スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



リプニツカヤ選手の引退とソトニコワ選手の欠場(/_;)




●ソチ五輪団体戦の金メダリスト、リプニツカヤ選手が19才で引退を決意。

残念です。
拒食症で苦しんでいたとは…さぞかし、辛かったでしょうね。
彼女は演技だけではなく、ツンデレ的なキャラクターも魅力的でした。
もう少し、彼女の演技を見たかったなあ。。。
美形ですしね。
今度は、大人の魅力を生かしたプログラムを演じる姿を見たかった。

imagesf.jpg



結局、15才の時、ソチ五輪の団体戦で演じたフリー「シンドラーのリスト」が、彼女の最高の演技になりましたね。
ここです

プログラムの素晴らしさ!!
リプニツカヤ選手の長所と個性が最大限に発揮された演技でした。

新体操の選手も顔負けの柔軟性を生かした「キャンドルスピン」「I字スピン」には度肝を抜かれましたっけ。

ほぼ完璧なエレメンツに繋ぎの濃さ、そしてプログラムの優秀さと。

まさしく、メドベデワ選手の演技はリプニツカヤ選手の延長線上にあると言えましょう。

しかし、プーチン大統領が観戦する中、金メダルに貢献出来たのですから一生の思い出になったでしょう。


シンドラーのリストですが…旧ソ連もユダヤ人を弾圧したり、虐殺をしたこと、
彼女は知っているのでしょうか?



●ソチ五輪個人戦女子の金メダリスト、ソトニコワ選手が足首の故障で平昌五輪シーズンを欠場。

imagesf1.jpg

わたしはソトニコワ選手のダイナミックで力強い演技が好きです。
ちょっと、男性的でもあります。
彼女が浅田真央さんをこの上なく尊敬していることにも好感を抱いています。

ソチ五輪では、「キム・ヨナ選手の金メダルを奪った」とて、韓国の狂的ヨナファンから槍玉に挙げられました。当然、ソトニコワ選手も韓国のフィギュアファンに良い印象は持っていないでしょう。

仮に彼女が五輪代表に選出されたとて、韓国に行ったらどんな嫌がらせをされるか分からない。

それゆえ、身の安全の為にも平昌には行かないのでは、との憶測もあるようですが、それは違うと思います。彼女はそんなヤワなアスリートではないと思います。

韓国サイドだって、開催国の名誉にかけて「嫌がらせ」はさせないでしょう。
こわーいプーチン大統領が見ているしね(^_^;)

ソチ五輪後、ソトニコワ選手もリプニツカヤ選手と同様、怪我や故障に苦しんでいるようですね。

モチベーションの問題もあるのかもしれませんし、強い選手が続出し、熾烈な競争を繰り広げるロシア女子シングル界のプレッシャーもあるのかもしれません。無理してでも頑張らなければいけない環境でもあるのでしょう。

有力選手が目白押し、というのは国やスケート連盟にとっては嬉しいことなのでしょうけど、
個々の選手にとっては厳しい。大変ですよね。。。

ともあれ、ソトニコワ選手は引退をしたわけでのではないので、再び彼女のパワフルな演技が見られるようになることを期待しています。




関連記事
スポンサーサイト

2017.08.30 | | コメント(6) | トラックバック(0) | ロシア人選手達・ロシアネタ



コメント

昨日のミサイル発射のニュース、我が家ではちょうど朝ごはん時でした。正確には発射した後の大騒ぎ中ですが。我が家ではJアラートは鳴りませんでした(対象地域ではなかったので)が念のため通勤電車が動いているのか確認するためPCを確認するとリプニツカヤのニュースが目に飛び込んできました。
すっごくショックで目から汗が垂れてきて・・・
彼女が関わると何故か水分が出ることが多いですね~。昨シーズンの途中棄権とか・・・。すごく大好きな選手でした。

ミサイルが飛んでも出勤することを考えるが、リプニツカヤショックで欠勤しようかと思う・・・
実に日本人的であります。本当に自分が嫌になります。

2017/08/30 (水) 09:50:30 | URL | 亜希 #mQop/nM. [ 編集 ]

赤いコートの少女

リプニツカヤ選手の若くしての引退。
寂しいですね。

いい時期にぴったりとはまるPGと巡り合えたこと(FSが衝撃的に似合っていたから忘れがちですが、SPもまたよかった)や最高のタイミングで自国開催の五輪を迎えられたのは、幸運だったと思います。
あのPGは彼女のあまり笑わないという個性、鋭敏そうな顔立ち、「多感」と言われる年ごろなどという様々な要素ががっちり絡み合ってできた傑作でしたから、例えば彼女があと一、二年早く生まれていたとしたら、あのクォリティで五輪に臨むことはできなかったんじゃないかしら。
下世話な言方をすると、彼女はあのシーズンに競技スケーターとしての運は使い切ったのかもしれないな、と、そんなことを考えてしまいました。

