コラム二スト山本夏彦かく語りき:愚見を少々




故人となりましたが、コラム二ストの山本夏彦の著書を私は今も愛読しています。ネット上にも「名言集」があるように、なかなか痛快な主張をしていた人です。少し単純化して言えば、「古くに発明もしくは創造され現代まで生き残っているものは全て良い。新しいものはダメ」みたいな、頑固爺的な面白さもありました。保守的な論調でありながら、未来を見通していたかのような卓見も少なくありません。今でも時々読み返す度に、新たな発見があります。

山本夏彦の名言を2つ紹介しよう。


「論より証拠というのは昔のことで、今は証拠より論の時代だとは何度も言った。論じれば証拠なんかどうにでもなる」

「問答は無用なのである」



※この言葉の由来。
五・一五事件。1932年5月15日、海軍の若手将校らが犬養毅総理大臣の自宅を襲撃して暗殺した事件。犬養は「話せばわかる」と言ったが、「問答無用!」と射殺された。

ここで山本夏彦が言いたかったのは次のことだ。
自分は正しい、自分は正義であると思い込んでいる人間は聞く耳を持たないものであると。


百田尚樹が千葉大医学部生レイプ事件で「犯人は在日」の無根拠ヘイトスピーチ! しかもその言い訳がヒドすぎる
情報&サイトはここです

政治家や文化人による暴言・極言・無責任発言が跳梁闊歩しています。また、それを「辛口」「本音」と面白がり、持ち上げる風潮がメディア業界にあります。世界的には「自由度」が低いのに、国民からの「信頼度」は不思議と高い日本のメディアがポピュリズムを煽っているとも言えます。

最近の「暴言・極言政治家」(政治屋か)では、石原元都知事による多くの暴言に始まり、橋下元大阪市長がその真似をし、アメリカでは遥かに大型化したトランプ候補の出現を見た。

彼等の言動を見ると、まこと、証拠より論なのですね。


また、「問答は無用なのである」を地で行くのが安倍首相でしょう。※

※この一例として、報道より、
…安倍晋三首相は25日午後、公的年金の支給額を引き下げる新しいルールを盛り込んだ年金制度改革法案を審議している衆院厚生労働委員会で、「私が述べたことを全くご理解頂いていないようであれば、(審議を)何時間やっても同じですよ」…。

…(安倍政権は)TPPでも年金でも国民に説明しようという誠意がない。農水相発言、官房副長官発言など『予告済み』のように強行採決を繰り返す…。

トランプは「証拠より論」と「問答は無用」の両方を兼ね備えた極めて危険な人物と思います。


☆百田尚樹のように同じ右翼作家としては三島由紀夫はおろか、石原慎太郎にも劣る三流小説家は、いずれその三流小説と共に忘れられて行く存在なのでしょう。少しでも自分を立派に見せ、少しでも長く自分の名を忘れられない為には、安倍自民党政権の男妾(青島幸男談)となり、暴言・極言を吐きまくることで絶えず世間の注目を集めるのが手っ取り早いと思ったのかもしれません。その点では実に商魂たくましい小説家かもしれません。


山本夏彦が喝破した風潮は、今や最盛期を迎えているのかもしれません。

多くの人間はそんなに熱心に良識的真実を求めているわけでは無いし、ファクトチェックなどシャラクセェと思い、それよりも面白くてセンセーショナルなものを求める生き物と、山本夏彦は誰よりも良く知っている人でした。


☆「証拠より論」の一例:私見

徳永みちお ‏@tokunagamichio 2015年5月2日
9条のおかげで、日本はベトナム戦争、湾岸戦争、アフガン戦争、イラク戦争に巻き込まれなかった。憲法9条はアメリカから日本を守ってくれる唯一の盾だった。

この呟きは、護憲派に支持される見解でしょう。
が、私は事実を軽んじた怪しい見解とみなします。

「9条のおかげで、日本はベトナム戦争、湾岸戦争、アフガン戦争、イラク戦争に巻き込まれなかった」は、証拠が怪しく論が先行しています。

これですが、朝鮮戦争をさりげなく外しているのがミソですね。

日本は果たしてこれらの戦争に巻き込まれなかったのでしょうか?朝鮮戦争を例にとると、アメリカ軍は日本の基地を拠点にしていました。さらに、当時のアメリカGHQの要請により、日本からは海上保安庁の機雷掃海部隊からなる「特別掃海隊」が派遣され死傷者も出しました。まさに日本は戦争に巻き込まれたのです。9条のおかげもヘチマもありません。

また、イラク戦争(これはアメリカによるイラク侵略に等しい)では日本はアメリカに加担しませんでしたか?戦争に巻き込まれるとは、戦闘地域でドンパチやるだけに限定されません。イラク戦時中の給油支援であれ、湾岸戦争後の機雷掃海にせよ、日本の自衛隊が湾岸戦争やイラク戦争に深く関与していたのは事実です。自衛隊から死傷者が出なかったのは幸運でした。

従いまして、「憲法9条はアメリカから日本を守ってくれる唯一の盾だった。」も、事実からやや乖離した強引過ぎる見解と言えましょう。

これも護憲派にしばしばみられる見解ですが、日米安保や自衛隊の存在意義や貢献度を無視して、「憲法9条のおかげで日本は平和国家でいられた」と断ずるのは、まさしく、証拠より論の典型と言えるのではないでしょうか?




関連記事
スポンサーサイト

2016.11.29 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 政治・社会



コメント

憲法9条♪♪☆☆☆

月姫様♪

純粋に憲法を勉強すると自衛隊は違憲かも~♪♪☆☆☆

でも高度に政治性のある国家行為については、司法は判断権を有しないので違憲に出来ないのかも~♪♪(^^)/☆☆☆

ファントムv-77

2016/11/29 (火) 23:54:58 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: 憲法9条♪♪☆☆☆

ファントム様。

> 純粋に憲法を勉強すると自衛隊は違憲かも~♪♪☆☆☆

あるいは、解釈改憲ですよね。

安倍政権の解釈改憲による集団的自衛権の行使を批判するのであれば、

自衛隊の存在は憲法改正によって明記するのがロジカルな思考だと思います。

2016/11/30 (水) 00:21:10 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

お説、ごもっとも

概ね賛同。
ファントム様にも。

2016/11/30 (水) 15:29:44 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

Re: お説、ごもっとも

…であるか(^o^)丿

2016/12/01 (木) 00:21:29 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

・・・であるぞ (^o^)丿

あとね・・・
≪朗報≫ 作家の百田尚樹氏、再び引退宣言
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/840.html

2016/12/03 (土) 14:01:36 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

Re: ・・・であるぞ (^o^)丿

≪朗報≫ 作家の百田尚樹氏、再び引退宣言


ま、これも「煽り商法」の一つでしょう(^◇^)

2016/12/04 (日) 22:59:22 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR