スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



森友学園問題他と渡瀬恒彦さんのこと:愚見を少々




●「首相から100万円寄付」=籠池氏証言、政権は否定―自・民、23日喚問で一致

森友学園の問題…一つのヤマを迎えようとしていますね。

主要な問題はあくまで国有地の売却を巡る政権側及び国の疑惑です!

「稲田防衛相の虚偽発言問題」や「安倍首相又は昭恵夫人から100万円寄付があったのか?」等は、枝葉の問題です。ワイドショー的にはこちらの方が「面白い」が、惑わされまい。

野党は主要問題にしっかり斬り込んで欲しいですね。

私個人は森友学園問題で安倍首相が辞任に追い込まれる可能性は無いと思っています。また、ここで安倍首相が辞任することは、日本にとって(特に外交上)必ずしも得策では無いと思います。

何故なら、今の自民党のタカ派体質、野党の非力状態においては、安倍首相の代わりに誰が首相になっても何ら変わらないと思うからです。

私が安倍首相について一つだけ評価するのは、外交熱心だということです。外交音痴と揶揄される日本の政治家の中で、安倍首相ほど精力的に外交を繰り広げた首相はいないでしょう。「バラマキ外交」「アメリカの忠犬ポチ外交」との批判がありますが、安倍首相以上に立派な外交が出来る政治家が他にいるのでしょうか?

ともあれ、当初は高をくくっていた安倍政権も、森友学園問題がここまで大騒動になるとは予想出来ず、相当に動揺しているようです。支持率も下がり、それなりに痛手を受けつつあるのは良いことです。昭恵夫人が騒動のキーパーソンの一人になっているのも安倍首相には頭が痛かろう。

ザマーミロ。

本筋からは外れる問題ですが、安倍首相は稲田防衛相をかばわない方が良い。支持者からもかなり批判されているようですしね。彼女に引導を渡した方が支持率の回復になるでしょう。


●さらに本筋から外れることですが。。。。

残念ながら、日本の女性の政治意識は男性と比べ遥かに低レベルです。従って、日本の女性政治家のレベルも低い。これは私の卓見です。

見よ!
稲田朋美、蓮舫、松島みどり(赤いストール事件の)、小沢優子、福島瑞穂、田中真紀子、辻元清美、片山さつき、高市早苗、丸川 珠代…顔ぶれを思い浮かべるだけでゲンナリします。

東京都の小池都知事はマシな方かもしれません。

昨年、辻元清美議員が稲田防衛相を泣かせましたね。稲田氏が全国戦没者追悼式に出席しなかったのは言動不一致だと叩きまくって。低次元の下らない問題だ。

あれですが、辻元氏の稲田氏に対する競争心もあったのではと邪推しています。つまり、稲田氏は早稲田大学の法学部卒ですが、辻元氏は早稲田大学の教育学部卒だ。あの頃は法学部の方が教育学部より遥かに難関であり、偏差値も法学部の方が遥かに高かった。明治・法政等に落ちても早稲田の教育学部には受かる例はよくあった。それゆえ、「政治なら私の方が上よ」との…劣等感の裏返しの感情もあったのではないかと…。

女性政治家がしばしば男性政治家から、「イジメの対象、からかいの対象、野次られる対象、軽んじられる対象」にされるのは、男性政治家に問題があるのはむろん当然としても、女性政治家の側にもお粗末な点があまりに目立つからではないでしょうか?


●陸自最高幹部にも報告か=統幕の官僚、非公表指示―組織ぐるみで隠蔽可能性・防衛省

ある意味、森友学園問題より恐ろしいのはこれだ!!

恐ろしいけど、「あ、やっぱりね!」という問題でもあります。

戦争や軍隊に関して最も恐いことは、重要にして正しい情報が、日本の命運に関わる情報が国民に知らされず、隠蔽され、誤魔化され、真相が闇から闇へと葬られることです。

今回の件は氷山の一角に過ぎないと思います。

戦前も軍や戦争に関する正しい情報は国民に知らされず、「大本営発表」に象徴されるデタラメがひたすら流されました。日本の命運に関わる重要な情報が隠蔽される…これは昔も今も軍組織特有の変わらぬ体質なのでしょう。だから、戦争なんか絶対にやってはいけないのです。

しかし、国家機密保護法が成立してしまった今、このような隠蔽工作はどんどん広がって行くでしょう。この点について私は極めて悲観的です。

せめて、私が生きているうちに悲惨な戦争が起きないことを願うだけです。



●渡瀬恒彦さんのご冥福をお祈りいたします。

残念です。良い俳優でした。私はドラマの制作で一度だけ関わったことがありますが、渡瀬さんは非常に頭の良い俳優でした。鋭い質問で演出や脚本の問題を突いて来るのには舌を巻きました。プロとしての厳しさがあった。渡瀬さんは実業家をやってもきっと成功したと思います。それくらい優秀なお方でした。

映画「皇帝のいない八月」渡瀬恒彦が演じる藤崎一尉の弁論集
ここです

渡瀬さんの鬼気迫る演技!
「皇帝のいな八月」は映画自体の出来映えはともかく、渡瀬さんの演技を見るだけでも価値があります。山本圭さんは渡瀬さんに完全に圧倒されています。それゆえ、渡瀬さん演じる藤崎一尉の「狂ったような」主張の方が、山本さん演じるビジネスマンの主張よりも説得力があるくらいです。

ところで、21世紀の右傾化した現代日本では、藤崎一尉の主張に共感する日本人が増えているのではないでしょうか。この動画のコメント欄を見ても、そう感じます。地上波で放映したら、かなり視聴率が取れ、藤崎一尉の主張に拍手する人も多いかもよ。

防衛庁は防衛省にめでたく昇格しましたし、憲法改正は現実化しつつありますし、自衛隊が国防軍という名の正式の軍隊になる日も近いようですし、「失われた美しい日本の道徳?」を取り戻せる日も近いかもしれませんしね。藤崎一尉の悲願が成就する日も遠くないかもしれません。





関連記事
スポンサーサイト

2017.03.16 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 政治・社会



コメント

ザマーミロ・・・には絶賛賛同。

他は、長くなるので、そのうち。
締切と悪戦苦闘中・・・・苦っ!

身内が小瀬湾なっていたので、
渡瀬恒彦さんには、
深く哀悼の意を表します。

あの人も兄ちゃん同様、
滅法喧嘩が強かったんだって・・・。

2017/03/17 (金) 18:54:08 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

安らかに・・・

 片割月さま。

 渡瀬さんは二年位前から、闘病されていたのですね。出られていたドラマはよく見ていました。不思議な雰囲気があって、魅力的でしたし、ドラマの中に自然に、溶け込んでいるのに、とても、存在感がありました。

 しっぽがない…さまの仰る通り、喧嘩が強かったそうですね。アクション映画などでは、スタントなしで、ハードなシーンを撮影していたとか。知性を感じさせつつもアクションも出来る役者さんだったのでしょう。まさに十津川警部は渡瀬さんにピッタリ。

 それと「皇帝のいない八月」についての私見です。

 渡瀬さんは六十年と七十年安保の中間に大学に進んでいて(早稲田を除籍されている)学生紛争の嵐の時代に学生生活を送っていました。若者に希望がなく、荒れて閉塞してた時代だったと思います。大学に行ってもやりたい事が見つからなかったのでしょうね。
 大学を中途で辞め、最終的に役者の道に進んだ事、本意ではなかったかもしれませんね。
 私より、十歳位上の大学講師の逸話を思い出すんですよ。その方が大学生の頃のテスト時、ヘルメットでゲバ棒持った連中が入って来て、答案用紙を取り上げてしまったって。その人、必死で「一生懸命書いた答案なの。返して! 」と(この方は女性です)食って掛かって、ゲバ学生、苦笑いして返してくれたそうです。後で笑い話になって良かったですよ。その後、恐怖と緊張で、体が震えて止まらなかったそうです。
 渡瀬さんは、左翼や学生紛争を快く思っていなかったと思います。学生紛争と対極にあった「自衛隊」に属する人を演じる事が、心に適った事だったのでしょうか。そういう時代背景もあってのことかもしれない、と。

 また、お兄さんが日活の大スターだった事も、この方の人生に陰影を与えた様な気がします。「真田信之」って、渡瀬恒彦そのものだったのかもしれない。兄弟への強い愛情とどこかで感じるコンプレックスや性格の違いから来る反発も。
 そういう所も含めて、本当に好きで尊敬していた俳優さんでした。月さま、顔見知りだったなんて羨ましい! きっと、素敵な方だったのでしょうね。

 心より、ご冥福をお祈りいたします。

2017/03/17 (金) 19:41:11 | URL | まるさん #X91rLkcY [ 編集 ]

お久しぶりです

安部さんが外交に対する態度は、それまでの総理総裁に比べて確かに見ごたえがありますよね。
菅直人の委縮しきったお粗末な態度や、わけのわからない方向で変な頑張りを示す鳩山由紀夫にびっくりがっかりした後だけに、際立って見えます。
それが今後どんな方向にどんな実を結ぶのかはわかりませんが。

稲田朋美さんは岡崎トミ子を追い詰めていた時がピークですかねぇ・・・

辻元さんは、とりあえず、自分が泥棒であることをもっと謙虚に受け止めないとね。永田町では、嘘つき(例えば、学歴詐称とか)は二度と日の目を見ませんが、泥棒は復活可能なんですよね。不思議・・・。

蓮舫さんもね、人の言動をとやかく言えますかね?彼女は。
あの人、昔、自分のことを二重国籍だとか、「国籍は台湾」とか、そんなことを言ってるんですよ、雑誌のインタビューで。20代の半ばあたりでテレ朝のキャスターに就任した時も、「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と新聞にも出ましたし。
なんで台湾積が抜けていないことを知らなかったなんてつまらない嘘をつくんでしょうね?
むしろ、二重国籍でしたってはっきり言ったらよかったのに。

田嶋陽子さんも一時は政治家でしたっけね。議会で調子に乗って「しおじい!」なんて怒鳴りあげてみたり、TVタックルなんかですぐ泣いちゃったり・・・、みっともないったらなかった。
ああいのうがフェミニストなんて言ってるから女性が馬鹿にされるのよ、と腹立たしかったものです。

渡瀬恒彦さんといえば、私が思い出すのは大原麗子さん(笑

お二人とも、もはやこの世にはいない。

そして自分もどんどん年を取る・・・

2017/03/17 (金) 22:59:51 | URL | 風邪薬 #aR5DLEYU [ 編集 ]

Re: ザマーミロ・・・には絶賛賛同。

しっぽがない・・・様、こんばんは^^

>締切と悪戦苦闘中・・・・苦っ!

ウム。私も急な仕事に追われたりで、その気持ち分かるような(^o^)

>滅法喧嘩が強かったんだって・・・。

ふ~ん。。そんなタイプには見えなかったなあ(^_^;)

2017/03/19 (日) 03:10:44 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 安らかに・・・

まるさん様、こんばんは^^

ヤクザ映画に出ていた頃の若き渡瀬恒彦さんは喧嘩もやはり強かったのですかね。
私がお会いした渡瀬さんにはそうな雰囲気は感じられなかったわ^^;
もっとも、鋭い質問と妥協の無い演技には、気の強さみたいなものがありました。

>「真田信之」って、渡瀬恒彦そのものだったのかもしれない。兄弟への強い愛情とどこかで感じるコンプレックスや性格の違いから来る反発も。

ここ、さすが、まるさん様らしい黄泉の、オッと、読みの深さかな(^_^)/


>若者に希望がなく、荒れて閉塞してた時代だったと思います。大学に行ってもやりたい事が見つからなかったのでしょうね。

話の趣旨からちょと外れますが、これって、今も同じような気がします。

大きく違うものあるとすれば、良くも悪くも学生紛争の頃のような「粗っぽい元気と行動性」が今は無くなり、
「引き籠り」傾向が目立つということでしょうか。

以前のように、闘争的なストライキやデモが今は無くなったことは、
良いことなのかしら?それとも、悪いことなのかしら?

一つ言えることは、現代日本には、以前のような活力・活気が無くなったということかな。

政治家や官僚や悪徳商人がいくらワルをやっても、日本人は大人しくなりましたね。
飼い慣らされた犬みたいに。。。

革命ごっこをして暴れるよりは、マシか。。。

平和か。。。

2017/03/19 (日) 03:51:30 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: お久しぶりです

風邪薬様、こんばんは^^

風の如く、ひゅーっと現れる風邪薬様(^o^)

辻元議員ですが、彼女の著書を読んだことがあります。
色々と努力をされ活躍されていることはある程度分かるのですが、風邪薬様のおっしゃる通りですネ。。。

秘書給与の問題でしたか?あの時、自分に優しそうなTBSとテレ朝の報道番組だけ出て弁明をし、
厳しそうなことを言われそうな日テレやフジテレには出なかったのを見て、
「嗚呼、この人も、所詮は女なんだなあ。。。悲。。。」と思いましたっけ(-_-;)

田嶋陽子さん…私、このお方、嫌いだわ(・・;)
稲田防衛相はそのアナクロなカルト思想にはどん引きしますが、
なぜか、憎めないのよねえ。。。

こんな風に思う私も、わたしバカよねおバカさんよね~♪、いつまでたってもダメなわたしね~♪。。。(^_^;)

2017/03/19 (日) 04:02:28 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。