フィギュアスケートのあれこれ:愚見も少々




●樋口新葉選手の海外のファンサイト。「wakababy」だって(^o^)。
サイトはここです
樋口選手の写真や映像がたくさんあっていいですね。
私は樋口選手は宮原選手に次ぐ実力者と思っています。
全日本フィギュアで3年連続の表彰台はダテではありません。
樋口選手が宮原選手に追い付き、追い越す為には、やはり3Aの習得が欲しいです。
彼女くらいの足腰のバネがあれば可能と思うのですが。果たしてどうなるか?


●パトリック・チャン選手のインタビュー記事
サイトはここです

サイト内の動画をご覧になると分かりますが、パトリックは次の四大陸選手権に出場する意志を表明しています。もちろん、正式発表はカナダ選手権後になるでしょうけど。彼が四大陸と世界選手権の両方に出場出来ることは100%間違い無いですので、ファンとしましては彼の演技をこれから3回も見ることが出来て幸せです。世界選手権で神演技を見せてくれれば、試合の展開によっては優勝は可能と思います。4回転サルコウも跳べるようになりましたからね。

スピンやスケーティングといった基本を猛練習しているとは、プロの中のプロですね。一流のプロは基本を大事にすると言われますが、パトリックがまさにそのモデルを示していますね。ズエワコーチのもとでモチベーションは高く、平昌五輪に向けての強い意欲が感じられて頼もしく思います(^o^)/


●高橋大輔さんの素晴らしいコラム
「世界フィギュア女子代表、この3人ならやれる」
サイトはここです

高橋さんが代表選手それぞれの特長を分かり易く説明しています。その選手に華があることと、実力があることとは必ずしも一致しませんよね。華があって実力も跳び抜けていれば人気スター選手になるでしょう。全盛期の浅田選手がそうであるように。ただし、華があるか否かは極めて主観的なことですから、ファンによってマチマチでしょう。浅田選手に華を感じないフィギュアファンもいるでしょうし、宮原選手や三原選手に華を感じるファンもいるでしょう。あるいは、華とかは関係無く特定の選手の個性に惹かれるファンもいることでしょう。

私が希望・期待するのは、エースの宮原選手を目標に、華も実力もある本田選手と実力主義の樋口選手という対照的な二人が切磋琢磨して女子フィギュアを盛り上げて行ってくれればと。もちろん、未来の予測は難しい。白岩選手や紀平選手、坂本選手や青木選手もいます。本郷選手も今の順位に甘んじてはいないでしょう。ここにベテランの浅田選手と村上選手が待った!をかけるような活躍をしてくれれば最高です。

男子は羽生選手という明確な高い目標があります。宇野選手が猛追し、同世代の田中選手と日野選手が奮闘し、ベテランの無良選手が爆発し…そんな展開でしょうか。男子も目が離せません。


●非常に気になること。ロシアのドーピング問題。
「ソチ金メダリスト・ソトニコワに禁止薬物疑惑…キム・ヨナ“五輪2連覇”の可能性も」
サイトはここです

韓国メディアなのでいささか先走っている感が強いです。まだソトニコワ選手は疑惑があるか否かもハッキリしていませんし、ましてや、ドーピングが確定しているわけではありません。

今後の続報が待たれます。

ただ、ロシアスポーツ界におけるドーピングの闇の底知れぬ深さに恐怖を感じます。

私はフィギュアスケートとドーピングはミスマッチな感じがしています。技術力が決め手となるスポーツでドーピングが明瞭な効果を発揮するとは思えないのです。ただし、演技時間の長いフリースケーティングでは演技後半までスピートやジャンプの高さを保つだけの体力や筋力が求められると思うので、ドーピングの効果はゼロではないかもしれません。

ソトニコワ選手だけではなく、現在活躍しているロシアの選手達の顔や、プルシェンコ選手やタラソワさんやミーシンさんの顔を思い浮かべると、彼等・彼女等がドーピングに関わっているとはとても思えないです。

私の認識が甘いのでしょうか?



関連記事
スポンサーサイト

2016.12.28 | | コメント(10) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・ネタ関連



コメント

ゆんちゃん☆☆☆

月姫さま

わー、ゆんちゃんの名前を挙げてくださってありがとうございま~す(^^)/

章一郎先生&奈加子先生も喜びま~す(^^)/

ファントムv-77

2016/12/29 (木) 04:12:43 | URL | ファントム #- [ 編集 ]

Re: ゆんちゃん☆☆☆

ファントム様、こんにちは^^

そうか、本田選手はピンクだったのですね。
今度、注目して見て見よう!

私も青木選手の成長を期待しているんですよ~♪

彼女のスケートも笑窪の笑顔も好きですので(^_^)/

2016/12/29 (木) 13:08:11 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

 片割月さま、こんにちは。
 
 ドーピングは、国家レベルでないと難しい事だと思います。二、三年前のNHKBS放送でドーピング問題の番組を扱っていました。普段、与えられる食事やお菓子、飲み物自体に混入されていて、本人たちの意思と関係なく、いつの間にか、嵌まり込んでいるという恐怖(これは旧東ドイツの話でしたが)を描いていました。また、ドーピングがいかに長きに渡ってその選手の身体を蝕むか。二十年以上経っても、強い鬱に悩み、薬を手放せない体になってしまう。二度と健康な心身は帰って来ません。知らずにドーピングしていた選手達のその後の姿に愕然としました。
 選手のスポーツキャリアだけの問題でなく、人生の進路や健康までも奪い去ってしまう。恐ろしい事ですね。 

 今のロシアのドーピング問題に関しては、真実が判らないので、簡単にコメントすることが出来ません。出来れば、メダル剥奪と言う事態が無ければ良いと思う。それしか言えません。

2016/12/29 (木) 13:56:28 | URL | まるさん #gZ9nukOE [ 編集 ]

Re: タイトルなし

まるさん様、こんにちは^^

>ドーピングは、国家レベルでないと難しい事だと思います

おっしゃる通りですが、少し補足しますと、

組織ぐるみ、複数の人間の関与がなければ難しい、と言えるでしょうね。

アメリカやカナダでもドーピングでメダルを剥奪されたアスリートが何人もいますように、
必ずしも国家レベルとは限らないと思います。

しかし、これまで判明した事柄から鑑みて、ロシアの場合は国家レベルとの疑いはぬぐえないですね。

本人が必ずしも望んでいたわけではないのに、周囲の圧力により巻き込まれる…恐ろしいです。

この点、日本は真面目ですよね。

2016/12/29 (木) 16:54:48 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ドーピング

ロシア批判をすると、また「カナダのロシア嫌い」と一蹴されそうですが国を挙げてのドーピングはロシアのアンチドーピングのディレクターが認めています。(プーチンは否定していますが)

最近のNY Timesの記事
“It was an institutional conspiracy,” Anna Antseliovich, the acting director general of Russia’s national antidoping agency, said of years’ worth of cheating schemes, while emphasizing that the government’s top officials were not involved.

NY Timesはアンチドーピングに熱心で、興味があれば関連の記事(ソチでは壁の鼠穴を通して尿のサンプルをすり替えていたという図解の記事も)があります。
http://www.nytimes.com/2016/12/27/sports/olympics/russia-doping.html?_r=0

カナダやアメリカは、あくまで個人及びそのチーム主体で国や連盟をあげてのドーピングはないと思います。
日本は今でもスポーツマンシップ礼賛ですが今やアマチュアスポーツはビッグビジネス、選手をあまり神聖化しすぎないほうがいいと思います。

以前にも投稿したと思いますが、一度オリンピックスキーヤーと、チャリティーのスキーイベントで食事のテーブルが一緒になっと時、その前にカートがメダルを取れなくて、試合後のインタビューで「皆さんの期待に応えられなくてすみません」と涙ながらに謝った後(これで彼は国民のハートをつかんだ)だったので、
「スタートの前には国の代表といプレッシャーがあるでしょうね」 と聞いたら、その彼女、少し考えて、
「それはあまりないけど、成績が悪いとエンドースをしてくれたスポンサーに悪いし、でスポンサー契約ををなくすことのほうが心配」と、あっさり。
この時から、私のスポーツマン神聖化は終わりました。

2016/12/30 (金) 01:04:21 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: ドーピング

kan kan様、こんにちは^^

情報、ありがとうございます。

>ソチでは壁の鼠穴を通して尿のサンプルをすり替え

ようやるわ(^_^;)

さすが、スパイ大国のお国柄!

アメリカもスパイ大国という点ではロシアと五十歩百歩ですが、個人主義の発達したお国だからでしょうか、
ドーピングは個人的、もしくは知人を含む複数によるものでしょうね。
連盟や国から指示されたら、選手達は黙っておられず抗議するでしょうね。メディアに告発もするでしょう。


>スポンサー契約ををなくすことのほうが心配」と、あっさり。

北米は功利主義、実用主義の発達したお国柄。アングロサクソンの特徴でしょうか。

こういうの、北米人であれば、さもありなん、と思いますよ^^;

日本人のメンタリティでは、そこまでドライには行かないと思いますが、どうでしょうね。

日本ではアマチュア選手はゼニ儲けの為にスポーツに人生を捧げているのではない!
との思いは根強いと思うけどなあ。

柔道やレスリングの選手など見ていると、特にそう思います。

だって、柔道がいくら強くても、金メダリストになっても、それでお金持ちになれる可能性は極めて小さいですから。

警察官の柔道選手なら、金メダリストになっても、せいぜい、巡査から警部補に2階級昇進する程度ですよ。
これはアテネ五輪で優勝した柔道の阿武選手が実際にそうだった。

2016/12/30 (金) 11:20:57 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

高橋大輔さんのコラム

いつも片割月さんのブログを読ませて頂いています。フィギュアスケート以外でも、読書や音楽の話で、私も読み聞きしたいものがあります。

真央さん復帰してから成績が下降していって、ファンの方も辛い気持ち、お察しします。
高橋大輔さんのコラムについて。
宮原さん樋口さんがつなぎでむずかしいことをやっている、と書かれてましたが、むずかしいことって私にはよくわかりにくく、それは音楽に合ったものなんでしょうかね。樋口さんはストロークが多いように思えました。
三原さんもまだ磨いていく部分は、多々あるでしょうけど、スパイラルのスピードは宮原さんのコレオより、凄かったですね。真央さんって、昔は妖精だったかもしれないけれど、今も妖精ですか。
私の素人的な勝手な感想をこちらに書いてしまってスミマセン。

2016/12/30 (金) 11:53:06 | URL | ルカ #aKBB2rww [ 編集 ]

ロシアという国

ドーピングはまず体に悪いのだから、国ぐるみとはつまり、国は人を大事にしてないんですよね。「ロシア人」が勝ってくれればそれでいい、という。

フィギュアでドーピングがあったのかどうか、はともかく。
全日本フィギュアの記事で、最近のロシアのフィギュア女子云々と言ったのは、その、人を大事にしていないお国柄をう―――――っすら感じるせいもあります。
競い合っているというよりも、誰かがどんっと突き抜けては急に沈んでのローテーションに見えて、フィギュア界のサポート体制が気になります。ほんの一瞬だけ認めてもらっているだけのような、長く活躍することは眼中にないような。

メドベージェワ選手の戦略は……いろいろ思うことはあるんですけども(笑)、あれはいつまでできるもんなのかなあと思う側面がありまして。
あの細い体で若いうちから、ショートの全ジャンプ後半とか、「跳びにくい姿勢で跳ぶ」をとにかく繰り返して、それが将来できなくなるだけならまだしも、体がガタガタになったりしないのか心配。負担にならない努力などないにしても、妙な方向の努力に思えてしまいます。難しいコンビネーションや4回転に意欲があるとは耳にしますが。
ご本人は「タノの方がやりやすい」とまで言っているようですが、なればこそ、指導者が何を思ってあの戦法を許可しているのかも気になります。今勝てていればそれでいいのか、それとも、指導者が許したことなら、心配の必要はないってことでしょうか。

メドベージェワ選手も一例に含め、ロシア女子選手の風潮として、今は名前をよく選手の数年後が気にかかります。

……まあ、人んちの事情を考えすぎるより、日本勢を応援しときます。


ソトニコワ選手の金メダルは、完璧な演技ではなかったのに、完璧と思われる選手を逆転したから議論になったわけで、それを考えると、韓国の盛り上がり方はちょっと変。
薬に頼ったにも関わらず完璧にはできなくて、それなのに1位の得点だった……という、ごちゃごちゃのロジックで批判していることになってしまいます。
ドーピングと、採点の公正さは問題が違うはず。
ミスを補うだけの要素を、ドーピングのお陰で詰め込めたという解釈でしょうか? でもそれは果たして可能なのか。

何にしても、いつまでもヨナさん一人の威光をどうこうしていても、韓国フィギュア界のためにならない気がします。
これも人んちの事情ですが(笑)。

2016/12/30 (金) 14:51:51 | URL | Leeli #- [ 編集 ]

Re: 高橋大輔さんのコラム

ルカ様、お久しぶりです^^

>宮原さん樋口さんがつなぎでむずかしいことをやっている、と書かれてましたが、むずかしいことって私にはよくわかりにくく

それは私も同じですよ^^;

トップスケーターは難しいこと(ちょっとしたターンやムーブメンツ)をさも簡単であるかのようにサラッと演じてしまうので、
私たちには気がつかないことが多いのだと思います。しかし、ジャッジは見抜くわけですね。

確か、昨シーズンの浅田選手のショートですが、ステップの中でツイズルターンをした直後に軽くジャンプする箇所があり、
解説の織田君が「ツイズルの直後にターンするのは難しいですよ」と言っていたのを思い出します。

26才のベテランスケーターを妖精とは普通は言わないですよね(^o^)

>三原さんもまだ磨いていく部分は、多々あるでしょうけど、スパイラルのスピードは宮原さんのコレオより、凄かった

ああ、そうだったかもしれませんね。ルカ様は良く見ておられる(^o^)丿

ただ、宮原選手はスパイラルに入って行く時の見せ方、脚の上げ方が上手いですね。

>私の素人的な勝手な感想をこちらに書いてしまってスミマセン。

それは私も同じこと(^_^;)。ノープロブレムですよ。

2016/12/30 (金) 23:46:27 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ロシアという国

Leeli様、こんばんは^^

いずれ記事にしようとしていたのですが、ロシア国内選手権の女子シングルを見て、つくづくと思ったことは、
「ジュニアもシニアも登場する選手の誰もがレベル高過ぎ!日本女子も頑張っているけど、ロシア女子の方が一枚も二枚も上だなあ。これは敵わないわ。。。」でした。

そして、
「トゥクタミシェワ選手もラジオノワ選手も表彰台に上がれず、欧州選手権も世界選手権も出られないとは、ドンダケー!」

ソチ五輪の金メダリストの2人、ソトニコワ選手もリプニツカヤ選手も怪我・故障で不参加なんですよね。
ソチ五輪後の両選手はずっと苦労しているようですね。

で、ネット上では「ロシア女子は使い捨てだな」という、嫌味なコメントを何度か目にしました。

これだけ強い選手が目白押しともなれば、わずか1回のミスが命取りになり、代表から外れる厳しさがありますね。

それが私たちの目には「使い捨て」に見えることもあるのかもしれませんが、
「使い捨て」という言い草は、ちょっと酷過ぎますね。

日本女子だって、一時期は目にしていた有力若手選手がいつのまにか、全日本にも国際大会にも顔を見せなくなっている例は何人もいるくらいですから。

>人を大事にしていないお国柄をう―――――っすら感じる

それについては、私は良く分かりませんのでコメントのしようがありません(^^ゞ

Jスポでロシア選手権のメドベデワ選手の演技を見ましたが、ノーミス!強い強い。そして上手い上手い。

ロシアの女性は体操競技がそうであったように、二十歳近くで全盛期が終わっていた例が多かった印象がありますので、
フィギュアでも同じ現象が起きるかもしれませんね。トゥクタミシェワ選手、ソトニコワ選手もそうなのか?

そんな中でも、天才的スケーターは怪我も無く、息の長い活躍をするかもしれません。
メドベデワ選手かポゴリラヤ選手か。。。

ご存知のように、韓国の男女シングルスケーターのレベルもかなり上がっています。
いつまでも、おヨナさんでもないだろうと思いますよ。

2016/12/31 (土) 00:10:33 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR