スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



お勧めのドラマ・NHKスペシャル:「東京裁判・全4話」・追記あり





NHKスペシャル:ドラマ「東京裁判・全4話」
サイトはここです

今日から4夜連続?でこのドラマが放映されることを知らず、途中から見ましたが期待出来そうです。

ご存知と思いますが、これまでNHKは「証言記録・兵士たちの戦争シリーズ」等、アジア・太平洋戦争に関する優れた特集番組を制作しています。

今回のはドラマ形式ですが、数年に及ぶ取材等、かなりの手間ヒマをかけて制作した力作のようです。

東京裁判は昭和史における戦前と戦後の境に位置する険しい峠だったと思います。

東京裁判の功罪については多くが語られて来ました。

「勝者による裁判、茶番劇だ」として否定的に評価する人や、「国民には秘匿されていた旧日本軍の負の実態を明らかにし、戦後における戦争犯罪の国際慣習法の確立や国際刑事裁判所の設立への道を開いた」と高く評価する人もいて、今も喧々諤々議論があります。前者は、いわゆる大東亜戦争肯定論や正当防衛論を唱える人に多く、後者は、旧日本軍や大日本帝国によるアジア・太平洋戦争を、「侵略戦争」として断罪する人に多く見られる見解です。

私は東京裁判には功罪両面があると思います。


ダウンロードqqダウンロードzz


東京裁判に関する書籍はたくさんありますが、概要を知る為の一般向け良書として、

①日暮吉延著「東京裁判」(講談社現代新書)
②粟屋憲太郎著「東京裁判への道」(講談社学術文庫)

の2冊をお勧めします。

なお、東京裁判に関して、渡部昇一や小林よしのり等の右翼系論者の著作がありますが、こうした専門家ではない論者による著書から読み始めるのは、「百害あって一利なし」です。何故なら、彼等は専門家ではない故、資料から自分に都合の良い箇所を列記し、自分に都合よく解釈している可能性が高いからです。

☆参考資料となるお勧め図書。
東京裁判研究会編、「パル判決書(上下巻)」(講談社学術文庫)

判事による膨大な論文なので、さぞかし難解かと思いきや、私達でも普通に読めます。

ラダビノッド・パルはインドの判事。東京裁判では裁判自体の欺瞞性と無効を、そして、日本の指導者達の無罪を主張したとして、日本の右翼や保守政治家から称賛されている人です。

「パル判決書」をじっくり読みますと、実は、パルは大日本帝国の指導者や旧日本軍の行為自体については批判しているのであり、決して擁護などしていないことが分かります。主に右翼系・保守系論者によって多く引用される「パル判決書」ですが、それは得てして「我田引水」的に走る傾向があり、要注意です。

☆追記
第二話。判事達の議論や対立、実に見応えがあります。
パル判事の描き方が良いです。決して日本の指導者の戦争犯罪を擁護しているのではなく、あくまで「侵略の罪では法的に個人を裁くことは出来ない」としているのであり、これは正論ですね。
そうか、オランダの判事もパル判事と同じ意見に変わったのか。

まさか、「南京事件(南京大虐殺)」の問題をドラマに登場させるとは思いませんでした。扱い方?を誤るとウヨクからのクレームが入るかもしれないテーマですので、避けるだろうと思っていました。素晴らしい!

いよいよ第三話では東條英機が登場しますが、どんな描き方になるのか注目です。




関連記事
スポンサーサイト

2016.12.13 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 歴史・文化



コメント

スケート以外のものも、出てきて、出てきて、と思っていたら出てきました!

が、ガーン、もう終わってる!

2回目から録画しようと思います。

2016/12/13 (火) 00:54:12 | URL | m #w2VY/Wec [ 編集 ]

Re: タイトルなし

m様、こんばんは^^

年末の全日本フィギュアまで間がありますので、スケート以外の記事も書くつもりですよ(^_^)/

NHKのことですから、必ず再放送があると思います。

2016/12/13 (火) 02:03:39 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

なんか、おずおずと・・・

割と、奥歯を噛みしめつつみたよ。

自分でも映像を創るんで
他人のことはあんまりとやかく言えないんだけど、
最後まで見てみよう…

この類は、文字の方がいいよね。
視覚イメージは、インパクトがあまりにも大きい。

2016/12/13 (火) 08:33:04 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

Re: なんか、おずおずと・・・

しっぽがない・・・様、こんばんは^^

>自分でも映像を創るんで

おや、そうでしたか!

実は、私もかつて映画やVシネマなどの制作現場でお仕事をしていたことがあります。
わずか3年で身体を壊して辞めましたけど^^;
この世界もとことん好きでないと続けられないですね。
カメラ、照明、助監督等、スタッフの方々は、日雇いみたいなもので、まさしく労働者です。
それゆえ、アダルトものの制作予算は500万程度ということも知っていますよ(^o^)

2016/12/13 (火) 21:59:14 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。