>拒食症で苦しんでいたとは…
いつだったか、スケートファンの方のブログで(その方は、割とこまめに海外にもいって観戦しているようでした)、選手たちと同じホテルに滞在した際、朝食の時、リプニツカヤ選手を見た、と書かれてましたっけ。母親らしき女性と、トゥトベリゼコーチが一緒にいたそうで、ちらちら見ていたら、リプニツカヤ選手は彼女たちの目を盗み、そっと、クッキーだったか、プティフールだったか、小さな焼き菓子を自分の上着のポケットに滑り込ませたとか。
その時は、愛らしいエピソードと思って読み流しました。
キャロライン・ジャン選手も、シニアに上がったばかりの頃のGPSだったか全米だったかの後のバンケットでお菓子を食べすぎるとお母さんに叱られて会場の外で泣いていたとかなんとか・・・これもまた、可愛いエピソードだと当時は思ってました。

育ち盛り、食べたい盛りのお年頃、小さな体を目一杯使って、毎日繰り返される練習で、十分に消費されるはずのエネルギー。でも、背も伸びるし、体形も女性的に変化してくる・・・
不健康に贅肉を蓄えていくわけではないのに、体重が増えることがいけないこととして認識されるようになる・・・
「食べ過ぎてはダメよ」と親やコーチに言われて拗ねたり泣いたりしているうちはまだ暢気で気楽な時期で、「太りたくない。太ったらパフォーマンスの質が下がる」と本人が焦り始める時期をどう乗り越えるか、新体操もそうでしょうし、バレエなんかもそうですが、難しいところですね。

ショースケーターとしての活躍を・・というのが普通でしょうけれど、あまりアイスショーに関心が持てない私としては、うーむ・・・(笑

ところで、びっくり!
ソトニコワのコーチ、プルシェンコなんですね!
4月に発表されていたのかぁ…知らなんだ。

2017/08/30 (水) 13:54:22 | URL | 風邪薬 #aR5DLEYU [ 編集 ]

 片割月さま、こんにちは。

 ミサイルやら、何やら様々な事が起こった週でしたね。私は粛々と毎日の雑事をこなしていくだけなのですが…。五輪もサッカーW杯も平和で無ければできない。無事に両方とも開催出来ればいいですね。(と少し厭世的になっています)

 リプニツカヤ選手の引退、ソトニコワ選手の離脱は今のロシア女子のレベルを考えると仕方のない所なのかもしれません。二人とも、若くして頂点を極めてしまったので、その境地を知った者にしか判らない苦しみを味わっていた様な気もします。
 二人とも、素晴らしい選手だったのに。
 余りに選手層が厚いので、ピークを過ぎた選手は、もう用はないという雰囲気もあるのでしょうか?
 二十代になって輝きを増す女子選手も沢山いるのに。もう少し、暖かい目で見守る余裕はないものか、と余計な事も考えました。他の国(特に共産圏)の事情は判りません。ある意味重圧から、解放されホッとしていると良いのですが。

2017/09/03 (日) 19:02:53 | URL | まるさん #X91rLkcY [ 編集 ]

Re: タイトルなし

亜希様、こんばんは^^

>すっごくショックで目から汗が垂れてきて・・・

亜希様には文学的才能を感じます(^o^)/

>彼女が関わると何故か水分が出ることが多いですね~

脱水症状になったりして(^_^;)

>ミサイルが飛んでも出勤することを考えるが、リプニツカヤショックで欠勤しようかと思う・・・

オイオイッ!!

しかし…そのお気持ち、分からないこともありません(・・;)

2017/09/19 (火) 01:57:43 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 赤いコートの少女

風邪薬様、こんばんは^^

リプニツカヤ選手についての風邪薬様の所感、100%同感です!

これ以上付け加えるものが無い立派なコメントで、恐れ入っていますm(__)m

>ソトニコワのコーチ、プルシェンコなんですね!
>4月に発表されていたのかぁ…知らなんだ。

私も最近知りました!!驚きましたね。

で、タラソワコーチがこのお二人に実に厳しいコメントを出しているようですね。

「ゲームはおやめなさい!」とかなんとか(^_^;)

つまり、時代が変わり、ソトニコワ選手の「出る幕」はもはや無い、とのお達し。

恐いなあ。。。

2017/09/19 (火) 02:04:08 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

まるさん様、こんばんは^^

>少し厭世的になっています

わかる。

突き詰めて考えますと、人類の黄昏、地球の破滅が近付いているとしか思えません。。。

リプニツカヤ選手についてのご所感、私と同じ心です。

>余りに選手層が厚いので、ピークを過ぎた選手は、もう用はないという雰囲気もあるのでしょうか?

そうですね。

タラソワさんの「冷たい?」言動を見ると、そう思いたくなりますね。

「ロシア女子シングル界は選手の使い捨てだ」なんて凄いことを言うフィギュアファンもいるようです(^_^;)

2017/09/19 (火) 02:13:51 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。