デイヴィッド・ジョーンズ氏の逝去に寄せて



このジャケットの中央にいる小柄でキュートな男性がデイヴィッド・ジョーンズさん。
先日亡くなられたとの報道がありました。ご冥福をお祈りします。


日本でカバーされた「デイドリームビリーヴァー」以外、モンキーズの音楽も彼等の活躍振りも私は知らなかった。

今回、色々と曲を調べていて「これは素敵だ!」と思ったのが「Pleasant Valley Sunday」です。


出だしのギターの演奏が粋です。

歌詞の内容が男女の恋愛もののような、ありきたりのものとは全く異なるのも良い。

谷間の新興住宅地の住民の日常と、その幸せは本当か、いつまで続くのか、みたいな皮肉めいた内容の詩が良い。


音楽もロックというか、ポップスというか、カーペンターズ的というか、大らかなのが良い。

しかも、なかなか凝った音楽と思う。


ビートルズに対抗して結成されたグループだそうですが、この曲を作った人達の意欲を感じます。







関連記事
スポンサーサイト

2012.03.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR