私の好きなバラード







ダイアナ・ロスの名曲。

日本ではTBSドラマ「想い出にかわるまで」のテーマ曲に使われ大ヒットしました。

実にスケールの大きいバラードです。

この歌をたまに聴くと少しは前向きになれそうな心持ちがします。

しかし、和訳はいけません。

歌詞がベタな人生訓になってしまうからです。

人生訓では歌にも詩にもなりません。

こういうものはひたすら英語のまま聴いた方が有難味を感じるのです。

意味など半分も分からなくて良いのです。いや、その方が良いのです。



☆功なり名遂げた人間に高みから、「信じて生きていれば夢はきっと叶えられる」などと訓示されると、こちらは「ケッ!」としか思わないけど、ダイアナ・ロスの歌だとスーッと心に沁みて来るから不思議です。




関連記事
スポンサーサイト

2016.12.01 | | コメント(52) | トラックバック(0) | 音楽



コメント

ダイアナ ロス

ブラックミュージックの始まりですよね。シュープリームスの時代は、一応、私も赤ちゃんだったので知らないのですが、ソロになってからは、LP盤を買い漁ったものです (当時、ステレオ時代)
コーヒーのCMで流れていた(タイトルはド忘れしました)曲で目覚め朝のコーヒーを、優雅に飲む←キザ そんな高校時代を思い出します。その後、日本で流行ったスリー・ディグリーズ 懐かしいわぁ 方割月様がダイアナを知っているとはお洒落〜

2016/12/02 (金) 02:09:24 | URL | ikumi #- [ 編集 ]

"We're All Alone"♪(^^)/☆☆☆

月姫さま♪

Good evening♪v-483

"If we hold on together"いいですね~♪(^^)/☆☆☆

なので"We're All Alone"を贈りま~す♪(^^)/☆☆☆

https://www.youtube.com/watch?v=5MIZg5AGSD0

月姫さま Good night❤✨⭐✨⭐✨⭐✨⭐✨⭐✨

ファントムv-77

2016/12/02 (金) 02:29:56 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

ブラコン大好き

片割月様、ダイアナ懐かしいです!

ダイアナロスといえば、アップテンポにもいい曲がたくさんありますが、やはりバラードイメージが強いですね。そして、デュエットでも名曲が多いです。
珈琲の曲(笑)は、マホガニーのテーマですね。これ聴くと、あのCMを思い出します。

女性シンガーつながりで、ホイットニーのSaving All My Love For Youも是非。
とても切ない曲調の大好きなバラードです。歌詞はというと…ガッツリ不倫の歌ですが、私も洋楽は特に音を楽しみたい方なので(^^)
晩年の彼女は不幸でしたが、この頃は美しくて輝いていましたね。

珈琲のCMと言えば、ロバータフラックの「やさしく歌って」も素敵なバラードでした。原題忘れました。。

2016/12/02 (金) 08:03:33 | URL | プクプク #V5TnqLKM [ 編集 ]

俺も好きッ!

気が遠くなりそうな時は、
中島みゆきの歌が聞こえるけどね・・・・

2016/12/02 (金) 08:15:20 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

日本語訳の歌

片割月さま、素敵な曲ですね。朝の目覚めにぴったりでした。
 ダイアナ・ロスやホイットニー・ヒューストンなど歌姫って感じがします。綺麗で力強い。

 海外の楽曲を日本語訳すると大体、詰まらなく感じるのは何故でしょうね。
 旋律と歌詞は引き離せないのかもしれませんね。余程の名訳でなければ、調べを壊してしまうと思います。
 カーペンターズの「SING」は良く、ステージなどで歌われますが、日本語訳の歌にすると間延びして詰まらない。童謡の様になってしまいます。英語で(簡単な英語の曲ですから)歌うと本当に歌い上げた、という感じになります。以前、地域のカラオケ大会でこの曲を原語で歌った方がいましたが、すごい迫力だったんですよ! (ライブダム採点で97点くらい行って、入賞されてました)
 今の現代語は、古語に比べて、リズム感や美しさが不足しているのかもしれません。五七調の古めかしい歌が現代の楽曲にはない、雅さや調べを生み出している様に思います。それから、小説や映画のタイトル! 何で、原語のままなの?でなければ、やたらに愛だの夢だの青春、情熱に哀しみだとか、決まり切った文句しか付けない。以前、「アフリカの日々」を「愛と哀しみの果て」とされた時、ひっくり返った記憶があるし。

 以前、浅羽さんのお話をしましたが、浅羽さんは訳に当って、泉鏡花とか能楽の謡など、古い言葉や文体のリズムを取り入れていると伺った事があります。小泉さんが歌舞伎の大ファンであったように、日本の古き良きものを一杯身に付けていないと、素晴らしい翻訳は出来ないのでしょうね。

 「この慇懃な青年」「洗練されたこの青年」
 「島のアン」というモンゴメリの作品を村岡花子訳から、掛川恭子さんの完訳で読み、ニュアンスの違いがあり過ぎて、一体これは何だろう? と判らなくなりました。挙句に、夏に、原書を手に入れて読みましたよ。辞書一杯引きながら。会話が多いので、割合、すらすら行きました。まあ、前もって、日本語訳で読んでると読み易いですよね、適当に類推して読み流せるし。
 原典では「Courtly Youth」。その初対面の若者がヒロインにとって「麗しの王子様」なので、「宮廷風の」という意味合いを入れた表現をしたようです。
 松本侑子さんなどのご指摘通り、モンゴメリの作品は多量の「文学引用」や独特の島文化などが散見されるので、訳するのも大変だろうな、と感じます。

2016/12/02 (金) 15:09:39 | URL | まるさん #X91rLkcY [ 編集 ]

プクプク様

そうでした。マホガニーのテーマでした。
ありがとうございます。

アップテンポの曲で、そんなにヒットはしなかったけれど、ゲッティング・フォー・ラヴ(燃える想い)の出だしが好きで、何度もそこの箇所だけ巻き戻し聴いたものです(笑)

2016/12/02 (金) 19:01:40 | URL | ikumi #- [ 編集 ]

あるね・ねす

母の排便の手伝いをしながら、何度も聴かせていただきました

2016/12/02 (金) 22:24:49 | URL | コンチェルト #- [ 編集 ]

Re: ダイアナ ロス

ikumi様、こんばんは^^

>方割月様がダイアナを知っているとはお洒落〜

そ、そうですかァ(~_~;)

ikumi様の青春時代を垣間見るようですね(^o^)

ちょいと、方ではなく、片でありんすよ(`´)

2016/12/02 (金) 23:35:52 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: "We're All Alone"♪(^^)/☆☆☆

ファントム様、こんばんは^^

はーい、

We're All Aloneも素敵な歌ですよね(●^o^●)

2016/12/02 (金) 23:38:53 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ブラコン大好き

プクプク様、こんばんは^^

ホイットニーのSaving All My Love For Youも名曲ですよね!

ファントム様やプクプク様はこちらのジャンルも詳しいようですね。

実は、私はダイアナ・ロスの歌はこれ一曲しか知らないのです(^^ゞ

人から借りた名曲集(複数のミュージシャンの代表曲集)みたいなCDの中にこの歌があって、エラク感動したんです。

2016/12/02 (金) 23:46:25 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 俺も好きッ!

> 気が遠くなりそうな時は、
> 中島みゆきの歌が聞こえるけどね・・・・

ふ~ん。そんなに中島みゆきが好きですか(^v^)



2016/12/02 (金) 23:57:22 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 日本語訳の歌

まるさん様、こんばんは^^

フフフ。まるさん様はカラオケ大会に行くんだ!カラオケはお好きなんですか?曲目は演歌?

私は声がドラ声系だし、音痴ではないけど、あまり上手くないので会社のお付き合いでたまに行くくらいです(^^ゞ

>今の現代語は、古語に比べて、リズム感や美しさが不足しているのかもしれません。

全く同感です。
以前に、新約聖書と共産党宣言の中から、口語と古語を並べてその違いを記事にしましたように、
口語(現代語)は、間が抜けていて、躍動感も迫力も乏しいと思います。

和歌の命は、まさしくリズムと思います。

>松本侑子さん

話は違うのですが、この人、昔、ニュースステーションで天気予報の担当だったことがありますね。

私は小学6年生くらいの時だったかなあ。松本さんが、雷雨のことを「かみなりう」と読み、
キャスターの久米さんから「もしかして、らいう、のことでは?」と嫌味な突っ込みを入れられていたのを覚えています。
後に、この女性が作家になったと知り、とても驚いたことを思い出します(^○^)

後に、私の周囲にも「雷雨」を、かみなりう、と読む人が他にもいて、そう思い込んでいる人が結構いるんだと知りました。

>浅羽さんは訳に当って、泉鏡花とか能楽の謡など、古い言葉や文体のリズムを取り入れていると伺った事があります。小泉さんが歌舞伎の大ファンであったように、日本の古き良きものを一杯身に付けていないと、素晴らしい翻訳は出来ないのでしょうね。

これも分かるような気がします。

現代語(口語)の小説家でも、川端康成や芥川龍之介や太宰治は古典を勉強していたからこそ、
あれだけの名文が書けたのでしょうね。

最近の小説家には、名文というのはほとんど衰退したと思います。

ノーベル賞候補の村上春樹も、内容はともかくとして、文章はとてもとても(-_-;)

2016/12/03 (土) 00:20:42 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: あるね・ねす

コンチェルト様、お久しぶりです^^

哲学者(とその甥)の名前が出るところが、コンチェルト様らしいわ(^o^)

>母の排便の手伝いをしながら、何度も聴かせていただきました

そうだったのですか。。。それはそれは。。。

2016/12/03 (土) 00:24:58 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

もう一曲♪

片割月様

ダイアナロス、名曲が一杯ありますので、機会があれば、他の曲も是非お聴きください。
私からも、もう一曲ご紹介♪

マーヴィンゲイとのデュエットで、
You Are Everythingを。スタイリスティックスのカバー曲ですが、ダイアナのハイトーンボイスとマーヴィンの甘い声が上手く絡み合ってます。
多くの人にカバーされてますが、この二人のが一番好きです。甘い気分になりたい時にどうぞ(^^)

マーヴィンは、実の父親に射殺される最期を迎えています。彼の歌を聴くと、いつも少し切ない気持ちになります。。

2016/12/03 (土) 08:25:42 | URL | プクプク #V5TnqLKM [ 編集 ]

違うんだよ・・・

徹夜続きで、朦朧としてくると
中島みゆきの歌が響いてくんですよ。

一時期は、フランソワーズ・アルディとかの歌だったんだけど。

まぁ、40年くらい前、
飲み屋で口説いたらしいので、
中島みゆきさんを嫌いじゃないと思いますけどね。

本当に死ぬ時には、
ニーナ・シモン(ビートルズじゃないよ)の
Here Comes the Sun が流れて欲しいなぁ

2016/12/03 (土) 10:27:34 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

まるさん様

俺も、モンゴメリさんは原文で読みました。
仕事のついでに、プリンス・エドワード島にも行ったしね。
(以後、色々読み比べて、唯一、神宮輝夫さんの訳には全幅の信頼をおいています。)

小学校の時、PTAから女の先生(美人)を守って戦ったお礼に
「さようなら松葉杖:リトル」という本をもらったのですが(し、調べたら昭和39年出版だった…)、
以来、少女小説も守備範囲に入ってしまったのでありんした。

ついでに思い出しましたが、
ドイツ語を習得したのは、ドイツのSFシリーズ小説「ペリー・ローダン(関連のもの)」を、
翻訳待ってたら、死ぬまでに終わりが読めない…という正しい認識(危機感)で高校生の時に必死で勉強しましたよ。

あとね・・・
まるさん様 お月さま
「顎十郎捕物:久生 十蘭」というのはお読みでしょうか?
奥さんに口述で文字をひろってもらい、それを校正したらしいですけど(リズム重視ですね)、
ある種の名分かも知れないと思います。
「明治開化 安吾捕物帖:坂口 安吾」も、日本語としては美しいと思います。
(これは、どちらも遠い昔、若林豪さん主演でドラマ化されてました。)

2016/12/03 (土) 15:15:52 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

あとがき(うまく送れなんだ・・・)

どう考えても、不治のビョーキみたいな
気がしてきた・・・

2016/12/03 (土) 15:37:59 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

カラオケと憧れの島

 片割月さま、おはようございます。

 私は演歌は歌えません。こぶしが出来ないし、節回しもダメ。ユーミンとか、中島みゆきなどを歌います。上手くも下手でもない、ただ、カラオケを楽しむレベルです。ただ、「黄昏のビギン」はここ数年の自分の中ではヒットかな。素晴らしい曲だと思います。
 前奏や間奏でうるうるしちゃう位。
 
 松本侑子さんは「赤毛のアン」の完訳で知ったので、翻訳のお仕事をされてると思ってました。お天気キャスターだったとは知りませんでしたよ。多分、その頃、仕事が忙しく、ウィークデーにテレビを見る、という余裕は余りなかったので。
 私たちと同じ世代だと思いますが、「英語秀才」の典型だと思います。中学でも高校でも、文系トップは英語が抜群に出来る子でした。国語が多少、出来なくても、ご愛嬌って感じでしたよ。「国語なんて何の役にも立たないから、英語の成績を上げろ」、「本を読むな、勉強の妨げだ」と、教師(親にも)から言われた事、幾たびか。以前は、漢字が読めない、書けない女子アナがいましたよね、特に、八十年代の入社組。
 そう言われてみれば、松本さんの書いた紀行文などは、作家だと思って読むと、味もそっけもない。確かに翻訳は正確だと言われていますけど。

 しっぽがない・・・さま。
 コメントありがとうございます。
 海外にもよく、行かれているし、語学は堪能でいらっしゃるでしょうね。英語音痴の私は、少しでもそれを解消する為に、これからも、取り組んでみたいです。
 プリンスエドワード島。カナダは行きたいけど、行った事はありません。羨ましい限りです。やっぱり憧れの島ですかね…。映画やドキュメンタリーでは見てるから、余計に。
ずっと、モンゴメリなんて、子供の読みもの、と、どこかで、馬鹿にしていた自分が恥ずかしいです。結構、モンゴメリ自身の生き方や作品の世界観も深く、興味が出ました。もう少し、英語版や完訳を読み、(自伝に近い、「エミリーブックス」というのもあるそうなので)お正月の支度や大掃除の合間に勉強しようかな、と思っています。

 久生十蘭。昭和の初めの頃のミステリ作家ですよね。「顎十郎」シリーズは都築道夫さんが新編を書かれたのを覚えています。
 何と言っても「霧の湖」。(久生さんの原作です)少年ドラマシリーズ。ビデオを旦那が買って来て、観たのを思い出しました。懐かしかったです。

2016/12/04 (日) 10:55:23 | URL | まるさん #X91rLkcY [ 編集 ]

まるさん様

良いご亭主様をお持ちで・・・。
ビョーキなのに、幸せな結婚生活を送られている方々は
ジェラしいなぁ・・・という雑草的感覚が芽生えます・・・摘み摘み・・・。

都築道夫さんはご贔屓で。顎さんものは本棚にありますよ!
好きな作家です。

ところで、
切羽詰まる(これ土木用語です)と、
人間1週間もあれば、どんな那言葉でも
日常会話はできるようになると思います。
(アラビア語は、発音が難しいのでやっかいでしたけど…)
でも、まるさん様や他の方々のような、
日本語感覚に磨きをかけるってのは、一生ものの仕事だと思います。
(人それぞれですしね。
 俺も生きてるうちに、全ての日本語方言を極めたい
 ・・けど時間が足りんかな?)
私は、必要に迫られてあちこち飛び跳ねているだけで、
3畳間に籠って10年てのも、できると思いますが・・・
やっぱり、テラ・インコグニータ(見知らぬ土地)は、いいかもです。

ではでは




2016/12/04 (日) 12:09:25 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

失礼します

ごめんなさい。横入りします。
都築→都筑さんだと思います。
大昔になりますが、大好きで一杯読みました。高校生の頃、自分のペンネームを都筑亮にしてました…若いって凄いです笑

2016/12/04 (日) 12:50:51 | URL | プクプク #V5TnqLKM [ 編集 ]

わぁ~い! 寛仁してくださいッ!!

せ、青春の思い出を汚して、ごめんなさいっ!

2016/12/04 (日) 12:56:34 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

堪忍してくださいッ!!・・・だった・・・

そ、粗忽者なんだよっ・・・・!

2016/12/04 (日) 12:59:19 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

ごめんなさい!!

プクプクさま、はじめまして。
 訂正ありがとうございます。
 お好きな作家の名前が間違っていて、大変、申し訳ありません。私こそ、粗忽者でございます。
 
 
 

2016/12/04 (日) 15:23:41 | URL | まるさん #X91rLkcY [ 編集 ]

" Endless Love"♪(^^)/❤☆☆☆


月姫さま♪

Good evening♪v-483

はーい、お返事ありがとうございま~す♪(^^)/☆☆☆

ダイアナはスィート・ヴォイスなので素敵ですね~♪

なので"Endless Love"を贈りま~す♪(^^)/☆☆☆

https://www.youtube.com/watch?v=Y2RyCCC0_Lk

月姫さま Good night❤♪☆♪☆♪☆♪☆♪☆♪

ファントムv-77

2016/12/04 (日) 22:29:20 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: もう一曲♪

プクプク様、こんばんは^^

>マーヴィンゲイとのデュエットで、
You Are Everything

名曲の紹介、ありがとうございます。

聴いてみますね(^_^)/

2016/12/04 (日) 22:52:58 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: まるさん様

しっぽがない・・・様。

>「明治開化 安吾捕物帖:坂口 安吾」も、日本語としては美しいと思います。

坂口安吾は私の好きな小説家の一人ですよ~(^_^)/

日本語として美しいかどうかは微妙ですが、安吾の文章には不思議な力がありますね。

無頼派のパワーかな(^○^)

2016/12/04 (日) 23:06:41 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: カラオケと憧れの島

まるさん様、こんばんは^^

おおッ!「黄昏のビギン」ですか!

これは私の好きだった歌手、ちあきなおみの歌で私も気に入っていますよ。

私にはとても歌えませんが^^;

>ユーミンとか、中島みゆき

へェ~! 私のイメージしているまるさん様からは意外な選曲(^o^)

私が時々歌うのは、まるさん様ならご存知と思いますが、
天地真理の「ふたりの日曜日」です。以前に、記事にした記憶があるけど忘れた(^^ゞ
https://www.youtube.com/watch?v=wGnsCcnVhw8

簡単で歌いやすいからよ。昔の歌謡曲は口ずさみやすくて良いなあと思います。

2016/12/04 (日) 23:28:15 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: " Endless Love"♪(^^)/❤☆☆☆

ファントム様、こんばんは^^

"Endless Love"、ありがたく頂戴いたしました(●^o^●)

2016/12/04 (日) 23:30:19 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ぼ、僕は3回しかカラオケってない・・・

2回は中国で。
「五番街のマリー」と「ジョニーへの伝言」。
残りの1回は、
原宿で柳ジョージとレイニーウッドの「遺言」。
(人生でトータル10回以内なら、結構覚えてられますな・・・)

太鼓叩くのは好きだけど、
人前で歌いたいとは思わんねぇ~

2016/12/05 (月) 00:14:54 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

Re: ぼ、僕は3回しかカラオケってない・・・

>太鼓叩くのは好きだけど

ご自分のお腹を叩くのが好きなんですか(@_@;)

面白い趣味をお持ちですね(^^)

2016/12/05 (月) 00:33:26 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

おいっ!

おいらは
村の神社の太鼓を叩き、
こそこそとドラムセットも叩くのじゃ。

お腹は、そんなに叩きません。

2016/12/05 (月) 00:51:45 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

命を区切られた時、気づく

 片割月さま、こんにちは。
 考えて見れば、年がいくと、「恋愛ドラマ」も「ラブソング」も気恥しい様に成り果ててゆくものです。
 
 昨日の真田丸。兄上の「黙れ小童!」で爆笑して、豊臣の部将たちが、いとも簡単に戦死して、消えて仕舞い、彷徨う幽鬼みたいな淀を見て戦慄しました。最後のシーンでこの脚本家が「ある種の女性」に対して、どれだけ、残酷かを知りました。
 死ぬ前の晩に、初めて、相手の価値に気づくって、どんだけ、女を見る目がないのよ。こんなのが大将じゃ、大坂方、勝てる訳ありません。
 そう言いつつも、ダイアナ・ロスの「あの曲」が頭の中をリフレーンし、きりの心をおもんぱかって、涙を絞っております。まあ、年を重ねた者同志の一晩だけの恋は、それまでの月日に匹敵するような忘れえぬ時間だったでしょうからね。

 別に恋人に限らず、家族や職場、友人関係など全般で、「表面的な魅力」に幻惑されて、真に価値ある人の存在を忘れている事ってあると思います。それは、気づかないと一生そのままなのかもしれませんね。

2016/12/12 (月) 12:43:13 | URL | まるさん #X91rLkcY [ 編集 ]

まるさん様

“真に価値ある人の存在を忘れている事ってあると思います。
 それは、気づかないと一生そのままなのかもしれませんね。”

・・・ま、それでいいじゃないですか。
気づかれない方も、それでいいかも知れませんし…。

私は「葉隠」は、本気で大嫌いですが、
それを題材にした、
隆慶一郎さんの「死ぬことと見つけたり」は好きですよ。
(あ、「一夢庵風流記」いかがでした?)

葉隠には、片思いこそ、男の本懐みたいなこともありますしね。

2016/12/12 (月) 19:09:48 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

面白かったです

 しっぽがない・・・さま、こんばんは。
 コメントありがとうございます。
 私も、片思いは、男の本懐って思います。
 何だか、「きり」は男性的な女性なのかもしれません。葉隠と共通点がありそう…。あはは。

 「一風庵風流記」、丁度、読み終わった所でした。年末の様々な雑事はあっても、いろんな本を読む時間は取っていますのよ。
 隆慶一郎さんの鮮やかな人間の好みが判るなって思追いました。例えば、「影武者徳川家康」では秀忠を人間のクズみたいに書いていましたが、今回は前田利家ですね。利家はそんなに嫌いではないですが、賤ヶ岳の合戦辺りの彼の行動を考えれば、判らないでもありません。(利と家の事をまず、考える人なのかしら、彼の名前にそのまま現れていますね、皮肉で無く)
 前田慶次郎は、破天荒ですね~。でも、不思議な魅力を感じます。どうしてこんなに女性にモテるんでしょうか。(日本だけに留まっていません 笑)
 司馬遼さんがつまらない「貞淑の鑑」にした芳春院という女性がとても魅力的に映りました。ここでの直江兼続はステキです。石田三成も個性的な男性に描いてあります。兼続の能吏の仮面の下の激しさも「決闘」のエピで上手く描かれていたと思うので。
 隆さんが作家活動、数年で亡くなられた事、本当に惜しいと感じますが。逆に、自分の寿命を知っていたかのような怒涛の作品を描かれたと思います。

2016/12/12 (月) 20:03:44 | URL | まるさん #X91rLkcY [ 編集 ]

まるさん様

毎度~。

隆さんも、前田利家にはけっこう優しいと思いますよ。

因みに、私も破天荒ですが、どうしてこんなに女性にモテないんでしょうか?
(あ、全ての男のやる役は理想的と言われてますが、
 亭主・夫・旦那役だけは、絶望的にダメだって・・・ぐすん。)

最近、真剣にぐすんしてますよ~

今夜も、片割月、きれいですね。

2016/12/12 (月) 20:18:28 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

Re: 命を区切られた時、気づく

まるさん様、こんばんは^^

>年がいくと、「恋愛ドラマ」も「ラブソング」も気恥しい様に成り果ててゆくものです。

いえいえ、テレビの恋愛ドラマは…特に最近のは…質が悪いでしょう?
私のように年がいかなくとも、気恥ずかしいですよ(^o^)
小説なら恋愛ものでも、ちっとも気恥ずかしくありませんが。

真田丸…フフフ。。。見応えもあるし不満もあるし、しかして理屈とは別に涙は流れるし、

まるさん様の気持ちが分かるような。。。大河ドラマって、主人公の人生の経過を感じながら見られますから、
普通のドラマや映画とは違った感慨が生まれますね。

特に、信繁ときりは、少年少女の頃からずっと私たちは見て来ているわけですしね。胸にジンと来てしまいます。

涙もろくなるのは、私もそろそろ年がいった集合体の入り口に差し掛かったのかしら(^_^;)

兄の信之は、わざわざ危険を冒して大阪まで来て、たったあれだけの兄弟の再会ですか?
肩透かしを食った感じだなあ(-_-;)

又兵衛も塙ナンチャラも、何ともあっけない幕切れ。あれだけ大騒ぎして。

淀殿は。。ぐぬぬぬ。。。

とにかくあと一回で終わりですね。嗚呼。。

来年の大河ドラマはポピュラーな戦国時代とはいえ、
「花燃ゆ」と同様に無名の「女性もの」ですし、どうなるやら。。

2016/12/13 (火) 01:58:52 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

お世話になっております

“私のように年がいかなくとも、気恥ずかしいですよ(^o^) ”
・・・さりげない一文ですが、気迫がこもってますね。

“涙もろくなるのは、私もそろそろ年がいった集合体の入り口に差し掛かったのかしら(^_^;) ”
・・・こっちにおいでよぉ~(●^o^●)

2016/12/13 (火) 08:47:07 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

きりの容貌と真田ブラザーズ

 片割月さま、レスをありがとうございます。

 ずっと、どうして、きりは長澤まさみさんなんだろうって思っていました。きりは、綺麗じゃなかった。不美人、というよりも、個性的で一般受けしない容姿だったと思ってます。信繁は、面食いだから、彼女の賢さ、優しさ、勇敢さに全く気づかなかった。そこに居るのが当たり前というだけで。
 信繁は自分の見たいものだけを見、それ以外は排除して来た。やっぱり、お坊っちゃんなんでしょうね。「台所番が、まさか、徳川方に通じているとは」って。素破を使いこなしていた真田家なのに。パッパが本気で泣くよ。
 そう考えると真田パッパは、破天荒な策を身軽にやってのける魅力的な武将でしたね。父親との決定的な器量の差を見てしまいました。
 昌幸パッパと出浦が居たら、最初に狙うのは、大蔵卿と有楽斎と淀。黙らせた後で、城を手に入れて、おもむろに、徳川を討ったでしょう。

 妄想はこれぐらいにして(笑)。
 兄上、本当に苦労して、大坂城に赴いたんですよね。あのまま、源次郎を徳川の陣まで連れて行くつもりだったと思います。「十四年の流刑」。逆に、兄の措置を恨んでいた所もあったかも。命だけは長らえても、何一つ身動き出来ずにいる事が責め苦だったと捉えている様ですから。
 彼らは犬伏の別れで離別し、仲の良い兄弟では居られなくなった。二人が仲良く、話し合えるとしたら、弟が投降した場合だけ。真田家の為に生きる兄と、生きてきた証の為だけに命を捨てる弟。どこにも、接点がありません。叔父上は、ずっと、様々な境遇をくぐり抜けてきた方なので、今の源次郎の気持ちがよく、判ったのでしょうね。
 関ヶ原以前から、豊臣に肩入れをするな、ずっと助言していたし、その頃から、二人の心は離れていたと思います。でも二人は誰よりも、お互いを大事に思い合っているのでそれが、本気で泣けました。

2016/12/13 (火) 18:35:39 | URL | まるさん #X91rLkcY [ 編集 ]

Re: お世話になっております

> “涙もろくなるのは、私もそろそろ年がいった集合体の入り口に差し掛かったのかしら(^_^;) ”
> ・・・こっちにおいでよぉ~(●^o^●)

イヤだねv-8

2016/12/13 (火) 22:00:30 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: きりの容貌と真田ブラザーズ

まるさん様、こんばんは^^

>そう考えると真田パッパは、破天荒な策を身軽にやってのける魅力的な武将でしたね

同感です。おそらく、パッパは武田信玄の下で鍛えられたからでしょう。

パッパが死んでから「真田丸」の視聴率が落ちましたね。
「真田太平記」でもパッパの魅力は幸村を食っていましたね。

真田信繁を英雄的に描かず、隙だらけの武将として描くのが「真田丸」の、三谷幸喜のシナリオの特徴かもしれません。
その意味では重厚感よりも軽快さを感じさせる演技をする堺雅人が合っているのでしょうね。
「新撰組」がそうでしたね。近藤勇も土方歳三も英雄的ではありませんでした。
これこそイマドキの作風なのかもしれませんが、戦国ものにはやはり英雄的なものを求めてしまいます。

しかしながら、兄には一応側室を置いた演出なのに、主人公の信繁に側室がいないのは変なのですが、
そんなことをすると女性視聴者から嫌われるからでしょうか?

>でも二人は誰よりも、お互いを大事に思い合っているのでそれが、本気で泣けました。

そうでしたか。。私は泣けませんでした。
言葉は交わさずとも、静かに酒くらい飲み交わしたっていいだろう、って思ったわ。
ここが、もしかすると、まるさん様と私の感受性の違いかもしれませんね。
涙脆いとかの次元ではなくって^^;
人生経験の違いかも。私があと10年くらい歳を取れば、また違った感じ方をするかもしれませんね。

2016/12/14 (水) 00:20:44 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

側室=愛人? そして、兄上の気持ち

 片割月さま。

 おっしゃる通り、信繁は、お側仕えの女性は一人と言う設定でしたね。梅は、死んだし、秀次の娘も、「形の上」だけだし。きりも「生涯のパートナー(保険の広告かよ)」。戦国武将の側室は、今の愛人とは違いますが、その辺の感覚が? 判らない。
 山内一豊や明智光秀は本当に側室を持たなかった稀有な例でしょうね。実在の信繁はそれなりに、艶福家で、それも魅力の一つだと思います。
 小野のお通の顛末を見ても、この脚本家さん、女性に何か恨みでも持っている様な感じ。山手殿だって、あれはひどい!(嘘つきで馬鹿ってあんまりです)

 月さまは、あのシーンを見て、泣けなかったと仰いました。源三郎が何で、弟を拒否するのよ! 折角来たんだから、月でも見ながら、一時でも、昔に返って話すればいいじゃん。私もそういう気持ちを初めに抱いた事は事実。少なくとも一回目はそう感じました。
 ただ、二度目にリピートした時に考えた事。
 席を立ってしまった理由は二つ。
 そこは敵陣なので、だらだらと時間を過ごすと、お互いに内通を疑われる。信繁が投降しないのであれば、長居は無用である。
 二つ目の方が、強い理由ですが、酒を飲む事は、弟の死を受け入れる事になるから。敢えて、信繁が酒を飲みたいと言った理由は、兄に、「自分の死」を受け入れて欲しいと頼んだのだと思います。でも、信之はどんな形でも、弟に生きて居て欲しかった。それが「これは今生の別れではない」という台詞に繋がります。信之は、カッコ悪くても、十何年、幽閉されても、命さえあれば、と強かに生きて欲しかったのです。ややカッコ悪く生きてる兄上だからこそ、説得力のある所で。例えば、病気になって生きる希望を失い治療を拒否する身内に激怒するのと同じです。勝てる公算のない戦で、撤退する事は卑怯ではなく、ましてや、信繁は譜代の家臣でも何でもないのだから。「滅びの美学」にこり固まってしまった弟に怒りと悲しみを感じていた。その心境を考えると私は、物凄く、共感してしまったのです。また、それを知った上で「好きに生きればいい」と優しく頬を撫でる叔父上の思いにも。私がこの兄弟と同じ世代だからかしら。

2016/12/14 (水) 09:19:03 | URL | まるさん #X91rLkcY [ 編集 ]

まるさん様

「滅びの美学」なんてないですよね。
少なくとも、残された者にとっては。

物心ついてから、涙を流したことは一度もないですが、
まるさん様のコメント読んだら、ちょっと危うかった。

俺も、お月さま的高齢化シンドロームに伝染しているのでせうか???

2016/12/14 (水) 10:37:37 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

懐かしい風景

片割月様

We're All Aloneはボズスキャッグスの曲ですが、彼は渋目の歌手だったので、そのあとリタクーリッジがカバーして大ヒットした曲でしたね。
両方ともLPで(古い!)持っています。
ところでファントム様ご紹介のビデオに懐かしい風景が。
ビデオの風景はアメリカの雰囲気ですが、02:35ぐらいからのS字型の糸杉の丘は、イタリア、トスカーナ地方のLa Foce という村にある丘で、その昔、写真で見てぜひ行ってみたいと思い、トスカーナの通りの名前のない田舎道を探し回り、やっと見つけた頃は夕方で、逆光で写真がうまく取れず翌朝もう一度取りに行った懐かしい場所です。あの頃僕は若かった(笑)

70年代は心根の優しい曲が多かったんですね。
ボズスキャッグスはほかにもいい曲があるしキャロルキングの曲でジェイムステイラーも歌った You've Got a Friend も名曲.
日本ではあまり知られていないかもしれませんが、売れてきたころに飛行機事故で無くなってしまったジムクローチも風采に似ず?優しい、せつない詩 が多いです。Time in a Bottle は ベタすぎますが。


歌が世相を反映するのであれば、トランプのような勝つためには手段を択ばず、厚顔無恥な人物がまかり通るような世の中ではこれからどんな歌がはやるのでしょうか。


2016/12/14 (水) 17:10:36 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

ありがとうございます

 しっぱがない・・・さま。
 当方こそ、そちらのコメントに、「うるっと」しそうでした。ここ数年、涙もろいのは、加齢のせいじゃなく、感受性と思いたい。月さまもそうなのでしょうか?? (^^)

2016/12/15 (木) 09:30:33 | URL | まるさん #X91rLkcY [ 編集 ]

お月さまは・・・

カレイの煮つけとかの食べ過ぎじゃないですかね?

江戸っ子ですもんね。
(すぐ、威張るしさぁ・・・)

お月さま・・・
昨今、月齢が上がって、
夜の散歩もいいですねッ!

2016/12/15 (木) 11:29:15 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

Re: 側室=愛人? そして、兄上の気持ち

まるさん様、こんばんは^^

>小野のお通の顛末を見ても、この脚本家さん、女性に何か恨みでも持っている様な感じ

同意です。
売れっ子の今はともかく、若いころは女性にはモテないタイプの典型だったと思います。
ハッキリ言って、あの風貌と雰囲気ではネ(^o^)

うーむ。リピートされましたか!参った。

私はよほど気に入ったドラマでないと、リピートはしないわ^^;
(jin-仁など3回もリピートしました)

>ややカッコ悪く生きてる兄上だからこそ、説得力のある所で

言われてみれば、そうかもしれませんね。。。


>「滅びの美学」にこり固まってしまった弟

これもビョーキの一種ですね。重症の。

2016/12/23 (金) 01:25:17 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 懐かしい風景

kan kan様、こんばんは^^

けッ!イタリアか、羨ましい限りだぜ!

>厚顔無恥な人物がまかり通るような世の中ではこれからどんな歌がはやるのでしょうか。

歌は分かりませんが、書店には「お国自慢」「他民族嫌悪」系の本が並ぶかもしれませんね。

トランプより前から既に「厚顔無恥な人物がまかり通るような世の中」の日本を見れば分かります(・・;)

2016/12/23 (金) 01:32:01 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: お月さまは・・・

しっぽがない・・・様、こんばんは^^

>カレイの煮つけとかの食べ過ぎじゃないですかね?

いいえ、穴子の煮付けの食べ過ぎですわ(^_^)/

金目鯛の煮つけはもっと好きだけど高いから手が出ない(/_;) 

2016/12/23 (金) 01:38:38 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

今度、小柴漁港にアナゴ買いに行きましょっ!

色々と、出物ありますぜ、姐さん~

2016/12/23 (金) 14:11:39 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

厚顔無恥なTweet魔

片割月様

>トランプより前から既に「厚顔無恥な人物がまかり通るような世の中」の日本

う~ん、ちょと厚顔無恥さ加減の位が違いすぎます。同列に並べてはトランプに失礼です(笑)
Tweet魔のトランプは昨日は核兵器増強をTweet してまたまた問題に。 
新聞への投稿の一例。
Trump has no respect for anything. He makes a nuke(核兵器) tweet right before Christmas without considering how that would affect the holiday for all Americans. He makes a tweet agreeing with Putin's nasty shot at the Democrats. He really has no class, no statesmanship, no ethics. Just a piece of trash.
そのうち、日本も核を持って自衛しろ、とTweetしかねない。心の準備を!

http://www.nbcnews.com/news/us-news/trump-tweets-apparent-call-more-us-nuclear-weapons-n699221

NY Times の記事
http://www.nytimes.com/2016/12/22/us/politics/trump-says-us-should-expand-its-nuclear-capability.html?_r=0

こんなニュースを毎日見たり聞いたりしていると憂鬱になります。彼が選んだキャビネットの顔ぶれを見ると、見るからに強面で好戦派、地球温暖化否定派、人種差別派、、、ぞっとするような人物ばかりです。

日本は結構トランプやプーチンに好意的見方ですか?
プーチンが大統領選に介入したのは明らかのようで、
(プーチンからSeason's Greetings の手紙が届いたとか)この二人が世界を支配すると思うとアメリカ人ならずとも憂鬱です。

2016/12/24 (土) 02:40:39 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: 今度、小柴漁港にアナゴ買いに行きましょっ!

> 色々と、出物ありますぜ、姐さん~

アナゴの丼ぶり、美味しそう!ジュルジュル。

2年前に八景島の水族館に行ったのに、もっと良く調べておけば良かった!

2016/12/24 (土) 16:06:58 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 厚顔無恥なTweet魔

kan kan様、こんにちは^^

>ちょと厚顔無恥さ加減の位が違いすぎます。同列に並べてはトランプに失礼です(笑)

ああ、なるほど^^:
北米に住まうkan kan様と私とではトランプに関する情報量と質が違うので、これも加減の位を見間違う理由かも^^;

>トランプは昨日は核兵器増強をTweet してまたまた問題

これは日本でも報道されていますね。
まあ、安倍首相も核を否定していませんし、橋下某は核武装を肯定していますが、
アメリカの大統領になる人間がそんな発言をすれば、世界的な問題に発展しますね。

正気の沙汰とは思えませんが、ご本人は正気?なつもりなんでしょうね。

父親がこんなんだから、娘が旅客機内で乗客から嫌がらせを受けるのは無理も無いと思います。

アメリカはマジで分断されてしまうかもしれません。

それで喜ぶのはロシアと中国でしょう。

>日本は結構トランプやプーチンに好意的見方ですか?

プーチンはともかく、トランプについては、日本のタカ派・ウヨクには好感が持たれているかも。

私もとても憂鬱になります。とても不安ですよ。

2016/12/24 (土) 16:51:53 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR