スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



北朝鮮の脅威を煽る日本メディアの恐さ:愚見を少々




●日本のメディア、主にフジサンケイや読売といった保守&右派系メディアが朝から晩まで北朝鮮のミサイルの脅威ガ~!と、大騒ぎしているのは異様だ。500キロ以上の宇宙空間を跳ぶミサイルを、「日本上空」と表現して大騒ぎしています。

その一方で、コスプレイ、じゃなかった、オスプレイは問題無しということのようだ。

Jアラート、Jアラート言うなら、それこそ、オスプレイが「日本上空」で飛行訓練する度に、Jアラートを鳴らしまくらなきゃ、変でしょう?いったい、北朝鮮が日本本土にミサイルを撃つ確率とオスプレイが墜ちる確率と、どちらの方が高いと思うのか?比較にもならないでしょう。

安倍政権が北朝鮮のミサイル問題で、「危険を煽る」のは分かりきったこと。「今こそ、憲法を改正して日本も普通に戦争が出来る国にしましょう」「防衛費をバンバン増やしましょう」に繋げやすいから。

恐いのは、メディアが政府以上に騒ぎたてることだ。横並び一線になりやすい日本メディアの体質は戦前とほとんど変わっていないのではないか?との危惧を強く抱きます。

テレビに登場する「専門家」の中には、「トランプ政権が北朝鮮に武力攻撃をすることに期待」しているかのような言説も少なくない。外交・話し合い路線など無駄!と言うのだから、後は戦争しかない。

戦争になれば、韓国と日本は北朝鮮からのミサイル攻撃により甚大な被害を受けることは間違いない。

政治家や有識者は、いざ有事となればサッサと己は安全地帯に逃げられる。それだけの財力と伝手がある。財力も伝手も無い一般国民が犠牲になる。これは昔も今も変わらぬ図式であろう。


アメリカはトランプ大統領が例の調子で過激な言動をするが、政府高官達は冷静であり、あくまで外交手段による解決を優先するとの立場を示している。韓国も同様。

そうした中、日本の安倍政権だけがやたらヒステリックに、「北朝鮮に対し、より厳しい圧力と経済制裁を!対話の為の対話は有り得ない!」と、叫んでいる。

なんだか、日本だけが突出して騒いでいるように見えるが。

いくら経済制裁を科しても、軍事力で圧力をかけても、北朝鮮に効果は無い。戦前の日本もそうだったよね?はたまた、日本がいくら対ミサイル防衛システムを強化しても完全に守る手立ては無いのだ。

あの「カリアゲの若造」がミサイル兵器の横に立ち、ゲラゲラと笑い、有頂天になっている姿を見ると私はムカつく。しかし、この若造をボコボコにしたところで、北朝鮮の体質が変わる保証は無い。

そうであれば、外交路線しか方法は無い。もちろん、非常に難しい。北朝鮮が核を放棄する為の「決め手」は今のところ見つかりそうもない。だからと言って、外交を怠り、諦めるのでは政治家として敗北ではないか?

しかし、悲しいかな、「北朝鮮問題」で日本がやれることはあまり無い。やる気も無さそうだが。

全ては、「アメリカ様頼み」なのだから。お代官様~!アメリカ様~!


●「日米安保」という言葉に、あなたはどんな感情を抱きますか?

私は…一言でいえば、「切ない」という感情です。実に切ないです。

私は現実問題として当分は日米安保は否定しない。

日本は戦争でアメリカに負けた。アメリカの支配を受ける中で、戦後、米ソが鋭く対立する中で日本は当然のごとくアメリカを中心とした「西側」に与せざるを得なかった。アメリカも日本の「戦略的価値」を認識した。

戦後、日本が戦争をせず、戦争に巻き込まれなかった原因は、
①日米安保の抑止力
②平和憲法の存在
③他国と直接国境を接することの無い島国という日本の特性

くらいであろう。

しかしながら、これは右派も左派も同じ心境と思うのだが…戦後70年以上も経っても、いまだにアメリカに「でかい面」され、日本中を在日米空軍が我が物顔で飛び回り、日本政府はアメリカに卑屈なまでに従い、アメリカ様のご機嫌を伺う…情けないやら、じれったいやら、悲しいやら、切ない。

私は好き嫌いで言うなら、ロシアや中国よりもアメリカの方が嫌いだ。イギリスも嫌いだ。私は「アングロサクソン」の特性…功利主義、実用主義的な特性が嫌なのだ。

だいたい、アメリカという国は歴史が無い。ロシアや中国と比べても「底の浅さ」みたいなものを感じる。アメリカという国も、アメリカ人についても。もちろん、私の偏見もある。好き嫌いを言うこと自体が偏見なのだから。

嗚呼、勝てば官軍、負ければ賊軍か。

幕末の戊辰戦争で負けた会津藩の悔しい気持ちが少しは分かるというものだ。

私は、日本はスイスやトルクメニスタンのような、「永世中立国」か、せめて、スウェーデンやフィンランドのような、「中立主義国」を目指すべきだと考えています。

しかし、磯村英司著「戦争する国にしないための中立国入門」(平凡社新書)を読むと、そう簡単には中立国にはなれないようだ。それに、スイスだってスウェーデンだって軍隊はありますし、徴兵制もある。

日本人は(日本人だけじゃないかもしれないが)経済、政治、社会の大きな変化は望んでいないでしょう。生活は決して楽じゃないし、今の日本の国のかたちに問題があるとは思いつつも、「今のままでいいかな」くらいの心境でしょう?


●それにしても、人間は昔も今も、軍や軍備といった「金食い虫」に巨大な国家予算をあて、時に戦争をする。その点では進歩が無いんだなあ、と思う。

軍事費にかけるお金を、もっとマシな分野にあてたら、どんなにか素晴らしいかと思うのに。

日本の最大の脅威は、食糧問題と思う。

地球規模の食糧危機が来たら、自給率の低い日本はどうなる?

私は、中国や北朝鮮の脅威よりも、食糧危機の脅威の方が遥かに現実的と思う。



関連記事
スポンサーサイト

2017.08.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 政治・社会



コメント

概ね賛同。
しかし、経験上、ロシアや中国の功利主義、実用主義的な面も結構なものですよ。

・・・は、おいといて、
今朝のJアラーム・・・じゃないアラ~っとは、ほとほと呆れました。

私は、何度もミサイルが飛んでくる場面に直面しました。
横に飛ぶとか斜めに飛んでくるのは見えるんです・・・
見えないときは、まっすぐ、自分の方に向かってくるときで、
これは、まぁ嫌ぁな感じで、必要上あわてふためきますけど。

しかし、朝の警報・・・
いつまで東日本の大部分の道県に警戒を呼びかけているのか。
針路すら通りすぎるまで特定できないようなシステムなのか・・・。

警報の類は、解除することも含めてシステムを考えなきゃ役にたちません。
狼少年警報だと認識されないように最大限の努力が必要なんだと思います。
・・・ということなども含めて、
「これまでにない深刻かつ重大な脅威で、地域の平和と安全を著しく損なうものだ。
 国民の安全、安心の確保に万全を期す」
・・・とのたまうお人を見て、
何を、どうやっていれば、このでかい口がたたけるのか
再び、しみじみとあきれ果てました。
「あきれ銀行」の残高、もうありませんねぇ。



2017/08/30 (水) 01:40:51 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

しっぽがない・・・様。

>Jアラーム

うむ。おっしゃる通りでんな。

セコムのマイアラームより頼りになりまへんな(^_^)/


>「あきれ銀行」の残高、もうありませんねぇ。

今度は、セコムではなく、アコムが必要でありんす(^_^;)

2017/08/30 (水) 02:11:56 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。