見るとそんな感じです。

ありがとうございます。が、マニアックな部類に近いかもよ(^_^;)
趣味に関して、自分で系統だてて学ぶって、難しいですよね。
これがお仕事であれば、ビジネスの基本やマネージメントの基本をある程度系統だてて身に付けないと実戦の役に立ちませんが、趣味の場合はどうしても自分に甘くなりがちですから。

>いつも興味が限定的なので、マニアックの域を出ないです。

私もそうですよ。
私は古代史や幕末維新や昭和史が大好きですが、その他の時代(室町時代や戦国時代、江戸時代前半~後期)はあまりネ^^;

田辺聖子の小説は何冊か読んでいますし、嫌いではないですよ(^_^)/

>好きなものには溺れよ

なるほど、分かるような気がします。

でも、いくら好きでも、ギャンブルやお酒に溺れるのは如何なものか(^_^;)
何を好きか、によって意味合いが異なりますね。

かおり様の「私の主張」はいつも興味深いです。また、聞かせて下さいね(^o^)/

2016/11/29 (火) 22:50:40 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 私は駄目な夫です

きれじろう様、こんばんは^^

ガッハッハ、ちょっと私の意図が伝わらなかったみたいね。

へんしつ→変質=変態の意味で申し上げたのよ(^○^)

私はアジア・太平洋戦争について、軽いビョーキにかかっていますので、
特に、ミッドウェー海戦については何冊か本を読んでベンキョーしたので、空母は少し知ってますよ。

赤城とか加賀とか、大きい空母だったんですね。
また、空母を中心とした戦い方(戦艦はもはや従に過ぎない)を世界で初めて示したのですね。

太平洋戦争初期、日本は空母を柱に空軍力でイギリスやアメリカに圧勝したのにネ。
しかし、4隻の空母を団子状態にすれば、一網打尽になりやすい。
アメリカは空母一隻毎に円陣型にしたから、全滅にならなかった。

まあ、歴史上の問題は横に置き、戦略・戦術という点にだけ着目すれば、
ミッドウェー海戦の敗戦は超悔しいの一言です。

ご家庭に優れた財務大臣兼会計監査院をお持ちであれば、まず破産は無いでしょう(^◇^)

2016/11/30 (水) 00:17:16 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

おまけ

片割月さま

私の主張!(^^;)
笑ってしまいました。ほんといつもそんな感じですね。すみません。

片割月さまの毒にも薬にもならない話、(←あの、嫌みじゃないんですが、ほかにうまくいいようがなくて。。)好きです。

片割月さまにとってすこし謎の、主婦(専業、兼業とはず。)のジャニーズ好きですが、少数派ですが、私のまわりにも、たまにいらっしゃいます。
ジャニーズやアイドルは、どんなに熱心に追っても何も起きないので、あまり散財しなければ、安全、だから奥さまは、安心して溺れることができる、だんなさまも、安心して放っておいてるように見えます。手が届かないから安全なのだと思ってます。

お言葉に甘えて、また気が向いたら気軽にコメントさせていただきます。

2016/11/30 (水) 00:40:30 | URL | かおり #- [ 編集 ]

これはもう素直にビョーキだなぁ・・・

大体、武術やってんのがビョーキだし、
仕事もビョウーキになりやすそうな類だしね。

「へんしつ」と言われても否定できん。
(戦艦系統じゃ、伊勢が好きッ!)

あ・・・
追っかけられて「怖い」のには対処のしようがあるが、
「ゾッとする」ってのは、多分対処のしようがないからではあるまいか?

2016/11/30 (水) 15:52:02 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

Re:Re: 私は変態です

マジか!1942年当時の日本機動部隊と米国機動部隊の基本陣形を知ってるなんてすげーじゃねーか!
つーかビョーキだよ。ビョーキ。

ワタクシも子供の頃、ミッドウェー海戦の戦記物を読むとウツな気分になりましたわ。
とはいっても艦載機があと5分で発艦出来るときに襲われたとか、通説は結構間違いだらけらしいけどね。

子供の頃:本当はミッドウェーで勝てていたのに負けた
今:負けるべくして負けた

という感じに私の頭はシフトしました。

日本海軍が機上無線機とレーダーにもっと関心があればねぇ。
八木アンテナを発明したのは日本人だってのにさ。

2016/11/30 (水) 20:39:31 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: おまけ

かおり様、こんばんは^^

私のブログは毒にも薬にもなりませんが、油にはなります。

ブログで油を売っているからです(^◇^)


>だんなさまも、安心して放っておいてるように見えます。手が届かないから安全なのだと思ってます。


なるほど!

旦那が吉永小百合の大ファンだと公言しても、奥さんはニコニコしていますね。

2016/11/30 (水) 23:15:17 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: これはもう素直にビョーキだなぁ・・・

しっぽがない・・・様らしいコメントでありんすな(^o^)

>戦艦系統じゃ、伊勢が好きッ!

これは鉄道マニアやカーマニアと同じ種類のビョーキですよね。

蒸気機関車や電気機関車の勇壮な姿に惚れ惚れとする世界。

英国の誇る不沈戦艦プリンスオブウェールズが日本軍の空襲であっと言う間に撃沈された時、
あの強面のチャーチルがオイオイと泣いたとか。

莫大なお金と人力と時間をかけて造船しても、全てが一瞬にして海の藻屑に。。。

やはり、戦争って、やっちゃダメよね。

2016/12/01 (木) 00:34:28 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: Re:Re: 私は変態です

きれじろう様、こんばんは^^

澤地久枝著の「滄海よ眠れ ミッドウェー海戦の生と死 」を読みませんでしたか?
私はこれを読んで感銘を受け、ミッドウェー海戦についてもう少し調べて見ようと思ったのです。
それまで私はもっぱら、海軍よりも陸軍の戦いの方に関心がありましたので。

そうです。こんな仕事の上で全く役にも立たないことに凝って、調べたりするとは、ビョーキです。

いや、営業でお客様と雑談する時に、このような話題で盛り上がることがあるので、全く無駄ではありません。
戦争の話題で女性が関心を持つと、相手にはちょっとしたインパクトを与えるようで、自分を売ることになります(^o^)
きれじろう様がそうであるように(^_^)/

>今:負けるべくして負けた

そもそも、太平洋戦争そのものが、日本は負けるべくして負けたのでしょうね。

アメリカ、英国、中国、ソ連と、世界の大国のほとんどを相手によくもまあ戦争をしたものです。

>八木アンテナを発明したのは日本人だってのにさ。

貧乏器用の類でしょうか?

当時としてはハイテクだった酸素魚雷もそうですね。

資源の無い小国日本を当時の欧米の植民主義から守る為に、必死に欧米の技術を学び、進化させたのですよね。

2016/12/01 (木) 00:56:10 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

アリステア・マクリーンは、お月さまの読書歴にありや?

「女王陛下のユリシーズ号」は、傑作だと思うよ・・・。

2016/12/01 (木) 17:31:18 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

Re: アリステア・マクリーンは、お月さまの読書歴にありや?

> 「女王陛下のユリシーズ号」は、傑作だと思うよ・・・。

いえ、まだ読んだことありません(^_^;)

φ(..)メモメモ

2016/12/02 (金) 00:03:13 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR